ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > たちつてと

2

・トイバー親子のまぐまぐ
 Mag-O-Mag(Kosmos:2017)


まぐまぐ

ボードを入れ替えることで、磁石を使った3つのゲームが楽しめるボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは3種類の遊び方があります。
それぞれボードを入れ替えることで、『ゴルフ』『ジャングル・レース』『石器時代のコレクター』を楽しむことが出来ます。
『ゴルフ』では、ボードを挟んで対面で座り、指示役がゴルフクラブを使って方向と距離を伝え、運転役は実際に磁石でボールを動かします。
どのホールも最大11打までで、打数を比べて少ないチームが勝者になります。
『ジャングル・レース』では、決められた時間内にゴールを目指して車を動かします。
この時、指示役が運転役に口頭で指示します。
『石器時代のコレクター』では、決められたラウンドで素材収集をします。
指示役が運転役に口頭や手などで指示して素材を集め、宝物を作成して得点を獲得します。

続きを読む

3

・トマトマト
 tomatomato(Oink Games:2018)


トマトマト

並んだカードを早く読み上げるゲームです。
6人でプレイ。

カードをよく混ぜて、裏向きで重ねます。
ダイスを振って出た目の数が、今回めくる数です。
重ねてあるカードから、枚数分のカードをめくり、表向きに1列に並べます。
自分の番では並んだカードを順番に読み上げるだけ。
成功すれば、重ねる枚数のカードを追加で並べて次の人の番になります。
失敗したら、その人以外の人たちが一斉に並んでいるカードを取ります。
掛け声と共に、欲しいカードに対して指をさします。
誰ともかぶらなかったら、カードを得点として獲得。
誰かとかぶってしまったら、今回は誰もカードを獲得出来ず、捨て札にします。
カードの分配が終わったら、次の人の手番へ。
これを繰り返し、裏向きのカードがなくなったらゲーム終了です。

続きを読む

4

・ツインイット
 Twin It!(Cocktail Games:2017)


ツインイット

同じ絵柄を探して見つけていくゲームです。
6人でプレイ。

このゲームには3つの遊び方があります。
個人で競う競技モード、団体戦のチームモード、全員一緒の協力モードです。
今回は競技モードでプレイ。
カードをすべてよく混ぜて、全員が同じ枚数になるように配り、山にして自分の手元に置きます。
手番がきたら、自分のカード山の一番上をめくって、テーブル中央に置きます。
同じ絵柄のカードを見つけた人は、素早く2枚のカードに手を伸ばし、カードを獲得します。
獲得したカードは、重ねて自分のカード山の横に全員が見えるように置きます。
カードを獲得したプレイヤーが自分のカード山の一番上をめくり、ゲームを続行します。
3枚目が出てきた時には、すでに他のプレイヤーが獲得したカードでも手を伸ばすことが出来て、3枚すべてを1セットとして獲得出来ます。
これを繰り返し、誰かが5セットつくったら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

・テストプレイなんてしてないよ 黒
 We Didn't Playtest This Either(Asmadi:2012)


テストプレイなんてしてないよ黒

自分が勝つためにカードをプレイしていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームはタイトル通り、カード効果がすごいです。
 一緒に笑い合える人と遊ぶことを推奨します。

とにかく自分が勝つのが目的。
勝てるカードを使う、もしくは他全員を脱落させても勝利。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに手札を2枚ずつ配ったら、残りは裏向きの山にしておきます。
手番がきたら、山札から1枚引いて手札から1枚プレイするだけ。
カードはプレイすることで効果を適用し、使用後は捨て札に。
これを誰かが勝利するまで続けます。

続きを読む

3

・ダンジョンヒーローマネージャー
 Dungeon Heroes Manager(Giochi Uniti:2016)


ダンジョンヒーローマネージャー

酒場で冒険者を雇い、ダンジョンを攻略してゴールドを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードには、上から順に酒場、建物、ダンジョンが描かれています。
ゲームの目的は、ダンジョンの魔物を倒したりしつつ、より多くのゴールドを入手していくことです。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズに分かれています。
入札で英雄を雇用する雇用フェイズから始まり、街の建物を選んで実行する街フェイズ。
続いて、実際にダンジョンを探索する探索フェイズをやり、最後に英雄の賃金を払ったりダンジョンにモンスターを補充する支払い&補充フェイズをやったらラウンド終了。
これをプレイ人数に応じたラウンドをやったらゲーム終了。
手持ちのゴールドが一番多いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

4

・たべちゃうぞ
 All You Can Eat(Amigo:2017)


たべちゃうぞ

全員同時に動物カードをプレイし、食物連鎖を利用して得点を獲得していくカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは1色を選び、9枚のカードを手札として持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは9ターンからなります。
各ターンは3つのステップに分かれていて、まず手札から1枚選んで自分の前に伏せて出します。
全員が出したら、一斉に公開。
次に出されたカードで動物の捕獲を行います。
最後に出した動物で得点を獲得してターン終了。
これを9ターン繰り返すと手札がなくなりなり、ラウンド終了。
得点を記録し、自分のカードをすべて回収して次のラウンドを始めます。
プレイ人数分のラウンドをやり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・タッチダウン
 Touch Down!(Happy Baobab:2017)


タッチダウン

自分のトークンを対角のゴールへ運ぶボードゲームです。
いたるさん・メンマさん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲームは、2人もしくは4人で遊ぶもの。
今回は4人なので、2対2のチーム戦です。
牧場タイルを並べ、スタート位置にタッチダウンタイルを置き、その上にトークンを並べます。
4人プレイでは、チームとメンバーを交互に回します。
手番がきたら、3移動ポイントを使って自分のトークンを移動させます。
ルールはこれだけ。
自分の最後のトークンをゴールさせた時、移動ポイントがあまっていればチームメイトのトークンを移動させることが出来て、以後の手番ではチームメイトのコマを移動させていきます。
これを繰り返し、8個の動物トークンすべてをゴールさせたチームが勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ