ふうかのボードゲーム日記

タグ:HobbyJapan

3

・私が夢みるとき
 When I Dream(Repos:2016)


私が夢みるとき

1人が夢みる人になり、他の人から与えられるヒントを元に夢を当てていく、私が夢みるときです。
翔さん・よしさん・きむちさん・トド吉・私の5人でプレイ。

ゲームボードを広げて中央にベッドを置き、夢カードをよく混ぜてベッドの上に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは昼と夜を行います。
まずは夜。
夢みる人が残りのプレイヤーに1枚ずつ精霊カードを配ります。
妖精は正しい答えを夢みる人に言わせる、ブギーマンは間違いを言わせる、睡魔は正解と不正解及びパスの差分で得点が違います。
カードには自分の役割が書かれているので、それぞれこっそり確認します。
そして、夢みる人はアイマスクをし、砂時計をひっくり返します。
他のプレイヤーは順番に、キーワードの手がかりを1つずつ伝えていきます。
途中で夢みるひとが答えたら、該当する正解・不正解の場所にカードを置きます。
そして次のカードへ。
砂時計が落ちきったら昼になります。
夢みるひとは、それまでに出たキーワードをつなげてどんな夢だったか語ります。
語り終えたらアイマスクをはずし、得点を計算したらラウンド終了。
次の人が夢みるひとになり、精霊カードを配るところからゲームを続けます。
プレイヤー全員が、1回ずつ夢みるひとをやったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・【8BIT BOX】スタジアム
 8Bit Box : Stadium(IELLO:2018)


8Bit Box:スタジアム

8Bit Boxに入っているゲームの1つで、チームに分かれ、10種類の競技でメダルを争奪していく8BIT BOX:スタジアムです。
はるさん・よしさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央には、ランダムで選んだ10種類の競技を裏向きで並べてトラックをつくります。
チームメンバーは対角に座ります。
各プレイヤーは、チーム色の選手ボードを受け取って体力にキューブを置き、コントローラーをを持ちます。
各競技は、公開と競技とメダルの2フェイズからなります。
公開はタイルをめくり、詳細を読み上げます。
競技は体力を使って実際に実行し、結果によってメダルが授与され、チーム毎のメダルボードに記録し次の競技へ。
10個目の競技が終わったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高いチームが勝利します。

続きを読む

3

・カヴェルナ:洞窟対決
 Caverna: Hohle gegen Hohle(Lookout Games:2017)


カヴェルナ:洞窟対決

プレイヤーはドワーフになり、山を掘り進めて部屋をつくって豊かさを手に入れていく、カヴェルナ:洞窟対決です。
トド吉とプレイ。

中央には出来るアクションのタイルが並ぶアクションボード。
お互いに自分の洞窟ボードを持ち、セットアップをします。
ゲームは8ラウンドで、各ラウンドでは3つのフェイズを行います。
まずはラウンドの始めにアクションタイルを1枚めくる新しいアクションタイル。
次にプレイヤーが交互に、アクションタイルからアクションを選んで行っていくアクションフェイズ。
最後に、選んだアクションタイルを元に戻し、スタートプレイヤーを交替するラウンド終了フェイズ。
8ラウンド終了後、得点計算をし、得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・ジンジャーブレッドハウス
 Hexenhaus(Lookout Games:2018)


ジンジャーブレッドハウス

カラフルなジャンジャーブレッドで、おとぎ話のキャラクターたちを捕まえて得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に並ぶのは、ジンジャーブレッドを食べるおとぎ話のキャラクターたち。
各プレイヤーは自分用のボードと、裏向きでよく混ぜたダブルタイルを受け取ります。
ダブルタイルは裏向きのまま山にしてボードの横に置き、3枚を表にして自分の前に並べます。
キャラクターカードを1枚ずつ取り、ボードの上側に置いたら準備完了。
スタートプレイヤーから時計回りで、ゲーム終了まで順に手番を行います。
手番では、タイルをボードに配置する建設をしてキャラクターを1枚捕まえるか、階段を2つ取るのどちらかを実行。
最後に、ダブルタイルの山から1枚取り、自分の前に表向きで並べたら手番終了。
これを全員の表向きダブルタイルがなくなるまで続けていきます。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・【8BIT BOX】アウトスピード
 8Bit Box : Outspeed(IELLO:2018)


アウトスピード

自分のマシンを動かして、レースの勝者を目指すボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに進行ボードを並べ、各プレイヤーのマシンをスタート位置に並べます。
コースタイルを表向きでよく混ぜて山にし、一番下にゴールラインタイルを1枚差し込みます。
各プレイヤーは、自分のコントローラーと燃料を受け取ります。
ゲームは13ターンで、各ターンでは4つのフェイズを行っていきます。
持っているボーナスタイルを使うボーナスフェイズ、自分のコントローラーの右ホイールでルートを選ぶプログラムフェイズ、全員コントローラを公開して解決していく解決フェイズ、新たなコースタイルを公開する公開フェイズです。
これを繰り返し、終了条件3つのうち1つが発生するとゲーム終了。
ゴールラインタイル使用で解決フェイズ後、先頭の人が勝者。
退場していない人が1人になった場合、その人の勝利で、全員が退場したら勝者なし。

続きを読む

3

・【8BIT BOX】ピクソイド
 8Bit Box : Pixoid(IELLO:2018)


ピクソイド

逃げるピクソイドを捕まえるのを目的としたボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに回路ボードを並べ、外周にはスクリーン枠をセットします。
各プレイヤーは自分の色を決め、コントローラーとキューブを持ちます。
このゲームでは、全員が1回ずつピクソイドになります。
ゲームはプレイヤー数のラウンドを行い、各ラウンドは最長12ターン。
各ターンでは、自分のコントローラーで移動方向と歩数を決める秘密プログラム、実際に移動する移動、ラウンド終了判定をする得点の順で行います。
ピクソイドが12個のキューブをリザーブから取る、もしくはバグがピクソイドを捕まえたらラウンド終了。
得点を計算したら、再びセットアップをし、新しい人がピクソイドを担当してゲームを続けます。
全員が1回ずつピクソイドを担当したらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・オルビス
 Orbis(Space Cowboys:2018)


オルビス

タイルを並べて自分の世界を創造し、得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル上に、場となる天空をつくります。
タイルをレベル別に分け、それぞれよく混ぜて裏向きの山にします。
レベル1の山からタイルを取り、テーブル上に並べます。
神タイルはよく混ぜて、5枚だけ使います。
ゲームは15ラウンドで、各ラウンドでは各プレイヤーは1回ずつ手番を行います。
手番がきたら、神タイルもしくは地域タイルを1枚取らなければなりません。
神タイルはゲーム中に1回だけです。
地域タイルを取ったら、7つのフェイズを解決します。
取った地域タイルは、自分の前に置いていきますが、ピラミッド型ですぐ下の色と合うように置きます。
天空にタイルを補充したら手番終了。
これを繰り返し、15ラウンドが終わるとゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ