ふうかのボードゲーム日記

タグ:FFG

3

・チグリス・ユーフラス
 Tigris & Euphrates(Fantasy Flight Games:2015)


チグリス・ユーフラテス

古代メソポタミアを舞台に、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

前回間違っていたルールを訂正。
正しい標準ルールでのプレイです。

続きを読む

3

・チグリス・ユーフラテス<上級ルール>
 Tigris & Euphrates(Fantasy Flight Games:2015)


チグリス・ユーフラテス

古代メソポタミアを舞台に、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

前回間違っていたルールを訂正しつつ、さらに上級ルール入りで。
上級ルールでは、ボードも裏面の上級ボードで、使うコンポーネントも増えます。
文明の建物、驚異タイル、シェドゥの偶像の3種類。
文明の建物は、同色タイル3枚以上の直線を完成させたら建てることは出来て、文明の建物がある王国を拡張すると指導者の得る得点が2点に。
ただし、すでに文明の建物が建てられている色と同じ色で新しく完成した直線のほうが長ければ、そちらに移動します。
驚異タイルは、文明タイル5枚が十字型で完成した場合建てることが出来て、中央にシェドゥの偶像を置きます。
国王がいる王国にある場合、手番終了時に任意の色の勝利点を獲得出来ます。
さらに紛争で勝てない場合は、攻撃側はタイルを出せないイギリス式バリアント入りで。

続きを読む

3

・チグリス・ユーフラテス
 Tigris & Euphrates(Fantasy Flight Games:2015)


チグリス・ユーフラテス

ボードは両面仕様で、片面が標準ルール、もう片面が上級ルールになっています。
今回は標準ルールで。
ゲームの目的は、4つの分野すべてを発展させること。
手番では、指導者を1人置く、文明タイルを置く、災害タイルを1枚置く、持っている文明タイルを交換するの中から、2つのアクションを任意の順番で実行します。
選んだアクションによって、紛争やモニュメントの建設、財宝の獲得などのイベントが起こった場合、イベントの処理をするまでが手番です。
最後に手持ちのタイルが6枚になるよう補充したら、手番終了。
これを繰り返し、ボード上の財宝が残り2個、もしくは文明タイルが補充出来なかったらゲーム終了。
各プレイヤーは分野ごとの得点を計算し、最も低い分野の得点が最も高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・戦国時代(ライナー・クニツィアの戦国時代)
 Age of War(Fantasy Flight Games:2014)


戦国時代

ダイスを使って城を攻め落とし、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並ぶのは日本の城が14城。
城はそれぞれ得点が違い、さらに色分けもされています。
カードに描かれている、必要とするダイス目すべてを揃えることが出来れば落城。
さらに、他プレイヤーが落城させて持っている城も攻めることが出来ます。
同じ色の城すべてを獲得することが出来れば、城カードを裏返すことで得点が増え、他プレイヤーから奪われなくなります。
手番がきたら、まずダイスをすべて振ります。
次に城攻めをはじめるか、振りなおすか選びます。
振りなおす場合、ダイスを1個捨てることになります。
城攻めをする場合、戦列ボックス1列を埋めるように、指定のダイス目を置きます。
残ったダイスを再び振りなおし、攻めている城の戦列ボックスに置き、を繰り返していきます。
指定のダイス目すべて揃えることが出来れば落城。
城カードを自分の前に表向きで並べます。
これを繰り返し、場からすべての城がなくなったらゲーム終了。
書かれている城の得点を合計し、一番高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・デルタV
 Delta V(Fantasy Flight Games:2001)


デルタV

宇宙でロケットを飛ばして鉱石を探し、より高い鉱石を入手していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並べるのは四角形のタイル。
裏には鉱石と数字が書かれています。
数字はその鉱石の価値。
ゲームは、自分のロケットを動かし、契約を達成できるように、鉱石を探っていきます。
契約を達成出来れば鉱石は自分の物となり、場から除去され手元に得点として残します。
手番がきたら、ロケットの購入または移動、調査のどれかを実行します。
ロケットの購入はお金はかからず、ロケット1つを宇宙ステーションに置きます。
移動は好きなタイル上に移動することが出来ます。
調査は、自分のロケットがいるタイルをこっそり見ます。この時、イベントか宇宙人タイルだったら、すぐにオープン。処理します。
次に契約の達成。
契約タイルに描かれている鉱石すべてを公開します。
途中で間違えた場合は失敗ですが、特にペナルティはなく、タイルを裏返しに戻すだけです。
これを繰り返し、契約すべてが達成されるか、5番目のエイリアンに遭遇するか、すべてのタイルにプレイヤーのロケットが置かれていたらゲーム終了。
手持ちの鉱石の数字を足し、高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・仮面の使者
 Masques(FFG/アークライト:2013)


仮面の使者

宮殿のパーティーを舞台に、アイテムやお金を取り合うカードゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

元々は2010年発売のIntrigoというゲーム。
確か国内で流通していたはず。
今年リメイクされたのと同時にアークライトから日本語版が発売されました。

ゲームは、宮殿に置かれたお金か物を挟むようにカードを配置していき、すべて配置したところで数比べをして勝ったほうが入手するという手軽なルール。
すべてのアイテムを1つずつ集めるか、1つのアイテムを4つ集めれば即勝利。
配置するカードは各プレイヤー色のカードに、今回は3人プレイだったのでダミーが規定枚数。
これをまず、ドラフトしながら手札をつくるところからはじまります。

続きを読む

3

・デッドウッド
 Deadwood(Dust Games,Fantasy Flight Games,Heidelberger:2011)


デッドウッド
西部の街で抗争したり線路を引いたりしながら、お金を獲得していくゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

このゲーム、やれることは2つだけ。
自分のカウボーイで街を襲撃するか、カウボーイを戻すか。
戻す時は1個以上戻せるので、タイミングを見て一気に戻す感じに。
街を襲撃するのは、建物に配置することです。
配置した時に建物の効果を実行するんですが、他のプレイヤーがその建物にいた場合、決闘です。
ダイス目で決闘をして、勝ったほうが建物に残ります。
ただし、「決闘だ!」と割り込んでいったほうは、指名手配マーカーを受け取らなければいけないのです。
終了条件は3つ。
駅が出来るか、指名手配マーカーがなくなるか、誰かのカウボーイがすべて死んだら。
カウボーイになりきったらゲームスタート。
まずは全員銃撃戦にならないように、別々の建物を選んでいく。
でもやっぱり増やしたいのがカウボーイ。
地味に$1ずつ入ってくるのをせっせとためこんでいく。
そのうち、みんな行きたい場所がかぶってくると賑やかになってきます。
侍とトド吉が銃撃戦をやっている間に、私は役場を接収して、線路を引いて建物を増やします。
増やした建物は、他の人がすぐに飛び込んでいってしまうので、出来るだけ次に線路がかかりそうな場所へw
ひたすら役場を占領して、他の人がきたら銃撃。そして線路。
ただ、線路を引いた時にホテルを接収してる人がいると収入が入ってしまうのが悔しいのです。

ゲームは本当にこれだけなので、ひたすら銃撃しつつお金を獲得して、時には墓場からカウボーイを回収。
これを繰り返していったので、後半いまいち盛り上がりに欠けてしまったのが残念。
勝ったのは、トド吉と侍がひたすら銃撃戦をやってる間に、こっそり稼いだ私。
中盤までは異様な盛り上がりをみせていたけれど、そのテンションを後半まで持ち続けるのは大変かも。
最後に持っている手配書で罰金を取られてしまうのが痛いですw

このページのトップヘ