ふうかのボードゲーム日記

タグ:Hans_im_Gluck

3

・チグリス・ユーフラテス<上級ルール>
 Tigris & Euphrates(Fantasy Flight Games:2015)


チグリス・ユーフラテス

古代メソポタミアを舞台に、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

前回間違っていたルールを訂正しつつ、さらに上級ルール入りで。
上級ルールでは、ボードも裏面の上級ボードで、使うコンポーネントも増えます。
文明の建物、驚異タイル、シェドゥの偶像の3種類。
文明の建物は、同色タイル3枚以上の直線を完成させたら建てることは出来て、文明の建物がある王国を拡張すると指導者の得る得点が2点に。
ただし、すでに文明の建物が建てられている色と同じ色で新しく完成した直線のほうが長ければ、そちらに移動します。
驚異タイルは、文明タイル5枚が十字型で完成した場合建てることが出来て、中央にシェドゥの偶像を置きます。
国王がいる王国にある場合、手番終了時に任意の色の勝利点を獲得出来ます。
さらに紛争で勝てない場合は、攻撃側はタイルを出せないイギリス式バリアント入りで。

続きを読む

3

・チグリス・ユーフラテス
 Tigris & Euphrates(Fantasy Flight Games:2015)


チグリス・ユーフラテス

ボードは両面仕様で、片面が標準ルール、もう片面が上級ルールになっています。
今回は標準ルールで。
ゲームの目的は、4つの分野すべてを発展させること。
手番では、指導者を1人置く、文明タイルを置く、災害タイルを1枚置く、持っている文明タイルを交換するの中から、2つのアクションを任意の順番で実行します。
選んだアクションによって、紛争やモニュメントの建設、財宝の獲得などのイベントが起こった場合、イベントの処理をするまでが手番です。
最後に手持ちのタイルが6枚になるよう補充したら、手番終了。
これを繰り返し、ボード上の財宝が残り2個、もしくは文明タイルが補充出来なかったらゲーム終了。
各プレイヤーは分野ごとの得点を計算し、最も低い分野の得点が最も高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・カルカソンヌ:スターウォーズ
 Carcassonne: Star Wars (Hans im Gluck:2015)


カルカソンヌスターウォーズ

アステロイドや交易ルートをつないで完成させたり、惑星を囲んだりして得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

昨年は色々なゲームのスターウォーズ版が出ましたが、これもその1つ。
カルカソンヌのスターウォーズエディションです。
城がアステロイド、道が交易ルート、修道院は惑星、紋章は各プレイヤーの陣営マークに。
このゲームでは、各プレイヤーはキャラクターの1人を担当します。
そして、他プレイヤーがミープルを置いている惑星、時にはアステロイドや交易ルートをダイス勝負で奪取することが可能です。
手番がきたら、タイルを1枚引いて配置します。
すでに置かれているタイルと合うように配置します。
惑星の周囲8マスにタイルを置き、今置いたタイルにミープルを置くか、惑星に置くか選べます。
さらに、それぞれミープルを置いた交易ルートやアステロイドがつながってしまった場合、戦闘が発生します。
勝てばミープルを置いたままで、負けたら振ったダイス1個につき1点が入ります。
これを繰り返していき、タイルの山札が尽きて引けなくなったらゲーム終了。
未完成のアステロイドや交易ルート、惑星の得点を計上し、最も得点の高いプレイヤーが勝者となります。

続きを読む

3

・スカイライナー
 Skyliners(Hans im Gluck:2015)


スカイライナー

ビルを建てて、最終的に自分からはどう見えるのか当てて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームはボードを箱にはめ込む形で使います。
内箱がそのままビルをさせる形になっているので、そこにボードをかぶせるだけ。
ゲームの目的は、各自持っている計画カード通りのビル並びにすること。
手番では2つのアクションを実行していきます。
1つ目は強制建設ですが、2つ目は建設か計画のどちらかが選べます。
建設は自分が持っているビル1個をボード上のマスに置きます。
ただし一度の手番で同じビルを2回建設することは出来ません。
計画は、自分が持っている計画カードのうち1枚を、方向を決めて建設コンテナに置くことです。
これを繰り返し、誰かのビルコマがなくなったら、そのラウンドでゲーム終了です。
終了後、コンテナに置いた計画カードのうち、ゲーム終了時に成功したものが得点として入ってきます。
コンテナに置いた順に得点を計算していきますが、成功していればビルにアンテナを立てていきます。
このアンテナも得点として加算されます。
さらに、自分が持っている高層ビルカード通り高層ビルがあれば加点。
すべての得点を合計し、最も得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

4

・カルカソンヌ農場
 Carcassonne: Uber Stock und Stein(Hans im Gluck:2015)


カルカソンヌ農場

タイルをつなげて畑をつくって収穫したり、小屋を建てたりして得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カルカソンヌの中でも単体で遊ぶものシリーズ。
カルカソンヌを知っている人に説明するなら、城が畑、紋章が作物、修道院が小屋、そして草原がありません。
畑が完成すると作物を収穫出来る場合もあり、作物は1枚1点ですが、全種1個ずつセットでさらにボーナス点が入ります。
さらに畑の得点はタイル1枚につき2点、手番で道をさらにのばし、その道にミープルが既にいた場合、ミープルを移動させることで得点が入ります。
小屋は周囲をすべてタイルで埋めてもミープルは戻ってきません。
ゲーム終了時のみ得点計算をし、周囲のタイルに描かれている動物の数が得点になります。
タイルがすべて配置されたらゲーム終了。
つくりかけの道、つくりかけの畑、小屋の得点、作物の得点をこれまでの得点に加算し、一番得点の高かった人が勝者となります。
簡単に言えば、「草原ルールを抜いたカルカソンヌで、小屋の得点は終了時しか入ってこない」という感じでしょうか。

続きを読む

4

・マルコポーロの足あと
 Auf den Spuren von Marco Polo(Hans im Gluck:2015)


マルコポーロの足あと

マルコポーロの仲間となって都市を訪れ、契約を達成したりすることで得点を獲得していきゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードの3分の2は地図。
都市間は道でつながっていて、都市には都市カードと商館が置かれています。
スタート地となるのはヴェネツィア。
プレイヤーは自分用のボードや所期資金、キャラクターなどを持ちます。
ゲームのおおかまな流れとしては、まずスタートプレイヤーを決めます。
次に都市ボーナスとキャラクターボーナスを受け取ります。
前ラウンドで使ったダイスをすべて回収し、新しく振ります。
そしてプレイヤーの手番がきます。
プレイヤーは本アクションと呼ばれるアクションを1つ必ず実行し、前後に追加アクションを実行することが出来ます。
これを全員のダイスがなくなるまで続けたら、次のラウンドへ移ります。
5ラウンド終了時にゲームも終了となり、加点を計算し、得点の最も高い人が勝者となります。

続きを読む

4

・ディ・スタウファー(シュタウファー)
 Die Staufer(Hans im Gluck:2014)


ディ スタウファー

フリードリヒ祇い梁子ハインリッヒ6世に同行する皇族となり、各地域の役職について影響力を拡大していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

円形に並べたタイルは各地域。
ここに自分のコマを置くことで、得点計算のタイミングで得点を得たりしていきます。
中央にはプレイ順に、各プレイヤーのコマを置きます。
手番がきたら、まずどちらのアクションをやるのか決め、選んだほうにコマを移動させてアクションを実行します。
最初に選ぶのが、補充か配置。
補充を選んだ場合、ストックからコマを入手し、さらに宝箱チャートの中から選びます。
配置を選んだ場合、各地域での移動と配置のアクションを実行します。
まずは移動。
国王がいる地域以外にコマを配置する場合、移動コストがかかります。
コストとして払うのは、持っている自分のコマ。
時計回りで離れている分コストを払います。
そして配置は、自分のコマを配置するマスに書かれている分だけコマを必要とします。
地域にも宝箱が置かれていて、コマを置いたら入手出来ます。
マスには貴族しか置けないマスもあるので要注意。
ラウンド終了時、得点計算をします。
得点計算をする地域は、ゲーム開始時に決まっています。
計算が終わった地域からは、すべてのコマを除去してストックに戻し、宝箱を補充して国王を移動させます。
最後に次ラウンドの準備をしたら、新しいラウンドが始まります。
これを4ラウンド、5ラウンド目はコマを除去せず最終得点計算をやります。
得点の一番高かった人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ