ふうかのボードゲーム日記

タグ:Amigo

3

・クワイトビル
 Quietville(Kanga Games:2016)


クワイトビル

怪獣や災害に壊されないようにしつつ、都市を繁栄させて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には災害カードと建物カードが、それぞれ5枚ずつ並んでいます。
各プレイヤーは、お金カード1枚と平穏な日々カード1枚を持ちます。
手番がきたら、都市カード購入するか、もしくは災害カードから1枚を選んで取ります。
購入した建物は、自分の前に表向きで置きます。
災害カードを取った場合、指示に従って災害を適用しますが、お金カードを1枚もらえます。
お金カードは2枚までしか持てません。
誰かの手番終了時に、列のカードがなくなっていたら、対応するカード山から5枚めくって並べます。
もし、カード山の一番上に投票カードがあったら得点計算発生。
4つの得点方法のうち1つを選んで得点を計算し、シートに記入します。
4回目の投票終了後、ゲーム終了。
得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ギーア
 Gier(Amigo:2017)


ギーア

同じ数字のカードを6枚集めるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

1から7までのカードが7色あります。
ゲームの目的は、同じ数字のカードを6枚集めることです。
数字カードをよく混ぜ、プレイ順で違う枚数のカードと泥棒カードを1枚ずつ配ります。
手番がきたら、手札から1枚だけ出し、自分の収集物に加えます。
次に他プレイヤー1人を選んでカードを盗みます。
さらにカードを盗むことも可能で、自発的にやめて自分の収集物に加えるか、すでに盗んだカードと同じものを取ってしまったら失敗でカードを持ち主の手札に戻します。
最後に手札の補充で、手札が1枚だけになっていたら、山札から7枚加えます。
カードを盗まれて1枚だけになっていた場合も補充します。
または、自分の収集物から1種類すべてを捨てることで、手札が8枚になるまで補充出来ます。
これを繰り返し、手番終了時に同じ数字のカードを6枚収集していれば、その人の勝利でゲームも終了します。

続きを読む

3

・ドルイド
 Druids(Amigo:2017)


ドルイド

出来るだけ高い数字のカードを得点化しつつ、脱落しないようにするカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

カードには5つの分野が色分けされています。
裏向きでよく混ぜて2つの山をつくり、ガイアのカードを混ぜた山をもう1つの山の上に置きます。
各プレイヤーに、プレイ人数別のカードを配ったら、ゲーム開始。
ガイアのカードを持っている人が最初のプレイヤーになり、手札からカードを1枚出します。
次の人は同じ分野のカードを出しますが、ない場合に限り、任意のカードを出すことが出来ます。
全員が1枚ずつ出したら、もっとも大きい数字を出した人が出されたカードすべてを獲得。
所謂マストフォローのトリックテイク。
カードを獲得した人は、その中で分野別に一番小さい数字のカードを一番上にしてカードを重ね、自分の前に置きます。
カードを獲得した人が最初のプレイヤーになり、手札から1枚出して続けます。
全員の手札がなくなったら、ラウンド終了で得点計算。
各分野別に分けて自分の前に並べ、一番上のカードの数字がそのまま得点になります。
もし、5分野すべてを集めてしまった人がいたら、その人の脱落で直ちにラウンドが終了します。
得点シートに記入したら、再びカード山をつくるところから始めます。
5ラウンド終了後、ゲームも終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・メモダイス
 Memo Dice(Amigo:2017)


メモダイス

カップの中にあるダイスの目を当てていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カップは3色が3個ずつに金色(というか黄色)が1個。
9個のダイスには、それぞれの面にマークが描かれています。
手番がきたらダイスを1個振り、出た目を全員で覚えて、マークの色と同じカップをかぶせます。
そして次の人の手番へ。
もうカップが残っていない色の目が出るか、最後のダイスを振った時は、金のカップをかぶせます。
金のカップを使った人から、隠されているダイス目を出来るだけ多く、順番に回答していきます。
正しければカップを獲得し、間違えたら次のプレイヤーがカップを獲得します。
そして、次の人が回答していきます。
すべてのダイスが公開されたら、カップの得点の分、ボードのコマを進め、次のラウンドへ。
誰かが20ポイントに到達したら、その人の勝利でゲーム終了となります。

続きを読む

3

・大漁だ
 Schollen Rollen(Amigo:2017)


大漁だ

ダイスを振って、出来るだけ多くの魚を確保していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

人数に応じた、赤のシタビラメを準備し、黄色のシタビラメと一緒にテーブル中央に置きます。
手番になったら、まずダイス4個を振ります。
振ったダイスに1つもシタビラメがなければ、即手番終了。
少なくとも1つシタビラメが出ていれば成功。
漁獲分を確保して手番を終えるか、再度ダイスを振って漁獲量を増やすかを選びます。
振り直す場合は、青の出目は避け、残りを振り直します。
少なくとも1つシタビラメが出ていれば成功なので、再び続けるか終わりにするかを選びます。
漁獲分を確保するか、失敗したら次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが最後のシタビラメをテーブル中央から取ったらゲーム終了。
シタビラメのポイントを計算し、もっとも高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・アルティメットカウントゲーム
 Unter Spannung(Amigo:2009)


アルティメットカウントゲーム

全員同時にカードを出していき、自分のカードをなくすカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カードをすべてよく混ぜて、裏向きでプレイヤーに等分します。
受け取ったカードは山にして自分の前に置き、自分の山札とします。
残った1枚は場に置いて、最初の場札にします。
自分のカード山から4枚を手札として取ったら、ゲーム開始。
ゲームは全員一斉にプレイします。
場札が示すカードが手札にあったら、素早く場札の上にカードを出して数字を宣言します。
出せるカードは1枚だけで、出したら自分の山札からカードを1枚取り、手札を補充します。
これを繰り返していくだけ。
自分の手札が最後の1枚になったら、数字に関係なく、そのカードを場札の上に裏向きで出したら勝利です。

続きを読む

3

・アミーゴバンデット
 Koboldbande(Amigo:2014)


アミーゴバンデット

宝箱を開けるための鍵を手に入れ、ドラゴンより先に財宝へたどりつく協力ゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

横長のボードには、プレイヤーたちのスタート地点の森と反対側にはドラゴン。
宝箱まで道をつくり、ドラゴンより先に宝箱に到着するのを目指します。
プレイヤーたちは道中、宝箱の鍵を3つ集めなければなりません。
カラーダイスを振り、出目の場所におやつと鍵を配置します。
ボードの外側には、タイルを裏返しシャッフルして置きます。
手番がきたら、タイル1枚を選んでめくります。
タイルには道が描かれており、道は常につながっていて、すでに置かれたタイルに隣接する場所にしか置けません。
二手に分かれている道は、どちらへつなぐかプレイヤー同士で相談します。
タイルをめくってドラゴンが出た場合、ドラゴンのところにタイルを置きます。
これを繰り返し、鍵を3つ持って宝箱へ到着出来ればプレイヤーの勝利。
ドラゴンが先に宝箱へ到着したら、プレイヤーの敗北です。

続きを読む

このページのトップヘ