ふうかのボードゲーム日記

タグ:Amigo

3

・ふくろキャッチ
 Schnapp den Sack(Amigo:2016)


ふくろキャッチ

めくられたカードに描かれている数を判断し、素早くふくろを取るゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場の中央には「ふくろ」と目標タイル、その周りには4種類のカードが並びます。
各プレイヤーは、それぞれ同じ枚数のカードを受け取って、自分の前に裏向きの山をつくって置きます。
基本ゲームでは目標タイルの数字は6です。
手番がきたら、自分の山札の一番上のカードをめくって表向きにし、その後、一斉に目標タイルの数字と一致する列がつくれるのか判断し、つくれるなら素早くふくろを掴みます。
1つの列には同じ種類のカードしか置けません。
ふくろを掴んだプレイヤーは、どのように6をつくるのか示し、合っていたらその列のカードを得点として受け取ります。
つくれない場合は、カードをめくったプレイヤーが列に置きますが、すでに6つを越えるふくろがある場合は、もっともふくろの数が多いカードを上書きします。
間違ってふくろを掴んでしまった場合は、すでに獲得した得点から1枚取り、自分の山札の下に入れます。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーの山札がなくなったらゲーム終了。
得点として獲得したカード枚数が、もっとも多い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ミノとタウリ
 Mino & Tauri(Amigo:2016)


ミノとタウリ

両面が違う迷路になっているボードを挟み、協力して目的を達成していくゲームです。
トド吉とプレイ。

このゲームには、協力ゲームと競争ゲームがあります。
今回は協力ゲームで。
お互いに向かい合って座り、間に箱を利用したボードを立て、ミノとタウリのコマを磁石の力で配置します。
両方の面で12の目標物を探してコマを運びます。
迷路はトウモロコシの茎が壁となり障害物になっているので、自分では飛び越えての移動は出来ません。
相手側の移動で壁を越えて移動することはあります。
ゲームは3ラウンド。
砂時計をひっくり返したらゲームスタート。
カードをめくり、目標物カードに描かれている人が手番になります。
手番プレイヤー同士が相談し、ミノとタウリを移動させ、目標物に到達したら、再びカードをめくって次の目標物へ向かいます。
これを繰り返し、砂時計が落ちきるか、12個達成するか、ミノもしくはタウリを4回落としたらラウンド終了。
得点を計算したら、再びカードをシャッフルして次のラウンドへ。
3ラウンド終了時に得点を合計し、自分たちの結果を確認したらゲーム終了です。

続きを読む

3

・Xニムト
 X nimmt !(Amigo:2016)


Xニムト

カードを引き取らないように、カードを列に出していくゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には3・4・5の列カードが並び、右隣りに数字カードを1枚ずつ並べます。
これがスタートカード。
ゲームは、プレイヤー全員が手札からカードを1枚選んで裏向きで出し、一斉にオープン。
数字の小さい順に、各列に並べていきます。
列に置けるのは、その列最後尾のカードと次列先頭の間の数字です。
この時、どの列にも置けないカードを出した人は、任意の列に置かれているカードを受け取り、自分が出したカードを新たなスタートカードとして、列の先頭に置きます。
各列は列カードによって、置ける枚数の上限が決められています。
3なら3枚目が置かれたらいっぱいになり、いっぱいになるカードをプレイした人は、その列に置かれているカードを受け取り、自分が出したカードを列の先頭に置きます。
受け取ったカードは、1枚だけ自分の前に置いてあるXカードの右隣りに並べ、残りは手札に入れます。
ただし、X列も昇順になるように並べなくてはいけないのです。
昇順にならない場合、すでに置かれているカードを失点として裏向きの山にして、Xカードの左隣りに置きます。
これを繰り返し、誰かの手札がなくなったらラウンド終了で得点計算。
2ラウンド目が終了したらゲームも終了で、獲得した得点がもっとも少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・シュワップス
 Schwupps(Amigo:2016)


シュワップス

条件に合うよう、カードを出していくゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーに規定の枚数カードが配られます。
4人プレイなら15枚。
これを中身を見ずに自分の山札として手元に置きます。
そして、そこから4枚引いて手札にしたらゲームスタート。
場にはカードを出せる場所が4ヶ所あり、それぞれ条件が決められています。
手番がきたら、カードをプレイする・カードを使って横滑りさせる・カードを使わず横滑りさせるのうち1つを必ず実行します。
横滑りは、2列のうち1列の条件カードを1場所分ずらすこと。
カードをプレイするのと、カードを使って横滑りさせるのは、望むなら何回でも出来ます。
手番の最後に、手札が4枚になるように自分の山札からカードを補充します。
これを繰り返し、誰かが自分のカード山すべてと手札すべてを使い切ったらゲーム終了。
そのプレイヤーの勝利になります。

続きを読む

3

・フリキー
 Freaky(Amigo:2016)


フリキー

同じ条件のカードが揃うようにカードを出していくゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

最初に配られる手札は3枚、場にも3枚のカードがスタートとして並びます。
これを元に、同じ条件を4枚揃えてカードを獲得していきます。
カードにはそれぞれ3つの要素があり、どれか1つが同じなら出すことが出来ます。
手番がきたら、まず1〜3枚のカードを1枚ずつプレイします。
すでにある列に加える場合、最後に出されているカードと少なくとも1つ要素が一致していなければなりません。
どの列も要素が一致しない場合は、新しい列をはじめます。
次に、各列のカードを見て、同じ列に同じ要素のものが4枚あれば、その列をすべて取って自分の前に裏向きの山にして置きます。
最後に手札が3枚になるようにカードを補充したら、次の人へ手番が移ります。
これを繰り返し、カード補充で3枚補充出来なかったらゲーム終了。
獲得したカード枚数を比べ、もっとも多い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ブレインストーム
 Brain Storm(Amigo:2016)


ブレインストーム

2枚のカードで言葉を考えるゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には9枚のカード。
この中の2枚を使って単語を考えます。
思いついたら言葉を叫び、使う2枚のカードを指さします。
他のプレイヤーが同意したら、その2枚のカードを獲得します。
場のカードが9枚になるように補充したら、ゲームを続けます。
他のプレイヤーが同意しなかったら、他の言葉が見つかるまで続けます。
これを繰り返し、山札と場のカードすべてを使用したらゲーム終了。
もっとも多くカードを獲得した人が勝者となります。

続きを読む

3

・ダオ
 DAO(Amigo:2016)


ダオ

カードを集めて得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には裏向きのカード山と場札として3枚のカードを表向きに並べます。
カードには5つの要素のどれかと数字が書かれています。
手番がきたら、場札から最初のカードを取って裏向きで自分の前に置くか、山札からめくって場札に加えるかを選びます。
めくった場合、一番新しいところに並べます。
そして、場札の合計数字が12以下なら何も起こらず手番終了。
12をこえてしまったら場札すべてを引き取り、自分の前に裏向きで置きます。
これを繰り返し、山札がすべてめくられたらゲーム終了。
得点は各プレイヤーが選んだ1色の数字の合計。
残りは1枚−1点で、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ