ふうかのボードゲーム日記

タグ:DaysofWonder

3

・邪馬台国
 Yamatai(Days of Wonder:2017)


邪馬台国

専門家を募集して都市を建設し、偉大な建築家を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードにはいくつもの島々と船のスタート位置となる5ヵ所のアルファベットが描かれています。
各島には文化トークンがランダムで置かれ、各プレイヤーは選んだ1色のプレイヤーボードと家コマを持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドはすべてのプレイヤーが手番を1回ずつ実行していきます。
手番がきたら、まず艦隊タイルを選びます。
次に任意で船を売買することが出来る交易。
そして、任意で船をボードに配置し、可能なら必須な文化トークンの獲得もしくは建物の建築をします。
残った船は必ず自分のプレイヤーマットに置き、最後に任意で専門家を雇ったら、次のプレイヤーの手番に。
全員が手番を実行したらラウンド終了で、次のラウンドの準備をします。
これを繰り返し、誰かが最後の家を配置する・次ラウンド準備中に、特定の船が一隻も残っていないもしくは専門家タイルが山札に残っていない・建物タイルの残りが足りないのいずれかでゲームが終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・クアドロポリス
 Quadropolis(Days of Wonder:2016)


クアドロポリス

自分の都市をつくって、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードを置き、プレイヤーは自分用のボード・助手(チャート)・自分色の建築家を受け取ります。
建物タイルは、裏面の数字で分けておきます。
ゲームは4ターンで、1ターンは4ラウンド。
最初は1と書かれているタイルを袋に入れます。
手番がきたら、まずはゲームボードの列か行を選んで自分の建築家を置きます。
建築家には数字が書かれているので、対象の場所のタイルを取ります。
自分が選んだ場所に、専門家を移動させた後、取ったタイルを自分の都市に配置します。
最後に、条件を満たしていれば資源を回収したら、手番終了です。
全員が手番を行ったら1ラウンド終了で、これを4回やったら1ターン終了。
ゲームボードに残っているタイルを除去し、袋に次の数字が書かれているタイルを入れ、取り出してゲームボードに並べたら次のターンへ。
これを繰り返し、4ターンが終了したらゲーム終了。
資源の再配置をしたら得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・チケット・トゥ・ライド:レイル&セイル
 Ticket to Ride: Rails & Sails(Days of Wonder:2016)


チケットトゥライド:レイル&セイル

チケット・トゥ・ライドの舞台が世界になり、船も導入されました。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードは両面仕様で、世界マップと五大湖マップ。
マップを見ると航路が描かれています。
カードも船用と鉄道用の2種類があり、プレイヤーが持つコマも船と鉄道の2種類です。
ゲーム開始時、使用するコマの総数が決められているので、どちらのコマを何個持つかはプレイヤー次第。
都市の中には航路もつなげる場所があり、港を建てることが出来ます。
目的地に含まれている都市に港があって達成していれば、ゲーム終了時にボーナス点が入ります。
大まかなルールはチケット・トゥ・ライドと同じです。
カードの補充は、船か鉄道のどちらかから選べるし、航路も線路同様、必要な枚数を出して一気に都市間をつなぎます。
そして、鉄道や船の数で得点がはいってくるのも同じ。
大きな違いは、ボードの両端がつながっていることです。
そして、どちらかのコマが足りない時に得点を減らすことで、交換することが出来ます。

続きを読む

2

・テラ
 Terra(Days of Wonder:2003)


テラ

協力して平和で安定した社会と環境を維持していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

プレイヤーは協力して、様々な困難を解決していきますが、その中で、自分の得点をためておかなければいけません。
手番がきたら、まず山札からカードを1枚引きます。
この時、解決カードなら手札に入れ、危機カードだった場合には、表にして自分の前に置きます。
危機カードを引いてしまったら、他のプレイヤーたちと協力して、末期になる前に解決していきます。
解決するには、その危機と同じ種類のカードを書かれている脅威ポイント以上にしなければなりません。
解決出来なければ末期となり、危機カードはテーブル中央に置きます。
次に、すでに末期となっているカードを解決するか、自分の得点として3枚のカードを蓄えることが出来ます。
最後に手札の上限を確認したら、手番終了です。
これを繰り返し、プレイヤー側が解決出来ない危機の中で、同じ地域3枚もしくは世界中で4枚の同じ種類の末期の危機が起こった場合、プレイヤー側の失敗で敗北。
山札の最後の1枚が引かれたらプレイヤーたちの勝ちで、ゲームがおわります。

続きを読む

このページのトップヘ