ふうかのボードゲーム日記

タグ:DiceHateMeGames

3

・列車の島
 Isle of Trains(Dice Hate Me Games:2014)


列車の島

列車をつくって貨物を配送し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には地図になっている契約カードを並べ、地図をつくります。
各プレイヤーは、レベル1の機関車を自分の前に持ち、最初の手札を5枚持ちます。
手番がきたら、アクションを2つを実行します。
出来るアクションは、山札から1枚カードを引く・列車もしくは建物を建造する・列車に貨物を積む・貨物を配送して契約を達成もしくは捨ててカードを引くの4種類。
建造のコストは手札から支払い、貨物は自分の列車のみではなく他の人の列車にも積み込めます。
契約を達成したら、場から契約カードを取って自分の前に置きます。
契約カードの裏面には追加契約があり、完了させるまでは他の契約カードの完了宣言が出来ません。
最後に手札の上限までカードを捨てたら手番終了。
これを繰り返し、誰かの手番終了時に引けるカードがなくなった、もしくは規定数の配送契約が行われたらゲーム終了。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・デッキビルディング
 Deck Building: The Deck Building Game(Dice Hate Me Games:2015)


デッキビルディング

最も良いウッドデッキをつくるカードゲームです。
トド吉とプレイ。

お互い最初の手札を持ったらスタートです。
手番がきたら、購入・建築・着色の中から2つ選んで実行するだけ。
カード裏面には釘が描かれていて、この数でカードを購入することが出来ます。
建築は自分もしくは相手の建築エリアにカードを1枚出して、ウッドデッキをつくります。
着色はストックからトークンを取って、建築エリアにあるカードの上に置くことで、上書きされないように出来ます。
手番終了時には手札をすべて捨て、自分の山札から3枚引いて手札にします。
これを繰り返し、プレイヤーの手札・捨て札・山札のいずれにもカードがない、または購入用の山札のいずれかが空になったらゲーム終了。
得点計算をし、得点の高い方が勝者になります。

続きを読む

3

・おきらく旅行会社
 Easy Breezy Travel Agency(Dice Hate Me:2014)


おきらく旅行会社

お客さんに旅行をマッチングさせ、手数料を稼ぐカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並ぶのは、金額が描かれたカード。
これが手にする手数料の金額です。
旅行の行き先は4ヶ所で、ニューヨーク、マイアミ、シカゴ、ニューオリンズ。
手番がきたら、旅客を募集する・旅行を手配する・再編成のどれか1つを実行します。
旅客を募集するのは、並ぶ旅客カードを自分の手札もしくは待機エリアに加えます。
旅行を手配するのは、運賃表に描かれた都市と合う旅客カードを指定の枚数だけ捨て札にします。
目的地カードがある列の金額を旅客カードの枚数分、獲得します。
再編成は、自分の手札から待機エリアにカードを出して、手札が最大4枚になるように手札に加えることが出来ます。
この時、他プレイヤーの待機エリアのカードと交換が出来ます。
これを繰り返し、目的地カードが補充出来なかったら、他プレイヤーが1手番やりゲーム終了。
ボーナスを加えて、もっともお金を獲得したプレイヤーが勝者となります。

続きを読む

3

・パイ工場
 Pie Factory(Dice Hate Me:2014)


パイ工場

パイをつくって得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーは生地を土台として、具をのせたりしながらパイを完成させていきます。
一度に作れるパイは3枚。
場には素材列としてカードが並び、山札に近いほどカードを獲得するにはコストがかかります。
一番遠い場所のカードは無料です。
手番がきたら、出来ることは素材列からカードを取る・手札からカードをプレイする・パイを箱詰めする・素材カード山から引くのどれか1つを実行します。
全員がアクションを実行したら、次ラウンドのプレイ順がカードに書かれた時間で決まります。
そして、プレイしたカードを配置もしくは手札に入れ、素材列にカードを補充したらラウンド終了。
これを繰り返し、山札が1回尽きたところで1日が終了。
つくりかけのパイが古くなり、任意の1個を捨てたら次の日へ。
2回目の山札が尽きたところでゲーム終了。
出来上がったパイとボーナス点を加算し、得点の一番高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・化合物
 Compounded(Dice Hate Me Games:2013)


化合物

出来るだけ多くの化合物をつくり、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

このゲームの最大の見所は、たぶん得点ボード。
教科書についてた元素の周期表まんまのあれが得点ボードになっています。
とはいえ、化学と縁がない4人で遊べば特に何の感動もなくw

ゲームは、場に並ぶ化合物を元素の結晶をつかって完成させ、自分の作業机のレベルをあげたり、時には他の人が作成途中の化合物をマッチで燃やして邪魔したりします。
とにかく火事になりやすいのが特徴のラボ。
化合物は難易度で点数が違うので、より高い得点の化合物は結晶が多く必要で時間がかかります。
これを繰り返していき、3つの条件のどれかが達成されたらゲーム終了。
最終的に一番得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ビバジャワ
 VivaJava - The Coffee Game(Dice Hate Me Games:2012)


ビバジャワ

コーヒーをブレンドしたり調査したりすることで得点を獲得していくゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

世界地図になっているボードと得点ボードは共用。
その他にプレイヤーは各自調査シートを持っています。
毎ラウンド、世界地図ボードにブレンドが並ぶので、どれをブレンドまたは調査するかを選んでいきます。
ブレンドによって必要なコーヒー豆が違うので、どれをいくつくらい手に入れてるか把握しておくことが割と重要。
というのも、ブレンドする時は自分の巾着に手を入れて、ランダムでコーヒー豆を取り出すからです。
調査は出来ればやったほうがいいのは、得られる特典が大きかったりするから。
特に生育(GROW)は序盤で豆を多くもらえたので役に立ってくれました。

プレイ順は得点の低いプレイヤーからなので、ゲーム中ずっと私が1番手でしたw
まずは世界地図の中から行きたい地域に自分の調査員を置いていきます。
各地域にはトークンが置かれていて、調査員を置いたらすぐにアクションを実行します。
アクションは2種類あり色分けされていて、必ず実行しなければいけないものと任意でいいものがあります。
そして豆が置かれていれば豆を回収。
このプレイ順で、私とCOQさんは地域に1人だけになり、トド吉と侍がタッグを組む形に。
以降、その展開は中盤過ぎまでかわらなくて、まんま得点に反映されていきました。

次はブレンドor調査。
地域に1人しかいなければ自分のやりたいほうを選べばいいわけで。
2人以上いるとお互いの考えが違うと意見が分かれます。
もっとも調査員を置く時にある程度話し合っておけば?的なことがルールブックに記載されてました。
これによってトド吉と侍はブレンドで得点を獲得することに、私とCOQさんは調査を進めることに。
調査は自分の調査ボードのマーカーを動かせばいいのですぐ終わるんですが、ブレンドは違います。

まず、ブレンドといえばコーヒー豆をロースト。
ローストにはランキングがあり、より高いブレンドをつくりあげることで、いつまでも得点がもらえるという。
というのも、ブレンドを作成すると使った豆とつくった人のマーカーをタイルの上にのせて並べるんですが、この時がローストランキング順。
使った豆や数によってランキングが上下していきます。
ベストセラーリストと呼ばれるブレンドを並べる場所には得られる得点が描かれていて、最初は3点、2点、2点、1点、1点で最後は除去。
並べられるブレンドは数に限りがあり、あとからさらに高ランクのブレンドをつくられると得られる得点も下がるのです。
といっても、序盤は誰もつくってないから常に最高得点を得られるわけですがw

そして得点を獲得したら1ラウンドが終わります。
次のラウンドの準備として、出来上がって並んでるブレンドから豆を1つ除去します。
1つずつ除去した状態で新しいランキング順に並べなおしたら次ラウンド開始です。
これを繰り返していって3つの終了条件のどれかが達成されたらゲーム終了。
今回は最後の最後で劇的な展開になり、かなり熱くなりましたw
続きを読む

このページのトップヘ