ふうかのボードゲーム日記

タグ:メビウスゲームズ

5

・カルカソンヌJ
 Carcassonne J(メビウスゲームズ:2016)


カルカソンヌJ

2001年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、その後パッケージをかえ、今では世界選手権も開催されているカルカソンヌ。
今回発売された最新版は、なんと日本オリジナル。
2014年に発売された「カルカソンヌ14」をベースに、新たなオリジナルタイルが加わっての登場です。
修道院タイル6枚を抜いて、かわりに加えるのが日本の観光名所タイル6枚。
金閣寺・姫路城・雷門・鎌倉大仏・五稜郭・五重塔です。
この名所タイルは2種類の使い方が出来ます。
1つは通常の修道院と同じ扱いで、囲んで9点。
もう1つは、自分のミープルを観光客として置き、ゲーム終了時に名所タイルの十字方向の枚数が得点として入ってきます。
いずれの場合もミープルを配置する時に決めて、修道院ならそのまま立てて置き、観光客なら横に倒して置きます。
他に「川」と「修道院長」のルールもそのまま残っています。

続きを読む

4

・ウミガメの島
 Mahe(franjos:2014)


ウミガメの島

ウミガメが産卵する島で、出来るだけ多くの卵を入手するのが目的のダイスゲームです。
4人でプレイ。

「冷たい料理の熱い戦い」が再販。今度はウミガメの卵競争。
というか、ウミガメの産卵なのかな?
手番がきたら、まずダイスを1個振ります。
ここで自分のコマを動かすか、もう1個ダイスを振るか選択。
ダイスは3個まで振ることが出来て、ダイスの合計値が8以上ならバーストでイカダの上へ送られます。
島を1周することが出来れば卵を獲得。
この卵の数を競います。

続きを読む

このページのトップヘ