ふうかのボードゲーム日記

タグ:Abacus

3

・ジョリーとロジャー
 Jolly & Roger(Abacus:2016)


ジョリーとロジャー

分配したカードを船に配置したり、宝箱の底に入れたりして得点を獲得していく2人用ゲームです。
トド吉とプレイ。

場に並ぶ4隻の船には、ゲーム終了時に得られる得点が描かれています。
カードはよくシャッフルし、中身を見ずに3枚をゲームから除外します。
手番がきたら、山札から5枚のカードを引き、2組に分けて相手に提示します。
相手は選んだカード組を自分の前に置きます。
次に、選んだ側からカードを任意の順番でプレイします。
船員の強化は、対応する色の船の列にカードを置き、都度どちらの船員が強いか比べて、より強いほうが自分のコマを船に置きます。
船に乗り込むのは、船に自分のコマが置かれている場合にのみ、自分の宝箱の下へ置くことが出来ます。
次に手番プレイヤーがカード配置をしたら、手番を交替します。
これを繰り返し、山札が尽きた8手番目終了後にゲーム終了。
得点計算をし、得点の高いほうが勝者となります。

続きを読む

3

・レオ 床屋に行く
 Leo muss zum Friseur(Abacus:2016)


レオ 床屋へ行く

たてがみが伸びきったライオンのレオを協力して床屋へ行かせるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

スタートにはレオのベッド、ゴールには床屋のタイルを置き、裏面にジャングルが描かれているタイルを並べて、床屋までの道のりをつくります。
手番がきたら手持ちの移動カードを1枚出し、書かいてある数字の分だけレオを進めます。
進んだ先の道タイルを表にし、出したタイルと同色なら何も起こらず。
道タイルに0が書かれていた場合も何もなし。
違っていたら道タイルに書かれた数字の分、時計の針が進みます。
これを繰り返し、時計の針が1周して夜の8時なると床屋は閉店。
レオをスタートに戻し、めくられた道タイルをすべて裏向きに戻して、移動カードをすべてリシャッフルして配ります。
そして、レオの顔にあごひげをくっつけます。
これを繰り返し、再び8時になる前に床屋へ着けばプレイヤーたちの勝利。
5日が過ぎても床屋へ着けなかったら、プレイヤーたちの敗北です。

続きを読む

3

・マイクロロボット
 Micro Robots(Abacus:2016)


マイクロロボット

出発点から目標マスまで、ロボットが何手で移動出来るのか当てて、チップを5枚獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

4枚のゲームボードをつなげて盤面をつくります。
スタートプレイヤーはダイスを色と数字の2個振って、出発点を決めて大きなチップを置きます。
同じ方法で目標マスを決めて、小さいほうのチップを置きます。
ロボットの移動には2つのルールが適用されます。
1つ目は縦か横にしか動かせない、2つ目は色か数字が同じマスにしか移動出来ない。
ゲームは全員同時で、何手必要かわかったら宣言し、本当にその数で移動出来るのかロボットを動かします。
見事正解なら、目標マスに置いてあるチップを獲得。
宣言した数で移動出来なかった場合、持っているチップ1枚を最も獲得チップ枚数が少ないプレイヤーに1枚渡します。
ロボットが置いてあるマスを次の出発点として、ダイスを2個振り新しい目標マスを決めます。
これを繰り返し、誰かがチップを5枚獲得したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・カカオ
 Cacao(Abacus:2015)


カカオ

タイルを配置してカカオを入手したり、売却したりお金を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーは各自、自分色の労働者タイルとボードを持ちます。
労働者タイルは裏向きでシャッフルし、常に持つのは3枚。
ボードには収穫したカカオ置き場と太陽石置き場、水路が描かれています。
手番がきたら、自分のタイルをジャングルタイルに隣接するように配置するだけ。
タイルには、カカオが採れるプランテーション、カカオを売却する市場、お金がもらえる金鉱、水が手に入る泉、太陽石がもらえる礼拝所、神殿があります。
労働者タイルを配置した時、プレイヤーのタイル間に空きが出来ると、すぐにジャングルタイルを配置して効果を適用。
神殿だけは、隣接している労働者の数を競うので、ゲーム終了時に1位に6点、2位に3点が入ります。
場は常に、プレイヤーのタイルとジャングルタイルが市松模様になります。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーが労働者タイルを置ききったらゲーム終了。
神殿を計算し、一番得点の高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・エアライン・ヨーロッパ
 Airlines Europe(Abacus:2011)


エアラインズ・ヨーロッパ

航空会社の株を購入し、航路を延ばして株価を上げて利益を手に入れるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードはヨーロッパ地図。
外周は各社の株価が表示出来るようになっていて、株価によってプレイヤーがもらえる得点も書かれています。
ボードの外には、株カードを並べ、誰かが取得するたびにすぐ補充されます。
各都市を航空路の線が結んでいて、必要な金額が書かれています。
手番がきたら、4つのアクションから1つを実行。
飛行機コマを置くことで、そのルートライセンスを購入し株カードをもらう、株カードを自分の前に出して配当をもらう、持っている株カードをエア・アバクス社の株カードと交換する、8金もらうのどれか。
株カードの山には決算カードが混ざっているので、出てきたら決算が発生します。
決算は、まず場に並んでいる株カードを1枚選んで手札に加え、残った株カードは捨てて、新しい株カードを並べます。
次に自分の前に出している株カードを元に、各社の決算をして配当を得ます。
3回目の決算が終わったらゲーム終了。
勝利点の一番高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・エアラインズ
 Airlines(Abacus:1990)


エアラインズ

航空会社の株を手に入れ、路線を拡張して株価を上げ、配当を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

舞台となるのは北アメリカ。
都市が点在し、各都市間を航空路が結んでいます。
航空路には5種類あり、違う種類の線で描かれています。
航空会社は9つ。
使うカードは2種類で、株券とフライトカード。
株券となるカードには、会社の略名と数字が書かれていて、数字はその会社の株券が何枚あるか。
フライトカードは線の種類と数字が書かれています。
手番になったら、3つのうち1つを実行します。
会社の設立、路線の拡張、株券の公開です。
まだボード上に設立していない会社があるなら、株券とフライトカードで設立することが可能です。
路線の拡張は、すでに敷かれている航空路を延ばす形で拡張します。
手札にすでに設立済の会社の株券があるなら、自分の前に出すことが出来ます。
さらにストライキを起こすことも可能です。
ゲーム中、発生する決算は3回で、筆頭株主と第2株主に配当が入ります。
補充用の株券がなくなったらゲーム終了。
最終決算をして、一番配当をもらったプレイヤーが勝者となります。

続きを読む

4

・マンモス
 MammuZ(Abacus:2015)


マンモス

ブラフを交えて、自分が持っているカードを早くなくすカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には、このゲームで使われる動物のチャートが並びます。
動物にはそれぞれ数字が書かれていて、数字はその動物の枚数を示しています。
プレイ人数によって、使う動物の種類が違いますが、6、7人ならすべて使います。
カードは配りきりで、今回は3人プレイなので1人10枚。
ルールはいたって簡単。
手番がきたら、手札から1〜4枚のカードを裏向きで出し、動物の名前を宣言します。
次の人は、同じ宣言をしながらカードをプレイするか、ブラフ宣言することが出来ます。
ブラフ宣言した場合、裏向きで出されているカードのうち、1枚だけを確認します。
ブラフが成立すれば、このラウンドで出されたカードすべてを手番の前の人が引き取ります。
逆に、宣言した通りの動物だったら、自分が出されたカードをすべて引き取ります。
いずれにしても、引き取ったカードは手札に入るので、手札が増えます。
これを繰り返していき、誰かが手札をなくしたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

このページのトップヘ