ふうかのボードゲーム日記

タグ:GP

3

・ハッピーサーモン
 Happy Salmon(North Star Games:2016)


ハッピーサーモン

同時アクションで自分のカードをいち早くなくすゲームです。
6人でプレイ。

各プレイヤーは、自分色を選びカード12枚を受け取ります。
カードは裏向きにしてよく混ぜて山にし、手に持ちます。
合図と同時にカード山を表向きに持ち替え、一番上のカードに書いてあるアクションを言いながら、同じアクションが出ている人を見つけ、そのアクションを一緒にやります。
その後、すぐにカードを捨てて、次のカードに書いてあるアクションを言って、相手を見つけます。
これを繰り返し、誰かが自分のカードすべてを捨てたら「終了」と叫び、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・コスタリカ
 Costa Rica(Lookout Games:2016)


コスタリカ

コスタリカの森を探索し、たくさんの生き物を見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には六角形に配置されたタイル。
裏側には、生き物が1匹もしくは2匹描かれています。
ゲームの目的は、この生き物たちを集めて得点を獲得すること。
ゲーム開始時、各プレイヤーの探検家コマを6ヵ所に配置し、これが探検家グループとなります。
手番がきたら、探検隊長として、選んだ1ヵ所の探検家コマすべてを動かします。
まず隣接しているタイルを1枚めくり、自分の探検家コマを移動させます。
次に、めくったタイルと自分の探検家コマを持ち帰るか、他のプレイヤーに権利を渡すか選びます。
誰もタイルを取得しなかったら、次のタイルをめくり探索を続けます。
タイルを獲得する人は、自分の探検家コマと一緒に、それまでにめくったタイルすべてを持ち帰ります。
そして次の人の手番に。
これを繰り返し、すべての探検家コマがいなくなるか、すべてのタイルがなくなったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ヴィア・ネビュラ
 Via Nebula(Space Cowboys:2016)


ヴィア・ネビュラ

資源を活用して建物を建設したり、契約を達成して得点を獲得するゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは、ネビュラの谷と契約書カード置き場で両面仕様。
今回は何となく経験者ボードで。
各プレイヤーは、自分用のボード、自分色の建物コマと個人契約書カード、そして労働者コマと草原タイルを受け取ります。
手番がきたら、6つのアクションから選んで2つ実行します。
出来るアクションは、職人の配置・建設地の配置・霧マスの探索・自分の契約地に資源1つを運ぶ・建物の建設、その他に2つ分消費する化石の森の探検があります。
同じアクションを実行することも可能です。
2つアクションを実行したら、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが建物を5つ建設したら、他のプレイヤーたちが手番を1回ずつやりゲーム終了。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

4

・バッファロー(バイソン将棋)
 Buffalo(Piatnik:1975)


バッファロー

通称「ぶもー」
なぜか私とトド吉はバッファローというと「ぶもー」と言います。
鳴き声がぶもーじゃないと思うんだけど(笑

で、ぶもーぶもーといいながらプレイ開始。
バッファローは川の向こう側へ行きたい。
酋長は犬を連れて、それを阻止するゲーム。
この犬がくせもの。
犬は自由に動いてバッファローの動きを止めておけるのです。
でもまぁ、4匹しかいないので、上手く立ち回り逃げ切れればいいわけで。
ただし、酋長に捕まると食料にされちゃいます。

「ぶもーいざ出陣!」

とか、なりきってゲームするのがコツ(違
とにかく相手の動きにあわせて、バッファローを動かしていく。
むしろ、1匹犠牲にしても構わないぐらいの勢いです。
でも・・・

川を渡れなかった!

意外に難しいね、これ。



このページのトップヘ