ふうかのボードゲーム日記

タグ:Lautapelit.fi

4

・フラムルージュ
 Flamme Rouge(Lautapelit.fi:2016)


フラムルージュ

自分の選手を最初にゴールさせるのを目的とした、自転車レースゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

タイルを並べて、レースコースをつくります。
各プレイヤーは、自分色の選手コマ2個、プレイヤーボード、カードセットを受け取ります。
レースはカードを使って選手を進めていきますが、スプリンターとルーラーは別々のカードセットを使います。
それぞれ裏向きでシャッフルし、裏向きのまま山にしてプレイヤーボードに置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3フェイズです。
まずは、片方の山札から4枚引いて使う1枚を選び、続いてもう1選手のためにカードを選んでセットする活力フェイズ。
セットしたカードを表向きにし、先頭の選手から書かれている数だけ前進させていく移動フェイズ。
最後に、使ったカードを除外してスリップストリーム効果を適用し、消耗カードを割り当てたらラウンド終了。
これを繰り返し、誰かの選手がゴールを越えたら、その人の勝利でゲーム終了。
同じラウンドで複数の選手がゴールを越えたら、より遠くまで進んでいる人が勝者になります。

続きを読む

3

・ドクムス
 Dokmus(Lautapelit.fi:2016)


ドクムス

ドクムス島を探検し、遺跡や神殿に隣接するように自分のトークンを配置していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

マップタイルを並べて、ドクムス島をつくります。
各プレイヤーは自分色のトークンを受け取ったらスタートプレイヤーを決め、プレイ順の逆順でトークンを初期配置したら、ゲームスタートです。
ゲームは8ラウンドで、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
スタートプレイヤーから順に、守護者タイルを選んでいくフェイズ1。
守護者タイルに書かれている数字の小さい順に、手番を実行していくフェイズ2。
手番では3個のトークンを使って配置していきます。
森林に入ったり水路を使う時に、トークンを1個捨てることがあります。
最後に護符が描かれている守護者タイルを持っている人が、次のスタートプレイヤーになったらラウンド終了。
これを8ラウンドやったらゲーム終了で、最後に得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ミュール
 M.U.L.E. The Board Game(Lautapelit.fi:2015)


ミュール

辺境の惑星を舞台に、開拓して資源を産出し、売却することでお金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

今回は全員初回なので初級ゲームで。
大きなボードには、惑星の土地タイル置き場、価格トラック、売店などが描かれています。
各プレイヤーは自分用のボードと初期資源類を持ちます。
ゲームは6ターンで、1つのターンは8つのフェイズで進行していきます。
まずは土地を獲得し、自分のボードに並べる拡大。
続いて最大3回までアクションが出来る開発フェイズ。
9種類の中から1つを選んで実行します。
全員がアクションを終えたら、使用した資源類を片づける消費と廃棄。
そして生産をし、ボード上に描かれている各資源の価格設定。
資源を購入・売却出来る市場フェイズをやり、各プレイヤーの所持金で順位付け。
最後にイベントが発動し、対象となるプレイヤーが処理したところでターン終了。
これを繰り返し、最後の6ターン目は生産、価格設定をやり、市場フェイズですべての資源を売却します。
順位フェイズ終了後、ゲームが終わります。
もっともお金を持っている人が勝者となります。

続きを読む

3

・ネイションズ:ダイスゲーム
 Nations: The Dice Game(Lautapelit:2014)


ネイションズ:ダイスゲーム

ダイスを使って、自分の国家を発展させていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーが持つのは各国のボードですが、プレイヤーカラーなだけで特に初期値の違いはありません。
その他に、購入するタイルが並ぶ進歩ボードに得点ボードがあります。
時代は4時代で構成されていて、1時代が1ラウンド。
進歩ボードに並ぶタイルは、各時代で決められた中からランダムで出てきます。
最初の手番では、まずダイス5個をすべて振ります。
出来るアクションは、振り直し・タイルの購入・偉業の建築の中から1つです。
振り直しはチットがなければ出来ませんが、タイルの購入・偉業の建築はダイス目があれば出来ます。
1アクションずつやっていき、全員がパスしたら持っている書物の数を比べ、さらに飢饉を処理します。
そして、プレイ順を変更して戦争判定を行ったら、ラウンド終了です。
これを4ラウンド行い、自分ボードに置いてあるタイルの勝利点を加算し、得点の一番高い人が勝者となります。

続きを読む

4

・エクリプス
 Eclipse(Asmodee:2011)


エクリプス
宇宙を舞台にした、各種族の勢力争いがテーマのゲームです。
いたるさん・つなきさん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲーム、ルールはわかりやすくて言語依存も少なく(てか、ほとんどない)、タイル類がかなり多い。
ゲームをはじめる前に、自分が担当する種族(というか人)を決めるところから。
その間にみんなでタイルをはずして並べたりw
私とトド吉は所謂地球の人、いたるさんとつなきさんは宇宙の人。
ちなみに使うプレイヤーボードは裏返せば宇宙属性の人に早代わり。
私が担当したおばさんは、裏面が好みではなかったw

宇宙となる部分には、最初に配置した中央のタイルと自分の拠点だけが配置されています。
タイルを配置することで、自分が持っているリソースを表示させるキューブを置くことができ、これによって新しい研究ができたり収入が増えてきます。
最初に持っている宇宙船はかなり弱いので、それを強くしたり大きな宇宙船を作ったりするのにも、色々と必要なわけで。
宇宙船を組み立てるゲームでは上手くできたことがなかったので、今回は宇宙船強化に特化してみました。

ゲーム序盤はまずタイルをめくってみる。
これによって自分の隣りのタイルが何なのか知ることができるし、運良く何もなければ自分のものになるので。
ある程度自分のボードからキューブ類をどかすことでしか収入が上がらないので、少しでも早く置きたいという。
でもディスクを置いてしまうと、出てくるのはマイナスの文字。
ともかく序盤はタイルを制圧していくことと、宇宙船を強化することに注力。
というのも、置いたタイルに古代の民族が居座っているので、それを倒さないことにはキューブもディスクも置けないからです。
序盤はエンジンのせかえるにしても、研究のリソースが足りなかったりして、なかなかすぐにはできないけれど、他にもやれることがあるのは楽しい。
そんな中、これくらいあればいいだろうといたるさんが宇宙船で突撃。
対する古代の民族側を私が担当してのダイス勝負。
ダイスを振る手に念をこめて。そして・・・

「あー!おれの宇宙船がぁー! _| ̄|○ 」

いたるさんの宇宙船は、あわれ宇宙の藻屑となりましたw
一度壊れてしまうと、また造らなきゃいけないのが大変なところ。
それを見て「もう少し強化してからにしよう・・・(心の声)」と思いました。
そして出来上がった宇宙船を引きつれ、ようやく自分のディスクを置くため旅立ち。
強化したかいがあり、そこは何とか勝利して、自分のキューブを配置することができました。
おまけに勝利点になるタイルを獲得。
なかなか幸先がいい展開で1人ご満悦w
しかし、どうせなら最強の宇宙船を作りたくなってくる。
目指すは宇宙一の宇宙船!ということで、せっせと研究して宇宙船を強化しつつ、タイルを制圧するのも忘れずに。
この頃になると、ある程度リソースがたまってくるので、やりたいことがやれるように。
でもそれはみんな同じこと。
宇宙が出来上がると、他の人を攻撃したくなってくる。
ちらっと見たら、つなきさんとトド吉が一触即発になっているけれど、つなきさんの本拠地の防御力がすごく高くなっていることに気付く。
ある程度点数を持っていたので、中央のタイルを狙ってみるも、一足遅くトド吉に取られる。
序盤で宇宙船を壊してしまったいたるさんが右往左往しているのも見ていて面白いw
トド吉と私は友好を結んでいるので、裏切るかどうするか悩ましい。
とはいえ、いたるさんとも友好を結んでいるわけで。
これを破ると−2点のタイルが飛んでくるw
攻められなければそこそこいくかな?と思いつつ、強力な宇宙船を数造り、とりあえず周りに驚異を振りまく。
これが結構有効手段だったわけで。

最後はとりあえずパスして様子を見ているうちに、トド吉が中央タイルにコロニーを建設してしまい、宇宙船1隻ではとても落ちない状況に。
そんな中、いたるさんはつなきさんへ攻撃w
どこかへ攻め込みたいけれど、一度パスしてしまうと1隻しか動けないので、そのままパスをして終了。
結果、僅差で勝利。
中盤からのリソース取得が増えたことが大きかったのと、宇宙船大切w
終わってみると、軽く3時間以上遊んでいました。
シンプルなのにこれだけの時間遊んで、プレイ中まったくといっていいほど飽きませんでした。
これは人気があるのがわかる気がします。
ぜひとも違う種族でも遊んでみたい。

BGGのランキングがどんどん上がって7位。
手に入りにくいのも一因かなとちょっと思ったり。
早く安定量の流通があればいいんですが。

ゲームの詳しい内容は、下記サイトに掲載されています。
risaのボードゲームレポート:エクリプス−どんなゲーム?編−

このページのトップヘ