ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲーム > たちつてと

3

・トランスアメリカ & ジャパン 【トランスジャパン】
 Trans America & Japan(Group SNE:2019)


トランスアメリカ & ジャパン

目的地の都市間を線路でつなぐボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

トランスアメリカ自体はかなり古いゲーム。
今回の新版では日本マップがついてます。
ラウンド開始時に、自分の目的地として各色1枚ずつ目的地カードを引きます。
手番では、線路を2本もしくは1本置くだけ。
線が二重の場所は2本分使って1本しか置けないのです。
自分の本拠地からスタートさせ、その後、他の人が置いた線路と合流したら、他の人が置いた線路もつながっていると見なします。
誰かが5つの都市間をつないだらラウンド終了。
つないだ人が4点獲得、その他の人は、その時点で足りない線路の本数で得点獲得し、次のラウンドへ。
誰かが13点以上獲得したら、もっとも得点の高い人が勝者でゲーム終了。

続きを読む

3

・となりのトトロ あるいてさがそう トトロのどんどこゲーム(エンスカイ)

となりのトトロ あるいてさがそう トトロのどんどこゲーム

小トトロになりきって、どんぐりを集めていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

12枚のピースを組み立てて外周をつくり、中央にクスノキを組み立てて頂上にトトロを置きます。
中トトロは足跡が描かれたところに置きます。
各プレイヤーは、自分の色を決めてバス停・小トトロ・マックロクロスケを受け取り、バス停と小トトロを自分の前のピースに置きます。
探し物カードを裏向きでよく混ぜて、各プレイヤーに裏向きのまま配ります。
ゲームは誰かが終了条件を満たすまで、時計回りで手番を繰り返していきます。
手番がきたらダイスを振り、出た足跡の数だけ小トトロを進めます。
この時、小トトロや苗木と同じピース、もしくは自分のバス停を通過したら、どんどこ踊りが発生。
踊りの回数分、マックロクロスケがクスノキを登ります。
その後、進んだ先の探し物を見つけますが、他プレイヤーの探し物をめくっても構いません。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かのマックロクロスケがクスノキの頂上に辿りついたらゲーム終了。
どんぐりを一番多く持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・ダイスフォージ
 Dice Forge(Libellud:2017)


ダイスフォージ

英雄となり、ダイス目を取り替えながら勝利点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

下箱を神殿及び祭壇とし、横に島々のボードを広げます。
各場所にカードやダイスフェイスを並べます。
各プレイヤーは、資産ボードを受け取ってマーカーをセットし、さらにダイスを2個受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではスタートプレイヤーから順に手番をおこなっていきます。
手番では、まず全員同時にダイスを振り、それぞれ出目の効果を適用します。
そして、手番プレイヤーのみが援護を要請することが出来て、さらにアクションを1回実行します。
この時、必要な資源を払うことで、追加の手番を行うことが出来ます。
そして次の人の手番になり、全員が1回ずつ手番を行ったらラウンド終了。
これをプレイ人数にあったラウンドをプレイしたら得点計算。
得点のもっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・チケット・トゥ・ライド:ロンドン
 Ticket to Ride: London(Days of Wonder:2019)


チケット・トゥ・ライド:ロンドン

ロンドンを舞台に、バスで都市間をつないでいくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードを広げ、乗り物カードと行き先カードをそれぞれ、よく混ぜて裏向きの山にします。
各プレイヤーは、自分のタクシーと最初の乗り物カード、行き先カードを受け取ります。
ゲームは、自分のバスで隣り合っている都市をつなげつつ、チケットカードを達成するのが目的。
手番がきたら、乗り物カードを引く・ルートをつなぐ・行き先カードを引くのうち、1つを選んで実行します。
これを誰かのバスが、残り2個以下になるまで繰り返します。
1人のプレイヤーの手元にあるバスが残り2個以下になったら、全員が1手番ずつやりゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・トゥキ
 Tuki(Next Move Games:2019)


トゥキ

お題通りに『トゥキ』を出来るだけ早く組み立てていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームをはじめる前に、標準と上級のどちらで遊ぶか決め、カードスタンドにカードを挿入します。
各プレイヤーは、難易度に合わせたブロックを受け取りますが、4人プレイの場合は1人が斥候になり参加しません。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではトゥキリクカードを1枚引きます。
ダイスを振り、出目の動物シンボルが下になりように、カードをセットします。
一斉に、カードに描かれた通りにブロックを組み立てます。
出来上がったら宣言し、全員が完成させたらラウンド終了。
全員で完成チェックをし、条件に合った人がカードを受け取ります。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、トゥキリクカードを誰かが5枚受け取ったら最終ラウンド。
最終ラウンドで、一番早く完成させた人が勝者になります。

続きを読む

3

・チョップチョップ
 Chop! Chop!(Djeco:2017)


チョップチョップ

ネコはネズミを捕まえ、ネズミはチーズを集めるボードゲームです。
4人でプレイ。

まずはネコを担当する人を1人決め、他の人はネズミを担当します。
ボードを広げ、裏向きでよく混ぜたタイルとテーブルをセットします。
ゲームの目的はそれぞれ違い、ネコは4匹のネズミを捕まえること、ネズミはチーズを10個集めることです。
手番はネズミからスタートし、ネコと交互に行います。
ダイスを振って出た目の数だけ移動し、止まったマスにタイルがあったらめくり、描かれている指示に従います。
テーブルの上はネコしか上がれず、テーブルの下はネズミしか入れません。
これを繰り返し、最初に目的を達成したほうが勝者になります。

続きを読む

3

・ダンジョン・ラッシュ
 Dungeon Rush(Lautapelit:2016)


ダンジョン・ラッシュ

英雄2人を連れてダンジョンに突進し、モンスターを倒してコインを獲得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは順番に、英雄カードを2枚選んで自分の前に並べます。
最後に倒すダンジョンロードとモンスターを1枚ずつ並べます。
ダンジョンは気ら靴泙任粒層からなり、各階層では3ラウンドずつモンスターと戦っていきます。
各ラウンドでは3つのフェイズを実行。
まずは今回戦うモンスターカードの公開、次にモンスターへの攻撃、最後に勝利・敗北判定です。
どのモンスターを戦うのかは、両手を使いモンスターの上に手をのせます。
右側の英雄なら右手、左側の英雄なら左手です。
選んだモンスターに負けた場合、カードを裏向きにしてマイナスコインになります。
9ラウンド終了後、最初に公開していたダンジョンロードとモンスター相手に戦ってゲーム終了。
もっともコインを集めた人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ