ふうかのボードゲーム日記

タグ:Amigo

3

・ライフスタイル
 Lifestyle(Amigo:2018)


ライフスタイル

ダイスを振って指定の目を出して成功させ、カードを集めていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には9枚のカードと裏向きのカード山。
各プレイヤーの前には、ダイスゾーンと得点ゾーンの2つに分けるようにカード置き場をつくります。
手番がきたら、カードを取るかダイスを振るのどちらかを必ず実行します。
カードを取る場合、場に並ぶカードの中から、任意の1枚もしくは1列を選んでを取ります。
取ったカードは、自分のダイスゾーンに表向きで並べます。
場のカードが0枚になっていたら、すぐに山札から9枚を新しく並べます。
ダイスを振る場合、ダイスゾーンに置いたカードすべての条件を満たさなければなりません。
1枚を指定してダイスを振り、成功すれば次のカードへ進み、失敗すると手番終了です。
条件を達成出来たら、カードを得点ゾーンに並べます。
これを繰り返し、場と手番プレイヤーのダイスゾーンにカードがなければゲーム終了。
得点ゾーンのカード得点を合計し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・灯台の明かり
 Lighthouse Run(Amigo:2018)


灯台の明かり

灯台の明かりを目印に、出来るだけ自分の船を港に近付けて得点を獲得するボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

細長いボードの中央には川が描かれていて、周りには6つの灯台を置きます。
各プレイヤーは自分のカードセットを持ち、自分の船をすべてスタートマスに置きます。
ゲームは12ラウンド。
スタートプレイヤーから順に手番を行います。
手番ではカードを1枚プレイし、カードに従い明かりパーツを配置して、船を移動させます。
全員が手番を行ったらラウンド終了で、雲を進めてスタートプレイヤーマーカーの嵐カードを次の人に渡します。
7ラウンド終了時に嵐が発生し、スピードを上げて川を進んできますが、途中で巻き込まれた船はゲームから脱落します。
12ラウンド終了後、自分の船が到達した得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・支離滅裂
 Krass Kariert(Amigo:2018)


支離滅裂

配られたカードの順番を変えず、組み合わせて出していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーにチップ3枚とカード10枚を配り、配られたカードは、そのまま扇状に持ちます。
重要なルールとして、ゲームが終わるまでカードの順番を変えてはいけません。
全員が手札を持ったら、リザーブカードとして2枚配り、表向きにして自分の前に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドはいくつかのターンからなります。
自分のターンになったら、直前にプレイされた組み合わせよりも強い組み合わせのカードを手札から出します。
出せない・出したくない場合は、自分のリザーブから1枚取って手札に加えます。
これを繰り返し、全員が1組出すかリザーブカードを取ったら、最も強い組み合わせを出した人がそのターンの勝者で次のスタートプレイヤーになり、次のターンを始めます。
これを繰り返し、手札がなくなった人から抜けていき、手札が残っている人が1人もしくはリザーブカードが引けなくなったらラウンド終了。
最後まで残っていた人、リザーブカードを補充出来なかった人がチップを支払います。
再びカードを配るところからゲームを続け、すべてのチップを支払ってしまった人が敗者となり、ゲームも終了します。

続きを読む

4

・たべちゃうぞ
 All You Can Eat(Amigo:2017)


たべちゃうぞ

全員同時に動物カードをプレイし、食物連鎖を利用して得点を獲得していくカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは1色を選び、9枚のカードを手札として持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは9ターンからなります。
各ターンは3つのステップに分かれていて、まず手札から1枚選んで自分の前に伏せて出します。
全員が出したら、一斉に公開。
次に出されたカードで動物の捕獲を行います。
最後に出した動物で得点を獲得してターン終了。
これを9ターン繰り返すと手札がなくなりなり、ラウンド終了。
得点を記録し、自分のカードをすべて回収して次のラウンドを始めます。
プレイ人数分のラウンドをやり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・テキサスショーダウン
 Texas Showdown(Amigo:2015)


テキサスショーダウン

数字構成が違うカードを使い、出来るだけカードを引きとらないようにするゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各カードには、その色が何枚あるのか書かれています。
数字が大きくなるほど、枚数が少ない仕組み。
カードをよく混ぜて、各プレイヤーに同じ枚数ずつ手札として配ります。
手番では、手札から1枚出すだけ。
0を持っている人は、常に最初に出します。
最初に出されたカードと同じ色を出していく、所謂マストフォロー。
持っていなければ、違う色を出すことが出来ます。
全員が出したら、一番多く出された色を判定し、その中でも一番大きい数字を出した人がトリックを取ります。
取った人が次のトリックの最初のカードを出し、ゲームを続けます。
全員が手札全てをプレイしたらラウンド終了。
ポイントを記録し、誰かが規定のポイントに到達するまで続け、もっともポイントの低い人が勝者になってゲームが終了します。

続きを読む

3

・ウインクねこ
 The Cat(Amigo:2018)


ウインクねこ

自分のそれぞれのカード山が、すべて同じ表情のネコにしていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私でプレイ。

カードには13種類のネコが描かれています。
カードをよく混ぜ、裏向きの4枚の山をつくり、各プレイヤーにカード山を4つずつ渡します。
残った4枚のカードは、テーブル中央に表向きで置きます。
ゲームは全員同時。
スタートと同時に、自分のカード山1つを選び、テーブル中央のカードと入れ替えていきます。
入れ替えの際は1枚ずつ。
もうないと思ったら、裏向きのカード山にして、自分の前に戻します。
次のカード山を取り、同じことを続けます。
自分のすべてのカード山が、同じネコ4枚で揃ったと思ったら「ストップ」と宣言し、ラウンド終了。
全員が自分のカード山を公開し、得点計算をします。
これを繰り返し、誰かが20ポイントに達したらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・呪われたクリーチャー
 Verflucht!(Amigo:2018)


呪われたクリーチャー

全員で協力し、クリーチャーを倒すカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに裏向きで置かれているのは、アイテムとクリーチャー。
紋章カードは、1列に並べておきます。
手番がきたら、テーブルからカードを1枚取り、自分だけ確認します。
クリーチャーだったら、紋章の横に並べ、アイテムだったら手札に加えます。
アイテムでクリーチャーを攻撃することも可能。
場にクリーチャーが6枚並ぶ、もしくはグループになると攻撃してきます。
その際、アイテムを使ってクリーチャーを撃退。
紋章を使うことでもクリーチャーを撃退できます。
クリーチャーが攻撃してきて、紋章もなく誰も倒すことが出来ない場合、プレイヤー側の敗北でゲーム終了。
山札が尽き、攻撃をすべて解決出来たらプレイヤー側の勝利になり、場に残るクリーチャーが得点になります。

続きを読む

このページのトップヘ