ふうかのボードゲーム日記

タグ:BrainGames

3

・アイスクール
Ice Cool(Brain Games:2015)


アイスクール

自分のコマを指で弾いて、得点となるカードを集めるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

親と子に分かれてプレイします。
親は子にぶつかれば、持っている身分証を没収。
子は各部屋のドアを通ることで、自分の魚トークンを取ることが出来ます。
魚トークンを取ったら、すぐに魚カードの山から1枚引きます。
手番がきたら、自分のコマを指で弾くだけ。
それまでに獲得していれば、1のカードを2枚使うことで、もう1手番実行することが出来ます。
全員身分証を没収されるか、子の誰かが魚をすべて回収したらラウンド終了。
親は没収した身分証と同じ枚数、魚カードを引き、次の人が親に。
これを繰り返し、全員が一度ずつ親をやったらゲーム終了。
集めた魚カードに書かれている数字を合計し、最も高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ロジックカード イエロー
 Logic Cards(Brain Games:2014)


ロジックカードイエロー

カードに書かれた問題を解いていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

使っているカードは、色で難易度が違います。
そして1人から遊ぶことが出来ます。
最初に難易度を決めて、決めた難易度の中からカードを1枚選んで答えを探します。
正解は付属している一覧で見ることが出来ますが、アプリでも見れるようになっています。

続きを読む

3

・スライダイス
 Sly Dice(Brain Games:2015)


スライダイス

他のプレイヤーに見られないように、ダイス目で役をつくって得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ダイスを振って役を作っていくゲーム。
これだけ聞くと普通なんですが、このゲームには衝立がついています。
自分が振ったダイス目は、自分だけが見るのです。
ゲームはラウンド制で、今回は2人プレイなので8ラウンド。
まず共有ダイスを振り、次に各プレイヤーは衝立の手前でダイスを振ります。
振り直しは2回までで、振り直すたびダイス1個を衝立の外に出して見えるように置きます。
ますはスタートプレイヤーの手番で、場に並んだ手役カードの中から、どの役が出来ているのか宣言します。
それに対して、他のプレイヤーは順番にダウトするかパスするか選びます。
ダウトしたのに役が出来ていた場合、宣言したプレイヤーは失敗カードを1枚受け取ります。
役が出来ていなかったけれど、誰にもダウトされなかった場合は特に何もありません。
そして得点計算。
ダウトされたけれど役が本当に出来ていたら、もしくは誰にもダウトされなかったら、そのカードの上に自分のマーカーを置き得点をメモします。
ダウトされなかった場合、ダイスを公開する必要はありませんが、実は役が出来ていなかった場合ブラフ成功で成功カードを1枚受け取ります。
得点計算が終わったら、左隣りの人に手番が移り、全員終わればクリーンアップ。
ダイスを戻し、場の役カードを1枚追加したらラウンド終了。
規定回数のラウンド終了後、獲得した得点にカードの得点をあわせ、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

2

・ゲーム・オブ・トレインズ
 Game of Trains(Brain Games:2015)


ゲーム・オブ・トレインズ

左から右に降順で並んでいるカードを逆順に並び替えるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時に配られる7枚のカード。
自分の前に「左から右に降順」で並べます。
ゲームの目的は、この並べたカードを昇順に並び替えること。
手番がきたら、2つのうち1つを必ず実行します。
カードを山札から引き、自分の前に並べてあるカードと入れ替える、もしくは特殊カード置き場にあるカードの効果を使うのどちらか。
これを繰り返していくだけ。
誰かが左から右への昇順で並べることが出来たら終了。
そのプレイヤーが勝者となります。

続きを読む

3

・ヴォアラ!
 Voila!(Brain Games:2015)


ヴォアラ!

限られた時間の中で、曲芸を成功させて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には円を描くように、対象物タイルが並びます。
中央には、アクション説明タイルとカード山。
外側には、曲芸師コマと砂時計を準備します。
手番プレイヤーの左隣りの人がタイムキーパーとなり、砂時計を準備します。
砂時計がひっくり返ったら、手番スタート。
袋からカラーストーンを引き、色に応じたアクションを実行します。
黄色は何もしない、赤はカード山から1枚引いて公開し、描かれているアクションを実行、青も赤と同じですが2回やります。
カードによっては、全員参加の早い者勝ちアクションもあります。
砂時計が落ちきるか、その前に任意で手番を終えることが出来ます。
砂時計が落ちきってしまうと時間切れで、手番の間に獲得したカードは捨て札に。
時間内に終える場合、「ヴォアラ!」と宣言し、成功させたカードと黄色のカラーストーンの数だけ山札からカードを引き、得点として獲得します。
これを繰り返し、全員が3回ずつ手番をやったらゲーム終了。
獲得したカードの数字を合計し、一番合計値の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・火星発掘隊
 Dig Mars(Brain Games:2014)


火星発掘隊

火星で鉱物を発掘して、規定数のポイントを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

タイルを並べてつくるのは火星。
火星タイルは各3枚ずつの山になっていて、見えるのは裏面のみ。
裏面には必要とするレベルが描かれていて、最初はレベル1しか探索も発掘も出来ません。
手番がきたら3アクション。
発掘、輸送、移動、グレードアップの中から、好きなアクションが出来ます。
タイルにはボーナスアクションがあり、発掘時にタイルをめくった人が一度だけ効果を発動します。
鉱物は色々なものがあり、ポイントが書かれています。
これを集めるのが目的で、今回は2人プレイなので40ポイントを先に集めたら勝利。
自分の輸送機器・発掘機器・探索船タイルを並べ、ステーショントークンを置いたらゲームスタートです。

続きを読む

2

・ウォッシュダッシュ
 Wash Dash(Brain Games:2014)


ウォッシュダッシュ

お題カードの通りに、早く洗濯物を干していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各自、自分の物干し台を持ちます。
カードにはイベントと課題があり、プレイヤー人数より1枚少ない枚数が場に出ます。
課題にはピンチと洋服の指定と、完成させた時の点数が書かれています。
スタートの合図と共に、一斉に課題通りに洗濯物を干し、カードの通りに干せたら、すぐそのカードを取ってラウンドから抜けます。
場に出ている課題すべて完了したら、間違いがないかチェックします。
きちんと干せていればカードを得点として獲得し、間違っていたら、このラウンドで取ったカードとそれまでに獲得したカードの合計2枚を捨てます。
山札がなくなったらゲーム終了で、獲得したカードの得点を計算し、一番高い人が勝者となります。
今回は2人プレイなので、場に出るカードは2枚だけど、どちらかが完成させたらラウンドが終わる早干し競争です。

続きを読む

このページのトップヘ