ふうかのボードゲーム日記

タグ:HorribleGames

3

・ワインと毒とゴブレット
 Raise Your Goblets(Horrible Games:2016)


ワインと毒とゴブレット

貴族の一員となり、標的の貴族に毒を飲ませて得点を獲得するゲームです。
12人でプレイ。

多人数の正体隠匿ゲームなのでプレイ機会がないと思っていましたが、ぶうねん会で12人プレイのチャンスがありました。
12人プレイでは、貴族と毒見役の2人1組で遊びます。
ゲームは前菜からはじまり、メインを通して最後に乾杯です。
その時に貴族が生き残れていれば得点を得られ、さらに貴族が毒を飲めば得点を得られる場合もあります。
ゲーム開始時、貴族と毒見役で組をつくります。
貴族には貴族カードが配られ、自分がどの家なのかカードをオープンにします。
毒見役は配られたカードをクローズにします。
なぜなら、毒見役の中には1人だけ、貴族が毒を飲めばいいと思っている裏切り者がいるのです。
自分のコースターリングをセットしたゴブレットを置いたら、前菜からゲーム開始です。
各家には標的となる家が描かれたカードが配られます。
そしてコースのメインは、貴族と毒見役は2人で1人としてアクションを実行していきます。
誰かが乾杯の音頭をとるまで、手番を繰り返していきます。
出来ることは、任意のゴブレットにトークンを加える・ゴブレットを覗く・ゴブレットを回す・ゴブレットを入れ替える・パス・乾杯のどれか。
この中から2回まで実行出来ますが、12人プレイでは1回のみ。
ただし、乾杯は貴族しか出来ず、ゴブレットを覗けるのは毒見役のみ。
誰かが乾杯を選択したら、最後に1回ずつアクションを実行したらコース終了。
得点を計算したら役職を替えて、再び前菜からはじめます。
そして、3回目のコースが終わったらゲーム終了。
各自得点を計算し、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・ポーション・エクスプロージョン
 Potion Explosion(Horrible Games:2015)


ポーション・エクスプロージョン

排出器に並ぶ材料を取り、爆発させることでより多くの材料を手に入れ、薬品を調合していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

材料となるカラフルなビー玉は4色。
ランダムで排出器に並べます。
各プレイヤーは、調合するための研究台を受け取り、初期薬品タイルを受け取ります。
ゲームの目的は、薬品を完成させて得点を獲得すること。
手番がきたら、排出器に並ぶ材料玉1つを選んで取ります。
レーンから材料玉を取ると、その上の材料玉が転がってきます。
同色2つ以上の材料玉が衝突すると爆発が発生し、爆発した材料玉すべてを取ります。
再び連鎖で爆発が発生すれば、それもすべて取ります。
手に入れた材料玉を作成中のフラスコに置き、余った分は材料プールへ。
薬品が完成したら置いてあった材料玉をすべて排出器に戻し、フラスコを裏返して手元に置きます。
完成させた薬品は、以後自分の手番で使うことが出来ます。
空いた調合エリアに新しいフラスコを選んで置き、残った材料玉は排出器のタンクに捨てて、最後に技能トークンを獲得しているかチェック。
これで手番終了です。
これを繰り返し、技能トークンが規定数取られるか、薬品のストックがなくなったら、スタートプレイヤーの右隣りの人まで手番をやってゲーム終了。
出来上がった薬品と技能トークンの得点を合計し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ