ふうかのボードゲーム日記

タグ:DreiMagier

3

・ドデリド
 Do De Li Do(Drei Magier:2016)


ドデリド

3ヶ所に出されたカードを見極めて、自分の山札をなくすカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーが均等になるようカードを分けます。
配られたカードは、裏向きの山にして手に持ちます。
手番がきたら、自分の山札の一番上をめくって場に置くだけ。
出した時に、色もしくは動物が2:1か3:0になっていたら、その色もしくは動物を宣言。
色も動物も2:1か3:0になっていたら、「ドデリド」と宣言します。
ワニが出たら、素早く出されたワニの上に手を置きます。
カメが出たら、宣言の最初に「オー」とつけなければいけません。
いずれの場合も、失敗したら場に出ているカードをすべて引き取り、自分の山札に加えます。
これを繰り返し、誰かの山札がなくなったら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・コウモリ城
 Burg Flatterstein(Drei Magier:2016)


コウモリ城

コウモリを飛ばして自分のコマを進め、コウモリ城の頂上を目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

立体型のコウモリ城には、いくつかの窓と中庭があります。
プレイヤーのスタート位置は中庭にあり、自分色のマスにコマをセットします。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、コウモリ発射台にコウモリをセットし、手で押すことで空気を出してコウモリを飛ばすだけ。
コウモリの着地点によって進める歩数が変わります。
途中、城の壕があり、ここに落ちるとオバケタイルを受け取り、以降のラウンドの手番で使うことが出来ます。
最初に城の頂上にたどりついた人が勝者となります。

続きを読む

3

・棺桶の中
 Sarge schubsen(Drei Magier:2015)


棺桶の中

ダイス目と同じマークの棺桶を4枚掃除するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ドライマギアの小箱を開けてみたら、カードが棺桶型w
吸血鬼の城の大掃除なので、自分が担当している棺桶を掃除しましょうというのがテーマ。
ゲーム開始時、持っているのは4枚の棺桶。
中にいる吸血鬼と紫か黄色の円にマークが描かれています。
手番がきたら、ダイスを2個振り、この後は全員同時進行。
出た目に合う棺桶を持っている、もしくは誰かが裏返している棺桶が同じだと思ったら、すかさずニンニクに手を伸ばします。
一番早く手を伸ばした人だけが、棺桶掃除の権利を得られます。
自分の前に並んでいる棺桶を裏返す・裏返しになっている棺桶を除去する・他の人の裏返ってる棺桶を表に戻すのどれか。
すべての棺桶は最初表を向いていて、裏返してさらに自分の前から除去すると掃除完了。
間違えた場合のペナルティもあります。
これを誰かが4枚掃除完了したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・オバケのたまご
 Geisterei(Drei Magier:2014)


オバケのたまご

オバケのたまごを運ぶアクションゲームです。
つなきさんと2人でプレイ。

箱をつかってお城をセットし、オバケタイルをランダムで並べます。
オバケタイルには1から3のオバケが描かれています。
ここへスポンジのたまごを運んできて上手に落とし、タイルを集めるのが目的。
スタート地点になるブルーベリーの茂みは、お城と3〜4メートル離して置きます。
手番になったら、まずダイスを振り、出目に従った方法で運びます。
爪先立ちだったりしゃがんだ姿勢だったり、6種類の運び方があります。
これを繰り返し、誰かがオバケタイルを6枚集めたらゲーム終了。
獲得したタイルに描かれているオバケの数を比べて、一番多い人が勝者になります。
これだけ聞いていると簡単だと思ったんですが、実際遊んでみると練習が必要なゲームでしたw

続きを読む

3

・リヌス
 Linus der kleine Magier(Drei Magier:2013)


リヌス

魔法がかかっているタイルを探すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

並んだおもちゃタイルの中から、魔法にかかっているおもちゃを探します。
魔法にかかっているおもちゃは、リヌスをタイルにのせると持ち上がります。
最近多い、磁石を使ったゲームなのです。
手番がきたら、まず探索タイル山の一番上をめくります。
そこに描かれているおもちゃの中で、魔法にかかってそうなタイルを選んでリヌスをのせるだけ。
リヌスにおもちゃがくっつけば成功。
タイルを手元に持ってきて得点に。
失敗したら手番終了。
めくった探索タイルはそのままで、次のプレイヤーの手番になります。
これを繰り返していき、探索タイルの山が尽きたらゲーム終了。
一番多くおもちゃタイルを集めることが出来た人が勝者です。
3才から遊べるだけあってとても簡単なので、早速スタート。

続きを読む

3

・魔法の鏡
 Der geheimnisvolle Spiegel(Drei Magier:2013)


魔法の鏡

鏡に描かれたイラストが何なのか当てるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはいたって簡単。
手番がきたらタイルを1枚こっそり見て、鏡の後ろから魔法の杖で描きます。
それを見て、何が描かれたのかわかったら大きな声で宣言します。
魔法の杖の先にライトがついていて、答える側から見るとライトが動いているので軌跡を見て答えるわけです。
正解ならタイルがもらえ、自分のはしごに差し込みます。
どんどん差し込んでいくと、最後に自分のイラストが描かれたタイルが出てきたら、その人の勝利でゲーム終了です。

お互いはしごを受け取り、タイルを裏向きでシャッフルしたらゲームスタート。
先に絵を描くのはトド吉です。

続きを読む

3

・葉っぱでかくれんぼ
 Die verzauberten Rumpelriesen(Drei Magier:2013)


葉っぱでかくれんぼ

隠れている小さな魔法使いを見つけるゲームです。
つなきさん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

箱にセットしたボードの上には小さな魔法使いたち。
その上に葉っぱをのせることで魔法使いたちを隠していきます。
そして四つ角には大きな巨人。
ゲームは制限時間内に指定の魔法使いを見つけること。
専用の棒で葉っぱをかき分けて見つけていきます。
ただし、巨人を落としたり倒したり、葉っぱをボード上から落としたら失敗で手番終了。
最終的に一番多くの魔法使いを見つけた人が勝利という手軽な子供向けゲームです。

協力ゲームと個別プレイがあるんですが、協議の結果個別で。
手番がきたらカード山の一番上をめくり、自分が見つける魔法使いをチェック。
準備ができたら棒を持ち、砂時計をひっくり返してスタート。

すべりがいい葉っぱは、割とスムーズに動きます。
おかげで夢中になって探すことに。
ところが、すべりが良すぎて巨人がのってる葉っぱも動きます。
気をつけなければいけないのが、強めに動かすと巨人が倒れるということ。
巨人なのに倒れやすいのですw
魔法使いは髪型や色使いが判別しにくい感じになっているので、見つけた!と思ったら微妙に違うとか。
時間制限があるので、ゆっくりしてる時間はないのです。
「シュッシュッ」という、棒で葉っぱを動かす音だけが響くほどには夢中w
他の人が探してるのを覚えておけばいいんでしょうが、覚えていられないし、次の人の手番前に箱を90°動かされるから余計に覚えられない。
そして慌ててると「あ!葉っぱが落ちた!」とか「巨人が倒れた!」で手番終了に。

ゲームは3人の魔法使いを見つけたつなきさんの勝利で終了。
ゲームで使う魔法使いは16人なので、意外な難易度の結果に終わりましたw

Drei Magierといえば、最近は磁石を使ったゲームが多いんですが、これは本当の意味でアナログゲームだなぁと思いました。
そして意外に難しいというか、どこにどの魔法使いがいたのか覚えてないし、必死に葉っぱをどかしてるうちに巨人を倒してしまったりと楽しく遊べました。

このページのトップヘ