ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > さしすせそ

4

・ソレニア
 Solenia(Pearl Games:2018)


ソレニア

昼夜の周期を失った惑星ソレニアを舞台に、住民たちへ必需品を届けて得点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボード5枚をそれぞれ昼・夜の面にして並べます。
各プレイヤーは自分の色を選び、ボードとカードセットを受け取ります。
カードは裏向きでよく混ぜて山にし、上から3枚引いて最初の手札にします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでプレイヤーは1手番ずつ行います。
手番では手札からカードを1枚選び、浮遊生産島か浮遊都市にカードをプレイします。
浮遊生産島では資源が得られ、浮遊都市へは必要としている資源を運びます。
いずれの場合もカードが0だった場合、巨大飛行船が1スペース前進します。
巨大飛行船が前進すると、その手番終了時に一番後ろのボードを裏返して進行方向へ並べます。
これを繰り返し、全員が16枚のカードをプレイしたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・セカンドチャンス
 Second Chance(Edition Spielwiese:2018)


セカンドチャンス

パズルタイルを自分のシートに書き込んで、出来るだけ空きマスがないように埋めていく紙ペンゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

受け取るのは自分用の書き込みシート。
中央には丸が描かれていて、スタートタイルの1マスが丸にかかるように書き込みます。
ゲームは、毎ラウンドめくられる2枚のタイルカードから、1枚を選んで自分のシートに書き込んでいきます。
全員が書き込んだら、新しいタイルカードを山札から2枚引いて公開。
これを繰り返し、どちらも書き込めなくなったらセカンドチャンス。
山札からタイルカード1枚をめくり、書き込めるならゲームを続けられます。
もし書き込めなかったら、ゲームから脱落です。
全員が脱落・タイルカードの山札がなくなる・誰かがシートをすべて埋めるのいずれかでゲーム終了。
空きマスがもっとも少ない人が勝者になります。

続きを読む

2

・シープシープ
 Sheep Sheep(AzaoGames:2017)


シープシープ

同じヒツジを1列に整列させ、得点を獲得するカードゲーム『シープシープ』です。
トド吉と2人でプレイ。

ヒツジカードをよく混ぜて、各プレイヤーに4枚ずつ配ります。
さらに幸福のヒツジカードを秘密裏に1枚受け取って確認したら、伏せたままにしておきます。
配られたヒツジカードは、自分の前に並べておきます。
テーブル中央にヒツジカードを9枚並べ、残ったヒツジカードは山にしておきます。
手番がきたら1分以内に、同じ色のヒツジが1列に並ぶようにカードを交換していきます。
交換する時は、自分が持っている4枚のカードのいずれかと場のカードを交換。
テーブル中央の表面と自分の裏面が一致しているなら、1枚ずつ交換していきます。
砂時計の砂が落ちきった時、3枚1列が同じ色のヒツジカードなら、それらを獲得します。
空いた場所にヒツジカードを補充し、次の人の手番に。
これを繰り返し、テーブル中央のヒツジカードを補充出来なくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ズーラ
 Zura(Agie Games:2018)


ズーラ

探索してツェルズリアンを見つけていくカードゲーム『ズーラ』です。
トド吉と2人でプレイ。

ツェルズリアンカードと子どもたちが描かれている旅カードに分け、それぞれ裏向きでよく混ぜて山札にします。
各プレイヤーに旅カードを5枚ずつ配り、場にはツェルズリアンカードを裏向きで8枚並べます。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番では、まずドローフェイズで旅カードの山から6枚になるまで引きます。
次に探索フェイズで、手札から1枚以上の旅カードを捨て札にし、捨てた枚数によってアクションを実行します。
捨てたカードとめくったツェルズリアンカードの背景が同じなら獲得。
自分の前に重ねて山にしておきます。
空いた場所にツェルズリアンカードを補充し、次の人の手番へ。
ツェルズリアンカードの山札がなくなったら、他プレイヤーが1手番ずつやってゲーム終了。
得点を計算し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・スカイランド
 Skylands(Queen Games:2018)


スカイランド

空に浮かぶ断片となってしまった島、スカイランドを再建していくボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ストックボードにアクションボードをはめこみ、テーブル中央に置きます。
タイルを準備し、プレイ人数に合わせた得点チップを準備します。
各プレイヤーは、自分用のボードとコマ等を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順に手番を実行し、全員が終わったらスタートプレイヤーを移動して次ラウンドへ。
手番では、アクションボードの自分のコマを、今いるボード以外の場所に移動させます。
選べるアクションは、島の発見・住民の配置・島の発展・エネルギー変換の4種類。
手番プレイヤーがアクション実行後、他すべてのプレイヤーも同じアクションを行うことが出来ます。
これを繰り返し、誰かのボードの空きマスが1マス以下、もしくは得点チップのストックがなくなったらアクションの後にゲーム終了で、島タイルが足りなくなった場合は、ただちにゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・残念なカラス
 Pechvogel(Zoch:2018)


残念なカラス

ダイスを振って、得点マーカーを獲得していく『残念なカラス』です。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央にボードを得点マーカー類を置きます。
ゲームの目的は、ダイスを振って同じ目を4つ出すこと。
スタートプレイヤーから順に手番をやり、テーブル中央の得点マーカーがなくなったらゲーム終了。
手番では、まず7つのダイスを振ります。
1種類の出目を選んですべてボード上に置き、再び振り直します。
カラスの目は振り直しが出来ず、出たらボード上に置きます。
結果が出るまで振り続け、目標の目が4つ、もしくはカラスが3つになったら手番終了。
目標の目が4つ出ていたら、対象のマーカーを受け取ります。
カラスの目が3つだったら、ストックから不幸マーカー1つかボード上の不幸マーカーすべてを受け取ります。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、ゲーム終了後に獲得していた得点マーカーから不幸マーカーを減点し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・スカラビア
 Scarabya(Blue Orange:2018)


スカラビア

遺跡発掘現場にタイルを並べて、スカラベを集めていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、発掘現場の枠を受け取ります。
親を決めたら、親が発掘現場の枠内にボードを4枚はめ込み、他のプレイヤーも親と同じ形になるように遺跡をつくります。
親は指示カードをよく混ぜ、裏向きの山札をつくります。
ゲームは12ラウンド。
ラウンドは、まず親が指示カード山の一番上をめくります。
各プレイヤーは指示カードと同じ形のタイルを手元から探し、それぞれ自分の遺跡に配置します。
配置後、採掘エリアが出来上がったプレイヤーは、スカラベトークンを獲得します。
そして次のラウンドへ。
12ラウンド終了後、得点計算を行いゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ