ふうかのボードゲーム日記

タグ:HobbyJapan

3

・ノアの箱舟:船を揺らさないで!
 Noah's Ark: Don't Rock the Boat!(Kiddy Kiddo:2017)


ノアの方舟

箱舟に動物をのせていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

箱舟をセットしてテーブル中央に置き、カードを裏向きでよく混ぜ、箱舟の横に山にしておきます。
動物は船底の板に並べて置きます。
手番がきたら、カード山から1枚引き、描かれている動物を取って箱舟にのせるだけ。
箱舟から落ちた動物は自分の前に置き、次の手番ではカードを引かずにその動物をのせます。
そして次の人の手番へ。
誰かが箱舟の動物をすべて落としてしまったら、その人が負けで最も多くカードを引いた人が勝ちで即ゲーム終了。
山札がなくなったら、自分の前に置いてある動物をのせてゲームを続けます。
一番先に自分の前の動物がなくなった人が勝者になります。

続きを読む

3

・ピラミッドのつくりかた
 Pyramids(IELLO:2017)


ピラミッドのつくりかた

ピラミッドを建てて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームは10ラウンドで、ピラミッド・オベリスク・王家の墓をつくります。
プレイ順と出来るアクションが描かれた神タイルをテーブル中央に置きます。
建設カードをよく混ぜて裏向きで山にし、各プレイヤーに1枚ずつ配って手札にします。
すべてのラウンドは、4つのフェイズからなります。
テーブル中央に、プレイ人数に合った枚数の建設カードを並べます。
次に先手プレイヤーから順に、神タイルを取って自分の前に表向きで置きます。
そして、神タイルの数字順に手番をおこないます。
手番では、建設カード選択と建造の2つのフェイズを実行します。
ピラミッドは必ず建造します。
全員が手番をおこなったらラウンド終了で、先手プレイヤーを次の人に回して次ラウンドへ。
10ラウンド終了後、得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・イマジナリウム
 Imaginarium(Bombyx:2018)


イマジナリウム

機械を修理・分解しながら、プロジェクトを完成させて得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には、がらくた場のボード。
各プレイヤーはランダムで作業場を受け取り、衝立と初期所有物、トークンを受け取ります。
プレイヤーボードに書かれている数字で、最初のプレイ順が決まり、自分のフィギュアをプレイ順トラックに置きます。
ゲームは、3つのフェイズからなるターンを繰り返していきます。
まずは計画で、機械か黒炭素抽出機に自分のフィギュアを置きます。
次に実装で、順番に手番を行っていきます。
手番では、作業場の機械を使用・確保した機械の入手や黒炭素抽出・アクションを実行・プロジェクトが完成チェックを順に行います。
最後に自分のフィギュアをターン順トラックに置けば、手番終了。
全員が手番をやったらターン終了で、チェックとリセットを行います。
誰かが終了条件を満たしていればゲーム終了で、誰も満たしていなければ次のターンへ。
最終的にもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・CIV
 CIV: Carta Impera Victoria(Ludonaute:2018)


image4012

国家を成長させ、6つの分野のうち1つで
いたるさん・トド吉・私でプレイ。

カードを時代ごとに分けてよく混ぜ、重ねて山にしておきます。
基本ルールでは、各プレイヤーは山札から3枚引いて手札にします。
スタートプレイヤーから順に手番を行います。
手番では、手札から1枚選んでプレイし、効果を使用することが出来ます。
最後に手札上限までカードを引き、手札に加えます。
これを繰り返し、誰かが1つの分野で勝利条件以上のカードをプレイしていれば、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了。
もしくは、誰かがカード山最後のカードを引いたら、全員が同じ手番数になるようプレイしたら終了し、得点を計算して、もっとも得点の高い人が勝者になります。
4人で遊ぶ場合は、チーム戦でプレイすることが可能です。

続きを読む

3

・フェアリータイル
 Fairy Tile(IELLO:2018)


フェアリータイル

物語の登場人物を動かしたり、土地を増やしたりして、物語を完成させていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にタイルを並べ、ゲーム開始時の王国をつくります。
王女・騎士・ドラゴンを指定の位置に置きます。
各プレイヤーの枚数が平等になるようカードを配り、裏向きのまま自分の前に山にし本をつくります。
手番がきたら、物語を紡ぐかページをめくります。
物語を紡ぐには、冒険に出るか冒険を語るかを実行します。
ページをめくる場合、手札のカードを自分のカード山と取り替えることが出来ます。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが自分の本の最後のページを語ったらゲーム終了。
そのプレイヤーが勝利します。

続きを読む

4

・ひっつきカメレオン
 Sticky Chameleons(IELLO:2017)


ひっつきカメレオン

カメレオンの舌で、虫をとるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルの上には、トンボやクモなどの虫たち。
各プレイヤーは、ひっつき舌を1つずつ持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは観察と食事の2フェイズ。
観察では、2つのダイスを振り、目標となる虫をチェック。
食事では、自分のひっつき舌を使って目標となる虫を捕り、ごちそうさまトークンを得ます。
誰かが目標の虫を捕まえて、テーブルに戻したらラウンド終了。
これを誰かが5枚のごちそうさまトークンを獲得したら、その人の勝利でゲームも終了します。

続きを読む

3

・リワールド
 Reworld(eggertspiele:2017)


リワールド

獲得したモジュールを母艦に積み込み、展開させて開拓して得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームは2章に分かれています。
第1章では、カードを使ってモジュールを入手し、自分の母艦に積み込んでいきます。
テーブル中央にボードを広げ、ランダムでモジュールを並べます。
各プレイヤーは、自分の母艦と船員カードを受け取ります。
スタートプレイヤーから順番に、ボードに船員カードを出してモジュールを取り、母艦のドッキングエリアに配置していきます。
カードは隣接しているカードがなければ自由に出せますが、すでにカードが配置されている場合は同じ数字のものを出さなければなりません。
両方隣接している場合は、両方と同じ2枚を出さなければなりませんが、任意のカード2枚で1枚のオールマイティ扱いが出来ます。
入手したモジュールは、母艦の出したカードと同じ数字の場所に置きます。
全員がパスをしたらラウンド終了で、次ラウンドの準備をして次ラウンドへ。
これを5ラウンドやり、第1章が終わります。
第2章では、母艦からモジュールを切り離し、開拓していきます。
スタートプレイヤーから順番に、手番では2つを実行します。
まずは1つのモジュールをドッキングエリアから取り、即座に使用します。
続いて移民船の条件を満たしていれば、移民船をストックから取って得点を獲得します。
おこれを繰り返し、すべてのプレイヤーのドッキングエリアが空になったらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ