ふうかのボードゲーム日記

タグ:MuckeSpiele

2

・ガワール油田
 Ghawar: The world's biggest oil field(Mucke Spiele:2010)


ガワール油田
サウジアラビアの石油産出量を産出するため、4種類の石油を掘り得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

これを遊ぶ前に「黒き黄金」を遊んでいたので、コンポーネントの一緒さに笑いながらセットアップ。
使っているオイルリグなどは同じだけれど、ゲーム内容はまったく違いました。
ルールに疑問点があったので、とりあえず基本ルールで遊ぶことに。

ボードは砂丘になっていて、36個のプラットフォームがあります。
そこにスタート時ランダムで石油キューブを配置していきます。
この石油キューブを集めていくのが目的です。
得点ボードの外周に置かれた黒い列車は、砂丘においての石油の残量を示すので、掘ればその分減ってきて、砂丘にいくつ残っているのか一目でわかります。
といっても、度々動かすのを忘れてしまいましたがw
0からはプレイヤーの得点マーカーが進んでいきます。

各自持っているオイルリグをプラットフォームに置くのが最初の配置フェイズ。
ダイスを振って出た目の場所に置いていきます。
どっかで聞いたことあるようなルールw
それが終わればゲーム本番。
石油の採掘フェイズです。

ボードの辺が自分のキャンプに見立て、そこからトラックで砂丘に進入していきます。
ダイスを振って出た目の分アクションポイントになり、それを使ってトラックを進めていきます。
トラックがオイルリグの隣りにきたら、オイルリグを持ち上げてトラックの荷台に石油を積みこみます。
オイルリグは元に戻します。
実はこのゲーム、ちょっとだけ記憶要素がありました。
そもそもオイルリグがあるところしか採掘できない上に、採掘してしまえば空っぽ。
そんな時は、オイルリグを今ある列の縦か横ライン上の任意の場所に移動できます。
でも移動させたらそれで手番終わり。
しかも、空っぽだと思って持ち上げたら、まだ石油が入っていたりもしますw
トラックの荷台に積み込んだ石油は、ベースキャンプまで戻ることで手にすることができます。
1個ずつ採掘しては運んで、の繰り返し。
しかも進めるマスの数はダイス次第w

もう1つの要素は石油の種類。
4種類ある石油を全種類最低1個ずつ集めておかないと、最後にいきなり脱落しますw
各自持っている倉庫に並べていくんですが、同じ色を集めれば集めるほど得られる得点も高いのです。
そして、石油の採掘が済んだプラットホームを回収することができます。
回収には3アクションポイントかかりますが、回収が一番多かった人以外は、差分がマイナス点になるので要注意。
これを繰り返していくだけの手軽なゲーム。

序盤はとりあえずオイルリグを近いところから開けては石油運び。
そのうち、オイルリグの中が空っぽになる頃、自分が欲しい色の石油にオイルリグをかぶせる競争に。
急ぎたいけどトラックがまったく進まないという。
そのうち、プラットホームの回収をはじめるトド吉。
差分がマイナスになるとあっては、私も回収しないわけにはいかず、回収をはじめる。
でもどう考えても、石油を集めるほうが高得点だろうと思い、ある程度集めたところで石油採掘に戻ることに。
最後はボードの端にしかない数個の石油をトド吉が採掘していたので、その間にプラットホームの回収を。
おかげで差分が3ですみました。
終わってみれば、4種類の石油を平等にたくさん集めた私のぶっちぎり勝利。

「黒き黄金」をプレイした後だからか、どうしても物足りない感じになってしまいました。
その割には時間がかかるという。
つまらなくはないけど物足りない、拡張を入れて続けてもう1プレイとはいきませんでした。

そして、このゲームは「ナミビア」や「黒き黄金」と同じコンテストで、最終選考に残ったゲームだそうです。
他の優秀作品になったゲームを遊んだので、最終選考止まりに納得してしまいました。

3

・黒き黄金
 Schwarzes Gold(Mucke Spiele:2009)


舞台はアメリカ・テキサス州南東部にあるスピンドルトップの丘。
オイルリグやトラックを使い、貯蔵されている石油を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは両面仕様になっていて、片方が1901年、もう片方が1926年になっています。
歴史的背景がルールブックに書いてありました。
黒き黄金
まずはおすすめになっている「1901年」のマップで、拡張ルールなしでプレイ。
ボード上は更地できれいに区分けされています。
まずは最初のフェイズで、自分のオイルリグか自分のトラック、石油貯蔵トークン、ドラム缶のどれかを配置していきます。
配置する場所を決めてくれるのはダイスで、ゾロ目が出るとちょっとお得です。
どれかの区分けされているフィールドが埋まると、配置するフェイズが終了します。
この時気をつけたいのが、最後に手番プレイヤーだった人の左隣りの人が、次のフェイズでスタートプレイヤーになるということ。
2人なので最後に置かなければ、次の石油採掘で先に手番ができるという。
これ、かなり重要だったりします。
自分のオイルリグを置けば、当然その周りには石油貯蔵トークンを配置するのは当たり前で。
あとはお互いにかぶってるラインを先に取れるかどうか。
トラックで横取りしたりされたり、こっちを取ったらあっちを取られる感じで。
プレイしていた時間は30分程度。
最初の配置でほぼすべてが決まってしまうので、石油の回収作業という感じでした。
あっさりしすぎて何となく不満になってたところへ「拡張入れてもう1回やってみよう」と言われ、再びセットアップ。

黒き黄金
どの拡張を入れるか相談してて面倒くさくなり、拡張全部盛りでプレイ。
今度はマップが「1926年」になり、荒地と線路そして掘っ立て小屋が描かれています。
要素が急に増えたんですが面白さも増えますw
石油貯蔵トークンは普通の平地にしか置けなくて、全部埋まるとやっと荒地に置けます。
そして残った集落に自分のトラックが置けたら最強で、最短ルートで結んでいる集落までの間に置かれた石油貯蔵トークンをもらうことができるのです。
そう言われたら狙いたいけど、ダイス目が言うことを聞いてくれず・・・
結局、トラックは9に置くことになりフェイズ終了になりました。
おしかった・・・w

やっぱり最初の配置フェイズがすべてのような気がします。実際そうなんだろうけど。
でも拡張を入れたおかげで、配置フェイズが熱いw
自分の鉄道で自分を守って、マイナス要素を与えてくれる黒い鉄道を避けながらトド吉に被害を与えたいのです。
線路には分岐点があり、自分で選べるように進むのも大切。
ゾロ目が出て喜んで手番数を選び、自分のオイルリグの周りに石油貯蔵トークンを盛り盛り。
それを上手に動かした鉄道で横取りは本当に気持ちがいいww
上手くトド吉のオイルリグと自分のオイルリグが交換できると、かなりうれしかったです。
せっかく積み上げた石油貯蔵トークンをごっそり持っていかれるわけなので、トド吉は必死になって取り戻そうとしてきます。
それをまた横取りして・・・などとやっていたら、夢中になりすぎてあっという間に終了。

これはぜひ拡張全部入りで遊んで欲しいです。
正直、石油の回収は、かぶっていて取られたら悲鳴があがる場所から取っていけばいいだけなので。
それが得点なんですけどね。
でも最初に基本ルールで遊んだ時と拡張全部入りは、まったく印象が違いました。

このゲーム、まず箱絵を見た時に「ギガンテンのリメイク?」と思ったんですが、そもそも「ギガンテンのコマを使用してボードゲームをつくるというコンテストがあったらしく、このゲームはそのコンテストでの優秀作品らしいです。
ちなみに、このコンテストで優秀作品に選ばれたのが「ナミビア」らしいです。

3

・ナミビア
 Namibia(Mucke Spiele:2010)


ナミビア
鉱石を採掘して鉄道で運び、相場を見ながら売却しつつ、評判を落とさないようにしていくゲームです。
moonさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

まずは自分選びからw
各自プレイヤーボードを持つんですが、4種類のうち3種類しか鉱石を扱えないのです。
自分がどれを扱えないのか確認したら、所持金の15金をもらう。
これを元手にプレイ順を競り落とすところからゲームがはじまります。
ゲームの流れとしては、まずプレイ順決めの競り。
プレイ順が決まったら、横になっている鉱山マーカー(どう見ても石油採掘に見える)を起こし建設完了とします。
起こし完了させたら、次のラウンドで建設する場所へ手付けというか、新しい鉱山を探しマーカーを横に倒して置きます。
そして、鉱石の追加。
すでに置かれている鉱石と隣接するように配置し、その後線路を持っていれば線路を敷設できます。
というのも、鉱石は採掘して鉄道やトラックで港へ運ぶことで売却できるのです。
鉱石を運ぶにはまずトラック。これは線路がつながってなくても港で船に積めます。ただし1個だけ。
そして線路がつながっていれば、その採掘場にある鉱石すべてを指定の港へ鉱石を運び、船に積み込めます。
積み込む=売却という感じです。
各港で1種類ずつしか運べないので、先手番の人が自分と同じ鉱石を選ばないと動かすことすらできません。
自分と同じ鉱石を選んでくれても、線路がなければ運べないわけで、トラックで1個運ぶのがやっと。
しかも、港に運び込まれた数で相場が決まってしまうので、いきなり半額になったりします。
ラウンド終了時にさらに相場変動があるので、需要と供給は大切w
流れ的にはそんなに難しくないので、全員15金を握りしめてゲームスタート。

手番が早いプレイヤーは先に採掘したり線路を敷設したり出来ますが評判が落ちます。
ラスト手番の4番目は、一番最後に採掘するかわり(?)に、次の採掘場所を2ヶ所取れたりしますが、線路を敷設することが出来ないので評判も下がらない。
しかも3番目はあまりおいしくないので、逆にそこを避けようと競りが熱くなります。
先手番を取れば評判が下がるし、最初は港まで割と距離があるし・・・と考えていると、評判は金で買えばいんじゃないの?ということに気付く。
3ラウンド目が3:1でかなりお得に買える。
5ラウンド目は4:1で値上がりするし、最終ラウンドは5:1まで上がってしまう。
そこで競りがはじまってすぐに

「パス!」

と宣言し、最後手番をもらう。
あとは、男衆3人が熱い競りをしているのを眺めてるだけw
これを2ラウンドともやってみると、線路があと少しで港につながるところまでのびてきていました。
ありがたいなぁw
その間に最後手番の良いところ、次のラウンド用の鉱山マーカー2個置きと鉱石2個置きで地盤をつくっておきました。
そして運命の3ラウンド目。お金で評判を買うチャンス。
ということで、他の鉱石を売って細々と増やしたお金でプレイ順1番を手にする。
線路を3本もらい、横になっている鉱山マーカーを起こしたら、港に銅マーカーを配置。
鉄道で一気に運んで、一気に高収入。
というより、売ってしまえば暴落してしまうので、このチャンスを逃したら収入が期待ほど得られないのです。
銅は私がせっせと2個ずつ配置したり、自分の鉱山マーカーを配置していたので、他に持っている人がほとんどいなかったというのも大きかったかも。
それでも1ヶ所だけ銅の鉱山マーカーには線路が届いてなかったのが残念。
そしてそのお金で評判を買い、一気にトップに躍り出るw
もちろん手元には最初の所持金と同じくらいを競り用に残して。
あとは逃げるだけ。
まだ残る銀鉱山や銅鉱山で少しずつお金を獲得しつつ。
他の人が競るほどお金がなかったというのも楽になれた点かも。
5ラウンド目でmoonさんが追いついてきたので、何とかあちらの鉱石を暴落させられないかなぁと考えつつ、線路をつないだり。
またしてもお金で評判を買い、最終ラウンド。
この頃になると、もうあちこち閉山していて、残っている空き地を探すほうが大変に。
しかも、隣接する土地に空き地がない場合は、任意の資源を1個だけ好きな場所に配置するので、鉱山マーカーを置いてもうまみが少ないというか。
むしろ、金を抱えたまま線路が届いてない侍が目立つw
追い抜かれるかな?と思いながら、出来ることをコツコツと。
ぎりぎりのところで抜かれることなく、私の勝利で終了。

ボードに対して鉱山マーカーが大きいので、終盤になると空き地がどこにあるのか見えません。
どう見ても石油採掘に見えるけど、石油はまったく出てこないというw
しかもお金マーカーが金額別で色違いというわかりにくい構造だし、港に置くマーカーもわかりにくいです。
今回はお金はチップで、港に置くマーカーはミープルで代用しました。
先手番を取れば評判が落ち、後手番だと港まで鉱石を運べないし、4種類のうち3種類しか扱えないなど、なかなか面白いゲームでした。
お金って大切w

・ゲームストアバネスト:ナミビア

このページのトップヘ