前回は航空券について説明しましたが、今回は宿泊施設について説明します。
せっかくドイツまで行ったのに、野宿になったのでは困ります。
むしろ、野宿をして安全なのは日本くらいです。
航空券と同じくらい重要で、手配では1、2位を争う大切な宿泊施設。
イメージ
宿泊施設としてはホテルを筆頭に、アパートメント、民泊とさまざまな宿泊手段があります。
今回の記事では、宿泊場所の確保について説明します。

SPONSORED LINK

ホテルの予約は急げ!

エッセンシュピール開催に伴って、年々予約の難易度が上がってきています。
それに伴って、お値段も右肩上がり。
私が最初に行った2009年と比べて、平均€200〜300程度値上がりしています(5泊6日の場合)。
航空券の手配と同じく、
  • 旅行代理店にお願いする
  • 自分で予約する
  • この2つに絞られるでしょう。

    旅行代理店にお願いする

    航空券に続いて、ホテルも旅行代理店で手配してもらえます。
    海外航空券+海外ホテルの組み合わせでも、それぞれ単品でもお願いすることができます。
    海外ホテルのご予約│JTB
    海外ホテルのご予約│JTB

    HIS
    海外格安ホテルのご予約はH.I.S.におまかせ!

    ※HISに関しては、事前決済のみ予約が可能です。

    続いてメリット・デメリットについて書いてみます。
    【メリット】
  • 旅行会社で最低限のチェックはしている
  • 航空券とセットで簡単に予約できる
  • 全国に支店があるので顔が見える
  • 【デメリット】
  • 手数料がはいるのでお高い

  • 自分で探していても見つからない場合など、旅行会社で枠を持っている場合があります。
    問い合わせてみるのも手です。
    また、航空会社でもホテルの予約が取れますので、一見の価値はあるかと。

    自分で予約する

    自分で手配する場合、値段や場所を比較しつつ手軽に探せるのはGoogle。
    Google
    Google でホテルを検索する

    ホテルの写真と値段が見渡せて便利なGoogleですが、実は落とし穴があります。
    いわゆる「現時点での最安値」を表示しているだけなので、宿泊予定日を指定してみると倍の値段が表示されることもしばしば。
    また宿泊予定を入力しても、実際に予約サイトへ行くと違った値段が表示されることも。

    booking.com
    国内・海外ホテルの予約はBooking.com(ブッキングドットコム)

    世界中のホテルが予約できるBooking.com。サポートは日本語対応あり。
    ホテルへ直接問い合わせが不安な場合、サポートを経由して安心な予約が可能です。
    少しお高めですが、キャンセル無料プランがとてもありがたいです。
    掲載されているアパートメントも予約可能です。

    オンラインでホテル予約可能なサイトは、他にもかなりあります。
    Googleで比較すれば出てくる有名なところは、日本語で予約できて簡単です。
    楽天トラベル
    海外ホテル・格安航空券・海外ツアー【楽天トラベル】


    エクスペディア
    海外ホテルの格安予約 | エクスペディア


    Airbnb
    現地の人から借りる家、体験&スポット - Airbnb


    オンラインで予約する場合のメリット・デメリットを書きます。
    【メリット】
  • 安い
  • 写真を見ながら詳細を知ることができる
  • キャンセル無料プランがある
  • チェックイン時の現地決済が可能
  • 【デメリット】
  • 到着遅れなどのトラブル発生時、自分で連絡しなければいけない
  • 予約した部屋と違う部屋へ案内される
  • 最低限の英語力が必要

  • それぞれメリット・デメリットがあります。
    また、他のところでは満室でも他の会社なら空室がある場合も。
    自分に合った予約方法を選びましょう。

    過度な期待は禁物

    正直、海外では金額がすべてです。
    高ければそれなりに良いホテル、安ければそれ相応のホテル。
    防犯も金額に含まれているといっても過言ではありません。
    サービスが良ければ、それに見合った金額が取られます。
    そんな中で、安価で設備が整ったアパートメントは人気です。
    安宿を探せばいくらでもあるでしょう。
    実際、この時期になるとキャンセルが出て、思いがけないホテルに空室が出たりします。
    ただしキャンセル不可。そりゃそうですよね。
    掲載されている写真は、できるだけ良く見えるものを使っていると考えていいでしょう。
    期待してがっかりするより、あまり期待していないのに良かったほうがお得感があります。

    ひとまず大枠は完成

    これでエッセンへ行き、現地で宿泊して、日本へ帰国する大枠は完了です。
  • パスポート申請
  • 空港からエッセン市内・近郊都市への移動手段
  • 会場への行き方
  • エッセンシュピールに参加するために必要なもの
  • は次回以降の記事で。

    今からでも間に合う! エッセンシュピールへのすすめ【パスポート・入場券・鉄道編】