ふうかのボードゲーム日記

タグ:LookoutGames

4

・ジョハリ
 Johari(Lookout Games:2015)


ジョハリ

世界で有名な宝石市場ジョハリを舞台に、宝石を集めて売却し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に共用のボードを広げ、各プレイヤーは自分用のボードとアクションカードを持ちます。
ゲームの目的は、10営業日で最も栄誉ある宝石商人になること。
各営業日は、貴族や宝石を補充する補充フェイズ、プレイヤーがアクションを3回実行する市場ラウンド、使ったアクションカードを回収したり獲得した宝石を並べる営業日終了フェイズの3フェイズからなります。
アクションの実行では、全員がアクションカードを裏向きで1枚プロットして同時に公開し、所持金によるプレイ順に従って解決していきます。
出来るアクションは、購入・祝儀・売却・取引・買収・交換・ドッペルゲンガーの7種類。
実行にコストがかかるアクションもあります。
10営業日が終了したらゲームも終了。
最終的な得点計算をし、最も得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・オーマイグーッズ!
 Oh My Goods!(Lookout Games:2015)


オーマイグーッズ!

建物を建てて生産したり、生産チェーンを上手く利用して勝利点を獲得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、最初に持っている建物の炭焼き小屋と労働者カードを受け取ります。
労働者は上下で「きちんと」生産するか「ずさん」に生産するか使い分けることが出来ます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
新たな手札を入手したら、日の出には市場にカードのディスプレイをつくります。
この時、稼働させたい建物に労働者を置き、最後のフェイズで建設したい建物も併せて選びます。
そして日暮れでは、再び市場ディスプレイをつくり、最後は生産と建設。
労働者を置いた建物での生産は、市場に必要な資源があれば稼働し、足りない分は手札から出すことも出来ます。
商品を生産出来れば、同時に生産チェーンを利用することも可能。
最後に、コストを払って建設するか、助手を雇うかのどちらかを実行したらラウンド終了。
これを繰り返し、誰かが手元に8つの建物を建てたら終了の合図。
現在のラウンドを最後までやり、さらにもう1ラウンドやってゲーム終了。
最も得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・ヘンギスト
 Hengist(Lookout Games:2015)


ヘンギスト

イングランドを舞台に、自分の部隊を動かして略奪し、お宝を獲得していくゲームです。
トド吉とプレイ。

場にボードが3枚並び、各ボードは道につながるように湾・浜辺・辺境・街道・村があります。
手番がきたら、まず上陸部隊のアクションをし、手札を補充するだけ。
上陸部隊は1コマに1アクション実行させることが出来るけれど、移動するには対応するカードが必要です。
辺境から街道までは、必要なカードをすべて出さなければならず、村に置かれた財宝につながる道はクローズ。
探検カードを使うと船は次の湾へ移動していきます。
一番右のボードから離れたら、一番左に置かれたボードを裏返してつなげます。
この時、一番左のボード上にいた上陸部隊コマは除去されますが、手番で探検カードを使えば再び船に乗せることが出来ます。
これを繰り返し、船がボードから離れるのが4回目になったらゲーム終了。
獲得したお宝を合計し、多い方が勝者になります。

続きを読む

3

・アイル・オブ・スカイ(スカイアイランド)
 Isle of Skye: Vom Hauptling zum Konig(Lookout Games:2015)


スカイアイランド

スカイ島を舞台に、タイルを購入して配置し、自分の領地を拡大させて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードには、得点になる条件が描かれたタイル置き場がAからDまで、そしてラウンド表示トラックには、どのラウンドで何の得点計算が発生するのか描かれています。
各プレイヤーは、自分色の衝立と初期タイルを受け取ります。
ゲームは6ラウンド。
まず、自分が配置したタイルから収入を得ます。
次に各プレイヤーは袋からタイルを3枚引いて衝立の前に並べ、衝立の後ろでそのうち2枚に値付けして1枚は捨て札マーカーを置きます。
一斉に衝立をどかし、捨て札マーカーを置いたタイルを袋の中に戻します。
スタートプレイヤーから順番に、他のプレイヤーが提示した値段で、タイルを1枚だけ購入することが出来ます。
購入したくなければパス。
自分の前に残ったタイルは獲得しますが、提示した金額はストックへ支払います。
手に入れたタイルをルールに従って配置し、最後にラウンドのスコアタイルにあった得点計算をしたらラウンド終了で、次の人がスタートプレイヤーに。
これを6ラウンド繰り返したら、最終得点計算をし、最も得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・路面電車(トラム)
 Trambahn(Lookout Games:2015)


路面電車

自分の路面電車の駅をつくり、乗客を並べて得点計算を発生させていくゲームです。
トド吉とプレイ。

このゲーム、1種類のカードがすべてを兼ねています。
裏面ではお金になり、表は乗客であり駅でもある。
ゲームの内容としては、色別に路面電車の駅を自分の前につくっていき、それを得点化していくというもの。
得点になるものは、自分の前に並べた駅の数に列車の基礎値を掛けたもの。
得点計算を発生させるのは、あくまで共通の場として並べていく乗客なのです。
最初の所持金と手札を持ったらゲームスタート。
手番になったら、まず場にカードを1枚もしくは2枚出します。これは強制。
次からは任意で、自分の前に駅としてカードを各色1枚ずつ出せます。
ただし、カードの数字は必ず昇順でしか置けません。
さらに手札からカードをお金として資本金に出来て、お金を使って電車を購入出来ます。
最後に手札が6枚になるよう補充したら、手番終了。
これを繰り返し、得点計算が10回発生したらゲーム終了で、得点の高い方が勝者となります。

続きを読む

3

・パッチワーク
 Patchwork(Lookout Games:2014)


パッチワーク

自分のキルトにパッチワークをつくり、得点であるボタンを集めるゲームです。
トド吉とプレイ。

各自キルトボードを受け取ります。
このボードは9マス×9マスの45マス。
中央に時間ボードを置き、その周りにパッチタイルを置きます。
手番がきたら、出来ることは2つのうち1つ。
時間ボードのマーカーをもう片方のプレイヤーの1マス前まで動かし、動いた分ボタンをもらう。
ポーンがいる位置を基点に1枚から3枚の間でタイルを選び、取って自分のキルトボードにコストを払って配置する。
手番ではどちらかを実行し、ゲームはこれを繰り返していくだけです。
パッチタイルには、コストとして必要なボタン数と進ませる時間が描かれています。
さらにボタンが描かれていて、時間ボードの決算を通過すると、ボタンの収入が入ります。
両方のマーカーが、時間ボードのゴールマスに入ったらゲーム終了。
自分が持っているボタンの数から、キルトボードの空きマス1つ2点が失点なので引き、高い方が勝者となります。

続きを読む

4

・ムラーノ島
 Murano(Lookout Games:2014)


ムラーノ島

ムラーノ島を舞台に、ショップや宮殿を建てたりして、名声を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードはムラーノ島で、有名なのはガラス細工とカラフルな建物。
ゲームボードの外周は得点ボードですが、その内側はアクションのためにゴンドラが移動していきます。
手番がきたら、出来るアクションは11種類。
好きなゴンドラを動かすことで対象のアクションを1つ実行していきます。
ただし、他のゴンドラがいるアクションは選べない上に、追い越すことも出来ません。
見える得点源としては、建物の建設。
ガラス工房・ショップ・特別な建物・宮殿があり、それぞれ点数がもらえます。
でも街道に面していないと建設出来ないし、街道に描かれている客も大切な収入源です。
大きい得点源は人物カード。
指定の条件が揃えば、建物数個分の得点がゲーム終了時に入ってきます。
これを繰り返し、ストックからタイル2山がなくなったら、残りのプレイヤーが1手番ずつやりゲーム終了。
すべての得点を計算して、一番高かった人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ