ふうかのボードゲーム日記

タグ:ハナヤマ

3

・名探偵ゲーム(ハナヤマ:2019)

名探偵ゲーム

容疑者24人の中から、犯人を見つけ出す推理ゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームでは1人が犯人になり、残りのプレイヤーが探偵になって協力して犯人を絞り込みます。
テーブル中央にボードを広げ、犯人役は犯人カードから1枚選び、裏向きで持ちます。
証言カードを裏向きでよく混ぜて場に3枚公開し、探偵には5枚ずつ配ります。
探偵は受け取ったカードを自分の前に表向きで置き、自分の色を選んで虫眼鏡を持ちます。
このゲームでは、犯人が勝つか探偵が勝つかのどちらかです。
探偵役の一番手から、自分の証言カードの中から1枚だけ交換することが出来ます。
そして、持っている証言カードを犯人役に提示します。
犯人役は、提示された証言カードの中に特徴が一致するものがあれば、一致する数だけヒントチップを渡します。
その後、探偵は犯人を指名する権利があり、当たっていれば探偵側の勝利。
はずれていたら、次の手番が休みになり推理出来ません。
そして、次の人の手番へ。
探偵側が全員1手番ずつやったらターン終了。
3ターンの間に犯人を当てられなかったら、探偵側の敗北です。

続きを読む

3

・ミステリーゲーム(ハナヤマ:2019)

ミステリーゲーム

ある洋館で発生した殺人事件で推理し、事件の真相を暴くボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のキャラクターを選びます。
ボードを広げ、5個の凶器を好きな部屋へ置きます。
カードを種類別に裏向きでよく混ぜ、それぞれ1枚ずつ引き、犯人プレートに裏向きのまま置きます。
残ったカードは全部まとめてよく混ぜ、全員に同じ枚数を配り、残ったカードはボード中央に裏向きで置きます。
スタートプレイヤーから順にゲームを進めます。
まずダイスを振り、犯行現場を推理してチップを進めていきます。
目指す部屋に到着したら、推理した犯人と凶器のチップを同じ部屋に移動させ、宣言をします。
宣言をした人の左隣りから順に手持ちカードのチェックをし、誰かが持っていたら推理失敗で手番終了。
もし誰もカードを持っていなかったら、告発して犯人プレートのカードを自分だけ確認します。
はずれていたら、そのまま裏向きでカードを戻して脱落し、以後チェックだけになります。
当たっていたらその人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・フラワーズ
 Flowers(ハナヤマ:2019)


フラワーズ

種を蒔いて育て、相手より先に自分の花を3つ並べるゲームです。
トド吉とプレイ。

カードを種類別に分けて、重ねて山にしておきます。
ゲーム開始時、土の面を向けたカードを2枚置き、自分の花の色を決めます。
先攻と後攻を決め、交互に手番をおこなっていきます。
手番では、カードを1枚置くか、すでに置かれているカードを2枚めくるかのどちらかを実行します。
これを繰り返し、どちらかが自分の花3つを縦横斜めのいずれかで並べたほうが勝利します。

続きを読む

3

・アウトブレイク
 Outbreak(ハナヤマ:2019)


アウトブレイク

ドクターとウイルスに分かれ、タイルを配置して勝利条件を目指すボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ゲームの始めに、ドクターとウイルスの役割を決めます。
テーブル中央にスタートタイルを置き、ドクターにはドクターの、ウイルスにはウイルスのカードを配ります。
受け取ったカードは裏向きでよく混ぜて山札にし、3枚引いて最初の手札にします。
ゲームはドクターから始め、交互に手番を行っていきます。
手番では、自分の山札からカードを1枚引き、手札からカードを1枚出すだけ。
すでに配置されているカードに対し、辺で隣接・マークが1箇所つながるように出していきます。
これを繰り返し、ウイルスカードを繋げる場所がなくなればドクター勝利。
ウイルスを一筆書きで7つ連結させる、もしくはカードを出し切っても勝敗が決さなかった場合はウイルスの勝利です。

続きを読む

このページのトップヘ