ふうかのボードゲーム日記

タグ:Moaideas

3

・箱庭鉄道
 MINI Rails(Moaideas Game Design:2017)


箱庭鉄道

投資家となり、株の売買をしたり線路を敷いたりして、利益を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まずはボードを組み立て、各プレイヤーは自分用のボードとタイル、マーカーを持ちます。
ゲームは6ラウンド。
まずは補充フェイズ。
今回入手出来るディスクが並び、これによって次ラウンドのプレイ順が決まります。
次にプレイヤーが順番にアクションを実行していきます。
手番がきたら、選んで入手したディスクの会社について、株式購入もしくは線路敷設を実行します。
次に手番が回ってきた時は、選ばなかったほうのアクションを実行します。
全員が1つずつ2回アクションを実行したら、課税フェイズ。
株価を変動させ、次のラウンドへ。
これを繰り返し、6ラウンド目が終わるとゲームも終了します。
最後に持っている株価を計算し、もっとも株価の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・カニカニ!
 Crabs!(Moaideas Game Design:2016)


カニカニ!

カニを捕まえて得点を獲得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーに、手札としてカニカードを6枚配ります。
場にはカニカードが表向きに並び、目的カードと装備カードが表向きで4枚ずつ並びます。
手番がきたら、6つのアクションから選んで1つを実行するだけ。
カニカードを手札に加えるカニキャッチ。
場のカードと手札を同じ枚数交換するカニレイズ。
場に置いたカードの合計ポイントと同ポイント分のカードを手札に入れるカニトレード。
横向きに置いてあるカードを縦向きにするカニリラックス。
自分の装備をより強化していく装備アップグレード。
手札からロープとカニを出し、得点を獲得するカニ縛り。
アクション実行後、得点が得られる目的カードを達成することが出来ます。
最後に、手札上限をチェックしたら、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが手番終了時に25点以上獲得していたら、スタートプレイヤーの右隣りの人まで手番をやってゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・歴史悠久
 The Flow of History(Moaideas Game Design:2016)


歴史悠久

各文明のカードを手に入れ、自国を発展させて得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームに出てくるのは6種類の文明カード。
政体をはじめ、知識や部族など色でわかるようになっています。
ゲームは時代気らはじまり、最後の時代垢鬚海┐凸ね茲謀達すると終了します。
その中で、いかに自国を発展させて得点を獲得しているかが勝敗の鍵を握っています。
場には常に5枚のカードが並ぶようにし、市場とします。
手番がきたら、5種類のアクションから1つを選んで実行するだけ。
誰も着手していないカードを選択し、自分のマーカーと任意の資源トークンを置く「着手」。
着手したカードを手元に持ってくる「完遂」。
「引取」は、他の人が着手しているカードを指定し、のせられている資源と同じ数を相手に渡して手元に持ってきます。
「発動」では、手番時に発動するカード効果を発動し、「収穫」では自国の収穫アイコンと同数の資源を場に出し、半分を獲得。
いずれの場合も、カードを取得した時に発動する効果は、即座に発動します。
手番の最後に、市場を補充し、時代遅れのカードを除去し、終了条件を確認したら次の人の手番に。
これを繰り返し、未来カードが市場もしくは誰かの国に配置されたら、その手番終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ