ふうかのボードゲーム日記

タグ:IELLO

4

・イシュタル:バビロンの庭園
 Ishtar: Gardens of Babylon(IELLO:2019)


イシュタル:バビロンの庭園

王妃を喜ばせるためにわずかな噴水を使い、砂漠に庭園をつくっていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイ人数で枚数が違う地形を組み合わせてボードをつくり、噴水を設置します。
絨毯ボードに植生タイルを置き、スタートプレイヤーは植生タイルの上にじょうろコマを置きます。
各プレイヤーは自分の色を選び、自分用ボードと助手コマ、最初に持つ宝石を受け取ります。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番では、植生タイルを選び、配置ルールに従ってボードに配置します。
植生タイルで覆ったマスに宝石があるなら、それを獲得します。
その後、植生タイルにアイコンがあるなら、特別アクションを実行。
宝石を使って任意で木を植えたら手番終了。
植生タイルの山が2つ空になったら、スタートプレイヤーの右隣の人まで手番をやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ニンジャ・アカデミー
 Ninja Academy(IELLO:2019)


ニンジャ・アカデミー

ニンジュツ師範を目指し、最高のニンジャを目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

班長を決め、班長は呼び出しカードを手元に置きます。
畳カードを各プレイヤーに1枚ずつ配ります。
一騎打ちと全体の試練カードをそれぞれよく混ぜ、山札にしておきます。
ゲームは、一騎打ちと全体を交互に実行していきます。
全体の場合、すべてのプレイヤーが試練に参加し、カードに書かれている得点を獲得します。
一騎打ちの場合、呼び出しカードに書かれた番号を班長が読み上げてプレイヤーを呼び出します。
その後、一騎打ちカードの内容に従って試練を戦います。
これを繰り返し、最後の全体試練を終えたらゲーム終了。
もっとも勝利点を多く獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハイリスク
 High Risk(IELLO:2019)


ハイリスク

ダイスを振って、誰よりも早く全員を山頂に登らせるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

小さな山岳ボードには、山頂までの道のりが描かれています。
スタートはベースキャンプ。
3ヶ所のビバークと山頂は何人でもはいることが出来て、崖は1人しかはいれません。
手番ではダイス6個振り、任意の目を残して振り直すことが出来ます。
振ったダイスの目が危険のみだった場合、落下が発生。
振ったダイスの目が上昇と天候のみなら、ブーストが発生してもう1手番出来ます。
それ以外はレストで、出た上昇の数だけコマを1つ選んで進めます。
これを繰り返し、誰かのコマすべてが山頂に到達したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・【8BIT BOX】スタジアム
 8Bit Box : Stadium(IELLO:2018)


8Bit Box:スタジアム

8Bit Boxに入っているゲームの1つで、チームに分かれ、10種類の競技でメダルを争奪していく8BIT BOX:スタジアムです。
はるさん・よしさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央には、ランダムで選んだ10種類の競技を裏向きで並べてトラックをつくります。
チームメンバーは対角に座ります。
各プレイヤーは、チーム色の選手ボードを受け取って体力にキューブを置き、コントローラーをを持ちます。
各競技は、公開と競技とメダルの2フェイズからなります。
公開はタイルをめくり、詳細を読み上げます。
競技は体力を使って実際に実行し、結果によってメダルが授与され、チーム毎のメダルボードに記録し次の競技へ。
10個目の競技が終わったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高いチームが勝利します。

続きを読む

3

・【8BIT BOX】アウトスピード
 8Bit Box : Outspeed(IELLO:2018)


アウトスピード

自分のマシンを動かして、レースの勝者を目指すボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに進行ボードを並べ、各プレイヤーのマシンをスタート位置に並べます。
コースタイルを表向きでよく混ぜて山にし、一番下にゴールラインタイルを1枚差し込みます。
各プレイヤーは、自分のコントローラーと燃料を受け取ります。
ゲームは13ターンで、各ターンでは4つのフェイズを行っていきます。
持っているボーナスタイルを使うボーナスフェイズ、自分のコントローラーの右ホイールでルートを選ぶプログラムフェイズ、全員コントローラを公開して解決していく解決フェイズ、新たなコースタイルを公開する公開フェイズです。
これを繰り返し、終了条件3つのうち1つが発生するとゲーム終了。
ゴールラインタイル使用で解決フェイズ後、先頭の人が勝者。
退場していない人が1人になった場合、その人の勝利で、全員が退場したら勝者なし。

続きを読む

3

・【8BIT BOX】ピクソイド
 8Bit Box : Pixoid(IELLO:2018)


ピクソイド

逃げるピクソイドを捕まえるのを目的としたボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに回路ボードを並べ、外周にはスクリーン枠をセットします。
各プレイヤーは自分の色を決め、コントローラーとキューブを持ちます。
このゲームでは、全員が1回ずつピクソイドになります。
ゲームはプレイヤー数のラウンドを行い、各ラウンドは最長12ターン。
各ターンでは、自分のコントローラーで移動方向と歩数を決める秘密プログラム、実際に移動する移動、ラウンド終了判定をする得点の順で行います。
ピクソイドが12個のキューブをリザーブから取る、もしくはバグがピクソイドを捕まえたらラウンド終了。
得点を計算したら、再びセットアップをし、新しい人がピクソイドを担当してゲームを続けます。
全員が1回ずつピクソイドを担当したらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・レイド
 Raids(IELLO:2018)


レイド

ヴァイキングとなり、船を強化しつつ宝物を入手し、得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に、探索する全世界を表している大きなゲームボードを広げます。
遠征タイルを種類で分けてよく混ぜ、それぞれ裏向きの山にしておきます。
各プレイヤーは自分の船を選び、同じ色のマーカーを受け取ります。
ゲームでは4回の遠征が行われ、1回の遠征は何回かの手番(ターン)で構成されています。
手番を行うのは、常に最後尾のプレイヤーです。
手番がきたら、現在自分がいる場所にあるタイルを取り、自分の船に配置します。
次に船を移動させます。
まず、自分と直前にいる船の間にあるタイルをすべて、捨て札にします。
移動はどこまでも進むことが出来ますが、他のプレイヤーがいるタイルに入った場合、戦闘が発生し、負けたほうは追い出されます。
タイルによっては、止まることが出来ないタイルもあります。
モンスターは素通りすることが出来ず、止まって戦うか、手下を1コマ払うことで通り過ぎることが出来ます。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、全員がゴールしたら1回の遠征が終了で新たな遠征へ。
4回目の遠征が終了したらゲームも終了し、得点を計算をしてもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ