ふうかのボードゲーム日記

タグ:DoW

3

・ファイブ・トライブス ナカラの魔人
 Five Tribes(Days of Wonder:2014)


image481

部族を操ったり、魔人を召喚したりしながら、勝利点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には赤と青のタイル、そしてタイルの上にはたくさんのミープル。
ゲームは手番順の競りから始まります。
プレイ順が決まればアクションの実行。
まずはミープルの移動からで、好きなタイルの上からすべてのミープルを取り、隣接したタイルに1個ずつ一方通行で置いていきます。
すべてのミープルを置ききるまで、好きな色を置いていきますが、最後に置くミープルは、タイル上に同じ色が最低1個はないと置けません。
最後のミープルを置いたタイルにある同じ色のミープルすべてを回収します。
この時点で、タイル上にミープルがなければ、タイルを支配しラクダを1個置きます。
そして、ミープルの色によって出来るアクションを実行したら、最後にミープルを置いたタイルのアクションを実行します。
最後に任意で商品を売却したら手番終了。
全員が手番を終えたら、再び手番順の競りからです。
これを繰り返していき、誰かが自分のラクダをすべて場のタイルに置くか、ルールに従ったミープルの移動ができなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、一番勝利点の高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・レリック・ランナー
 Relic Runners(Days of Wonder:2013)


レリック・ランナー

古代遺物が見つかったことで殺到する自称考古学者となり、神殿を探索して遺物を見つけ勝利点を獲得するゲームです。
ながみねさん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードの中央はベースキャンプ。
そこから道がつながるように神殿と遺跡があります。
ゲーム序盤は遺物はボード上になく、遺跡・神殿を探索し重ねてあるタイルを除去することで、ようやく姿を表します。
移動は基本的に1回だけ。
自分の道をのばしていけば、つながっている道は好きなだけ移動できるので、ある程度自分の道をつなぐことも大切。
そして表向きの道具箱を通過すると使うことができ、自分ボードに描かれた発展能力をあげることが出来ます。
ベースキャンプに自分のコマを置いたら、早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・ミステリー・エクスプレス
 Mistery Express(Days of Wonder:2010)


ミステリー・エクスプレス

オリエント急行で発生した殺人事件を解決するゲームです。
ながみねさん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

休暇でオリエント急行に乗り豪華な旅に出たと思ったら、列車内で殺人事件が発生。
容疑者たちを洗い出し、犯人・凶器・動機・犯行場所・犯行時間を調べていきます。
どうでもいいけど、犯行の手口って・・・w
列車はパリを出発しイスタンブールへ向かっています。
限られた時間内で列車の中を移動し、調査を進め、列車がイスタンブールへ到着した時、もっとも要素を多く当てた人が勝者となるのです。
自分のキャラクターが描かれている旅券入れを受け取り、メモの準備をしたらゲーム開始です。

続きを読む

3

・カーゴ・ノワール
 Cargo Noir(Days of Wonder:2011)


カーゴ・ノワール

密輸品を手に入れて売却し、勝利点を獲得していくゲームです。
ながみねさん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場となる港は各港タイルをくっつけてつくります。
今回は4人プレイだったので、港2カ所は使いません。
中央に闇市場となるマカオを配置して、その周りに各港が並びます。

手番になったら、まず貨物船の解決をし、次に密輸品の取引・勝利点の購入し、倉庫に入りきらない密輸品をはきします。
そして最後は次に密輸品を手に入れたい港に船を出航させて手番終了。
これを繰り返し、4人プレイなので10ラウンド終わればゲーム終了です。
最初のラウンドだけは、船がどの港にも停泊していないため、プレイヤーの手番は船を出航させるだけで終わるので、実質は9ラウンドです。
闇市場マカオ以外の港に出航させるにはお金が必要で、すでに停泊している船より高い金額を積めば港に入れます。
仁義なき密輸品争奪競争開始です。

続きを読む

このページのトップヘ