ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲーム > さしすせそ

3

・セイロン
 Ceylon(Ludonova:2018)


セイロン

セイロンを舞台に茶畑をつくって収穫し、契約して出荷をしていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

メインボードを広げ、標高タイルをセット。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番ではまず、アクションカードを1枚ボードの指定位置に出します。
この時、上側を向けたほうか共通アクションを出した人が、下側か共通アクションを他全員が実行します。
出来るアクションは、栽培・収穫・取引・議員との契約・技術の発展のいずれか。
その後、山札からアクションカードを1枚引いたら手番終了です。
誰かの所有マーカーがなくなるか、アクションカードの山札が切れたら、全員が1回ずつ手番をおこないゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・センチュリー:ニューワールド
 Century: A New World(Plan B Games:2019)


センチュリー:ニューワールド

センチュリーシリーズの3作目で最終作。
商人となって新しい土地に入植し、交易で資源をやりくりし、勝利点を獲得するボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードを並べて場をつくり、勝利点カードをまとめてよく混ぜ、ボード上部に4枚並べます。
各プレイヤーは、自分用のボードと入植者、最初の資源を受け取ります。
ゲームはラウンド制ですが、スタートプレイヤーから順に手番をやったら、そのまま次のラウンドへ移行します。
手番では、入植者をボードに配置して効果を適用するか、配置しているすべての労働者を回収するのかのどちらかを実行していくだけ。
すでに他の人がいる場所なら、1個多めに入植者を置き、元々いた入植者を所有者に戻します。
倉庫に置ける資源の上限は10個。
誰かが勝利点カードを8枚所有したら、そのラウンドを最後までやりゲーム終了。
得点計算をして、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・サニーデイ
 Sunny Day(Happy Baobab:2017)


サニーデイ

タイルを配置して、できるだけ多くの絵を完成させていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には、5x6の長方形にタイルが並んだ場。
残ったタイルは山にし、全員が2枚ずつ引いて手札に。
スタートプレイヤーから順に、場のタイルに持っているタイルを置くことで絵を完成させます。
アイスと太陽が完成すれば、ボーナストークンを獲得。
絵が完成したら、自分が出したタイル以外のタイルを獲得し、さらに手札が2枚になるように山から1枚引きます。
獲得したタイルは、自分の前に並べて絵を完成させていきます。
そして次の人の手番へ。
タイル山がなくなり、全員が持っているタイルを置ききったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者です。

続きを読む

3

・サンフラワー・バレー
 Sunflower Valley(Hobby World:2018)


サンフラワー・バレー

ダイスの出目をシートに書き込んで、家と羊を線路で繋いでいくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードとダイスを準備。
各プレイヤーは、シートとペンを持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではスタートプレイヤーがダイス6個を振ります。
その後、スタートプレイヤーから順に、ダイスを1個選んで取り、ゲームボードの色付きマスに置きます。
自分のシートの同じ色のヘックスに、出目を書き込みます。
ゲームボードのマスが埋まったら、スタートプレイヤーを移動して次のラウンドへ。
これを繰り返し、全員が自分のシートすべてのヘックスを埋めたらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・スピード掛け算
 Hochspannung(Amigo:2019)


スピード掛け算

全員同時に持っているカードを出していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

全員に裏向きでカードを均等割し、受け取ったカードは裏向きのまま山にして手元に置きます。
そこから4枚引いて最初の手札に。
スタートの合図と共に、一斉にカードを出していきます。
カード中央には掛け算、隅に2つの数字が書かれていて、テーブル中央に出ているカードの掛け算の答えを手札から出します。
答えが2桁の場合は、どちらかの数字を出します。
手札はいつでも1枚ずつ山札から引くことが出来て、手札上限はなし。
誰か1人の山札がなくなり、手札が1枚だけになった終了の合図。
最後の1枚は掛け算関係なく出すことが出来て、その人の勝利でゲーム終了。

続きを読む

3

・ジェットラグ
 JetLag(Cocktail Games:2018)


ジェットラグ

1つ前の質問に対する答えを今の質問に対して答えていく、ちょっと変わったカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

2つのチームに分かれたらカードをよく混ぜ、砂時計を準備したらスタート。
出題者が両面仕様のカードに書いてある題名を読み上げ、回答者がどちらかを選択。
砂時計をひっくり返し、上から順に質問を読み上げていきます。
回答者は1つ前の質問の答えを答え続けます。
間違ったり砂時計の砂が落ちきったら終了。
得点をメモして、チーム交替。
各チームが5枚ずつやったら終了で、より得点の高いチームが勝者になります。

続きを読む

3

・サンドキャッスル
 Fine Sand(2F:2018)


サンドキャッスル

砂の城をつくりながら、自分の持っているカードを減らしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームでプレイヤーは、自分のカードセットをデッキとして持ちます。
各プレイヤーは、プレイヤーボードとリング、ディスク、カードを受け取ります。
ボードを自分の前に広げ、上下左右それぞれにカードを配置するスペースを確保しておきます。
ゲームはターン制で、各ターンでは全員が同時に手番を行います。
合図と共にターンが始まります。
ディスクをテーブル中央に移動させ、ボードの左から順にステップを行っていきます。
最初のステップは緑で、山札からカードを引きます。
次は、赤のカードプレイもしくは青の追加でカードを引くのどちらかを行います。
ターン最後のステップは紫で、手札枚数を調整します。
その後、テーブル中央に置いたディスクを自分の山札の上に戻します。
黄はフリーアクションで、各ステップ中に実行することが出来ます。
これを繰り返し、誰かが山札及び捨て札すべてを引き切ったら、そのターン終了時にゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ