ふうかのボードゲーム日記

タグ:HobbyJapan

3

・インベンターズ
 Legendary Inventors(Bombyx:2016)


インベンターズ

偉大な発明・発見者チームを目指し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のチーム員のタイルを受け取りセットします。
場にはプレイ人数+3枚の発見・発明カードを並べ、ランダムでトークンを2つずつ置きます。
スタートプレイヤーを決めて、ダ・ヴィンチ像を渡します。
ゲームの目的は、自チームのインベンターを派遣して発見・発明にかかわることで、カードやチップを手に入れていくことです。
手番がきたら、自分のインベンターを派遣するか、仕事済のインベンターを派遣可能にするのどちらかを実行します。
インベンターの知識レベルに等しい数のキューブを、発見・発明カードの対応する分野に置きます。
キューブは少なくとも1つ、いずれか1枚のカード上に置かなければなりません。
派遣可能にするアクションは、使用済のインベンターすべてを使用可能にします。
発見・発明カードは、すべてのスペースにキューブが置かれると完成。
置かれたキューブの数を比べて報酬を分配し、新しい発見・発明カードを場に並べます。
最後から2枚目の発明・発見が完成すると、1つの時代が終わります。
これを繰り返し、3つの時代が終わったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

4

・アンロック!
 Unlock!(Space Cowboys:2016)


アンロック

謎を解いて、その場所からの脱出を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

数字を組み合わせて答えを見つけ、シナリオを進めて、最後に脱出するのが目的。
アプリと連動していて、ヒントや制限時間、答え合わせはアプリです。
使うのはカードのみ。
部屋の中が描かれていたり、数字が書かれていたりします。
普段、謎解きゲームを遊ぶことがないので、脱出とか謎解きとかの違いもわかりません。
今回はパブリッシャーが好きなパブリッシャーなのと、とりあえず見学席にいようかな?という思いでのプレイ。
実は1回目に遊んだ時、シナリオ1で躓いて時間切れからのゲーム会終了。
2回目ではシナリオ1から3まで、すべて遊びました。
尚、ただの感想なので、ネタばれは一切ありませんw

続きを読む

3

・コードネーム:ピクチャーズ
 Codenames: Pictures(CGE:2016)


コードネーム

20枚の中からヒントを頼りに、自チームのエージェントを見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

コードネームが、言葉ではなくイラストになりました。
場に並ぶカードも20枚になり、描かれたイラストを元にスパイマスターが自チームの諜報員にヒントを出し、エージェントを探してもらいます。
基本的なルールは、通常のコードネームと同じなので詳細は割愛。
2人プレイなので、お互い同じチーム。
自分たちのターンが終わると、仮想の敵チームのターンになり、自動的に敵チームのエージェントカードが置かれていきます。
敵チームのエージェントカードがすべて置かれる前に、自チームのエージェントを見つけられた枚数でレベルが決まります。

続きを読む

4

・アグリコラ:ファミリーエディション
 Agricola: Family Edition(Lookout Games:2016)


アグリコラ

自分の農場をつくり、家を改築して家族を増やしたりしながら、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

農業ゲームとして名高い「アグリコラ」。
そこからカードを使用せずに遊べるということで、よりわかりやすくなっています。
プレイヤーが最初に持つのは、2部屋の家と家族2人、そして大切な食糧です。
ゲームは14ラウンド。
ボードにはラウンド表示トラックとそのラウンド以降選択出来る進歩タイル、常に選択可能なアクションが記載されています。
各ラウンドは3つのフェイズからなり。ボード上に品物を補充したりする準備フェイズ。
次に自分が持っている家族コマをボード上に置き、アクションを実行する労働フェイズ。
最後に、家族コマを家へ戻す帰宅フェイズ。
ラウンドマーカーが収穫マークを通った時だけ、収穫フェイズがあります。
14ラウンド目が終わったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ダイススター
 Dice Stars(Matagot:2016)


ダイススター

ダイスを使ってスコアシートを埋め、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のスコアシートを持ちます。
ダイス14個をすべて袋に入れたら、準備完了です。
手番がきたら、まず何個ダイスを振るのか宣言して、袋から宣言した数のダイスをいっぺんに取り出します。
取り出したダイスを振り、テーブル中央のリザーブに置きます。
リザーブから色か数字、星の3種類のうち1種類を選んで、すべて取ってスコアシートに記入したら手番終了。
これを繰り返し、誰かが目的スペースをすべて埋めるか、誰かがペナルティスペースに記入したら、全プレイヤーが同じ手番数になるようプレイしたら終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・アドレナリン
 Adrenaline(Czech Games Edition:2016)


アドレナリン

未来の闘技場を舞台に、他のプレイヤーを攻撃して得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードは舞台となる闘技場。
色分けされた部屋はさらにスペースで分かれていて、各部屋はドアで繋がっています。
各プレイヤーは自分の内容物を受け取ってセットし、スタートプレイヤーから順に最初の出現位置を決めます。
手番がきたら、移動・移動してアイテムを取る・攻撃の3種類のアクションから2つを実行するだけ。
攻撃されてダメージが蓄積していくと、アイテム取る前の移動が増えたり、攻撃する前に移動出来たりと内容が変わります。
手番終了時に弾薬を持っていれば、武器をリロードすることが出来ます。
ダメージが蓄積されて死亡したら、攻撃したプレイヤーたちは得点を獲得し、死亡したプレイヤーは再出現します。
これを繰り返し、終了条件を満たしたらゲーム終了。
獲得した得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ヨーヴィック
 JORVIK(eggertspiele:2016)


ヨーヴィック

ヴァイキング氏族となり、ピクト人の攻撃に耐えて、勝利点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

「倉庫の街」のリメイクで、テーマもヴァイキングになりました。
各プレイヤーは、自分用のボードとコマを持ちます。
大きなボードは、春から冬まで4つの季節を通してプレイヤーが入手するためのカードが並び、外周には得点トラックが描かれています。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まずは購入可能なカードを並べる供給、そして各プレイヤーが購入するためにコマを置いていく需要。
すべてのコマが置かれたら順番に購入していき、最後に荷積みをしたらラウンド終了です。
途中、供給フェイズでピクト人が出てきたら、直ちに処理し、再び供給を続けます。
これを繰り返し、供給フェイズの時に最後のピクト人が出てきたら、直ちに処理をしてゲーム終了。
最後の得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ