ふうかのボードゲーム日記

タグ:BlueOrange

3

・キングドミノ
 Kingdomino(Blue Orange:2016)


キングドミノ

タイルを並べて、より名声点の高い自分の王国をつくるゲームです。
4人でプレイ。

各プレイヤーはスタートタイルと自分の城、国王コマを受け取ります。
ゲーム開始時に、使われている国王コマ数と同じ枚数のタイルを、数字が小さい順に並べて表向きにします。
プレイ順を決め、順に任意のタイルに自分の国王コマを置きます。
その後、再びタイルを並べてセットすることで、場には2列のタイル列が並ぶことに。
準備が出来たら、一番上のタイルに国王コマをのせている人から、順に手番を実行していきます。
ゲームの目的は、タイルを5×5の大きさに並べて、自分の王国をつくって名声点を獲得すること。
名声点は地所ごとに計算して合計しますが、王冠の数とつながっている同じ種類のマス数を乗算するので、王冠がない土地は名声点がもらえません。
手番では、自分の国王コマがのっているタイルを取り、自分の領地に追加します。
次に、新しい列にあるタイルを選んで、自分の国王コマを置きます。
全員の手番が終わったら新しいタイル列をつくり、新たなターンをはじめます。
これを繰り返し、最後のタイル列を順に取って配置したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも名声点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・王の金貨
 King's Gold(Blue Orange:2014)


image1591

ダイスの出目をうまく使って、金貨を集めるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、金貨のはいった箱を置きます。
手番がきたら、5つのダイスを振り、出た目を処理します。
出目の組み合わせ方によって、箱の中や他のプレイヤーから金貨を入手することが出来ます。
振りなおしは2回までで、×の骨は振りなおすことは出来ません。
ダイスの処理が終わったら次の人の手番に。
これを繰り返し、箱の中の金貨がなくなったらゲーム終了。
もっとも金貨を多く持っていた人が、勝者になります。

続きを読む

2

・クラブズ
 Crabz(Blue Orange:2015)


クラブズ

自分のカニを最後まで動かし続けることを目指すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーが使う色をそれぞれ選んだら、ランダムでボード上に配置します。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、自分の色のカニを隣接に1マス動かすだけ。
ただしカニの移動にはルールがあって、大きいカニは1歩、中くらいのカニは2歩、小さいカニは3歩、必ず移動させなければいけません。
カニはカニコマの上でしか移動を終えなければならず、さらに、動かすコマと同じかより小さいカニの上でしか移動を終えられません。
いくつか重なった場合、移動出来るのは一番上のコマだけです。
手番開始時にいたマスには戻れず、足場のないスペースは通過すら出来ません。
カニは他のカニとつながっていなければならず、2つ以上のグループに分かれてしまうと、小さいグループは波にさらわれ、ゲームから除外されます。
これを繰り返していき、自分のカニを動かせなくなったら脱落。
最後まで残った1人が勝者になります。

続きを読む

3

・ブースト!
 Boost!(Ferti:2015)


ブースト

同じカテゴリに属するカードを素早く指さしするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

丸い缶入りのこのゲーム、カードももちろん丸いです。
カードには1つだけ「何か」が描かれています。
プレイヤー全員が同じ枚数になるようにカードを配りきり、余ったら除外。
カードを裏向きの山にして、自分の前に置きます。
ゲームは全員同時に、カード山の一番上をめくって場に置きます。
めくられたカードの中で、同じカテゴリのものを探して指をさし、該当するカテゴリを宣言します。
合っていればそのカードを得点として獲得し、間違えたらこのラウンドはお休み。
同じカテゴリのものがなければ次ラウンドへ。
再びカード山の一番上をめくって場に出すところから始めます。
これを繰り返し、山札が尽きたらゲーム終了で、最も多くカードを獲得した人が勝者となります。

続きを読む

3

・Guess What!(Blue Orange:2015)

Guess What?

イメージした言葉に合う絵を選んで、得点を獲得していくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

(エッセンで遊んだゲームなので、ルールが違っているかもしれません)
場にはABCの各列に3つずつ、合計9枚のイラストタイルが置けるボード。
各プレイヤーは、ABCの各列にダイヤルで数字が表示される個人ボードを持っています。
親は並んだタイルを見てイメージする言葉を宣言し、さらにイメージの元になったタイルが何番なのか、秘密裏にダイヤルを回して数字を表示させておきます。
他のプレイヤーは、親がどのイラストでイメージしたのか当てます。
当たれば得点が入ります。
得点もダイヤル式で、最大が12だったので12点獲得した人が勝利(だったのかも知れません)。

続きを読む

3

・ドクターエウレカ
 Dr. Eureka(Blue Orange:2014)


Dr. Eureka

カードの指定通りに、3本の試験管の中身を揃えるゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

各自3本の試験管を持っていて、中には3色の球が入っています。
カード山の一番上をめくり、その指示通りに試験管の中身を入れ替えます。
ただし、直接手で球に触れるではなく、試験管同士を上手くくっつけて移動させていきます。
一番早くお題通りにつくれた人が勝者になるようなゲームだったかと。
エッセンで遊んできたゲームなので、細かいルールがちょっと怪しいです。
何枚獲得するかとか、そういった細かいルールを覚えていません。

続きを読む

3

・ロングホーン
 Longhorn(Blue Orange:2013)


ロングホーン

2人で牛泥棒勝負をするゲームです。
トド吉とプレイ。

プレイヤー2人は牛泥棒。
並んだ9枚の場所タイルには、4色の牛たちが置かれています。
この牛を集めるのが目的。
手番になったら、まず今いる場所から牛を強奪します。
1色を選び、その色の牛すべてを強奪して手元に置きます。
そして、今強奪した牛の数だけ、トークンを移動させます。
牛を強奪した後、今いる場所に牛が1頭もいなくなってしまったら、置かれているアクショントークンの効果を発動。
このトークン、良いことばかりでなく、悪いことも起こります。
これを繰り返し、どちらかが同色9頭の牛を集めるか、保安官に捕まるか、移動できる先に牛が1頭もいないのどれかの条件が満たされるとゲーム終了。
同色9頭を集めていたら、その人の勝利。
保安官に捕まってしまったら、その人の敗北。
移動先に牛がいなくて終了した場合は、強奪した牛と金塊を得点として計算し、より高いほうが勝利。
各場所のアクショントークンを確認したら、早速ゲームスタート。

続きを読む

このページのトップヘ