ふうかのボードゲーム日記

タグ:Matagot

3

・イニシュ
 Inis(Matagot:2016)


イニシュ

自分の氏族を率いて、新たな地で上王を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードをつなげて場をつくり、各プレイヤーは自分の色を決め、氏族フィギュアを受け取ります。
スタートプレイヤーから順に、自分の氏族を1つ置き、全員が2つ置いて初期配置とします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは集会と季節の2フェイズからなります。
フェイズ1の集会では、6つのステップを順に実行します。
新しいスタートプレイヤーを決め、勝利条件を達成しているプレイヤーがいるか確認。
各領地の地勢カードを該当の首長が受け取り、ターン順方向をコイントスで決めます。
各プレイヤーに行動カードを配り、1枚残して残りを回すドラフトを行って手札を4枚持ちます。
フェイズ2の季節では、各プレイヤーが手番を実行していきます。
手番では、季節カードのプレイ・パス・簒奪トークンを獲得のいずれかを1つ実行していきます。
すべてのプレイヤーが連続してパスをしたら季節の終了で、行動カードをすべて捨てます。
そして、次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが簒奪トークンを持ちつつ勝利条件を達成していればゲーム終了。
もっとも多くの勝利条件を満たしている人が勝者になります。

続きを読む

3

・オカナガン
 Okanagan: Valley of the Lakes(Matagot:2017)


オカナガン

カナダのオカナガン地方を探索して建物を建て、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

目的カードをよく混ぜ、各プレイヤーに5枚ずつ配ったら、そのうち3枚を残して捨て札にします。
各プレイヤーは、プレイ人数に応じた数の建物を受け取ります。
スタートタイルをテーブル中央に置きます。
タイルは裏向きでよく混ぜて3つの山をつくり、1枚ずつ表を向けて山札の前に置き、各プレイヤーには1枚ずつ配ります。
スタートプレイヤーから手番を始めます。
ゲームは2ラウンド。
手番では、タイルを配置して建物を建てます。
地形が完成したかどうかのチェックをし、最後にタイルを補充したら手番終了。
これを繰り返し、1ラウンドはすべてのプレイヤーが建物を建てきったら終了します。
2ラウンド目終了時にゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・コリガンズ
 Korrigans(Matagot:2014)


コリガンズ

四つ葉のクローバーを摘んだり、金の大釜の出現を狙って移動したりしつつ、自分の部族を裕福にするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードは、17の地域に分割されたブルターニュ地方で、プレイヤーはここに住む小人です。
各プレイヤーは自分の色を決め、コリガンコマと衝立を受け取ります。
地域にチップと巨石を配置し、コリガンコマをプレイ順に従って配置したら、ゲームスタート。
ゲームはラウンド制。
各ラウンドの始めに袋を持つプレイヤーは、袋から虹コマを1個取り出し、規定の位置に置き、袋を左隣りの人に渡します。
手番では、それまでに得た仲間の力で、自分のコリガンを1つ、別の地域に移動させなければなりません。
移動したら、その地域にあるクローバーチップをすべて見て1つを獲得し、衝立の内側に置き、残ったチップは裏向きで戻します。
最後のクローバーチップを獲得した場合、巨石も取ることが出来ます。
全員が手番を終えたらラウンド終了。
次の袋を持つプレイヤーがスタートプレイヤーになり、次のラウンドへ。
これを繰り返し、7色目の虹を引いたら、金の大釜が出現します。
金の大釜が出現したら、手番では衝立の内側を含めすべての仲間たちの力を使い、金の大釜にコリガンを移動させようとします。
全員が手番を終えたらゲーム終了。
金貨の清算をし、もっとも金貨を多く持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・ダイススター
 Dice Stars(Matagot:2016)


ダイススター

ダイスを使ってスコアシートを埋め、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のスコアシートを持ちます。
ダイス14個をすべて袋に入れたら、準備完了です。
手番がきたら、まず何個ダイスを振るのか宣言して、袋から宣言した数のダイスをいっぺんに取り出します。
取り出したダイスを振り、テーブル中央のリザーブに置きます。
リザーブから色か数字、星の3種類のうち1種類を選んで、すべて取ってスコアシートに記入したら手番終了。
これを繰り返し、誰かが目的スペースをすべて埋めるか、誰かがペナルティスペースに記入したら、全プレイヤーが同じ手番数になるようプレイしたら終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・キャプテン・ソナー
 Captain Sonar(Matagot:2016)


キャプテンソナー

自分たちの潜水艦を操作し、相手潜水艦を撃沈させるゲームです。
8人でプレイ。

テーブル中央には長い衝立。
両側には各チームが横並びで座ります。
チーム戦なのでそれぞれ役割があり、艦長を筆頭に、通信士・主任航海士・機関士です。
艦長は潜水艦の移動や魚雷の発射など、あらゆるアクションを指示して実行します。
通信士は、相手潜水艦の場所をチェックし、どこにいるのか推測していきます。
主任航海士は潜水艦の装備チェック係、機関士は故障チェック係です。
ゲームは同時に潜水艦を動かして、相手潜水艦の座標を見つけ出し沈めるのが目的。

最初に練習としてターン制で遊んでから、本番とも言えるリアルタイムで遊びました。

続きを読む

3

・ラプトル
 Raptor(Matagot:2015)


ラプトル

恐竜と研究者に分かれ、それぞれの勝利条件を達成するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

勝利条件は、ラプトル(恐竜)側と研究者側で別々に設定されています。
ラプトル側は子ラプトルを3匹ボード上から逃がすこと、もしくはボード上に研究者がいなくなれば勝利。
研究者側は母ラプトルに眠りトークンを5個置くか、3匹の子ラプトルを眠らせて捕獲出来れば勝利。
中央にボードを置いて初期配置をし、お互いに自分用のカードセットをシャッフルして裏向きの山札をつくり、3枚引いて最初の手札とします。
ゲームはラウンド制で、自分の手札3枚から1枚を選んで裏向きに自分の前に置き、同時にオープン。
数字が小さい側はカードの特殊効果を発動させ、大きい側は差分だけアクションが出来ます。
最後に手札が3枚になるように、自分の山札からカードを補充したらラウンド終了。
これを繰り返し、どちらかが勝利条件を達成したら、ゲーム終了となります。

続きを読む

3

・ゾンビvsチアリーダー
 Zombies vs Cheerleaders(Matagot:2015)


ゾンビvsチアリーダー

ゾンビとチアリーダーに分かれて対戦するゲームです。
トド吉とプレイ。

ゾンビは、チアリーダーの誰か1人にのしかかるのが目的。
チアリーダーは、ゾンビを駆逐するのが目的。
各自、手番では3アクションを実行するだけ。

詳しいルールは下記を参照
 学校ってすごいよ『ゾンビvsチアリーダー』

まずは私がチアリーダー、トド吉がゾンビで。
次に私がゾンビ、トド吉がチアリーダーでの対戦。

続きを読む

このページのトップヘ