ふうかのボードゲーム日記

タグ:BlueOrange

3

・マキスタック
 Maki stack(Blue Orange:2018)


マキスタック

お題カードの指示通りに、寿司を積み上げていくゲームです。
4人でプレイ。

プレイヤーを同人数になるよう、チーム分けします。
各チームは、寿司マット・目隠し・ブロック1組を持ちます。
お題となるカードをよく混ぜ、裏向きの山にしておきます。
お題は裏面の色で遊び方が異なり、赤の場合は目隠しモード、黄色はお箸モードです。
各ラウンドでは、カード山で遊び方を確認し、指示するプレイヤーが一番上をめくって見ます。
お箸モードは全員でカードを確認します。
いずれの場合も積み上げた速さを競い、先に完成させたチームがカードを獲得します。
これを繰り返し、お題カードを6枚獲得したチームが勝利します。

続きを読む

3

・うんちしたのだあれ?
 Who Did It?(Blue Orange:2018)


うんちしたのだあれ?

自分のカードを素早く出して、うんちを受け取らないようにするゲームです。
とまとさん・nekonさん・メンマさん・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは自分の色を決めて、カードを6枚持ちます。
ゲームの目的は、うんちしたのが自分のペットじゃないという主張をして、うんちチップを受け取らないようにしていくことです。
最初の人は、自分の手札から1枚出します。
この時、うんちをしたのは他のペットであることを言います。
他のプレイヤーは、言われた種類のカードを持っていれば、素早く出します。
一番早く出せた人だけが疑いを晴らしたことになります。
今度はこのプレイヤーが、ペットの種類を宣言する人になります。
カードは一番早く出せたプレイヤーのみ有効で、他プレイヤーは手札に戻します。
これを繰り返し、手札すべてをなくした人からラウンドを抜けます。
残っている人で続け、他のペットのせいにしようとして失敗したらラウンド終了。
失敗した人はうんちチップを受け取り、次のラウンドへ。
誰かがうんちチップを3枚獲得してしまったら、持っているチップが一番少ない人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ファンタスティックパーク
 Fantastic Park(Blue Orange:2017)


ファンタスティックパーク

動物園のガイドとなり、お客さんが見たいと思っている動物を出来るだけ見えるように配置して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、プレイ人数に応じた枚数のタイルを受け取り手札にします。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順に、手札から1枚選んで場に配置していきます。
配置のルールは、すでに配置されているタイルに辺が隣接する、もしくは2つのタイルの上に重ねます。
これを全員の手札が1枚になるまで続けます。
最後の手札1枚を公開し、得点を計算します。
手札の残した動物の一番大きい集団を見つけ、その動物が1匹1点になります。
スタートプレイヤーを左隣りに回し、新しい手札を配って次のラウンドを始めます。
これを繰り返し、次ラウンドのためのタイルが足りない場合、ゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・プールパーティ
 Pool Party(Blue Orange:2018)


プールパーティ

自分のチームメンバーを出来るだけプールに飛び込ませるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、組み立てた不安定なプール。
各プレイヤーは自分の色を決め、チームメンバーを受け取ります。
ゲームはラウンド制。
スタートと同時に、全員が一斉にチームメンバーをプールに入るよう飛ばします。
誰かが自分のチームメンバー3個をプールに入れたら、その人の勝利でラウンド終了。
すべてのチームメンバーを回収し、次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが3ラウンド制したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ミスター ウルフ
 Mr.Wolf(Blue Orange:2018)


ミスター ウルフ

オオカミがくる前に、動物たちをそれぞれの小屋へ帰すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

農場には、裏側に花が描かれているチップ。
表側にはさまざまな動物たちが描かれています。
オオカミは通り道に置き、小屋を4つ並べます。
小屋の屋根にタイルを置くことで、その小屋に入れる動物が指定されます。
手番がきたら、チップを1枚選んで表にします。
めくったチップが、小屋に描かれたいずれかの動物と一致していたら、その小屋に入れることが出来ます。
オオカミが出たら、オオカミを農場に向かって1歩前進させ、チップを裏向きに戻します。
いずれの小屋とも一致しない、または小屋に入れなかったチップは、表向きのまま置きます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、すべての小屋が動物で満たされたと思ったら、すべて公開して確認します。
合っていれば全員がゲームに勝利し、間違っていたり足りなかった場合はオオカミの勝利。
オオカミが農場に到着したら、オオカミの勝利です。

続きを読む

3

・光合成
 Photosynthesis(Blue Orange:2017)


光合成

森で木を育て、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは森で、外周は太陽が移動していきます。
ボードには、木を育てるスペースが描かれています。
森の深部へ行くにつれ、色が濃くなっていて、それぞれ伐採した時に獲得出来るトークンが違います。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドには光合成フェイズとライフサイクルフェイズがあります。
光合成フェイズでは、太陽を動かしてライトポイント(LP)を獲得します。
ライフサイクルフェイズでは、各プレイヤーが手番を1回行います。
手番で出来るアクションは、購入・種まき・生長・伐採の4種類で、LPを消費して実行します。
全員が手番を終えたらラウンド終了で、スタートプレイヤートークンを次の人に渡して次ラウンドへ。
これを繰り返し、太陽がボードを3周したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・パニックマンション
 Panic Mansion(Blue Orange:2017)


パニックマンション

屋敷から脱出するため、チャレンジを達成するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボックスと各種物体を受け取ります。
カードをよく混ぜ、物体が描かれているほうを上にして山にします。
このゲームにはルールが2つあります。
ゲーム1では、プレイヤーは右隣りのプレイヤーにボックス内にある物体を混ぜてもらいます。
カード山の一番上をめくり、指定の部屋に冒険者と宝箱のみを一番最初に移動させる競争をします。
ゲーム2では、部屋が描かれているほうを上にしてカードをよく混ぜ、山にします。
カード山の一番上をめくり、カード山の隣りに置きます。
指定の部屋に指定の物体だけを最初に移動させる競争をします。
いずれのルールも最初に5点取った人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ