ふうかのボードゲーム日記

タグ:Bombyx

3

・キャッチ・ザ・ムーン
 Catch the Moon(Bombyx:2017)


キャッチ・ザ・ムーン

失敗しないよう、はしごを配置していくゲームです。
タロ吉さん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に土台を置き、最初のはしごを2本セットします。
手番がきたらダイスを振り、出目に従いはしごを配置します。
ダイスの指示に従えない、もしくは他のはしごを崩したり、はしごが土台やテーブルに触れてしまった場合は失敗で、涙を1つ受け取って手番終了。
これを繰り返し、誰かが最後のはしごが置かれるか、最後の涙を受け取ったらゲーム終了。
もっとも涙の数が少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・インベンターズ
 Legendary Inventors(Bombyx:2016)


インベンターズ

偉大な発明・発見者チームを目指し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のチーム員のタイルを受け取りセットします。
場にはプレイ人数+3枚の発見・発明カードを並べ、ランダムでトークンを2つずつ置きます。
スタートプレイヤーを決めて、ダ・ヴィンチ像を渡します。
ゲームの目的は、自チームのインベンターを派遣して発見・発明にかかわることで、カードやチップを手に入れていくことです。
手番がきたら、自分のインベンターを派遣するか、仕事済のインベンターを派遣可能にするのどちらかを実行します。
インベンターの知識レベルに等しい数のキューブを、発見・発明カードの対応する分野に置きます。
キューブは少なくとも1つ、いずれか1枚のカード上に置かなければなりません。
派遣可能にするアクションは、使用済のインベンターすべてを使用可能にします。
発見・発明カードは、すべてのスペースにキューブが置かれると完成。
置かれたキューブの数を比べて報酬を分配し、新しい発見・発明カードを場に並べます。
最後から2枚目の発明・発見が完成すると、1つの時代が終わります。
これを繰り返し、3つの時代が終わったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ぜいにぃ・ぺんぎんず
 Zany Penguins(Bombyx:2016)


ぜいにぃ・ぺんぎんず

さまざまな地域にペンギンを送り込み、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーに18枚ずつカードを配ります。
配られたカードは裏向きのまま山にして自分の前に置き、ここから2枚引いて、最初の手札とします。
まず召集フェイズで、自分の山札から2枚引いて手札に加えます。
次に潜入工作フェイズで、自分の手札からカードを選び、左右隣りの人に1枚ずつ渡します。
自分が渡されたカードは、そのまま手札に加えます。
最後に上陸作戦フェイズで、手札から1枚選び裏向きで自分の前に出します。
全員出したら一斉にオープン。
カードに効果がある場合は効果を適用し、出したカードを自分の前に並べます。
カードは地域ごとに列をつくって置きます。
これで1ラウンド終了。
これを繰り返し、8ラウンド終わったら得点計算。
まず各自が自分の前に並べているカードの合計数字を地域ごとに見ていきます。
もっとも数字の大きい人はその地域を支配しているということで、手札に残ったその地域のカードすべてが得点になります。
支配出来なかったプレイヤーは、手札に残ったその地域のカードの中で、もっとも小さい数字1枚が得点になります。
カードを出していない地域は、得点にはなりません。
すべての地域について計算し、もっとも得点の高い人が勝者で「全世界の支配者」となります。

続きを読む

3

・古代の建築士たち
 The Builders: Antiquity(Bombyx:2015)


古代の建築士たち

建築士となり、建物を建てて勝利点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは「中世の建築士たち」のテーマ替え的な位置付けなのかな?
基本的なルールは同じで、手番がきたら3アクション実行します。
場には、建築出来る建物と労働者、他に奴隷と大学の4種類が並んでいます。
出来るアクションは5種類。
建築を始める、労働者の雇用、投資、労働者の派遣、セステルスの獲得です。
労働者は雇う時にはお金がかかりませんが、その後建築現場へ派遣するたびにコストがかかります。
その点、奴隷は入手する時にお金がかかりますが、派遣の時にはコストがありません。
持っていれば勝利点がマイナスになりますが、1アクションで解放することが出来て、その後は労働者と同じ扱いになります。
大学は、コストを払って労働者に勉強させることで、ステータスがUPする仕組み。
途中借金が出来ますが、返済は+5金になります。
これを繰り返し、誰かが17点達成したら、そのラウンドを最後までやり終了。
最終得点計算をして、最も高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・アビス
 Abyss(Bombyx:2014)


アビス

深海の王になるために、最も多くの影響ポイントを獲得するゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

ボードは、探索カードが並ぶ場所・議会・宮廷になっています。
ゲームはいたって簡単で、手番になったら出来るアクションは1つ。
探索するか、議会の支持を得るか、貴族を雇用するか。
影響ポイントを獲得するには貴族が必要で、貴族を雇用するには議会の支持が必要で、議会の支持を得るには探索してカードを集める必要があってと、すべてがつながっています。
探索は1枚ずつカードをめくり、他のプレイヤーに購入意思があるのか確認し、購入してもらえば収入として真珠がもらえます。
5枚目をめくっても誰も欲しがらなかった場合は自分が引き取ることになるけれど、真珠が1つついてきます。
探索が終わり、並んだカードは色別に議会へ送られます。
議会の支持を得るというのは、1つ色を選んでそこのカードすべてを持っていくことです。
そして貴族の雇用は、手に入れたカードを使って行います。
貴族には影響ポイントの他に、雇用するのに必要なコストが記載されています。
探索中出てくる怪物を倒しても得られるけれど、貴族を雇用しても手に入る鍵。
鍵が3個になると自動的に地域タイルを引き取ります。
ゲーム終了は、誰かが7人目の貴族を雇用するか、貴族カードを補充できなくなったら。
得点計算をし、一番影響ポイントの高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ソルターニーエ
 Sultaniya(Bombyx:2014)


ソルターニーエ

タイルを配置して、ソルターニーエで最も美しい宮殿を建てるゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

各自。宮殿の土台となる個人ボードを持っています。
このボードには最終的に得点になる物と点数が書かれていて、これがボードによって違います。
その他に秘密の目的を2枚持っていて、そのタイルも裏向きでセット出来るようになっています。
手番がきたら、宮殿を建築する・ジンを召喚する・パスするの3つから1つを実行。
4つの山からタイルを展開することが出来ます。
そして宮殿を建築するときは、展開してあるタイルから必ず1枚取り、さらに必ず配置しなければいけません。
配置するときはルールに従って配置しますが、タイルを選んで配置するのは義務です。
パスは単純にパスするだけ。
ただしサファイヤを2個もらうことが出来ます。
そしてジンの召喚は、4人のジンのうち好きなジンをコストを払うことで呼ぶことが出来ます。
これを繰り返していき、終了条件が揃えばゲーム終了。
一番得点の高い人が勝者になります。
ルールはいたって簡単なので、早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・コンチネンタル・エクスプレス
 Continental Express(Bombyx:2013)


コンチネンタル・エクスプレス

必要な車輌を集めて得点にしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には3列3枚、合計9枚の車輌カードが並びます。
手番がきたら、場からカードを1枚選んで取るだけ。
山札から一番遠い場所はコストなしで取れますが、中央はコストとして紙幣1枚、山札の隣りは紙幣2枚です。
もちろん最初は所持金がないので、紙幣0枚ですむ車輌を集めることになるわけです。
紙幣や能力がある人物カードも、車輌カードの山から出てきます。
なぜ車輌を集めるかというと、目的カードに描かれた車輌を集めて取り替えることで、勝利点を獲得出来るのです。
この勝利点を競うゲームなので、どの車輌を取るかで狙いがばれてしまったり。

そしてイベントカード。
火事になって場のカードを全部入れ替えたり、目的カードを全部入れ替えることになったりと、タイミングが悪いと厳しいイベントです。
この他に、ゲーム開始時、秘密裏に契約カードをもらっています。
この契約を達成することが出来れば、さらに加点がもらえます。
スタートプレイヤーを決めたら、早速ゲームスタート。

続きを読む

このページのトップヘ