ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > さしすせそ

3

・スカラビア
 Scarabya(Blue Orange:2018)


スカラビア

遺跡発掘現場にタイルを並べて、スカラベを集めていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、発掘現場の枠を受け取ります。
親を決めたら、親が発掘現場の枠内にボードを4枚はめ込み、他のプレイヤーも親と同じ形になるように遺跡をつくります。
親は指示カードをよく混ぜ、裏向きの山札をつくります。
ゲームは12ラウンド。
ラウンドは、まず親が指示カード山の一番上をめくります。
各プレイヤーは指示カードと同じ形のタイルを手元から探し、それぞれ自分の遺跡に配置します。
配置後、採掘エリアが出来上がったプレイヤーは、スカラベトークンを獲得します。
そして次のラウンドへ。
12ラウンド終了後、得点計算を行いゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・スピードアイズ
 Eye 'N Seek(Blue Orange:2017)


スピードアイズ

回転盤を回して、お題の絵と同じ絵を素早く見つけるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まず、どのレベルでゲームを遊ぶのか決めます。
レベルは1から3までの3種類。
決めたレベルのカードをよく混ぜ、山にしておきます。
各プレイヤーは回転盤を受け取り、レベルに合った面にします。
ゲームは全員同時です。
カード山の一番上を公開し、自分の回転盤の窓からお題カードと同じ絵を出来るだけ速く見つけます。
一番速かった人がカードを受け取り、次のお題へ。
山札がなくなった時、もっとも多くカードを獲得している人が勝者になります。

続きを読む

3

・スピンイット
 Spin It!(HABA:2018)


スピンイット

矢印が止まった場所にカードを出していき、持っているカードを一番先に出し切るゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、組み立てたスピンイットボード。
カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーにプレイ人数に合わせた枚数配ります。
手番がきたら、まずはボードの矢印を回します。
止まった場所につなげられているカードの一番端と合うように、手札からカードを1枚出します。
もし出せるカードがなかったら、山札から1枚引きます。
引いたカードがすぐ出せる場合、出してもかまいません。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが手札をすべて出しきったら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・スターシップ・サムライ
 Starship Samurai(Plaid Hat Games:2018)


スターシップ・サムライ

ロータス銀河で各星域の制圧を目指し、得点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルの上に広がるのは、星域ボードや同盟ボード。
各プレイヤーは自分の色を決め、プレイヤーボードや艦艇などを持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは3つのフェイズを行います。
アクションフェイズでは、星域の褒章を受け取り、命令トークンを使って4つのアクションから1つを実行します。
全員が命令トークン4個をすべて置いたら、次の戦闘フェイズへ。
そして各星域で紛争の解決を行ったら、更新フェイズ。
星域カードを新しくする、小共国からの褒章を受け取る、命令トークンを手元に戻すなどを行います。
親マーカーを次のプレイヤーに渡したら、次ラウンドへ。
これを繰り返し、更新フェイズで星域カードを補充出来なくなったらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ジンジャーブレッドハウス
 Hexenhaus(Lookout Games:2018)


ジンジャーブレッドハウス

カラフルなジャンジャーブレッドで、おとぎ話のキャラクターたちを捕まえて得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に並ぶのは、ジンジャーブレッドを食べるおとぎ話のキャラクターたち。
各プレイヤーは自分用のボードと、裏向きでよく混ぜたダブルタイルを受け取ります。
ダブルタイルは裏向きのまま山にしてボードの横に置き、3枚を表にして自分の前に並べます。
キャラクターカードを1枚ずつ取り、ボードの上側に置いたら準備完了。
スタートプレイヤーから時計回りで、ゲーム終了まで順に手番を行います。
手番では、タイルをボードに配置する建設をしてキャラクターを1枚捕まえるか、階段を2つ取るのどちらかを実行。
最後に、ダブルタイルの山から1枚取り、自分の前に表向きで並べたら手番終了。
これを全員の表向きダブルタイルがなくなるまで続けていきます。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ショータイム
 Showtime(Pegasus Spiele:2018)


ショータイム

映画館を舞台に、よりよい席に座らせて得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル上にゲームボードを組み立て、映画館と入口を準備します。
各プレイヤーは自分用のカードセットを受け取り、裏向きでよく混ぜて自分の山札にします。
自分の山札から4枚引いて手札にしたら準備完了。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドでは順番に手番を1回ずつ4回やります。
手番では、人物を空席に1人置き、好みのジャンルをチェック、最後に自分の山札からカードを1枚引きます。
全員が4回手番を行ったら、座席・人物の効果で得点計算を行い、次のラウンドへ。
これを3ラウンドやったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・シールズ
 Seals(Mandoo Games:2018)


シールズ

カードでセットをつくり、得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜて、山にしておきます。
ゲームは最大5ラウンドで、各ラウンドは誰かがセットをつくるまで続きます。
手番がきたら、山札からカードを4枚めくり、表向きで置きます。
次に全て同じ色のカードか、全ての数字が同じカードを選んで手札に加えます。
最後に、セットが完成していれば出して得点を獲得することが出来ます。
カードには、1から10の数字とコインがあります。
1から5までの小カードもしくは6から10の大カードを使って、同じ数字4枚セット。
もしくはコイン4枚でもセットになります。
連番は、1から10までの10枚で高得点。
誰かがセットをつくったら、再びカードをよく混ぜて次のラウンドをはじめます。
これを繰り返し、誰かが5点獲得したらその人の勝利、もしくは5ラウンド終了でゲームも終了します。

続きを読む

このページのトップヘ