ふうかのボードゲーム日記

タグ:Foxtrot

3

・ランタンダイス
 Lanterns Dice: Lights in the Sky(Foxtrot Games:2019)


ランタンダイス

池に灯籠を浮かべ、花火を打ち上げて得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、全員が違うスコアシートを1枚ずつ持ちます。
ダイストレイをテーブル中央に置きます。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番をおこなっていきます。
手番がきたらダイストレイにダイス4個を振り、贈り物を献上することで、振り直すことが出来ます。
ダイストレイの向きを決め、全員に1個ずつダイスを割り当てます。
各自、割り当てられたダイスと同じ灯籠を塗りつぶします。
手番の人だけは、ボーナスと同じ灯籠も塗りつぶします。
この後、贈り物を献上することで皇帝アクションを1回実行します。
手番終了時に、可能なら花火タイルを1つ配置することが出来ます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、規定のラウンド終了後に一度だけ花火を打ち上げてゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ワールドフェア1893
 World's Fair 1893(Foxtrot Games:2016)


ワールズフェア

1893年に開催された万国博覧会を舞台に、展示物の確保や有力者の歓心を集めて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には観覧車を中心に、エリアタイルが並びます。
エリアタイルの周りには、展示物カード・有力者カード・ミッドウェイチケットがランダムに並びます。
手番がきたら、エリアを1つ選んで自分の有力者コマを配置します。
次に、前の手番で有力者カードを獲得していれば、使わなければいけません。
そして、自分が有力者コマを置いたエリアにあるカードをすべて受け取ります。
獲得したカードにミッドウェイチケットが含まれていたら、枚数の分だけ観覧車のゴンドラを進ませます。
この時、ゴンドラが1周してスタートマスに到達したら、得点計算が発生します。
得点計算は、ミッドウェイチケットの枚数の最多と単に1枚1点。
各エリアに置かれている有力者コマの多い人と2番目の人が得点を獲得。
さらにプレイ人数によって、展示カードをトークンに替えます。
最後に各エリアに置いた支配者コマを各自半分手元に引き上げたら、得点計算終了でゲームを続けます。
これを繰り返し、得点計算が3回終了したらゲームも終了。
最後に、獲得したトークンでつくったセット、メダルの得点を合計し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ランタン(灯籠流し)
 Lanterns: The Harvest Festival(Foxtrot Games:2015)


ランタン

湖にランタンを並べてカードを入手し、セットにして奉納することで得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

持っているランタンが描かれたタイルは3枚、この他にカードを1枚ずつ持って、ゲームがスタートします。
手番がきたら、まずカードの交換をし、カードをセットにして奉納します。
この2つは任意。
そして、すでに置かれているタイルに隣接するように、持っているタイルを1枚配置します。
この時、配置したタイルと隣接しているタイルが一致すれば、その色のカードを受け取ります。
さらに全プレイヤーは、今配置されたタイルの自分に向いている辺の色のカードを受け取ります。
最後に手持ちのタイルが3枚になるように補充したら、手番終了です。
これを繰り返していき、タイルの山札が尽き、手持ちのタイルがすべて置かれたら、最後にカードの交換と奉納を1回ずつやってゲーム終了。
奉納で手に入れた名声を合計し、最も多く入手したプレイヤーが勝者となります。
続きを読む

このページのトップヘ