ふうかのボードゲーム日記

タグ:Amigo

3

・スピード掛け算
 Hochspannung(Amigo:2019)


スピード掛け算

全員同時に持っているカードを出していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

全員に裏向きでカードを均等割し、受け取ったカードは裏向きのまま山にして手元に置きます。
そこから4枚引いて最初の手札に。
スタートの合図と共に、一斉にカードを出していきます。
カード中央には掛け算、隅に2つの数字が書かれていて、テーブル中央に出ているカードの掛け算の答えを手札から出します。
答えが2桁の場合は、どちらかの数字を出します。
手札はいつでも1枚ずつ山札から引くことが出来て、手札上限はなし。
誰か1人の山札がなくなり、手札が1枚だけになった終了の合図。
最後の1枚は掛け算関係なく出すことが出来て、その人の勝利でゲーム終了。

続きを読む

3

・魔女となかまたち
 Hexe, Tier … wer fehlt denn hier?(Amigo:2019)


魔女となかまたち

自分が持っているカードを出来るだけ早く、裏向きにしていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

全員が同じ枚数になるようにカードを配り、それぞれ自分の前に表向きで並べます。
ゲームは3ラウンド。
手番ではダイス2個を振ります。
全員が、両方の出目と同じ動物が描かれているカードを裏向きにします。
ダイスを次のプレイヤーに渡し、そのプレイヤーがダイスを振ります。
これを繰り返していき、最初に自分のすべてのカードを裏向きにした人が、他のプレイヤーがまだ裏返していないカードを獲得してラウンド終了。
裏返したカードをすべて表向きに戻したら、次のラウンド開始。
3ラウンド終了後、ゲーム終了。
もっとも多くのカードを持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・ラマ
 L.A.M.A.(Amigo:2019)


ラマ

マイナスポイントを受け取らないようにカードをプレイしていく、クニツィア博士作のカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

使うカードには1から6、そしてラマのイラストが描かれています。
すべてのカードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに6枚ずつ配って残りは山にしておきます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは手番がきたらカードを1枚プレイする・山札からカードを1枚引く・おりるのいずれかを実行します。
カードはすでに出されているカードと同じ数字、もしくは1つ上の数字のみ出せます。
出せるカードがない場合、山札からカードを1枚引きます。
出せない・出したくない場合、手札を裏向きで手元に置いておりることが出来ます。
これを繰り返し、誰かが手札すべてを出し切るか、全員がおりたらラウンド終了。
手札に残ったカードからマイナスポイントを計算してチップを受け取ります。
出し切った人は、チップを1枚返却することが出来ます。
再びカードを配って次ラウンドをはじめ、誰かのマイナスポイントが40点以上になったらゲーム終了。
もっともマイナスポイントの少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・ビーバークラン
 BiberClan(Amigo:2018)


ビーバークラン

自分のビーバーの家にカードを集めて、高得点の家を完成させるカードゲーム『ビーバークラン』です。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーはビーバーの家を1枚ずつ持ち、カードを裏向きでよく混ぜ、テーブル中央に置きます。
ビーバーの家には、下段3枚・上段2枚で最大5枚のカードが置けるようになっています。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していきます。
手番がきたら、山札からカードを引いて自分だけが確認します。
数字カードの場合、自分の家か他人の家に置きます。
その時、空いている場所に置くか、すでに置いてあるカードと交換することが出来ます。
また、表向き・裏向きを選ぶことが出来ます。
アクションカードの場合、すぐに対応するアクションを実行し、再び山札から1枚引きます。
これを繰り返し、誰かの家にカードが5枚置かれたら、残りの人が1手番ずつやってラウンド終了。
得点計算をし、次のラウンドへ。
5ラウンドプレイしたらゲーム終了。
得点を合計し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ストーリーズ
 Storiez(Amigo:2018)


ストーリーズ

全員で物語をつくりつつ、使われたモノを覚えて正確に答えるのを目指すカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーマカードとモノカードをそれぞれ裏向きでよく混ぜ、山にしておきます。
その隣りに砂時計を置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは全員で物語をつくっていきます。
テーマカードを1枚めくり、今回のテーマを発表します。
手番がきたら、物語を続けるか終わらせるか選びます。
続ける場合はモノカードを1枚めくって重ね、テーマに合った物語を続けます。
終わらせる場合は、それまでにめくられたモノカードをそのまま裏返し、他のプレイヤーにチャレンジさせるチャレンジャーになります。
チャレンジャーは砂時計をひっくり返し、すべての砂が落ちきる前に、他全員のプレイヤーは1枚ずつ順番に使われたモノを答えていきます。
砂時計が落ちきる前に、すべてのモノを正しい順番で言えたら、チャレンジャー以外が使ったモノカードを1枚ずつ受け取ります。
間違えたり時間切れになった場合、チャレンジャーがモノカードを2枚獲得します。
そして次のラウンドへ。
誰かが最初にモノカードを5枚獲得した人が勝者になりゲーム終了です。

続きを読む

3

・空手トマト
 Karate Tomate(Amigo:2018)


空手トマト

数字カードを出して勝負に勝ち、トロフィーを手に入れていくカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーはトマトカード1枚と数字カード5枚を最初の手札とします。
勝利カードをよく混ぜて、裏向きの山にしてテーブル中央に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは準備・試合・勝利を行います。
準備では、そのラウンドで取り合う勝利カードを公開。
試合はプレイヤーが手札からカードを出していき、トマトカードを出した人はカードを補充して脱落。
最後の勝利では、脱落しなかった人が勝利カードを獲得していきます。
誰かがゲーム終了の宣言をするか、ラウンド開始時にめくる勝利カードが足りなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっともトロフィーを多く獲得した人が勝者になります。

続きを読む

4

・3×8(スリーバイエイト)
 3 x 8(Amigo:2018)


スリーバイトエイト

誰よりも早く自分の前にカード列をつくっていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームの目的は、自分の前に昇順でカードを出して列をつくっていき、1列8枚の列を3列つくりあげることです。
数字カードを裏向きでよく混ぜて山にし、各プレイヤーは4枚ずつ引いて最初の手札にします。
場には3枚のカードを公開します。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を行っていきます。
手番で出来るアクションは、3つの中から1つ。
カードをプレイは、数字カードを自分の前に出し、最後に手札を補充します。
手札を増やすは、公開されている3枚を捨て札にし、新たに3枚公開してから1枚選んで手札に加えます。
ブロッカーカードをプレイするは、任意のプレイヤーの列にブロックカードを1枚置き、カードを出しにくくし、最後に手札を2枚補充します。
プレイヤーの前には4列までつくることができ、誰かが3列完成させたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

このページのトップヘ