ふうかのボードゲーム日記

タグ:アークライト

3

・ウーシュ!! ぼくら幻獣バスターズ
 Whoosh: Bounty Hunters(Artipia Games:2017)


ウーシュ

モンスターを捕獲するために必要な攻撃を見極めて、素早く手をのばしていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

モンスターカードと攻撃カードは、それぞれ裏向きでよく混ぜて山にします。
攻撃カードはプレイヤー間で均等に分けて各プレイヤーの前に山にして置きます。
モンスターカードは3つに分けて山をつくり、一番上のカードを公開して並べます。
ゲームはスタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、自分の前にある攻撃カード山の一番上をめくり、自分の前に表向きで並べます。
この時、場に公開されているモンスターに描かれているアイコンすべてが、全プレイヤーの攻撃カードで満たされていたら、素早くモンスターに手をのばします。
一番早く手をのばした人は、攻撃が揃っていればモンスターを獲得し、表向きで自分の前に置きます。
間違えてしまってもモンスターを獲得しますが、裏向きで失点として獲得します。
これを繰り返し、モンスターカードを補充できなくなったらゲーム終了。
獲得したモンスターの得点を計算し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ(アークライト:2018)

THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ

全員で協力してカードを出し切るカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

「ザ・ゲーム」に追加ルールがはいった日本語ローカライズ版です。
カードは2から99で、これをボード上4ヶ所のどこかにすべて出しきるのが目的。
手番がきたら、手札から2枚以上カードを出します。
カードを出せる場所は4つで、昇順2ヶ所と降順2ヶ所。
昇順で出すところには1のカード、降順で出すところには100のカードが描かれています。
出した枚数と同じ枚数のカードを山札から引いたら手番終了。
すでに出ている数字とちょうど10違いの場合は遡り可能。
さらに日本語版では、スキップやショットなど特殊効果のカードがあります。
プレイ中は軽い相談は可能で、直接的な数字の宣言などは禁止です。

続きを読む

3

・ゴミ箱パンダ
 Trash Pandas(Gamewright:2017)


ゴミ箱パンダ

ゴミ箱から拾ったエモノを住処に隠して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに初期手札を配ります。
マーカーとダイスをテーブル中央付近に並べます。
スタートプレイヤーから順に、手番を行っていきます。
手番がきたら、まずダイスを振ります。
出目と同じマーカーを場から受け取り、続けるかやめるか選びます。
やめる場合、マーカーを使用して次の人の手番へ。
すでに出た目と同じ目が出たらバーストで、ゴミ箱(山札)から1枚引いて手番終了。
これを繰り返し、ゴミ箱(山札)が空になったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・13ゴースト
 13 Ghosts(Artipia Games:2017)


13ゴースト

他の人が持っているカードの数字を当てるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

13枚のゴーストカードを裏向きでよく混ぜ、それぞれに2枚ずつ配ります。
配られた2枚のうち1枚を選んで自分の前に裏向きで置きます。
手番になったら、手札を表向きでプレイし、カードの指示内容を実行するか、手札を裏向きでプレイし、対戦相手の数字を宣言して攻撃をするのどちらかを実行します。
その後、山札から1枚引いて手札にしたら、次の人の手番。
誰かの数字を当てた人が勝者となり、カードを配り直して次のゲームへ。
これを繰り返して誰かが3勝したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・マイ・リトル・サイズ
 My Little Scythe(Stonemaier Games:2017)


マイ・リトル・サイズ

赤リンゴと宝石を集めて城へ送り、トロフィーを獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには城を中心に、六角形のマスが描かれています。
各プレイヤーは自分の種族を選び、勇者コマ・マット・マーカー等を受け取ります。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していきます。
手番では、移動・発見・製作の中から1つを実行するだけ。
実行する際、プレイヤーマットの該当する場所にアクションマーカーを置き、次の手番ではアクションマーカーが置かれたアクションは選べません。
ゲームが進み、8つの分野いずれかの条件を達成するとトロフィーを獲得。
誰かがトロフィーを4つ獲得したら、4つ獲得していないプレイヤーだけがもう1手番ずつ実行し、ゲーム終了。
4つのトロフィーを獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・ふたつの城の物語 ルートヴィヒの夢の彼方に
 Between Two Castles of Mad King Ludwig(Stonemaier Games:2018)


ふたつの城の物語:ルートヴィヒの夢の彼方に

タイルを並べて2つの城をつくり、得点の低いほうが自分の得点になるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

部屋タイルを裏向きでよく混ぜ、9枚ずつの山をつくります。
各プレイヤーは、ランダムで最初の玉座の間を受け取り、隣りのプレイヤーとの間に置きます。
ゲームは2ラウンドで、各ラウンドでは最初に9枚のタイル山を取ります。
タイル山から2枚選んで伏せて置き、残りを次のプレイヤーに渡し、その後両隣りのプレイヤーと相談しつつタイルを配置します。
配置したら、渡されたタイル山から2枚選ぶところから繰り返し、最後に1枚残ったタイルは使用しません。
これで1ラウンド終了。
再び9枚のタイル山を取り、次のラウンドをはじめます。
2ラウンド目はタイルを渡す方向が逆になり、終了後にゲーム終了。
2つの城は別々に得点計算をし、低いほうの得点が自分の得点になり、最終得点がもっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アーキテクチュラ
 Architectura(Hobby World:2018)


アーキテクチュラ

都市のストリートとブロックに建物を並べ、得点を獲得するカードゲーム『アーキテクチュラ』です。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、1から8までのブロックカードを並べます。
各プレイヤーは自分の色を決め、カードセットとプロテクトトークンを受け取ります。
カードは裏向きでよく混ぜ、山にして自分の手元に置き、上から3枚取って最初の手札にします。
ゲームはスタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番では、手札からカードを1枚プレイし、効果をすべて解決。
その後、自分のカード山から手札上限までカードを引きます。
カード山が尽きたらカードは補充出来ず、山と手札がなくなった場合は手番をスキップします。
誰もカードをプレイ出来なくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ