ふうかのボードゲーム日記

タグ:CrashGames

3

・ペイ・ダート
 Pay Dirt (Crash Games:2014)


ペイ・ダート

極寒のアラスカを舞台に、金を採掘するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

全員共用のボードの他に、各自個人ボードを持っています。
個人ボードは自分の採掘機械を置き、流れ作業が見てわかるようになっています。
土砂から取り出した金を置いたり、購入したタイルなどを置く場になっています。
金の採掘といっても、このゲームでは、土砂を採掘するところからやるので、かなり忠実。
ゲームの流れとしては、まずは競り。
新しい機械や作業員などの競りをします。
次に労働。
自分の労働者コマを作業に充てて、採掘を進めたり機械を修理させたり、金を売却したりします。
そして、苦境。
カードを全員1枚ずつ選んで取っていき、金夫主任のカードに書かれているだけ温度が下がります。
最後に収入を受け取ったらラウンド終了。
これをボード上に表示されている温度が0℃以下になるまで続けます。
0℃以下になったら、最後に最終一掃フェイズをやりゲーム終了。
最も多く金塊を持っている人が勝者となります。

続きを読む

2

・ヴェローナ評議会
 Council of Verona(Crash Games:2013)


ヴェローナ評議会

キャプレット家とモンタギュー家の対立にうんざりしていた市民たちによる評議会を舞台に、影響力を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並ぶ評議会か追放にカードを出していきながら、人物に影響トークンを置いていきます。
今回は2人プレイなので、持っているカードは5枚。
カードは、中立・キャプレット家・モンタギュー家の3種類があり、同じ陣営のカードだと相乗効果があったりします。
手番がきたら、まずカードを1枚出します。
出したカードがアクションカードだった場合、能力を発揮することが出来ます。
次に場に出ているカードで、トークン置き場が空いていればトークンを裏向きで置くことが出来ます。
1枚のカードには、最大3個のトークンを置くことが出来ます。
これを繰り返し、全員が手札を使いきったら終了。
手元にトークンが残っていたら、最後に1個だけ置くことが出来ます。
目標を達成しているカードに置かれたトークンは、書かれている影響力を獲得。
すべての目標を達成しているカードの影響力を合計し、一番高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・ヤードマスター・エクスプレス
 Yardmaster Express(Crash Games:2014)


ヤードマスターエクスプレス

決められた枚数の貨物車カードで、より得点の高い列車をつくるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ヤードマスターの拡張かと思ったら、まったく別ゲームでした。
カードもこちらは正方形。
今回は2人プレイなので、紫はなし。
貨物車カードをよくシャッフルして、中央に置いたらゲーム開始。
手番がきたら、山札から1枚引いて手札に加え、1枚を自分の列車につなげて、残りを左隣りの人に渡します。
貨物車を自分の列車につなぐときは、数字が同じか色が同じのもののみ。
つなげないなら、裏返すことでオールマイティの貨物車としてつなぐことが出来ます。
これをぐるぐる続けていって、2人プレイなら7ラウンド終わればゲーム終了。
つないだ貨物車の数字の合計と、同じ色が連結されているブロックの数を足して、高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ヤードマスター
 Yardmaster(Crash Games:2014)


ヤードマスター

自分の機関車に貨物車をつなげていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

貨物車と積荷は色が合うようになっていて、積荷を使ってカードを手に入れていく形です。
カードには数字が書かれていて、その数字分の積荷を出すことで貨物車を入手出来ます。
ただし、つなげられる貨物車は、同じ色か同じ数字のみ。
合わない貨物車でも、操車場へ確保しておくことが可能です。
手番で出来るのは2アクション。
並んでいる貨物車を1枚取るか、積荷カードを1枚引くか、交換比率トークンを入れ替えるか。
積荷カードの中には、ボーナスカードが入っていて、これはアクションを消費せずに使えます。
他に、ヤードマスターがあり、手番のアクションが1回増えます。
どんどんつなげていって、誰かが目標得点に到達したら、その人の勝利でゲームが終了します。
今回は2人プレイなので、目標得点は18点です。

続きを読む

3

・失われたオランダ人
 The Lost Dutchman(Crash Games:2013)


失われたオランダ人

大量に金が眠る鉱山を探索し、「失われたオランダ人の金鉱」を見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

5枚ずつ積まれたタイルが砂漠地帯。
ここに埋もれているお宝を探索しつつ、生物などと戦っていきます。
主となるのはお宝堀りなんですが、もう1つボードが。
ここは宝の地図で、災害や生物を倒したりするとすごろくのように進んでいきます。
最終的にオランダ人の幽霊が守る金塊を手に入れるため。
道にはトークンが置かれていて、数字が書かれています。
この数字に合うような生物や災害と戦ってチャレンジし、成功することで先に進めるようになっているのです。
掘れば水が出てくる時もあり、その都度水トークンを除去していき、指定枚数出てしまうとゲーム終了。
もう1つの終了条件は、誰かが失われたオランダ人の財宝を手に入れたら終了です。
生物や災害と戦うのはダイスに、自分が持っているキャラクターの値を足した数字勝負。
探索中ベースキャンプへ戻ることで、体力を回復したりスキルを上げることが出来るので、上手く使って負けないようにしたいところ。
好きなキャラクターを選んでとったら、早速ゲーム開始。

続きを読む

このページのトップヘ