ふうかのボードゲーム日記

タグ:アークライト

4

・クトゥルフ・レルムズ
 Cthulhu Realms(Tasty Minstrel Games:2015)


クトゥルフ・レルムズ

探索者となり、正気度を保ち続けるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

クトゥルフがテーマのデッキ構築型ゲームです。
各プレイヤーは、初期カードセットを受け取り、裏向きでシャッフルして自分の山札をつくります。
プレイヤーシートを受け取って自分の前に置き、自分の正気度を表示します。
場には5枚の共通カードが並び、自分の手番中にコストを払うことで獲得することが出来ます。
手番がきたら、手札を望むだけプレイし、ただちに能力を発動して効果を適用します。
使ったカード及び手札に残ったカードは、すべて自分の捨て札として重ねておきます。
プレイした場所カードは、そのまま自分の前に残します。
最後に自分の山札から5枚引いたら、次の人の手番に。
カードを引く必要があるのに山札が枯渇した場合は、自分の捨て札をシャッフルして山札をつくります。
これを繰り返し、正気度が0になったら脱落。
脱落せずに残っているプレイヤーが1人になったら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・フッチカート
 Futschikato(2F:2016)


フッチカート

自分のカードを誰よりも先になくすのを目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーは6枚ずつカードを持ちます。
手番がきたら、まず自分の前に置かれているカードを捨てます。
その後、手札から1枚選んでカードを出します。
この時、出したカードより低い数字を自分の前に置いていたプレイヤーは全員負けになり、置いていたカードを捨てて、山札から1枚手札に加えます。
プレイしたカードが、他のプレイヤーが置いている数字と同じだった場合、ダブルで数字を倍と見なします。
3倍だったらトリプルに。
ただし、増えた数字と同じ数字のカードを出しても、数字は増えません。
手番開始時のカード捨てで、同じ数字を出しているプレイヤーのカードも捨てますが、この時は山札からカードを引きません。
これを繰り返し、誰かが手札0枚のまま自分の前にあるカードを捨て、その時山札からカードを引かなかったら、その人の勝利でゲームは終了します。

続きを読む

4

・電力会社カードゲーム
 Funkenschlag: Das Kartenspiel (2F:2016)


電力会社カードゲーム

発電所を入手して発電し、お金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場に並ぶのは、購入することが出来る発電所と発電するために必要な資源。
発電所は2列になっていて、購入出来るのは上段のみ。
資源は各列で価格が決まっています。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
まずは発電所をを入手するためのオークションフェイズ。
次に資源を購入するための資源購入フェイズ。
最後に、発電所を稼働させて収入を得るための管理フェイズ。
それぞれ収入を計算した後、次ラウンドのプレイ順が決まります。
市場に残った資源を、より安い列へ移動させ、発電所市場を更新したらラウンド終了。
これを繰り返し、発電所の山札から「あと1ラウンド」カードが引かれたら、最終ラウンド。
最終ラウンドでは、発電所のオークションと資源購入のみをやります。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・ウソツキシャーマン
 Waka Tanka(Sweet Games:2016)


ウソツキシャーマン

動物を召喚し、呪文を習得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場の中央には大きなトーテムポール、その周りには動物タイルを並びます。
動物カードをシャッフルし、配り切りで各プレイヤーにカードを配ります。
手番がきたら、3つのアクションから1つを実行します。
手札をプレイは、グレートシャーマンを動かした動物タイルに裏向きで1枚置き、タイルの動物と同じカードを置いたことを宣言します。
ウソツキ宣言は、直前のプレイヤーが手札をプレイしていたら、宣言することが出来ます。
その動物に置かれているカードをすべて公開して確認。
宣言が成功したらトークンを1個受け取り、直前のプレイヤーは公開されたカードすべてを手札に加えます。
宣言が失敗したら、公開したカードをすべて自分の手札に加えます。
呪文を唱えるは、動物を選んでカードをすべて公開し、2枚以上の一致するカードがあったら成功。
動物カードが1枚以下だったら失敗で、公開したカードをすべて手札に加えます。
これを繰り返し、誰かの手札がなくなって次のプレイヤーの手番が終わるか、誰かが4個目のトークンを獲得したらゲーム終了。
勝者は手札をなくした人、もしくはトークンを4個集めた人です。

続きを読む

3

・エレメンツ
 Elements(Pegasus Spiele:2016)


エレメンツ

手札の値をコントロールし、勝負することで勝利点を獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

使うカードは16枚で、1から6のカード。
シャッフルしてお互い6枚ずつ持ったら、残りは使いません。
手番では、5種類のうち1つを選んで実行していきます。
手札を場に出す、場に出ているカードを1枚取って自分の前に並べる、6を捨てる、勝負をかける、敗北宣言をするのどれか。
このゲームでは、自分の手札の合計値が相手より高く、それでいて場に公開されているカードの合計値より高くしてはいけません。
勝負をかけるを選んだら、まず自分の手札を公開し、上限枠以下か確認します。
次に相手も手札を公開し、上限枠をこえていたら手番の人に勝利点が入ります。
もしお互いに上限枠内だったら、合計値の高いほうに勝利点が入ります。
敗北宣言をすると、相手に勝利点が入ります。
再びカードをシャッフルするところから繰り返し、ラウンド終了時にどちらかが6点以上だったらゲーム終了です。

続きを読む

3

・盗賊市場
 Thief's Market(Tasty Minstrel Games:2016)


盗賊市場

ダイスの分配でカードを入手し、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

プレイヤーたちは盗賊。
盗賊の得点といえば、世に轟く悪名という設定。
ゲームの流れはとても簡単。
場にはカードが並びます。
まず、親がダイスすべてを振り、親マーカーを加えて「盗品」をつくります。
その後、親から順に手番を実行していくだけ。
手番では、場にあるダイスから望むだけ取るか、他プレイヤーが獲得したダイスをすべて奪うかのどちらかを実行するだけ。
ただし、他プレイヤーから奪った場合は1個を場に戻さなければなりません。
全員がダイスや親マーカーを取ったら購入フェイズへ。
親から順番に持っているダイスを使ってカードを1回だけ購入していきます。
最後に次ラウンドの準備をしたらラウンド終了。
親マーカーを持っている人が親となってゲームを続けます。
場に補充するカードが足りなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、最も得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

4

・ピット
 Pit(Winning Moves:1903)


ピット

プレイヤーたちは同時に取引をし、1種類の産物を集めて得点を獲得するカードゲームです。
8人でプレイ。

基本的なルールでは、プレイヤー人数分の種類の産物カードを使います。
カードを裏向きでシャッフルし、各プレイヤーに9枚ずつ配ります。
スタートの合図と共に、一斉にゲームスタート。
各プレイヤーは口々に交換したい枚数を宣言します。
同じ枚数交換したいプレイヤーが見つかったら、カードを裏向きのまま交換します。
これをひたすら続けていくだけ。
手札9枚がすべて同じ産物になったら、素早くベルを押して買い占めを宣言します。
宣言したプレイヤーは、集めた産物の得点が入り、次の親になって再びカードを配るところから始めます。
これを繰り返し、誰かが500点に到達したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

このページのトップヘ