ふうかのボードゲーム日記

タグ:HobbyJapan

3

・トゥキ
 Tuki(Next Move Games:2019)


トゥキ

お題通りに『トゥキ』を出来るだけ早く組み立てていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームをはじめる前に、標準と上級のどちらで遊ぶか決め、カードスタンドにカードを挿入します。
各プレイヤーは、難易度に合わせたブロックを受け取りますが、4人プレイの場合は1人が斥候になり参加しません。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではトゥキリクカードを1枚引きます。
ダイスを振り、出目の動物シンボルが下になりように、カードをセットします。
一斉に、カードに描かれた通りにブロックを組み立てます。
出来上がったら宣言し、全員が完成させたらラウンド終了。
全員で完成チェックをし、条件に合った人がカードを受け取ります。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、トゥキリクカードを誰かが5枚受け取ったら最終ラウンド。
最終ラウンドで、一番早く完成させた人が勝者になります。

続きを読む

3

・メン・アット・ワーク
 Men At Work(Pretzel Games:2019)


メン・アット・ワーク

ビルを建設して、もっとも安全で優秀な労働者を目指すボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

建設現場の準備をし、各プレイヤーに安全証明書を3枚ずつ配ります。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、まず指示カードの山札の一番上を表にし、捨て札の横に置きます。
指示カード山の一番上のカード裏面と捨て札の一番上のカード表面が、今回の手番で実行するアクションです。
指示通りに、片手で資材や労働者を現場に追加して手番終了。
もし事故を起こしたら、安全証明書を1枚失って手番終了。
カード山から現場監督が出たら、月間最優秀労働者に証明書1枚が配られます。
これを繰り返し、規定の月間最優秀者証を集めた人・安全証明書を持っているのが1人・資材等がすべてなくなった時点で安全証明書及び月間最優秀労働者証が多い人が勝者でゲームが終わります。

続きを読む

3

・ノクティルカ
 Noctiluca(Z-man:2019)


ノクティルカ

輝く生物ノクティルカを瓶に入れて配達し、得点を獲得するボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードは池で、内周と外周それぞれのマスで区切られています。
ランダムで置いたダイスはノクティルカ。
各プレイヤーはコマとお気に入りカードを受け取り、カードは自分だけ確認します。
瓶カードは、裏向きでよく混ぜて各プレイヤーに3枚ずつ配り、そのうち2枚を選んで自分の前に公開し、残りは出来るだけ平等に4つの山にします。
ゲームは2ラウンドで、各ラウンドではプレイヤーの手番を繰り返していきます。
手番がきたら、自分のコマ1個を池の縁に置き、1辺を選んで直線方向のダイスを取ります。
この時、数字を1つ宣言し、その目が出ているダイスすべてを取ります。
その後、獲得したダイスを自分の瓶に置き、残ったダイスは他のプレイヤーに配ります。
瓶が完成したらダイスをすべて箱に戻し、得点トークンを獲得し、新しい瓶カードを取ります。
これを繰り返し、ボードからすべてのダイスが取られたらラウンド終了。
再びボードにダイスをセットして2ラウンド目へ。
2ラウンド終了後、得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

・侍石
 Jishaku(RSV Productions:2008)


侍石

マグネットストーンを使って、4種類の遊び方が出来るゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

同じベースとマグネットストーンを使い、遊べるルールは4種類。
マグネットストーンを9個ずつ持ち、手番で1個ずつ空きスペースに置いて、持っているマグネットストーンを早くなくす『いちぬけ!』、
同じく1個ずつ置いていき、くっついてしまったマグネットストーンを失点として計算する『脱落者』、
出来るだけ多くのマグネットストーンをくっつけようとする『狩り』、
1人でベースに何個置けるか挑戦する『ソロプレイ』。
自分が持つマグネットストーンは、プレイ人数によって数が違います。

続きを読む

3

・パッチワーク:ドゥードゥル
 Patchwork Doodle(Lookout Games:2019)


パッチワーク:ドゥードゥル

自分のシートにパッチを並べて、より得点の高いキルトをつくりあげるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

パッチワークのシリーズで、今回は紙にパッチを描き込んでいきます。
カードを裏向きでよく混ぜて山札にしたら、山札からカードを8枚取って円形に並べます。
各プレイヤーは、シート1枚と鉛筆1本、スタートカードを受け取り、最初のパッチを描き込みます。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドでは全員同時に6ターンを実行していきます。
各ターンでは、まずダイスを振り、トークンを時計回りに出た目の数だけカード上を移動させます。
止まったカードに描かれているパッチを自分のシートに記入するか、パスをします。
全員が記入もしくはパスをしたら、カードを捨て札にして次のターンへ。
6ターン終えたらラウンド終了で得点計算をし、各自のシートに書き込みます。
再び8枚のカードを並べて次のラウンドへ進み、3ラウンド終了時にゲーム終了。
3ラウンド目の最後のターンはダイスを振らず、残っているカードからパッチを選んで描き込みます。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・こねこばくはつ
 Exploding Kittens(Ad Magic:2015)


こねこばくはつ

爆発を回避し、最後まで生き残るのを目指すカードゲーム『こねこばくはつ』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ばくはつと爆弾処理カードを抜いた残りのカードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに7枚ずつ配ります。
その後、各プレイヤーに爆弾処理を1枚ずつ配り、最初の手札を8枚にします。
ばくはつカードをプレイ人数より1枚少ない枚数と爆弾処理カードすべてを山札に戻し、再びよく混ぜて山にしておきます。
手番がきたら、パスもしくはカードをプレイ。
プレイする場合、望むだけ何枚でもプレイすることが出来ます。
そして山札からカードを1枚引き、手札に加えます。
この時、ばくはつカードを引いてしまったら、爆弾処理カードを出すか脱落します。
これを繰り返し、最後まで爆発しないで残った人が勝者となり、ゲーム終了になります。

続きを読む

3

・オーティス
 Otys(Pearl Games:2017)


オーティス

ダイバーたちを派遣して海底に眠る資源を回収し、契約を達成して名声点を獲得していくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

コロニーボードを広げて準備し、各プレイヤーはそれぞれプレイヤーボードを持ちます。
プレイヤーボードにはキートークンを1から順に並べ、その横に能力を持ったダイバータイル8枚を並べます。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順番に、手番で3つのステップを行っていきます。
ゲーム終了時まで、スタートプレイヤーは変わりません。
まずは未使用のキートークン1つ、もしくはXを選び右へずらします。
そして、同じレベルのコロニーボード上のディスプレイの効果を発動。
次に、キートークンをさらに右へずらし、ダイバーを活動中にすることによって、能力を発動します。
最後に、キートークンを裏返して所定の位置に置き、使用したダイバータイルを一番上のレベルに移動させます。
これを繰り返し、誰かが18名声点以上獲得したら、そのラウンドを最後までやってゲーム終了。
もっとも名声点を獲得した人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ