ふうかのボードゲーム日記

タグ:BlueOrange

3

・光合成
 Photosynthesis(Blue Orange:2017)


光合成

森で木を育て、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは森で、外周は太陽が移動していきます。
ボードには、木を育てるスペースが描かれています。
森の深部へ行くにつれ、色が濃くなっていて、それぞれ伐採した時に獲得出来るトークンが違います。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドには光合成フェイズとライフサイクルフェイズがあります。
光合成フェイズでは、太陽を動かしてライトポイント(LP)を獲得します。
ライフサイクルフェイズでは、各プレイヤーが手番を1回行います。
手番で出来るアクションは、購入・種まき・生長・伐採の4種類で、LPを消費して実行します。
全員が手番を終えたらラウンド終了で、スタートプレイヤートークンを次の人に渡して次ラウンドへ。
これを繰り返し、太陽がボードを3周したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・パニックマンション
 Panic Mansion(Blue Orange:2017)


パニックマンション

屋敷から脱出するため、チャレンジを達成するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボックスと各種物体を受け取ります。
カードをよく混ぜ、物体が描かれているほうを上にして山にします。
このゲームにはルールが2つあります。
ゲーム1では、プレイヤーは右隣りのプレイヤーにボックス内にある物体を混ぜてもらいます。
カード山の一番上をめくり、指定の部屋に冒険者と宝箱のみを一番最初に移動させる競争をします。
ゲーム2では、部屋が描かれているほうを上にしてカードをよく混ぜ、山にします。
カード山の一番上をめくり、カード山の隣りに置きます。
指定の部屋に指定の物体だけを最初に移動させる競争をします。
いずれのルールも最初に5点取った人が勝者になります。

続きを読む

3

・クイーンドミノ
 Queen Domino(Blue Orange:2017)


クイーンドミノ

タイルを配置して、より得点の高い自分の王国をつくりあげるゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

基本的なルールは『キングドミノ』と同じなので、加わった要素だけ簡単に説明。
騎士コマを持つことで、手番のアクションで徴税が選べるようになりました。
建設士ボードには建物タイルが並び、両端には女王コマとドラゴンコマを置きます。
建物タイルは、自国の町(赤)が空いていれば、コストを支払って購入出来ます。
塔を配置して、自分が最多だった場合、女王コマを受け取ります。
コストを支払って、建設士ボードに並ぶ建物から任意のタイルを焼き払うことが出来ます。
ただし、ドラゴンを使うことが出来るのはラウンドに1回のみで、女王コマを持っていないプレイヤーです。
ゲーム終了時の得点計算に、コインと特殊領地が加わります。

続きを読む

3

・キングドミノ
 Kingdomino(Blue Orange:2016)


キングドミノ

タイルを並べて、より名声点の高い自分の王国をつくるゲームです。
4人でプレイ。

各プレイヤーはスタートタイルと自分の城、国王コマを受け取ります。
ゲーム開始時に、使われている国王コマ数と同じ枚数のタイルを、数字が小さい順に並べて表向きにします。
プレイ順を決め、順に任意のタイルに自分の国王コマを置きます。
その後、再びタイルを並べてセットすることで、場には2列のタイル列が並ぶことに。
準備が出来たら、一番上のタイルに国王コマをのせている人から、順に手番を実行していきます。
ゲームの目的は、タイルを5×5の大きさに並べて、自分の王国をつくって名声点を獲得すること。
名声点は地所ごとに計算して合計しますが、王冠の数とつながっている同じ種類のマス数を乗算するので、王冠がない土地は名声点がもらえません。
手番では、自分の国王コマがのっているタイルを取り、自分の領地に追加します。
次に、新しい列にあるタイルを選んで、自分の国王コマを置きます。
全員の手番が終わったら新しいタイル列をつくり、新たなターンをはじめます。
これを繰り返し、最後のタイル列を順に取って配置したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも名声点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・王の金貨
 King's Gold(Blue Orange:2014)


image1591

ダイスの出目をうまく使って、金貨を集めるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、金貨のはいった箱を置きます。
手番がきたら、5つのダイスを振り、出た目を処理します。
出目の組み合わせ方によって、箱の中や他のプレイヤーから金貨を入手することが出来ます。
振りなおしは2回までで、×の骨は振りなおすことは出来ません。
ダイスの処理が終わったら次の人の手番に。
これを繰り返し、箱の中の金貨がなくなったらゲーム終了。
もっとも金貨を多く持っていた人が、勝者になります。

続きを読む

2

・クラブズ
 Crabz(Blue Orange:2015)


クラブズ

自分のカニを最後まで動かし続けることを目指すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーが使う色をそれぞれ選んだら、ランダムでボード上に配置します。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、自分の色のカニを隣接に1マス動かすだけ。
ただしカニの移動にはルールがあって、大きいカニは1歩、中くらいのカニは2歩、小さいカニは3歩、必ず移動させなければいけません。
カニはカニコマの上でしか移動を終えなければならず、さらに、動かすコマと同じかより小さいカニの上でしか移動を終えられません。
いくつか重なった場合、移動出来るのは一番上のコマだけです。
手番開始時にいたマスには戻れず、足場のないスペースは通過すら出来ません。
カニは他のカニとつながっていなければならず、2つ以上のグループに分かれてしまうと、小さいグループは波にさらわれ、ゲームから除外されます。
これを繰り返していき、自分のカニを動かせなくなったら脱落。
最後まで残った1人が勝者になります。

続きを読む

3

・ブースト!
 Boost!(Ferti:2015)


ブースト

同じカテゴリに属するカードを素早く指さしするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

丸い缶入りのこのゲーム、カードももちろん丸いです。
カードには1つだけ「何か」が描かれています。
プレイヤー全員が同じ枚数になるようにカードを配りきり、余ったら除外。
カードを裏向きの山にして、自分の前に置きます。
ゲームは全員同時に、カード山の一番上をめくって場に置きます。
めくられたカードの中で、同じカテゴリのものを探して指をさし、該当するカテゴリを宣言します。
合っていればそのカードを得点として獲得し、間違えたらこのラウンドはお休み。
同じカテゴリのものがなければ次ラウンドへ。
再びカード山の一番上をめくって場に出すところから始めます。
これを繰り返し、山札が尽きたらゲーム終了で、最も多くカードを獲得した人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ