ふうかのボードゲーム日記

タグ:BlueOrange

3

・Guess What!(Blue Orange:2015)

Guess What?

イメージした言葉に合う絵を選んで、得点を獲得していくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

(エッセンで遊んだゲームなので、ルールが違っているかもしれません)
場にはABCの各列に3つずつ、合計9枚のイラストタイルが置けるボード。
各プレイヤーは、ABCの各列にダイヤルで数字が表示される個人ボードを持っています。
親は並んだタイルを見てイメージする言葉を宣言し、さらにイメージの元になったタイルが何番なのか、秘密裏にダイヤルを回して数字を表示させておきます。
他のプレイヤーは、親がどのイラストでイメージしたのか当てます。
当たれば得点が入ります。
得点もダイヤル式で、最大が12だったので12点獲得した人が勝利(だったのかも知れません)。

続きを読む

3

・ドクターエウレカ
 Dr. Eureka(Blue Orange:2014)


Dr. Eureka

カードの指定通りに、3本の試験管の中身を揃えるゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

各自3本の試験管を持っていて、中には3色の球が入っています。
カード山の一番上をめくり、その指示通りに試験管の中身を入れ替えます。
ただし、直接手で球に触れるではなく、試験管同士を上手くくっつけて移動させていきます。
一番早くお題通りにつくれた人が勝者になるようなゲームだったかと。
エッセンで遊んできたゲームなので、細かいルールがちょっと怪しいです。
何枚獲得するかとか、そういった細かいルールを覚えていません。

続きを読む

3

・ロングホーン
 Longhorn(Blue Orange:2013)


ロングホーン

2人で牛泥棒勝負をするゲームです。
トド吉とプレイ。

プレイヤー2人は牛泥棒。
並んだ9枚の場所タイルには、4色の牛たちが置かれています。
この牛を集めるのが目的。
手番になったら、まず今いる場所から牛を強奪します。
1色を選び、その色の牛すべてを強奪して手元に置きます。
そして、今強奪した牛の数だけ、トークンを移動させます。
牛を強奪した後、今いる場所に牛が1頭もいなくなってしまったら、置かれているアクショントークンの効果を発動。
このトークン、良いことばかりでなく、悪いことも起こります。
これを繰り返し、どちらかが同色9頭の牛を集めるか、保安官に捕まるか、移動できる先に牛が1頭もいないのどれかの条件が満たされるとゲーム終了。
同色9頭を集めていたら、その人の勝利。
保安官に捕まってしまったら、その人の敗北。
移動先に牛がいなくて終了した場合は、強奪した牛と金塊を得点として計算し、より高いほうが勝利。
各場所のアクショントークンを確認したら、早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・バトルシープ
 Voll Schaf(Huch!:2013)


バトルシープ

自分のヒツジコマを出来るだけ牧場に並べていくゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

スタート時は、自分が担当する色のヒツジコマを山にして置きます。
手番がきたら、山になっているヒツジコマから好きな枚数を移動させます。
ただし、今いた場所に最低1枚は残るようにしておきます。
コマは一直線にしか進めず、ボードの端もしくは誰かのコマにぶつかったところで止まります。
これをどんどん繰り返していくと、どんどん置ける場所がなくなり、コマを動かせなくなった人から脱落。
最終的に、自分のヒツジコマがつながって置かれているエリアの広さで勝敗が決まるので、いかに集団でヒツジを置けるかが重要。
とてもシンプルなルールなので、2回遊びました。

続きを読む

3

・ナダ!
 NADA!(Blue Orange:2013)


ナダ

2色のダイスから同じ絵柄のセットを見つけ、誰よりも早く宣言していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

基本ルールはいたって簡単。
12個のダイスを振ります。
出ているダイス目の中から、オレンジと白の両方に同じ絵柄があるものを宣言。
一番早く宣言できれば、そのダイスがもらえます。
もしセットがなかったら「ナダ!」と宣言。
残りのダイスすべてを入手できるのです。
3ラウンド終了時、一番多くダイスを持っている人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ