ふうかのボードゲーム日記

タグ:Libellud

4

・ミステリウム
 Mysterium(Libellud:2015)


ミステリウム

全員が協力して、邸宅に現れる幽霊の史に隠された真実を明らかにするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

協力ゲームといっても、誰か1人が幽霊役。
自分を殺した犯人・場所・凶器のヒントを出してきます。
その他プレイヤーは霊能者で、ヒントを元に、犯人・場所・凶器の3つを当てていきます。
ゲームは2つのフェイズがあり、まずはフェイズ1「事件の再現」で7ターン。
全員が一度ずつ回答したら、正解・不正解に関わらず、時計の針が1つ進んで1ターンが終わります。
注意しなければいけないのが、プレイヤーごとに3つの正解が違うということ。
お互いにそこを意識しつつ、自分に割り当てられた犯人・場所・凶器を当ててカードセットをつくります。
7ターンが終わった時点で、霊能者たち全員が「事件の再現」を完了させていればフェイズ2へ。
誰かしら失敗していたら、敗北でゲーム終了です。
フェイズ2は「犯人の特定」で、霊能者たちが持っているカードセットの中から、真犯人を当てます。
霊能者たちに番号面を表にしたトークンを配り、幽霊が秘密裏に真犯人を選びます。
そして幽霊は、幻視カードを3枚選び、それを見た霊能者たちは真犯人を予想します。
霊能者たちが選んだ番号の中に正解があれば、ゲームに勝利。
誰も当てられなかった場合は敗北になります。

続きを読む

4

・ルーニークエスト
 Loony Quest(Libellud:2015)


ルーニークエスト

次の王様になるべく、7つの島を冒険して得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

箱の中に準備するのは島のイラスト。
レベルによって難易度が違います。
各プレイヤーは自分用のスクリーンと下敷き、ペンを持ちます。
ゲームはいたって簡単。
お題となるイラストを見ながら、自分のスクリーンボードにラインを書いていきます。
避けなければいけないトラップもあり、時間制限もあります。
砂時計の砂が落ちきったら終了。
各自、書いたラインがどうだったのか、中央のイラストの上にのせます。
チャレンジボックスで指定された通りに出来ているところは成功、失敗しているところはマイナス点だったりして、合計で獲得した点数をスコアトラックを進めて表示します。
選んだワールドを最後までプレイしたらゲーム終了。
一番得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

4

・レディース&ジェントルメン
 Ladies & Gentlemen(Libellud:2013)


レディース&ジェントルメン

男女1人ずつペアになって、舞踏会で着飾ることで得点を獲得するゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

このゲームは男女ペアになって遊ぶので、まず女性側が1人足りない。
ということで、誰が女性側を担当するか勝負。
厳選なるカード抽選の結果、今回は侍が女性ということで私と買い物バトルします。
そして、今度は誰が誰とペアになるか勝負。
トド吉とCOQさんの壮絶なじゃんけん勝負は度重なるあいこでの勝負になり、負けたトド吉が侍と、勝ったCOQさんが私とペアになってプレイすることになりました。
それにしても、じゃんけん勝負を見ているこっちは楽しくて仕方がなかった。
必死にじゃんけん勝負を繰り広げていたけれど、男性側の地獄はこれからはじまるのですw

このゲームは6ターンプレイして「最も優雅な淑女」になるために着飾っていきます。
そして、衣装には勝利点が描かれているものもあり、最終的に勝利点の多かったペアが勝者となります。
1ターンの始まりは、まず朝フェイズから。
朝になると、女性たちはお気に入りの専門店で販売される商品を選びます。
どれにするか選んだらクローズで自分の前に置いて待ちます。
今回は女性が2人だったので、2人とも選んだらオープン。
選んだ種類の商品のカードを描かれている枚数分取り、お気に入りの店に置きます。
この時、一番上だけ見えるようにオープンで残りはクローズのまま山にしておきます。

その頃、男性たちは・・・株式市場で儲かりそうな銘柄を必死に取り合います。
裏返しになっているトークンをひたすら見ては確保したり、そのまま戻したり。

そして、午後フェイズ。
女性たちはどこの店で買い物をするか選びます。
この時、誰にも選ばれなかった店がお気に入りのプレイヤーは、なんと半額で購入する権利が発生するのです。
それを聞いていた私は、侍が欲しがらないアイテムを並べ、ちゃっかり侍のお気に入りの店へ出かけていくのでした。
侍は素直に自分のお気に入りの店へ行ったものだから、私は半額権利発生。
しかも、COQさんが株式市場で順番トークンの1を取っていたので、商品を選ぶのは私から。
うきうきしながらドレスを選びます。
半額となれば、どんなに高いドレスでも安いものなのです。
まずは私が1枚最高級のドレスを選び、次に侍が選び、再び私が選ぶという交互です。
せっかくなので、ついでに同じデザイナーのケープも選んでおきます。

その頃、男性たちは・・・資源トークンを売却して、女性のためにお金や勝利点に換金していましたw

そして夜フェイズ。
女性たちは男性に「これ買ってー」と確保しておいたカードをそっと渡します。
男性たちはそれを見て、所持金で買ってあげるのです。
お金を払ってもらったら、自分の前にオープンで置きます。
男性側のお金が足りなかったら、買えないので山札に戻します。
このやりとりがせつないw
私は半額だったので、うきうきしながらカードをCOQさんに渡し「これ買ってー」と。
株式市場で儲けたCOQさんは「これなら安いものだ」と無事お買い上げ。
侍に見せびらかすようにカードを並べます。
侍も何とか購入してもらったようですが、定価じゃ高くて手が出ないものもあるのです。

そして、夜も更け次の日の朝からスタートです。
これを繰り返していって、女性側は6日後の舞踏会のために精一杯着飾り、その間男性側は毎日毎日株式市場でお金を稼ぐ。
何という女尊男卑!
しかも、私がうきうきしながら「今日はこれが欲しい」とカードを渡し買ってもらっている反対側で、
「これが欲しいです」とカードを渡した侍が「無理!」と断れている姿の何とも言えないせつない感。
日々過ぎていくほど、私はうきうき元気になり、男性側2人はどんどん元気がなくなっていくという。
女性側でもバトルはあります。
いかにして、相手に安っぽい物を押し付け、自分だけが着飾れるか。
ブランド物もあるので、同じブランドで揃えるのが目標。

そしてあっという間に6日が過ぎ舞踏会。
私は最高級ドレスをベースに高級なケープや帽子、バッグにネックレスと、これでもかってくらい着飾り。
雇ったメイドでも加点されるぐらいの豪華さ。
対する侍は質素なドレスに質素なアクセサリー。
やはり一度でも半額で買い揃えられたのは大きく、COQさんと私のペアがぶっちぎりで勝利。

いやー楽しい。楽しかった。
相手を出し抜けた時のうれしさとか、いい買い物が出来た時の喜びとか。
買い物に行って選んで、欲しいものを「買って」と言うだけで買ってもらえるんですから。
そりゃもう楽しくて仕方ないですw
ちなみに、奇数でプレイする場合は、選択ルールで「愛人」が登場するそうです。

続きを読む

3

・ディクシット:ジンクス
 Dixit Jinx(Libellud:2012)


ディクシット・ジンクス
ディクシットが小箱になった。ということで、早速入手して遊んでみました。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

得点ボードはなくて、当てたらカードをもらえるシステム。
親は並んでいる9枚の中から、こっそり1枚を決め、曖昧なイメージ的な何かを伝えます。
それを聞いたほかのプレイヤーが、あたりをあてていきます。
わかった人から先着順。
当たればカードを1枚もらえますが、親の思惑は別なのです。
親はただ当ててもらうのではなく、何人かはずした上で誰かが当ててくれることを望んでいます。
なぜなら、当たるまでにはずした人の分、親に得点が入るからです。
得点を一番集めた人が勝者になる、ルールも手軽なゲームなので、早速スタート。

よく考えたら、カードを決めてもイメージがわかずに考え込んでいると、目線がそのカードに集中しているのでばれやすいw
しかも1人目の人に当てられたら、まったく得がないという親。
そこで、出来るだけ間違えやすいイメージを伝えてみる。
逆に誰もわからなかったということもしばしば。
私はひたすらすぐに当てられてしまい、他の人のははずしまくって、最下位の3枚というw
COQさんが親の時は、誰も当てられないという展開になり続けたり、ちょうどいい感じで当ててもらったトド吉が勝者でした。
人の考えること、感じ方ってよくわからないです。
特にぱっと見てイメージした言葉とはちょっと違う感じに宣言したいので、それがさらに混乱を招いたり、「えー!?」とブーイングされたりw

今までのディクシットと何が違う?といえば、箱が小箱。
カードが真四角の8cmサイズ。スリーブに困る形。
イラストもちょっと大人向きかも。
どうしても何ていうか、普段イメージしたくないようなイラストがあったりするので、終わった後「これは大人向けだね」という意見で一致。
イラストだけなら、最初のディクシットが一番かなぁと思わずにはいられません。

3

・バグズと仲間たち
 Bugs & Co(Libellud:2011)


バグズと仲間たち
モンスターが描かれているチップを3枚組のセットにしていくゲームです。
PHYさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

場に並べられたモンスターのチップを片手で見て、片手で取ってきます。
もう片方の手はチップを確保するためにあります。
モンスターは3枚1組になっていて、ゲームの最初にランダムで抜いているので、どのモンスターが揃ってないのかはわかりません。
合図と共に一斉にスタート。
わさわさとチップを裏返しては戻る作業をひたすら続けていきます。
これだ!と思ったら自分のほうに寄せておく。
でも、横から手がのびてきて、せっかく寄せたチップがばらばらw
しかも、持っていかれることもしばしば。
これはゆっくりしていてはダメだと思い、ささっと集めていき、3組作ったところでボーナスを取ってゲームから抜ける。
これを見たほかの人も慌ててボーナスを取りにくるので、意外とあっさりゲーム終了してしまいます。

3組間違えなく揃えてさらにボーナスをもらった私の勝利。
他の人が結託して、いつまでも探していたらゲームは終わらず負けていたかも知れないけれど、今回は慌ててくれたおかげで勝てましたw

ちなみに、この後もう一戦やってるんですが、
「チップのモンスターが揃ってない」といわれ、何を思ったか全部チップを入れてしまう失態を。
おかげで、私以外の3人がいつまでもモンスターを探していて、なかなかゲームが終わらなかったというw


このページのトップヘ