ふうかのボードゲーム日記

タグ:CapstoneHK

3

・飛騨古川
 Hida-furukawa(Capstone HK Ltd:2017)


飛騨古川

カードを並べて飛騨古川の街をつくり、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

建物カードと2枚の特殊建物カードで6つの山をつくり、各山を裏向きでよく混ぜます。
各プレイヤーは、場の中心カードを受け取り、自分の前に置きます。
初期資金を受け取ったら、早速ゲームスタートです。
ゲームはラウンド制で、ラウンドの始めに、全プレイヤーは12コインずつ受け取ります。
スタートプレイヤーはカード山を1つ選択し、全員にカード内容を見せます。
そして、カードをよくシャッフルして、各プレイヤーにプレイ人数に従ってカードを配り、1枚を裏向きのまま捨て札にします。
手番では、配られたカードから1枚を裏向きで出し、最初の入札額を置き、他プレイヤーは入札額手にを握ります。
全員が握ったら一斉にオープン。
もっとも高値をつけたプレイヤーがカードを獲得しますが、入札に使ったコインは負けた人も含めてすべて捨てます。
獲得したカードを自分の前に3×3の範囲で並べます。
そして、競りは次のプレイヤーへ。
6枚が入札されたらラウンド終了で、次のラウンドではコインを取ってカードを配布するところから続けます。
4ラウンド、もしくは6ラウンド終了時にゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・バナナ強盗団
 Banana Bandits(Capstone HK:2016)


バナナ強盗団

他のゴリラを攻撃しながら、黄金のバナナコインを獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

箱をつかってタワーを組み立てます。
プレイヤーは自分のゴリラを決めて、フィギュア・トークン・ゴリラコイン1枚・カードを持ちます。
各自、窓を選んでタワーに自分のゴリラを掛けます。
手番がきたら、3アクションポイントを使ってアクションを実行するだけ。
出来るアクションは、戦闘、移動、収集、最下段にいる時だけカードを引くの4種類。
戦闘はダイスを振り合って解決し、移動は3マスまで、収集は自分が止まっている窓にあるゴリラコインを獲得、カードは手札が5枚になるまで引けます。
ゴリラコインは、自分以外のものを2種類集めると、屋上で黄金のバナナコインに換えることが出来ます。
誰かが黄金のバナナコインを3枚集めたら。その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

4

・おおおおかみ!
 Wooolf!!(Capstone HK:2013)


おおおおかみ

農場に侵入してきた狼を見つけるゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時、各自キャラクターカードを2枚受け取ります。
2枚とも同じキャラクターが描かれていれば確定なんですが、違った場合はより数字の大きいキャラクターが自分ということになります。
カードにはキャラクターが大きく描かれているのと一緒に、中くらいの円で囲まれた中にもキャラクターが描かれています。
大きくカード全体に描かれたキャラクターが本当の自分で、中くらいの円の中に描かれているキャラクターに化けているのです。
要は混乱させるため、らしいです。
さらには小さい円の中にもキャラクターが描かれているんですが、それは自分が見つけなければいけないキャラクターなのです。
プレイヤーそれぞれが見つけなきゃいけないキャラクターが違うという、ちょっと変わったゲームです。

続きを読む

このページのトップヘ