ふうかのボードゲーム日記

タグ:IELLO

3

・サピエンス
 Sapiens(IELLO:2015)


サピエンス

自分のボードにタイルを並べ、食料と住処で部族の需要を満たしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

お互い持つのは自分用のボードと最初のタイル。
ボードには森林と平原が描かれています。
それぞれ数字が書いてあるマスは、タイルをのせた時に得られる食料。
基本的にはタイルを並べていくだけです。
タイルには種類があり、それぞれ同じ種類を隣接させるようにしか置けません。
さらに、既存のエリア1つ以上とつながったエリアから、対応しているボーナスを得ます。
タイルを置いてボーナスがあれば適用、そして場からタイルを補充して手番終了です。
これを繰り返していき、場と山札の両方がなくなったら終了フラグ。
全員が同じ手番になるようにプレイし、得点計算になります。
食料と住処を比べて、低いほうが自分の得点となり、一番得点の高い人が勝者となります。
今回は2人プレイなので、2人用ルールを適用で。

続きを読む

3

・赤ずきん
 Little Red Riding Hood(IELLO:2015)


赤ずきん

童話「赤ずきん」をテーマに、狼と赤ずきんのどちらが早くおばあさんの家に着くか競うゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームでは、プレイヤー全員が赤ずきんになる協力ルールと、1人が狼で他プレイヤーが赤ずきんになるルールがありますが、今回は協力ルールで。
ボードには、赤ずきんと狼それぞれのルートにマスが並びます。
おばあさんの家は、目的地タイル4枚のうちどこか。
協力ルールの場合、狼は条件で自動的に前進していきます。
赤ずきんはスタート位置が2ヶ所あり、今回は遠いほうで。
手番がきたら、お花あつめをするか、お花あつめをやめるかの二択。
お花あつめをする場合は、カードを山札から引き、書かれている数字が場に並んでいるカード枚数以上なら成功。
描かれている数のトークンを裏向きで置きます。
お花あつめをやめる場合は、それまでに並んでいるトークンを表にし、花が描かれている数だけ赤ずきんを前進させます。
狼はお花あつめをやめた時とお花あつめで失敗した時、いずれも1歩前進します。
これを繰り返し、先におばあさんの家へたどり着いたほうが勝者になります。

続きを読む

3

・メディバル・アカデミー
 Medieval Academy(Blue Cocker Games:2014)


メディバル・アカデミー

騎士を目指し、7種類の訓練で得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には7種類の訓練する項目のボードが並びます。
ゲームは6ラウンド。
まずはカードのドラフトから始まります。
1枚取って次の人に回して、を繰り返し、持っている手札は5枚。
このうち4枚を使います。
手番がきたら、手札からカードを1枚出します。
カードとボードの種類は連動しているので、書かれている数字の数だけ、ボード上のトラックにある自分のマーカーを進めます。
ボードによって得点の入り方が違っています。
全員が4回ずつカードを出したら1ラウンド終了で得点計算。
これを6ラウンドやり、最終的に得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・シノビわちゃー!
 Shinobi WAT-AAH!(IELLO:2014)


シノビわちゃー!

自分の忍者軍団を結成し、勝利点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームには2つのゲームルールがあります。
まず下忍ルールで遊んでから、ラスボスが出てくる上忍ルールで遊ぶのをおすすめします。
まずは下忍ルール。
使うのは忍びカードと上忍トークンのみで、部隊の数字比べをします。
手番がきたら、カード補充、カード配置、カード破棄をします。
カード補充は山札から1枚か、山札からオープンでめくった数+2枚引ける買収のどちらか。
カード配置は任意で、同じ色のカード最大4枚で1部隊。
部隊ごとに自分の前にカードを出して効果を適用します。
最後に手札から1枚を捨てます。
これを繰り返し、誰かが4部隊出して効果を適用したらゲーム終了。
自分の前に出している部隊の数字を合計し、買収カードの数字を引いたのが勝利点となり、より高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・イノベーション
 Innovation(Asmadi Games:2010)


イノベーション

歴史の中で様々な発見をし、時代を制覇していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には時代1から10までのカード山が円形に並び、中央に制覇のためのカードが置いてあります。
プレイヤーは自分用のボードを持ちます。
このボード、チャートになっているんですが、両面で違うことが書いてあります。
今回は2人プレイだったので、1人2枚ずつ持って参考にしました。
基本的には、自分の前に技術を並べ、発動させながら時代を進んでいきます。
各時代で条件が揃えば制覇することが出来るので、この時代の制覇と分野での制覇が合わせて6枚を目指します。
プレイ人数によって、目指す制覇の数は違います。
最初はお互い1の時代から。
手番になったら、2アクションを実行します。
出来るアクションは、カードを山から引く、手札からカードをプレイする、自分の前に並べたカードの効果を発動する、条件が揃っていれば制覇するの4つ。
2アクションは同じアクションでも構いません。
これを繰り返していき、誰かが制覇勝利か影響勝利、教義による勝利のどれかを達成すればゲーム終了です。

続きを読む

3

・キング・オブ・ニューヨーク
 King of New York(IELLO:2014)


キング・オブ・ニューヨーク

キング・オブ・トーキョーの続編で、今度はマンハッタン周辺を舞台に暴れて、得点を獲得するゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

自分の怪獣を使って、他の怪獣を攻撃したり、建物を破壊したりしながら規定の得点を目指します。
ゲームの目的は、他のモンスターすべてを倒すか、20点獲得するか。
手番がきたらダイスを6個振り、出た目でアクションを実行します。
ハートマークは回復、手(というか爪?)は攻撃、キューブはエネルギー。
その他に、建物破壊、☆マーク、ドクロマークが増えました。
手軽なゲームだし、全員トーキョーを遊んだことがあったので、軽くルール確認をしたら、早速スタート。

続きを読む

3

・ウサギとカメ
 The Hare & the Tortoise(IELLO:2014)


ウサギとカメ

ウサギがカメに再戦を申し込み、それがあっという間に広がって、レースの参加者は5匹の動物たち。
誰が勝つのか予想して当てるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

レースは出されたカードで移動していく形式。
手番では1〜4枚カードを出します。
この時、同じ動物が4枚になるか、種類関係なく8枚になるとレーススタート。
それまではスタートプレイヤーから順にカードを出していくだけです。
チャートに描かれている順番で、動物たちが移動していきます。
移動が終わったら、スタートプレイヤーマーカーを次の人に渡し、カードを出すところからはじめます。
これを繰り返していき、3位までの動物が決まったらレース終了。
自分の応援カードをオープンにし、順位で得られる得点を計算したら、一番高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ