ふうかのボードゲーム日記

タグ:BlueOrange

3

・ファンタスティックパーク
 Fantastic Park(Blue Orange:2017)


ファンタスティックパーク

動物園のガイドとなり、お客さんが見たいと思っている動物を出来るだけ見えるように配置して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、プレイ人数に応じた枚数のタイルを受け取り手札にします。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順に、手札から1枚選んで場に配置していきます。
配置のルールは、すでに配置されているタイルに辺が隣接する、もしくは2つのタイルの上に重ねます。
これを全員の手札が1枚になるまで続けます。
最後の手札1枚を公開し、得点を計算します。
手札の残した動物の一番大きい集団を見つけ、その動物が1匹1点になります。
スタートプレイヤーを左隣りに回し、新しい手札を配って次のラウンドを始めます。
これを繰り返し、次ラウンドのためのタイルが足りない場合、ゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・プールパーティ
 Pool Party(Blue Orange:2018)


プールパーティ

自分のチームメンバーを出来るだけプールに飛び込ませるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、組み立てた不安定なプール。
各プレイヤーは自分の色を決め、チームメンバーを受け取ります。
ゲームはラウンド制。
スタートと同時に、全員が一斉にチームメンバーをプールに入るよう飛ばします。
誰かが自分のチームメンバー3個をプールに入れたら、その人の勝利でラウンド終了。
すべてのチームメンバーを回収し、次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが3ラウンド制したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ミスター ウルフ
 Mr.Wolf(Blue Orange:2018)


ミスター ウルフ

オオカミがくる前に、動物たちをそれぞれの小屋へ帰すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

農場には、裏側に花が描かれているチップ。
表側にはさまざまな動物たちが描かれています。
オオカミは通り道に置き、小屋を4つ並べます。
小屋の屋根にタイルを置くことで、その小屋に入れる動物が指定されます。
手番がきたら、チップを1枚選んで表にします。
めくったチップが、小屋に描かれたいずれかの動物と一致していたら、その小屋に入れることが出来ます。
オオカミが出たら、オオカミを農場に向かって1歩前進させ、チップを裏向きに戻します。
いずれの小屋とも一致しない、または小屋に入れなかったチップは、表向きのまま置きます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、すべての小屋が動物で満たされたと思ったら、すべて公開して確認します。
合っていれば全員がゲームに勝利し、間違っていたり足りなかった場合はオオカミの勝利。
オオカミが農場に到着したら、オオカミの勝利です。

続きを読む

3

・光合成
 Photosynthesis(Blue Orange:2017)


光合成

森で木を育て、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは森で、外周は太陽が移動していきます。
ボードには、木を育てるスペースが描かれています。
森の深部へ行くにつれ、色が濃くなっていて、それぞれ伐採した時に獲得出来るトークンが違います。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドには光合成フェイズとライフサイクルフェイズがあります。
光合成フェイズでは、太陽を動かしてライトポイント(LP)を獲得します。
ライフサイクルフェイズでは、各プレイヤーが手番を1回行います。
手番で出来るアクションは、購入・種まき・生長・伐採の4種類で、LPを消費して実行します。
全員が手番を終えたらラウンド終了で、スタートプレイヤートークンを次の人に渡して次ラウンドへ。
これを繰り返し、太陽がボードを3周したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・パニックマンション
 Panic Mansion(Blue Orange:2017)


パニックマンション

屋敷から脱出するため、チャレンジを達成するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボックスと各種物体を受け取ります。
カードをよく混ぜ、物体が描かれているほうを上にして山にします。
このゲームにはルールが2つあります。
ゲーム1では、プレイヤーは右隣りのプレイヤーにボックス内にある物体を混ぜてもらいます。
カード山の一番上をめくり、指定の部屋に冒険者と宝箱のみを一番最初に移動させる競争をします。
ゲーム2では、部屋が描かれているほうを上にしてカードをよく混ぜ、山にします。
カード山の一番上をめくり、カード山の隣りに置きます。
指定の部屋に指定の物体だけを最初に移動させる競争をします。
いずれのルールも最初に5点取った人が勝者になります。

続きを読む

3

・クイーンドミノ
 Queen Domino(Blue Orange:2017)


クイーンドミノ

タイルを配置して、より得点の高い自分の王国をつくりあげるゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

基本的なルールは『キングドミノ』と同じなので、加わった要素だけ簡単に説明。
騎士コマを持つことで、手番のアクションで徴税が選べるようになりました。
建設士ボードには建物タイルが並び、両端には女王コマとドラゴンコマを置きます。
建物タイルは、自国の町(赤)が空いていれば、コストを支払って購入出来ます。
塔を配置して、自分が最多だった場合、女王コマを受け取ります。
コストを支払って、建設士ボードに並ぶ建物から任意のタイルを焼き払うことが出来ます。
ただし、ドラゴンを使うことが出来るのはラウンドに1回のみで、女王コマを持っていないプレイヤーです。
ゲーム終了時の得点計算に、コインと特殊領地が加わります。

続きを読む

3

・キングドミノ
 Kingdomino(Blue Orange:2016)


キングドミノ

タイルを並べて、より名声点の高い自分の王国をつくるゲームです。
4人でプレイ。

各プレイヤーはスタートタイルと自分の城、国王コマを受け取ります。
ゲーム開始時に、使われている国王コマ数と同じ枚数のタイルを、数字が小さい順に並べて表向きにします。
プレイ順を決め、順に任意のタイルに自分の国王コマを置きます。
その後、再びタイルを並べてセットすることで、場には2列のタイル列が並ぶことに。
準備が出来たら、一番上のタイルに国王コマをのせている人から、順に手番を実行していきます。
ゲームの目的は、タイルを5×5の大きさに並べて、自分の王国をつくって名声点を獲得すること。
名声点は地所ごとに計算して合計しますが、王冠の数とつながっている同じ種類のマス数を乗算するので、王冠がない土地は名声点がもらえません。
手番では、自分の国王コマがのっているタイルを取り、自分の領地に追加します。
次に、新しい列にあるタイルを選んで、自分の国王コマを置きます。
全員の手番が終わったら新しいタイル列をつくり、新たなターンをはじめます。
これを繰り返し、最後のタイル列を順に取って配置したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも名声点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ