ふうかのボードゲーム日記

タグ:CranioCreations

3

・ミクロワールド
 Microworld(Cranio Creations:2016)


ミクロワールド

白血球とウィルスに分かれ、細胞エリアを取り合う2人用のゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードを組み立てて、体内をつくります。
体内といっても4種類の色に分かれていて、名前が細胞なだけ。
赤は筋肉細胞、灰色は骨細胞、青は神経細胞、緑は粘膜細胞です。
各細胞は隣接することで組織になり、ボードのパーツ2つにまたがっていることもあります。
プレイヤーは白血球かウィルスを選び、ウィルス役の手番からゲーム開始です。
手番がきたら、自分のマーカー1枚を置いて得点を獲得するだけ。
マーカーを置けるのは、相手が前の手番で置いたマーカーに隣接していて、空いていること。
遺伝子マーカーが置いてあれば獲得し、任意の自分の手番で使うことが出来ます。
これを繰り返し、どちらもマーカーをすべて配置したらゲーム終了。
最後にエリアごとの得点計算をし、得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・ロレンツォ・イル・マニーフィコ
 Lorenzo il Magnifico( Cranio Creations:2016)


ロレンツォ・イル・マニーフィコ

塔にコマを配置して、建物や人物のカードを手に入れ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

基本的なルールは同じ
上級では、ボーナスタイルの効果がそれぞれ違うものになるのと、特定の条件を満たすと発動出来るリーダーカードが加わります。
プレイ順を決めたら、逆順でボーナスタイルを選ぶところから。
次にリーダーカードですが、配られた4枚から1枚選んで取り、残りを右隣りに回すというドラフトで、4枚を手札にしたらゲーム開始。
このリーダーカードは、条件が揃っていれば手札から出すことで効果が使えるようになります。
中には永続効果を持つリーダーもあり、ラウンド内で1回以上効果を発揮する場合も。
さらに、プレイせずに捨て札にすることで、1枚につき1点をもらえます。

続きを読む

4

・ロレンツォ・イル・マニーフィコ
 Lorenzo il Magnifico( Cranio Creations:2016)


ロレンツォ・イル・マニーフィコ

塔にコマを配置して、建物や人物のカードを手に入れ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボードとコマを受け取ります。
コマは4種類で、3色のダイスに連動しているものと、無色のもの。
場には大きなボードが置かれ、出来るアクション、各プレイヤーの得点等を記録していきます。
ゲームは6ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズを行います。
塔にカードを並べたり準備するフェイズ、コマを置いてアクションを実行していくフェイズ、信仰点をチェックするフェイズ、残ったカードを除去しプレイ順を決めるフェイズの4フェイズ。
信仰点は偶数のラウンドしかチェックしませんが、信仰点が足りないとペナルティを受けます。
これを繰り返し、6ラウンド終了後にゲーム終了。
最終得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・カウンシル・オブ・フォー(4つの評議会)
 Das Konzil der Vier(Cranio Creations:2015)


4つの評議会

商人となり、王国内の3つの都市に商業地を設立し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは3つの都市に分かれていて、それぞれの商業許可タイルが並んでいます。
プレイヤーは、この商業許可書タイルを手に入れることで、描かれている都市に商業地コマを置くことが出来ます。
さらにバルコニーが4つあり、それぞれ評議員コマが乗っています。
目的は、自分の商業地を設置していくこと。
手番がきたら、まず山札からカードを1枚引きます。
次にメインとなるアクション、評議員の選出・商業許可書タイルの購入・商業地を1つ設置する・国王の力で商業地を1つ設置する、の中から1つを実行します。
さらに、クイックアクション1つを実行することが出来ます。
これを繰り返し、手持ちの商業地コマをすべて置いた人がいたら、残りのプレイヤーは手番を1回やりゲーム終了。
ボーナスタイルの得点などを加算し、得点の一番高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・The Tower(Cranio Creations:2015)

The Tower

自分のコマを一番下の階層まで移動させていくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

立体的なビル。
各自持っている自分のコマを最上階から投げ込むところからスタートします。
砂時計で決められた時間内に、ビルの窓に指を入れ、自分のコマを下階へ落としていきます。
時間がきたらビルを持ち上げ、最下層に到達していたコマの数で得点が入ります。
これを繰り返し、誰かが15点獲得したら、その人の勝利でゲーム終了です。
(エッセンで遊んだのでルール詳細が曖昧です)

続きを読む

3

・エイリアンからの逃走
 Escape from the Aliens in Outer Space(Cranio Creations:2010)


エイリアンからの逃走

エイリアンと人間に分かれ、人間はハッチからの脱出を目指し、エイリアンは人間すべてを探し出すことを目指します。
トド吉と2人でプレイ。

人間側は個別にエイリアンから逃げて脱出口を目指し、エイリアン側は共同で人間を探し出します。
今回は2人プレイなので、どっちが人間でどっちがエイリアンなのかわかりきっている中でのプレイです。
トド吉が人間、私がエイリアン。
各自マップシートと鉛筆を持ちます。
ゲームは、手番がきたら移動していくだけ。
人間は1歩、エイリアンは2歩移動です。
マップには安全な区域と危険な区域があり、危険な区域に移動した場合、カードを引きます。
エイリアンは移動した後で、攻撃をすることが出来ます。
危険な区域で移動を終了して攻撃すると、カードを引きません。
自分が移動した先をマップの移動履歴に書き込みます。
これを繰り返していくだけ。
人間が脱出ハッチに到着するか、エイリアンが人間すべてを殺すか、両方の条件を満たせず39ラウンドが終了したらゲーム終了です。

続きを読む

3

・スチームパーク
 Steam Park(Cranio Creations:2013)


スチームパーク

移動遊園地をつくり、客が来るように運営していくゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

スタート時に各自敷地となるタイルを持っています。
遊園地といえばアトラクション。
アトラクションやその他を施設を自分の敷地に置くには、ダイスを振って、該当する目を出さなければいけないのです。
しかも、全員同時にダイスを振り始めて、終わった順に順番タイルを持っていくので、いつまでものんびりはしていられない。
とにかく慌しい遊園地つくりがスタートです。

続きを読む

このページのトップヘ