ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > さしすせそ

3

・スコットランドヤード ジュニア
 Scotland Yard Junior(Ravensburger:2015)


スコットランドヤードジュニア

ロンドン市街を逃げ回る、ミスターXを捕まえるボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『スコットランドヤード』。
そのジュニア版ということで、簡易版になっています。
ゲームはとても簡単で、ミスターXは9回逃亡すれば勝利、刑事たちは3回捕まえれば勝利。
それぞれのコマをボードに配置したら、ゲームスタート。
まずミスターXが移動先を決めてチップを握り、テーブルの上に手を出します。
次に刑事側が移動先を決めて、移動する場合はチケットを出してコマを動かします。
刑事が動いたら、ミスターXが持っていたチップを公開します。
お互い同じ駅にいたら逮捕成功で、刑事側は成功チップをボードに置きます。
刑事がいなかったらミスターXの逃亡成功で、ミスターXは成功チップをボードに置きます。
全員が今いる場所から次のラウンドをはじめます。
これを繰り返し、いずれかのボードが成功チップで埋まったらゲーム終了。
目的を達成出来たほうが勝者になります。

続きを読む

3

・進撃の巨人ボードゲーム
 Attack on Titan: The Last Stand(Cosmic Games:2017)


進撃の巨人ボードゲーム

1体の巨人と4人の調査兵団が戦うボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームでは1人が巨人を担当し、他は調査兵団を担当します。
5人まで対応なので、調査兵団は最大4人。
勝利条件はそれぞれにあり、巨人は固定砲の破壊やヒーローの粉砕など。
調査兵団の目的は、巨人を倒すことのみです。
巨人も調査兵団も今回使うキャラクターを決めます。
ゲームのプレイ順は、まず巨人のカード選択から。
次に調査兵団がダイスを振り、巨人の目が出たものを巨人が使用。
調査兵団に振り直しが入り、カードの解決。
調査兵団が残りのダイスを使い、それぞれ次の対戦に向けて準備して1回戦が終了。
これをどちらかが勝利条件を達成するまで続けていきます。

続きを読む

3

・スプリングメドウ・春の草原
 Spring Meadow(Spielwiese:2018)


スプリングメドウ

自分の山地に草原タイルを並べて春の草原をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用の山地ボードを受け取ります。
場には地図ボードを置き、マス目に合わせて草原タイルを配置します。
プレイ順に従って岩タイルを受け取ったら、ボード横に道標を置きます。
ゲームは、誰かが勝利条件を達成するまで、得点計算をはさみつつ、各プレイヤーの手番を順に実行していきます。
手番がきたら、まずは得点計算が発生するかチェック。
道標があるアクティブな列のタイル枚数をチェックし、条件を満たしていたら得点計算。
次にアクティブな列から草原タイルを1枚取り、自分の山地ボードに配置します。
配置した草原タイルが岩タイル配置の条件を満たしていれば、岩タイルの配置。
最後に道標を1マス進めたら手番終了です。
得点計算が発生した時、得点がもっとも高かった人がハイキングバッジを受け取ります。
このハイキングバッジを誰かが2つ獲得したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・スコットランドヤードカードゲーム
 Scotland Yard: Das Kartenspiel(Ravensburger:2017)


スコットランドヤードカードゲーム

ミスターXと刑事に分かれ、それぞれの勝利条件を目指すカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まずは誰がミスターXになるのか決まります。
裏向きでよく混ぜたチケットカードの山をつくり、上から9枚取ってミスターXカードを入れます。
それをよく混ぜて、山札の上に重ねます。
各プレイヤーに、山札の上から1枚ずつ8枚になるように手札を配ります。
この時点で、誰がミスターXなのか決まります。
場に各カードを並べて準備をしたら、ゲームスタート。
手番では、山札からチケットカードを1枚引き、チケットを1枚プレイします。
カードは、すでに置かれているカードより大きく、左列のカードより小さい数字じゃないとプレイ出来ません。
プレイした場所に示されているアクションを実行したら手番終了。
アクションは、同じ色のチケットを出すことで効果がより大きくなります。
アクションによっては、ミスターXが入れ替わる可能性もあります。
これを繰り返し、ミスターXがミスターXカードを捨てるか、刑事役全員が勝利。
すべての刑事が手札を失い脱落するか、カード補充出来なくなったらミスターXの勝利です。

続きを読む

3

・ザ・マインド
 The Mind(Nurnberger-Spielkarten:2018)


ザ・マインド

全員で協力してカードを出していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

数字カードをよく混ぜ、各プレイヤーに現在のレベルに合った枚数を配ります。
最初はレベル1で手札は1枚、レベル2は2枚という感じで、レベルが上がる度に手札も増えます。
テーブル中央には、決められた枚数のライフカードと流れ星カードを置きます。
このゲームでは情報の共有等は禁止で、自分の手札を出していくだけです。
まず、今のレベルに挑戦するため集中力を高めるところから。
全員の心の準備が出来たら、全員同時に1枚ずつカードを出していきます。
カードは昇順になるようにしか出せず、自分が持っているカードの数字が一番小さいと思えば出します。
全員がすべてのカードを順序よく出すことが出来たら成功。
レベル2以降では成功すると流れ星カードがもらえ、ゲーム中に使うことで全員が一番小さい数字を捨てることが出来ます。
次のレベルへ進みます。
失敗した場合、ライフが1つ減ります。
すべてのライフを失うと失敗になります。

続きを読む

3

・支離滅裂
 Krass Kariert(Amigo:2018)


支離滅裂

配られたカードの順番を変えず、組み合わせて出していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーにチップ3枚とカード10枚を配り、配られたカードは、そのまま扇状に持ちます。
重要なルールとして、ゲームが終わるまでカードの順番を変えてはいけません。
全員が手札を持ったら、リザーブカードとして2枚配り、表向きにして自分の前に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドはいくつかのターンからなります。
自分のターンになったら、直前にプレイされた組み合わせよりも強い組み合わせのカードを手札から出します。
出せない・出したくない場合は、自分のリザーブから1枚取って手札に加えます。
これを繰り返し、全員が1組出すかリザーブカードを取ったら、最も強い組み合わせを出した人がそのターンの勝者で次のスタートプレイヤーになり、次のターンを始めます。
これを繰り返し、手札がなくなった人から抜けていき、手札が残っている人が1人もしくはリザーブカードが引けなくなったらラウンド終了。
最後まで残っていた人、リザーブカードを補充出来なかった人がチップを支払います。
再びカードを配るところからゲームを続け、すべてのチップを支払ってしまった人が敗者となり、ゲームも終了します。

続きを読む

3

・セルソード
 Sellswords(Level 99 Games:2014)


セルソード

カードを並べて、カード効果やバトルポイントで対戦するゲームです。
トド吉とプレイ。

正方形のカードには、それぞれキャラクターと能力、4辺にバトルポイントが描かれています。
ゲームは2ラウンドで、各ラウンドにはドラフトステップとプレイステップがあります。
ドラフトステップでは、並べた12枚のカードから、交互に1枚ずつカードを獲得して、自分の前に並べます。
お互いが6枚ずつ持ったら、バトルステップ。
テーブル中央には、最初の1枚になる土地カードを置きます。
手番では、カードを自分の色を上にして1枚配置し、スキルを発動させ、最後にバトルポイントでバトルをします。
プレイエリアは5x5で、カードをすべて配置したら、得点計算をしてラウンド終了。
山札の上からカードを12枚並べ、ドラフトステップから2ラウンド目を開始。
2ラウンド目が終わったら得点計算をし、合計得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ