ふうかのボードゲーム日記

タグ:CGE

3

・螢乾屮螢鵐
 Goblins, Inc.(Czech Games Edition:2012)


螢乾屮螢鵐
ロボット工場の社長になるため、ロボット競技会で優勝を目指すゲームです。
moonさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

このゲームは2対2で競うチーム戦。
moonさんと侍vsトド吉と私に分かれて、ロボットをつくり、出来上がったロボットで戦います。

まずはチーム編成。
チームカードを表向きにしたら、設計図通りに自分たちのコマを配置。
そして秘密の目的を決めます。
この目的が達成されれば、ゲーム終了時に自分だけ得点を獲得できるのです。

そしてロボットの建造。
まずはスタートプレイヤーとその対面に座ってる人がタイル選び。
5枚引いて2枚を対面の敵にわたし、自分も敵から2枚受け取ります。
その間、パートナーは5枚のタイルをせっせとボードに配置しているわけです。
そして、タイル配置とタイル選びの間、話をしちゃいけないというw
タイルはパーツになっていて、攻撃する武器はもちろん、エンジンや装甲など様々。
これを相談なしに配置するというんだから、なかなか上手くいかない。
スペースアラートをちょっとだけ思い出すw
もちろん、つながるように配置しなきゃいけないわけで・・・こういうの苦手なのよね。
「つなげるってこんな感じ?」
「あ、違う。ここがつながるように」
なんてついつい会話をしてしまい、moonさんに指摘されたりw
だってよくわからんのだもの。

そうこうしてるうちに、おれたちの最強のロボットが完成。
早速戦闘!
その前に、まずは繋がっているかロボットチェック。
つながってない部品は脱落で取り除きます。
そのロボットを眺めながら、秘密の目的カードの最終決定。
ここで4枚を選び、3枚は捨て札に。
自分のコマをロボットの操縦席に移動させたら、いざ戦闘!
戦闘はダイス判定なのです。
まずは場に並べられた戦術カードを眺めて、戦術士なら使いたいのをこっそり選ぶ。
操縦士ならロボットのどの面を攻撃するのか、こっそり決める。
そして全員オープン。
操縦士はエンジンと選んだアクションの整合性を確認。
戦術士は選んだカードの取り合いに。
そして、ようやくダイス判定の時。
自分のロボットの前面を向いている武器だけを使い攻撃。
武器の数だけダイスを振れるけれど最大5個。
ダイスを振り、出た目と同じ場所に攻撃が当たったことになるので、攻撃が当たった場所のタイルか装甲タイルを取り除く。
これを4回。
3回目の攻撃で操縦席に攻撃が当たり私のコマが1体脱落したものの、敵のロボットは壊滅寸前。
次の戦闘で沈めてやる!ち意気揚々な私とトド吉。
そして、運命のダイスロール。
まさかの5ゾロ
出たのは何と・・・オール5。

「うわー5だけはだめなのに!」
「まさかの全部はずれ!」
「助かったー」

何ていう見所。こんな見所いらないw
お互いロボットが破壊されなかったけれど、4回戦闘したので終了。
そして同点判定開始。
落としたタイルの数とコマの数で、圧倒的にこちら側が勝っていたので、私とトド吉の勝ち。
その瞬間、負けたはずのmoonさんが

「よし!」

とガッツポーズ。
どうやら、秘密の目的で「自分たちが負ける」を選んでいたらしいw
そして、それぞれ秘密の目的をチェックし、得点を加算していく。
勝ったのはトド吉。

本来は2ラウンドやるんですが、1ラウンドでおなかいっぱいという全員一致の意見で、1ラウンドで終了となりました。
こういうテーマも内容もばかばかしいゲームは楽しくていいねw

4

・ダンジョン・ペッツ
 Dungeon Petz(Czech Games Edition:2011)


ダンジョンペッツ
ダンジョン運営に懲りた我々は、今度はダンジョン・ロードに貸し出すペットショップを経営することになった。
インプ一族総出でペットの世話をしていきます。
ということで、トド吉・前回ダンジョンロードの試験に落ちた侍・私の3人で。

3人プレイの場合は、ダミープレイヤーが1人います。
ダミーの名前を心の中でジミー君に決めてゲームスタート。
まずは自分用のボード兼衝立を受け取り、インプコマを準備。
場にはペットを購入するところ、品評会へ出して売るところ、餌をとるところなど、それぞれ分かれています。
自分のやりたいアクションを心の中で選んだら、どこへどれくらいのインプを配置するか、衝立の中でこっそり決めます。
お金もインプ1体分として数えられるので便利。
全員インプの分配が終わったら一斉にオープン。
インプの数が多い人からアクションを実行していきます。
先取りしたければ、その分インプをいっぱい組み合わせればいいんでしょうが、そうもいかない。
飼ってるペットに餌をやりたいし、必要ない時に取りすぎると餌は腐るし。
闇市で売ったり、品評会に出した時に追加で名声点を得たりw

スタートと同時に侍とトド吉は檻を増設。
檻には効果があり、魔法欲求を抑えてくれたり、遊んでくれたり。
飼っているペットの欲求にはカードで対応していくんですが、その分使うカードが少なくなるのでお得なのです。
便利だったのがアイテムの冷凍庫。
腐らない上に、凍ってしまってるから草食だろうが肉食だろうが関係なしに「餌」として使えるのです。
これは早々にゲット。
ダミーのジミー君も活躍してくれるので、選択肢が強制的に狭まるのもいいアクセントに。
あっち取ればこっち取れず。
順調に育てて、あまり高値にならないうちに売ってしまい、また新しいペットを手に入れて育てる。
これが一番楽かな?と思い、ゲームを通してそのスタンスを通しました。
侍はかなり育ててから売る感じで、毎回ペットの世話に悲鳴が。
しかも檻から出ようとしたペットを押さえにいったインプがケガをして入院w
横を見ればトド吉のペットは、魔法欲求が制御できず、尻尾が生えていました。
ダンジョン運営も大変だけど、ペットの世話も大変です。
それぞれ色分けされている欲求に手札で応えていくんですが、そうは上手くいかないというか。
特に尻尾が生えたり目が増えたりすると、見ているほうが面白いです。
常時、インプを分ける時に1匹だけ残る感じにしていたので、かなり融通がきいたというか。
ペンギンが高値で売れたのでお金も儲かったし、名声がかなり入りました。
そのお金を使うことでインプ節約。
これが功を奏したわけで。
最後の最後で1匹しか出せるペットがいなかった私は、侍に抜かれるかな?と思ったら・・・
なんと侍期待のペットは、檻から飛び出して脱走してしまいましたw
育ちすぎるのもカード処理が大変なので考えものだということがわかりました。

これはかなり面白くて、かなり楽しめました。
先に遊んだダンジョン・ロードの続編ということで、前置きがあったからかも知れません。
ダンジョン運営で苦労したので、すんなりゲームのテーマに入れたというか。
この日遊んだダンジョンシリーズはどちらも面白かったんですが、特にこっち(ペッツ)の方が私好みでした。
次は選択ルールを入れて遊んでみたいところです。

3

・ダンジョン・ロード
 Dungeon Lords(Czech Games Edition:2009)


ダンジョンロード
ダンジョンを攻略するのではなく、作り上げたダンジョンにやってくる人間からダンジョンを守りきるゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

ダンジョン攻略のゲームは数あれど、ダンジョンを作り上げる方とは。
ダンジョン攻略といえば、敵をいっぱいやっつけて、お宝いっぱい持ち帰ればいいんじゃない?程度。
今回はその逆です。
ダンジョン省の決めた期間内にステキなダンジョンを作り、やってくる人間を撃退してダンジョンを守ることで得られる「ダンジョン大王」の免許をもらうためにがんばるゲームです。
2年後、ダンジョン省から役人がやってきて評価をしてくれるので、それまで何とかして耐え抜いていきます。
このゲーム、日本語版だったんですが、ルールブックもかなりふざけていて(いい意味でw)、テーマだけでテンションが上がり気味に。
人間たちがダンジョン攻略にやってくる時は決まっています。
まずはダンジョンを作らないと話になりません。
道をのばしても良し、罠を仕掛けても良し、部屋を作っても良しと、やりたいことは色々と。
気をつけきゃいけないのが、あまりに悪名高くならないこと。これ重要。
邪悪度があるラインをこえてしまうと、ものすごく強いパラディンが飛んできますw
まずは1年目。
3人ともせっせと道をのばし、来るべき攻略者に備えます。
召使いのミニオンをやりたいアクションの場所に置いていくんですが、先に取ったほうがお得なものから、後からのほうがお得感があるものまで。
今回は3人だったので、ダミーのダミー君がいます。
しかもダミー君はいいところをおさえてしまいます。

攻略者に対して地下酒場でモンスターを雇うことが出来るんですが、種類によっては餌が必要だったり。
なので、自分がどれを狙っていくかでだいぶかわってきます。
モンスターそっちのけで、餌と金とインプに注力しすぎた私のダンジョンは、なぜか来るのが毎回シーフで涙目。
というのも、罠を仕掛けようとカードを取れば、なぜか落とし穴とかシーフには効果がないものばかり。
あまりにも毎回シーフで「またシーフ!?」と叫んでしまったほど。
1年目はまだよくて、2年目に入ると、攻略者の強さが桁違い。
その分モンスターも強いはずなんですが、維持コストが痛いw
しかも税金も払うので、お金もきつい。
でもこれを耐えればダンジョン省の試験に合格して、立派なダンジョン・ロードになれるはずなのです。
若干ぼろぼろになりながらも、全員2年目に突入。
ここからはどんなに蹂躙されようと、残ってればいいのです。たぶんw
再びせっせとトンネルを掘り、さらにダンジョンを広げていきます。
攻略者がシーフだらけなので、耐えられるくらいにのばしていく方法しかないという極論。
そんな中、侍が邪悪度を一気に上げることで強いモンスターを投入。
これと同時に最強のパラディン登場。
強すぎるwww
隣りのトド吉は、罠をはってゴーレムで戦闘中。
私はといえば、インプを犠牲にしながらも、何とか耐える方法を考えるだけ。
雇ったモンスターはゴーストとスライムなので、どう考えても無理。
何とかシーフを倒すも、1人だけ残ってしまった。残念。
結果、パラディンを倒した侍がなんとマイナス点で落第wwww
私とトド吉は合格ラインをこえるも、3点だったトド吉が見事地底の大王の称号を得ました。
3点ってwww

ダンジョン運営は大変です。
人間って強いなぁと思わせてくれるゲームですw
なりきってノリが良い人同士で遊ぶのが吉ですが。
そして、ダンジョン運営がいやになった3人は、ダンジョン・ロードに売りつけるモンスターを育てるペット屋に転職するわけです(ダンジョン・ペッツ)。

3

・遺言(おかしな遺言)
 Der Letzte Wille(Czech Games Edition:2011)


遺言
与えられた金額を使い切った人に遺産を譲るという「遺言」をめぐり、誰よりも早く所持金を使い切るゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーマからして奇抜なテーマで気になっていたんですが、ようやくトド吉とプレイすることが出来ました。
「お金を使い切ったら」という遺言がテーマもすごいけれど、裸足で優雅に椅子に座る箱絵も何というか・・・w
通常、お金を一番獲得した人が勝者というのはよく聞くけれど、使い切った人というのも珍しい。
各自プレイヤーボードを持ち、場となるボードにカードをセットしたらゲームスタート。
まずはお金を使うために計画を立てます。
カードを何枚獲得してアクションを何回やりたいか、下男コマを何個使うか考え、計画ボードにコマを置きます。
今回は2人プレイだったので、使われたくない計画を封鎖することができるので、まずは封鎖から。
先手番の人が封鎖したら、次の人が封鎖しそのまま自分の計画も選び、最後に先手番の人が選びます。
封鎖があると残ったものから選ぶので、見る限りよさそうな場所はあいてません。
計画が終わったら実行していくだけ。使える下男コマを順番に置いていきます。
不動産の価値をかえたり、単純にカードを獲得したり、自分のボードを拡張したり、やれることは色々あります。
ともかくお金を使わなければということで、お金がかかる友人や不動産獲得。
不動産は一気にお金を使えるし、修繕しなければ価値が下がっていくので、売却した時の金額も少なくてすみます。
白枠のカードはアクションがかからず使ってすぐ捨てますが、黒枠は必ずアクションを使い自分のプレイヤーボードに配置します。
お金を浪費してくれるありがたい友人たちも見逃せません。

お互いやりたい方向や欲しいカードが違っていたので、計画を立てるところが一番関わりがあったかも。
自分だけがアクション数を多く、相手には少なくしたいのが本音なので行動に出てきますw
とはいえ、まずは不動産。
良さそうな高い物件があったので即購入。
このまま修繕しなければ値下がりして回収する金額が少なくてすみます。
そして農場を手に入れ、馬にも出資。
すごい勢いで浪費していく私w
古い友人がアクションをくれたり、オペラを見に行くので服を仕立てたり。
そんな浪費の毎日に屋敷は修繕不可能なほどいたみ、そろそろ売却時期だなぁと思い、一気に不動産の価値を下げ売却!と思ったら、
「まだ不動産売るの早いんじゃない?」
「いやー。今が売り時だと思うんだよね」
「まだ大丈夫じゃないの?」
「じゃ、次にするかなー」

しかし、この売却を逃してしまったことを最後の最後で後悔することに。
不動産を売却しないことにしたので、浪費続行。
そして次のラウンドで売却するも、売却して得た金額を使い切れないうちに、なんとトド吉が破産。
ちょっと待てwww
結局1ラウンド売却を先送りにした分、がんばってもお金を使いきれず終了。

ゲーム終了後、何とも微妙な空気が漂ったのは言うまでもなくw
「利益誘導になっちゃったね。ごめんよ」とは言っていたけど、言われたことに素直に従った私が悪いということで。
2人プレイはそんなにプレイ時間が長くないのでリベンジしやすいというか、良い感じでした。

4

・ピクトマニア
 Pictomania(Czech Games Edition:2011)


ピクトマニア
絵を描いて他の人にお題を当ててもらったり、他の人のお題を当てたりして得点を獲得していくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

お絵かきゲームは色々あるけれど、これはちょっと大人向けのような感じがするお絵かきゲームです。
それぞれお題をランダムでもらうんですが、もらうのはカード2枚。
ここにマークと数字が書かれているので、自分は何を書くのか並べられたカードでチェックします。
もっとも自分のだけ見つめてるとばれるので、ゲーム開始前にカードを全員でチェックしておくとスムーズかも。
今回は日本語化されていなかったのもあり、全員で英単語を見つめてお題を確認しました。
各自、自分のお題がちゃんとわかったらゲームスタート。

ゲームは絵を描くことだけれど、それだけではありません。
他の人が描いた絵を当てることで得点を獲得します。
さらに自分が描いた絵も他の人に当ててもらわなければ得点にならないのです。
お題のレベルは1から4まであり、最初は1でプレイ。
簡単なだけあり、私はネズミ。
とにかく急いで描いて、描いた後は他の人がどのお題かを考えて、自分の持っているカードを置いていきます。
そして、回答が終わったら、中央に置いてあるチップを急いでとる。
チップがなくなったら終了なので、まだ絵を描いてる人もそこで終了。
自分のを描いてる途中でも、他の人が何を描いてるかわかったら、カードを置くことができます。

全員終わったら答え合わせ。
自分のところに置かれた他の人のカードと自分が持っているお題カードの数字が合っているか見ていきます。
合っていたら、そのプレイヤーに自分のトークンを渡します。
間違えていたら場に置きます。
場に一番多くカードが置かれてしまうと、マイナス点になるので要注意。
さらに自分の絵を当ててもらえず、手元に残った自分のトークンもマイナスです。
当ててもらいながら、自分も当てにいくことで得点が増えるんです。

一番の特徴はお題カード。
カード1枚に7個ずつ書かれているんですが、これがわかりにくいw
特にお題のレベルを4にした時の神尾さんのお題がひどかった。
そのカードには「ガールフレンド」「妻」「元妻」「婚約者」・・・と似たようなものばかり。
結局みんな間違えましたw
ファルコンのようなもので、私が当たったお題も困り物でした。
「小説」「エッセイ」「物語」「詩」など、似たようなのばかり。
本を読んでいる人間を書いても当ててもらえないと思って書いた絵が左。
ちなみにこの絵、ペガサスブースの人たちもみんなわかったのに、おのさんだけがわかりませんでしたw
いやまぁ、絵がひどいんですが、お題は「物語」。
storyといったら、ネバーエンディングストーリーしか浮かばなかったw

わかりにくいお題だけに、当たった時の喜びは大きいです。
それだけにかなり盛り上がりました。
判別しにくいお題なので、絵を上手く描くことじゃなく、どれだけ特徴を伝えられるかだと思いました。
同じお絵かきだと「テレストレーション」も面白かったですが、こちらは違った面白さです。

・Table Games in the World:ピクトマニア

3

・スペースアラート
 Space Alert(Czech Games Edition:2008)


スペースアラート
昨年は「ギャラクシートラッカー」を発表したチェコゲームズの新作。
今回も宇宙船です(笑
ただし、今回はプレイヤーの協力型ゲームになっています。
おのさん宅で、おのさん・康さん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームは付属のCDを聞きながらのプレイになります。
きちんと指令書があるので、順序よくプレイしていきます。
宇宙船に迫る危機を回避するため、プレイヤー全員がその役目を果たす。
そういうゲームです。

こういうゲームは理解するのに時間がかかるため、とりあえず康艦長のもと、全員協力でテストプレイ。
CDを聞いてくれているのはおのさん。
いかにも!という音声なので聞きにくいし、英語が出来ないとまず無理です(笑
私は何をしたらいいのかわからず、勝手に動きを作っていく。
他の3人は会話も賑やかに効率よく作っていく。
そしてテスト飛行開始!
スペースアラート宇宙には危険がいっぱいです(笑
見たこともない隕石やらが向かってきます。
ここからは全員がセットしたカードをオープンにしながら、決められた時間内に交渉してカードを交換したりします。
敵の速度は速くなったりするので、油断しているとあっという間に宇宙船が沈みます。
交渉やカード並べの時間など、すべてCDで指示してくるので、CDが何を言ってるのかわからない私は、ひたすらおのさん頼り(苦笑
(日本語版が限定数発売になったので、現在は音声も日本語版で楽しめます)


「隕石がきた!」

「誰かA行って!」

「Bで誰か補充しないと打てない!」

「ひたすら発射ボタン押してて!」

「誰かこっち来て!」


とにかくあわただしく進んでいくんですが、段々と楽しくなってきます。
2回テスト飛行して失敗するも、慣れてきたところで最終飛行で中級くらいに挑戦。
2回の練習でコツを得たので、おのさんはエイリアンを倒すため移動。
反対側に出てきている敵は康さんにお任せ。
私はトド吉と発射と補充を合わせて、各自役割分担が出来上がる。
もうだめか!?と思ったときに、偶然トド吉と私の組み合わせがよく敵を撃破。
トド吉はミサイルを発射するも、その時にはもう敵がいなかった(笑

このページのトップヘ