ふうかのボードゲーム日記

タグ:HABA

3

・思うにブタは2歩進む
 Ich glaub, mein Schwein pfeift(HABA:2016)


思うにブタは2歩進む

予想を当てたりはずさせたりしながら、リンゴを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードには、2ヵ所のエサ箱と泥のレース場が描かれています。
プレイヤーは自分のブタを決め、どちらかのエサ箱の隣りのマスに置きます。
手番がきたら、駆け足カードを持って、その中から1枚を選び裏向きで置きます。
次に、自分の左側の人に、このカードの数字を予想してもらいます。
予想が当たった場合は、予想した人のブタがカードに書かれている数字分進みます。
そして次の人の手番に。
予想がはずれた場合は、その数だけ自分のブタが進み、カードをめくって本当の数字を公開します。
手番を続けたい場合にはブタの鳴きまねをし、残ったカードで手番を続けます。
ブタがエサ箱のマスに止まるか通過すれば、リンゴチップを獲得出来ます。
これを繰り返し、誰かがリンゴチップを4枚集めたら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・ライネンロス
 Leinen los!(HABA/Zoch:1997)


ライネンロス

自分のボートを操り、一番早くコースを回るゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードはレースのコースで、所定の位置にブイを置きます。
各プレイヤーは自分の色を決めて、ボートをスタート位置に置きます。
このゲームの特徴は、手番でボートを動かすことと、1人がボラード役を全員の手番が終わるまでやることです。
手番がきたら、いずれかの指をボートのエンジンに置き、ボラード役はボラードを持ちます。
スタートの合図と共に、手番の人はボートを動かし、右隣りの人はボラードに糸を巻き付けます。
糸を巻き付け終えたら「ストップ!」と合図をし、手番プレイヤーはボートから指を離します。
そして次の人の手番になりますが、ボラード役は自分がボートを動かすまで同じ人が続けます。
これを繰り返し、最初にボートを最後まで進めてスタートに戻った人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハムスターの秘密基地
 Hamsterbande(HABA:2016)


ハムスターの秘密基地

全員で協力し、冬眠前に貯蔵庫をいっぱいにするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードを広げ、トロッコやエレベーター、ゴンドラをセットします。
食料と木の葉を所定の位置に置き、プレイヤーコマをリビングルームに置いたらゲーム開始。
ゲームの目的は、木の葉がなくなる前に、ニンジン・小麦・クローバーをぞれぞれの貯蔵庫まで運びます。
スタートプレイヤーはハリネズミのお世話係。
手番がきたら、ダイスを振って、出た目の分だけ自分のハムスターを動かすだけ。
1周してお世話係の手番になるたび、木の葉を1つボード上から取ってハリネズミの近くに置きます。
木の葉がボード上からなくなる前に、食料をすべて貯蔵庫まで運べたら成功です。

続きを読む

3

・カッコウの巣作り
 Zum Kuckuck!(HABA:2016)


カッコウの巣作り

木の串を組み合わせて、カッコウの巣をつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

缶入りのこのゲーム、缶筒の下部分を土台として使います。
枝木をまとめて筒に入れて、まんべんなく広げたらゲーム開始です。
手番がきたら、まず枝木を1本抜きます。
この時、両端が同じ色なら巣受けの上に水平に渡し、自分の卵を1個置きます。
チャンスは3回までで、枝木を3本引いても両端の色が同じものを引けなかったら、枝木を巣受けに渡して手番終了です。
枝木を崩したら、崩れた枝木を巣の上に戻して手番終了。
卵を落としてしまったら、引き取って自分の手元に置きます。
これを繰り返し、卵をすべて巣の上に置き、次に手番が回ってきた時に卵が残っていないなら、カッコウを巣の上に置いて勝利。
この時も枝木や卵を落としてしまうとまだゲームは続きます。
カッコウを落としたら、次の手番まで待つことになります。

続きを読む

3

・タイニーパーク
 Tiny Park(HABA:2017)


タイニーパーク

ダイスを振って、自分だけの遊園地をつくっていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分の敷地ボードを受け取ります。
使うダイスは5個。
手番がきたらダイスを5個振り、出目と合ったタイルを受け取って、自分の敷地に配置します。
ダイスは振りなおし2回までの合計3回振ることが出来ます。
タイルは、それぞれの形を山積みにしているので、一番上のタイルと出目を見比べます。
配置する時は、好きな向きに開店させたり、裏返したり出来ますが、一度置いたら配置を変えることは出来ません。
そして次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが自分の敷地を埋め尽くしたら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・ルミナ
 Lumina(HABA:2016)


ルミナ

島内を移動し、現れる妖精を捕まえるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードはルミナ島。
それぞれの場所には、光っている場所と光っていない場所があります。
場所タイルをボードの周りに並べ、妖精チップをめくって最初の出現している場所に置きます。
手番がきたら、ボード周りに並んでいる場所タイルを1枚めくります。
めくった場所が、自分の冒険者がいる場所と直接道でつながっていたら、そこに冒険者を移動させます。
ただし、他の冒険者がいる場所には入ることが出来ません。
妖精がいる場所もしくは移動出来なくなるまで手番は続くので、次の場所タイルをめくります。
妖精がいる場所に着いたら、妖精を見つけたことになり、妖精チップを取って自分の前に置きます。
手番の終わりに、めくった場所タイルを裏返しに戻したら、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが妖精を5匹見つけたら、その人の勝利でゲームは終了します。

続きを読む

3

・腹ぺこヒナの成長物語
 Kleiner Vogel, grosser Hunger(HABA:2016)


腹ぺこヒナの成長物語

自分のヒナに餌を与え、小鳥に育てるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のヒナを決めてタイル4枚受け取ります。
タイルは裏返しに順番で重ね、最初の1枚をめくり、タイル山の側に置きます。
順番にダイスを振る係をやります。
係の人がダイスを振ったら、全員ダイスの出目に注目。
ごちそうと自分のヒナが欲しがっているごちそうが合っていれば、そのチップを取ってタイルの絵を隠すように置きます。
ダイスの出目がごちそう2つ分でも、1つしか取ることが出来ません。
タイルのごちそうチップがすべて揃ったら、チップを場に戻して次のタイルをめくります。
これを繰り返し、一番先に大きなタイルをめくって、ヒナを小鳥に出来た人が勝利します。
今年のドイツ年間キッズゲーム大賞の推薦リスト入りしたゲームです。

続きを読む

このページのトップヘ