ふうかのボードゲーム日記

タグ:Adlung

3

・ニミット
 Nimmit(Adlung:2015)


ニミット

めくられていくカードの中から、組になるように取っていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーの1人がカードめくり係になり、裏向きでシャッフルしたカードを持ちます。
カードにはウシもしくはヒツジが、頭・胴体・しっぽに分かれて描かれています。
スタートの合図と共に、表にして場にばらまいていくので、その他プレイヤーは1枚ずつ拾っていきます。
カードを取る時は決まりがあり、必ず片手で拾ってもう片手に持ち、3枚毎に動物が完成する順番で。
頭・胴体・しっぽの順番は問いません。
カードがすべて場に出たら得点計算。
取ったカードをそのまま裏返し、3枚ずつ表にしていきます。
ウシもしくはヒツジが完成していれば1点、1頭だけいる黒いヒツジは3点です。
ただし、揃わず失敗した場合はマイナス点です。
全員が1回ずつスタートプレイヤーをやったらゲーム終了。
それまでの得点を合計し、最も得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

2

・クイリー
 Quirrly(Adlung:2010)


クィリー

カード山の中から、自分に必要なカードを見つけて集めていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはいたって簡単。
全員一斉にカード山の1つに手を伸ばし、上からカードをめくって確認して、裏向きで横に置いていきます。
集めるのはマークか色で、どちらにするかはプレイ開始前に決めておきます。
1から13まで集めますが、必ず1から集めなければいけません。
自分に必要なカードを見つけたら、自分の前に裏向きで重ねていきます。
13枚すべて集めたら「ストップ!」と言い、正解発表。
正しく集めていたらその人の勝利で、間違っていたら、その時点で一番多くのカードを集めた人が勝者となります。

続きを読む

3

・ライトライン
 Light Line(Adlung:2013)


ライトライン

ラインをつなげて得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

手番がきたら手持ちのカードを1枚場に配置し、すでに置かれているラインのうち1本を延ばします。
この時、辺が接するように置き、つながった色のライン数が得点になります。
最後に、好きな山からカードを1枚引いたら手番終了。
カードの裏面には2から5の数字が書かれていて、得点と兼用になっています。
得点としてもらう時は2枚まで分割可能で、たとえば6点だったら4と2もしくは3と3という取り方が出来ます。
これを繰り返していき、獲得した点数分のカードがなく取れなかったら、そのラウンドを最後までやりゲーム終了です。
最も得点の高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・かわいい王様とおともだち
 Der Kleine Konig(Adlung:2013)


かわいい王様とおともだち

王様とおともだちに使われている色を集めるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には2つの山になった絵の具カードと王様カード。
手番になったら、2つの山どちらかもしくは、捨て札になっているカードから欲しい色のカードを1枚取ります。
2つの山のどちらにも欲しい色がなかったら、1枚めくって捨て札として山の周りに置きます。
王様カードに使われている色すべてを集めることが出来たら完成。
絵の具カードが得点になります。
基本ルールは3才以上になっているので、一番難易度の高い7才以上の「おおきなおうさま」ルールで。
絵の具と王様どちらのカードも裏返して置くので、記憶の要素が入ります。
子ども向けだし簡単だろうと、早速スタート。

続きを読む

3

・われらが王のために
 Im Auftrag des Konigs(Adlung:2004)


われらが王のために

アーサー王のために城や各地を移動し、クエストを達成したりしつつ得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ラウンドの始まりは行動カードの選択から。
やりたい行動カードを1枚ずつ順に取っていきます。
行動は城でしか出来ないもの、各土地でしか出来ないものがあるので要注意。
そして4枚取ったところで、次の実行へうつります。
といっても、スタートプレイヤーから順に、自分が取った行動カードの行動を実行していくだけ。
そして次ラウンドの準備をしてラウンド終了。
これを繰りかえしていき、誰かが25点取ったらゲーム終了で、一番得点の高い人が勝者です。
カードを並べるのである程度場所が必要ですが、ルール自体はシンプルなので、早速スタート。

続きを読む

2

・ジャングル
 Dschungel(Adlung:1999)


ジャングル

ジャングルの中を探検しチェックポイントを2ヶ所通って、無事自分のキャンプに戻ってくるカードゲームです。
おのさん・ツカモトさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場にはカードで出来たジャングル。
交互に道が見えているところと裏向きになっているところが。
自分のキャンプから反対側にあたる2ヶ所をチェックポイントとして、そこまで道をつなぎ、最終的に自分のキャンプまで戻ってきます。
一番早く戻れた人が勝つレースっぽいゲーム。


続きを読む

4

・フェレータ
 Verrater(Adlung:1998)


フェレータ

アドルングの中でも人気が高いカードゲーム。
争い合う薔薇の家と鷹の家のどちらかについて闘い、勝利点を獲得していくゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

場に丸く並ぶのは戦地というか戦場。
カードには数字と表裏で薔薇か鷹になっています。
スタートプレイヤーは必ず鷹。
その他のプレイヤーは好きに選べるので、とりあえず見た目で薔薇を選んでみるw
まず戦略家が戦場を決めます。
並んでいるカードの間を取るわけですが、私は薔薇なので薔薇が有利な場所を選ぶわけで。
それに対して、お互いの家が数字比べをしていくのです。

そして、行動選択。
というのも、外交官だったり裏切り者だったり色々な役割があります。
その中から1枚選び、残りは次のプレイヤーにまわして全員1枚ずつ持つんですが、そもそも最初にランダムで抜いてるので、後手番だと何があったのかすらわからないw
そしてカードをオープンにしたら、裏切り者を選んだ人がいるかキョロキョロ。
どちらの家につくか決まったところで、戦場解決。
元々カードに数字が書かれているので、負けたくないと思えば手札から補充。
といっても、トド吉も薔薇なので2対1は分が悪く、あっけなく薔薇勝利。
2人で仲良く勝利点を分け合って獲得。
そう・・・1人で勝ったら総取りなのです。
行動カードで3だったり5だったりと数字が足せるんですが、序盤はそこまで考えていないというか。
分け合った点数だし。
勝者の薔薇チームは、勝利点をもらいながら商館や民家を建設して差し込んだり。
裏切り者もいないので、薔薇2鷹1のままで次ラウンドへ。

といっても、そのままスムーズに事が運んでもトド吉と同点のまま。
どこかで出し抜かないと・・・でも戦略家で戦地を選ぶのを手放したくないなぁと考えながら。
誰も選ばなければ私がいつまでも戦略家です。
カードは自分が1枚取ってから渡すので、誰が何を取ったかはある程度絞れます。
そして、いつ使おうか迷って出番がない最強の8がキラキラと輝く。
トド吉や侍は、3とか2とか出していて、そんな中私は1人余裕の表情。

そして、そろそろ鷹を応援しようかなーと思っていたら、トド吉が鷹派にw
むぅ・・・じゃ薔薇でいいや。
ということで、禁断の8と外交官でがんばる前向き姿勢。
むしろ、侍が薔薇にこないかなーと思っていたけれど、そんなことはなく。

トド吉があっという間にカードを場にセット完了して、得点獲得準備完了。
これはいい加減どうにかしないと離されるばかり。
そして、トド吉と同じ家にはなりたくないし、トド吉も何となくそれを察知し戦う心構えが見え隠れ。
侍は絶対薔薇にくるというか、くるべき時がきたはず。
でも侍は・・・まったく違うカードを選んでいたのでしたw

「ちょ!なんで薔薇にしないのよ!」
「っっっあぁぁぁぁ!」
「ばかじゃないのー!」
「うわー!」
「ばっかだなー」

侍に非難集中w
トド吉の勢いを止める唯一のチャンスがなくなり、そのままゲーム終了へ。
終わってみれば1点差でトド吉の勝利。
くやしいなぁw

これは遊べば遊ぶほど面白くなってくるというか、ある程度思惑が行き交う展開になるのが一番面白いんじゃないかと。
どこで裏切るかがとても重要で、とても小箱のカードゲームとは思えないプレイ感。
他の人が残念な選択をするのもゲームの一部として面白いし(笑)。
同じような感じで、同じくアドルングの「モイタラ(ミューテラー)」があるんですが、そちらも遊んでみたいところ。

このページのトップヘ