ふうかのボードゲーム日記

タグ:Kosmos

3

・イムホテプ
 Imhotep(Kosmos:2016)


イムホテプ

石材を調達してボートで運び、モニュメントを作り、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・メビウスママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

古代エジプトの著名な建築家「イムホテプ」。

イムホテプ (Imhotep, Immutef, Im-hotep, Ii-em-Hotep, Imuthes) は、古代エジプトの高級神官。第3王朝のジェセル王に仕えた宰相とされる。また、エジプト第3王朝最後の王フニ王の時代まで活躍したとされる。
また、史上初のピラミッドといわれる、サッカラの階段ピラミッドを設計したことでも知られる。
wikipediaより)
プレイヤーはこの偉大な建築家と競って、永遠のモニュメントをつくるのというのがテーマです。
ゲーム開始時、各プレイヤーが持っている自分のストックタイルには、最大5個の石材を置くことが出来ます。
ゲームは6ラウンド。
ラウンド開始時に今回使うボートが決まるので、場所ボードを並べてつくった場から少し離して並べます。
手番がきたら、4つのアクションのうち1つを実行しなければなりません。
ストックから石材を取り、自分のストックタイルに置く・まだ移動していないボートの任意の場所に石材を置く・決められた最低個数の石材が載せられたボートを、いずれかの場所に移動し、ボートの先頭からボード上に置いていく・市場カードをプレイするの4つ。
これを繰り返し、4隻すべてのボートが異なる場所に進んだらラウンド終了。
神殿の得点を計算し、次ラウンドの準備をします。
6ラウンド終了後、最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・アマゾン探検(アマゾナス)
 Amazonas(Kosmos:2005)


アマゾン探検

アマゾン地域を舞台に、基地を設置して調査し、任務を達成していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードはアマゾン地域。
村が点在し、それぞれ道や水路でつながっています。
ゲームの目的は、ゲーム開始時に受け取る目的を達成しつつ、村にお金を払って基地を設置し、調査タイルを集めることで得点を獲得すること。
各プレイヤーは、自分用の基地コマとカードセット、目的となるカードを受け取ります。
ゲームは18ラウンド。
まずイベントカードをめくってイベント発生。
次に各自カードを1枚選んで裏向きで出し、一斉にオープン。
カードの数字で収入が入り、収入が大きい順に手番を実行していきます。
カードは使いきりで、すべて使ったらすべて手札に戻る形。
手番では、出したカードに書かれている収入を受け取り、コストが支払える限り、基地を置くことが出来ます。
ただし、すでに自分が基地を設置した村からつながる村にのみ設置することが出来て、1つの村に自分の基地は1つまでです。
基地を設置したら、そこに描かれている種類のタイルを獲得します。
タイルは1つの種類につき3枚以上集めないと得点になりません。
全員が手番を終えたらラウンド終了。
これを18ラウンド繰り返したら、最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・スチームタイム
 Steam Time(Kosmos:2015)


スチームタイム

飛行船で過去へ飛び、古代文明や隠された財宝を探して名声を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーは飛行船ボードと飛行船コマを持ちます。
ここには入手するクリスタルが置けるようになっています。
中央には可変式のモニュメントボードが並び、ラウンド毎に一番下のボードを一番上へ動かしていきます。
ゲームは収入フェイズ、アクションフェイズ、補充フェイズの順番で進みます。
収入ではアップグレードしたものに対応するものを受け取ります。
そして、メインのアクションフェイズ。
手番がきたら、スタートプレイヤータイルを取るか、飛行船コマを置いてアクションを実行するかのどちらかを選びます。
スタートプレイヤータイルを取った場合、特殊処理をして手番終了で、選べるのは1人だけ。
通常は飛行船コマを置くことで、指令、遭遇、クリスタル、アップグレード、コイン、探索のうち1つを選んで実行します。
誰も飛行船コマを置けない、スタートプレイヤータイルも取れなければアクションフェイズ終了。
最後にボード上の飛行船コマを回収したり、次ラウンドの準備をしたらラウンド終了です。
これを5ラウンドやったらゲーム終了。
それぞれ獲得している名声を合計し、最も高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ツーモルトロイヤル
 Tumult Royale(Kosmos:2015)


ツーモルトロイヤル

民衆の支持を気にしながら、徴税して彫像をたてていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイ人数に合わせた枚数で、土地ボードを並べます。
各プレイヤーは自分色の彫像と城ボードを持ちます。
ゲームは何回かのラウンドで、1つのラウンドは7つのフェイズを順に行っていきます。
まずはルーレットを回し、世論を決定。
次に徴税で、砂時計の砂が落ちきるまでに、彫像をたてるために必要な商品を集めます。
スタートと同時に、裏向きで場に並んでいる商品を片手で見て、必要なら確保。
そして、暴動が起きるかどうかのチェック。
各自確保した商品を使って、彫像の建設をし、支持者の多い人が次の国王になります。
最後に戴冠式を行い、彫像の一番少ない人が民衆の支持を得たらラウンド終了。
これを繰り返し、彫像の多い人と少ない人の差が、現在彫像が置かれている歴代国王の下の数字より大きければゲーム終了。
もっとも彫像を多くたてた人が勝者となります。

続きを読む

3

・ダ・ルイジ
 Da Luigi(Kosmos:2015)


ダ・ルイジ

自分のレストランにきたお客さんに料理を提供し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このレストラン、料理をつくって提供するのではなく、提供する料理を仕入れて客に提供します。
場には仕入れの場となる市場ボード。
料理は一度に仕入れる数によって、消費時間が違います。
自分の前にはレストランボードを並べます。
ボードには時間が書かれていて、やってきたお客さんに合わせてお客さんを配置していきます。
手番がきたら、まずはお客さんに給仕するか、新たなお客さんを迎えるのどちらかを選びます。
給仕する場合、市場から仕入れてお客さんにレンジでチーンってやって提供し、お客さんの希望すべてを達成したら会計して帰っていただき得点へ。
新たなお客さんを迎える場合、山札からプレイ人数+1枚を引いて自分の前に置き、1枚ずつめくって自分が引き取るか、他のプレイヤーに渡すか決めます。
最終的に自分には2枚のお客さんがくることに。
これを繰り返し、新たなお客さんを迎える時に山札が尽きたら、この手番の後、全員もう一度ずつお客さんに給仕して終了。
注文を達成したお客さんの得点を合計し、花束やレモンで増減した結果、一番得点を獲得したプレイヤーの勝利となります。

続きを読む

3

・指輪物語 モルドールへの旅
 Der Herr der Ringe: Die Reise nach Mordor(Kosmos:2015)


指輪物語:モルドールへの旅

指輪をモルドールへ運ぶことを目的とするダイスゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

基本ゲームと上級ゲームがありますが、今回は上級で。
各自持っているマップには、モルドールへの道が2本描かれていて、プレイヤーが進む道とナズグルが進む道。
ゲームはいたって簡単。
自分が先にモルドールへ到達するか、ナズグルが先に到達して脱落するか。
手番がきたらダイスを振り、最低1個のダイスを確保して振り直します。
複数のダイスも確保出来ますが、すべてが異なったシンボルのみ。
ナズグルの目が1個以上出た場合、必ずナズグルを1個確保します。
シンボルにはそれぞれ違う効果があります。
指輪の目が出ればプレイヤーが進め、オークの目があると指輪は無効に。
オークを無効にするには仲間が必要で、ガンダルフはナズグルトラックのスペースを半分に分割することが出来て、ナズグルの進行速度を遅らせることが出来ます。
ダイスの効果を解決したら手番終了。
ナズグルトラックが先にモルドールへ到達した人は脱落します。
誰かがモルドールへ到達するか、全員が脱落したらゲームは終了です。

続きを読む

3

・ドラゴンと羊
 Von Drachen und Schafen(Kosmos:2015)


ドラゴンと羊

羊が描かれたカードを使って、財宝を集めていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カードの裏面は5色の羊。
表はアクションカードと財宝、洞窟があります。
手番がきたら、まず手札を2枚補充。
次にアクションカードと財宝カードを1枚ずつ、好きな順にプレイします。
財宝を自分の物にするには、カードに描かれたコストが必要で、この時に裏面の羊としてカードを使います。
洞窟は、獲得した財宝の枚数に応じて加点。
手札の上限は、手番終了時に10枚。
これを繰り返し、誰かが10枚の財宝を手に入れたらゲーム終了。
獲得した財宝と洞窟の得点を合計し、一番高かった人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ