ふうかのボードゲーム日記

タグ:HobbyJapan

3

・キング・オゾ
 King Ozo(HUCH!:2017)


キング・オゾ

宣言された色の宝石を集めて、もっとも長い連紐をつくるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

風呂敷のように折りたたむと、収納出来るプレイマットを広げます。
スタートプレイヤーは、14本の紐を持ちます。
宝石をプレイマットに落としつつ、落ちきる前に1色を宣言します。
全プレイヤーは一斉に、宣言された色の宝石を取りますが、この時必ず水晶側を取ること。
1本の紐しか取ることが出来ず、触ってしまったら必ずその紐を取ります。
正しい紐を取れた人は、取った紐を獲得します。
それまでに取った紐があるなら、そこへつなげて1本の連紐にします。
次の人がスタートプレイヤーになってゲームを続け、残り紐が5本になったらゲーム終了。
もっとも長い連紐をつくった人が勝者になります。

続きを読む

3

・タイムライン:世界史編
 Timeline: Historical Events(Asmodee:2011)


タイムライン:世界史編

カードを正しい年代順に並べていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはタイムラインシリーズなので同じ。
ゲーム開始時、各プレイヤーにはプレイ人数に応じた枚数のカードを配り、配られたカードは年を見ないで、自分の前に並べます。
手番がきたら、自分の前に並んでいるカードから1枚選んで、場に出すだけ。
場に並べるには、必ず年代順に並べなければなりません。
出した後、年が書かれているほうを表にし、正解チェック。
正解ならカードはそのまま場に置かれ、間違っていた場合はカードを箱にしまい、山札から1枚引いて年のほうを見ないで自分の前に並べます。
全員が1回ずつ手番をやったらラウンド終了。
誰も終了条件を満たしていなければ、新しいラウンドをはじめます。
誰かの前に置いているカードなくなったら、ゲーム終了。
カードをなくした人が1人なら、その人が勝者になり、2人以上ならサドンデスで勝者を決めます。

続きを読む

3

・タイムライン:雑学編
 Timeline: Diversity(Asmodee:2012)


タイムライン:雑学編

カードを正しい年代順に並べていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーにはプレイ人数に応じた枚数のカードを年が書かれているほうを下に向けて配ります。
配られたカードは年を見ないで、自分の前に並べます。
手番がきたら、自分の前に並んでいるカードから1枚選んで、場に出すだけ。
場に並べるには、必ず年代順に並べなければなりません。
出した後、年が書かれているほうを表にし、正解チェック。
正解ならカードはそのまま場に置かれ、間違っていた場合はカードを箱にしまい、山札から1枚引いて年のほうを見ないで自分の前に並べます。
全員が1回ずつ手番をやったらラウンド終了。
誰も終了条件を満たしていなければ、新しいラウンドをはじめます。
誰かの前に置いているカードなくなったら、ゲーム終了。
カードをなくした人が1人なら、その人が勝者になり、2人以上ならサドンデスで勝者を決めます。

続きを読む

3

・バニーキングダム
 Bunny kingdom(IELLO:2017)


バニーキングダム

領地を広げて、黄金ニンジンを獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは自分の色を決め、すべてのウサギを受け取ります。
大きなボードは新世界。
マス目で区切られたスペースは、4種類の土地が描かれています。
隣接している各スペースはつながっていますが、溶岩で区切られているスペースは隣接と見なしません。
各プレイヤーに、規定枚数のカードを裏向きで配ります。
ゲームは4ラウンドで、各ラウンドは3フェイズで全員同時に進めます。
探査フェイズでは、手札から2枚を選んで裏向きのまま自分の前に置き、残りを隣りのプレイヤーに渡します。
次に選んだ2枚のカードを同時に公開し、カードをプレイします。
建設フェイズでは、建物をボード上に置きます。
最後に収穫フェイズで、自分の領地から収穫し、得点ボードに記録します。
そして次のラウンドへ。
4ラウンド終了後、それまでに獲得していた親書を公開し、黄金のニンジンを得て記録します。
もっとも黄金のニンジンを獲得した人が勝者となります。

続きを読む

4

・八十日間世界一周
 Around the World in 80 Days(IELLO:2017)


八十日間世界一周

現金強奪の容疑をかけられているので、身の潔白を証明しつつロンドンへ戻るゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

1979年にドイツ年間ゲーム大賞に輝いた「ウサギとハリネズミ」のリメイクです。
大きなボードに描かれているマスは、ロンドンがスタートとゴールで1周出来るようになっています。
各プレイヤーは、チャートが描かれているボードと風聞カード3枚、最初の所持金を受け取ります。
目的は、風聞カードを0枚、所持金を10ポンドにして1周し、ロンドンにゴールすることです。
手番がきたら、所持金を使って自分のコマを進め、止まったマスに描かれているアクションを実行するだけ。
これを繰り返し、誰かが移動にちょうどの金額を支払ってロンドンへゴールしたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ジャンクアート
 Junk Art(Pretzel Games:2016)


ジャンクアート

世界を回るツアーに参加して成功し、ファンを獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームを始める前に、今回のワールドツアーではどの都市を回るか決めます。
各都市は、プレイ人数によって変わります。
ツアーが決まったら、ゲームの準備をし、最後に都市のルールを読み上げます。
基本的には、各都市で展覧会を実施し、ファンを獲得していきます。
展覧会では、都市のルールに従ってジャンクピースを配置していきます。
各都市での展覧会は、すべてのジャンクアートカードを使い切ったら終了で次の都市へ。
ワールドツアー終了後、もっとも多くのファンを獲得した人が勝者になります。

続きを読む

4

・クマ牧場
 Barenpark(Lookout Games:2017)


クマ牧場

自分の用地に動物や緑地、川を配置し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

供給用のボードを組み立て、ゲームで使う各種タイルを並べます。
各プレイヤーは自分用の用地ボードを受け取り、自分の前に置きます。
プレイ順による最初のタイルを受け取ったら、ゲーム開始。
手番がきたら、まず持っているタイルを自分の用地に配置します。
次に、たった今配置したタイルで覆ったアイコンをチェックし、対応したタイルやボードを受け取ります。
最後に、用地ボードが埋まっていれば、中央にクマの像を配置します。
これを繰り返し、誰かが4枚の用地ボードを埋めたら、他の人たちが1手番ずつやりゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ