ふうかのボードゲーム日記

タグ:アークライト

3

・センチュリー:ニューワールド
 Century: A New World(Plan B Games:2019)


センチュリー:ニューワールド

センチュリーシリーズの3作目で最終作。
商人となって新しい土地に入植し、交易で資源をやりくりし、勝利点を獲得するボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードを並べて場をつくり、勝利点カードをまとめてよく混ぜ、ボード上部に4枚並べます。
各プレイヤーは、自分用のボードと入植者、最初の資源を受け取ります。
ゲームはラウンド制ですが、スタートプレイヤーから順に手番をやったら、そのまま次のラウンドへ移行します。
手番では、入植者をボードに配置して効果を適用するか、配置しているすべての労働者を回収するのかのどちらかを実行していくだけ。
すでに他の人がいる場所なら、1個多めに入植者を置き、元々いた入植者を所有者に戻します。
倉庫に置ける資源の上限は10個。
誰かが勝利点カードを8枚所有したら、そのラウンドを最後までやりゲーム終了。
得点計算をして、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・クトゥルフキッチン 〜冒涜的な宴〜
 Cthulhu Kitchen(アークライト:2019)


クトゥルフキッチン 〜冒涜的な宴〜

邪神を崇拝する料理人となり、クトゥルフ神話の生物を調理して、偉大なる邪神様に捧げるボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

邪神様に捧げる料理カードはコース料理なので、スープ・オードブル・メイン・デザートがあります。
料理のカードはそれぞれが山になり、一番上だけ見える形になっています。
ゲームの流れとしては、ダイスを振って料理を獲得していく仕込み。
料理は和食・中華・洋食の3種類あり、ダイスの色も対応しています。
ダイスを振って、カードに書かれている合計値が出れば、その料理を獲得。
仕込みを6ラウンドやったら、獲得した料理を自分のボードに並べて、隠し味やトッピングをします。
最後にコース料理を発表して、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・サンドキャッスル
 Fine Sand(2F:2018)


サンドキャッスル

砂の城をつくりながら、自分の持っているカードを減らしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームでプレイヤーは、自分のカードセットをデッキとして持ちます。
各プレイヤーは、プレイヤーボードとリング、ディスク、カードを受け取ります。
ボードを自分の前に広げ、上下左右それぞれにカードを配置するスペースを確保しておきます。
ゲームはターン制で、各ターンでは全員が同時に手番を行います。
合図と共にターンが始まります。
ディスクをテーブル中央に移動させ、ボードの左から順にステップを行っていきます。
最初のステップは緑で、山札からカードを引きます。
次は、赤のカードプレイもしくは青の追加でカードを引くのどちらかを行います。
ターン最後のステップは紫で、手札枚数を調整します。
その後、テーブル中央に置いたディスクを自分の山札の上に戻します。
黄はフリーアクションで、各ステップ中に実行することが出来ます。
これを繰り返し、誰かが山札及び捨て札すべてを引き切ったら、そのターン終了時にゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・サスピション 怪盗が多すぎる
 Suspicion(Wonder Forge:2016)


サスピション 怪盗が多すぎる

宝石を盗みながら、ライバルたちの正体を暴くボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にボードを広げ、ゲストコマを外周の部屋1つにつき1個ずつ配置します。
プレイ人数に合わせた宝石を準備し、裏向きでよく混ぜた招待状カードとアクションカード、推理用シートを各プレイヤーに配ります。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番では移動フェイズとアクションフェイズを順におこないます。
移動フェイズでは、ダイスを2個振り、対応するゲストコマを移動させなければいけません。
アクションフェイズでは、手札から1枚選んで出し、描かれている効果に従います。
最後にアクションカードの山から1枚引いて、手札にいれたら次の人の手番へ。
これを繰り返していき、ストックにある宝石のうち1種類が枯渇したらゲーム終了。
最後に他プレイヤーの正体を推理してシートに書き込みます。
全員が書き込んだら一斉に招待状カードを公開し、得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・おいてけオバケ
 Ghosts of the Moor(Tasty Minstrel Games:2018)


おいてけオバケ

ゴールを目指して進んでいき、途中でタイルを集めていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にボードを広げ、各マスに裏向きでよく混ぜたタイルを置いていきます。
各プレイヤーは架け橋タイル1枚と自分色のコマを受け取ります。
ゲームはスタートプレイヤーから順に手番を行っていき、全員のコマすべてがゴールするまで続きます。
手番がきたら、ダイスを1個振り、自分のコマのうち1つを出目と同じ数だけ移動させます。
この時、タイルがあって他のコマがないマスから移動を開始したら、移動を開始したマスに置かれているタイルを1枚受け取ります。
移動先が空きマスだった場合、手持ちの架け橋タイルを1枚配置することが出来ます。
空きマスから移動を開始した場合、そのマスと同じ絵柄のタイルを置かなければなりません。
持っていない場合、任意のタイルもしくはオバケタイルをもっともゴールに近い、何もないマスに置かなければなりません。
コマがゴールに到達し、タイルが残っていれば獲得します。
これを繰り返し、自分のコマすべてを全員がゴールさせたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・カバー・ミー
 Cover Me(Jumping Turtle Games:2017)


カバー・ミー

ファッション誌の編集長となり、トレンドに影響を与えて知名度を上げていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まずはランウェイの組み立てて、パターンと色のコマを横に置いておきます。
デスクボードをランウェイの隣に置きます。
各プレイヤーは、雑誌カードを選んで受け取ります。
モデルカードを指定の組み合わせに分け、それぞれ裏向きでよく混ぜて山にしておきます。
ゲームは1ラウンドを1年とし、各ラウンドは4つのシーズンで構成されています。
各シーズンでは、まずカバーガールの決定。
手札から1枚ずつ裏向きでカードを出し、一斉に公開して時流を動かすのを3回行います。
次に雑誌ごとにカバーガールを決定します。
そして、トレンド値が3点のモデルは雑誌カードの下に裏向きで入れ、手札を補充します。
最後に次のシーズンの準備をして、次のシーズンをはじめます。
シーズンは冬から始まるので、秋は次の年の準備になります。
これを3年やり、得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・新ベルサイユ宮殿 〜ルートヴィヒの新たな夢〜
 The Palace of Mad King Ludwig(Bezier Games:2017)


新ベルサイユ宮殿 〜ルートヴィヒの新たな夢〜

ルートヴィヒ2世の夢を叶えるための宮殿を造りながら、出来るだけ建築に貢献していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

庭園ボードを広げ、白鳥トークンや王の歓心等を準備します。
一般部屋タイルは裏向きでよく混ぜて、5つの山にして所定の位置に置きます。
各プレイヤーは自分の設計図ボードとトークン、王の歓心タイルを受け取ります。
ゲームは、スタートプレイヤーから手番をはじめ、ゲーム終了まで繰り返していきます。
手番では、アクションを1つ選んで実行します。
出来るアクションは、宮殿に一般部屋タイル・宮殿タイル・階段のいずれかを配置、自分の設計図ボードのタイルスロットルに部屋タイルもしくは王の歓心タイルを1枚配置の4種類です。
手番終了時、部屋の列に空きがあったら補充します。
部屋が完成した場合、タイル上にあるマーカーをひっくり返し、部屋に合わせて報酬を得ます。
また、お堀タイルを配置しなければならない場合、指定の枚数のお堀を配置します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、お堀の水流の両端が辺もしくは頂点で接する、お堀が枯渇する、部屋タイルが枯渇するのいずれかが満たされたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ