ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > さしすせそ

3

・ソビエトキッチン
 Soviet Kitchen(HYBR:2018)


ソビエトキッチン

材料を混ぜ合わせて、指定の料理を完成させていく協力ゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

※このゲームはアプリを使いますので、事前にダウンロードしておきます
カードを裏面の数字別に分け、裏向きでよく混ぜます。
ゲームの目的は、出来るだけ毒を盛らずに指定の料理を完成させていくこと。
3つのモードで遊ぶことが出来るので、モードを選んでアプリの指示に従うだけです。
各プレイヤーに指定の枚数ずつカードを配ります。
アプリに表示されたメニューを見て、カードを見せずに全員で話し合い、カードを選びます。
選んだカードを順番に、スマホのカメラに読み込ませていきます。
ミキサーにすべての材料を入れると完成。
あとはアプリが計算して、オーダーの色にどの程度近付いたのか結果が出ます。
これを繰り返し、ゲームを進めていくだけです。

続きを読む

3

・ストーリーズ
 Storiez(Amigo:2018)


ストーリーズ

全員で物語をつくりつつ、使われたモノを覚えて正確に答えるのを目指すカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーマカードとモノカードをそれぞれ裏向きでよく混ぜ、山にしておきます。
その隣りに砂時計を置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは全員で物語をつくっていきます。
テーマカードを1枚めくり、今回のテーマを発表します。
手番がきたら、物語を続けるか終わらせるか選びます。
続ける場合はモノカードを1枚めくって重ね、テーマに合った物語を続けます。
終わらせる場合は、それまでにめくられたモノカードをそのまま裏返し、他のプレイヤーにチャレンジさせるチャレンジャーになります。
チャレンジャーは砂時計をひっくり返し、すべての砂が落ちきる前に、他全員のプレイヤーは1枚ずつ順番に使われたモノを答えていきます。
砂時計が落ちきる前に、すべてのモノを正しい順番で言えたら、チャレンジャー以外が使ったモノカードを1枚ずつ受け取ります。
間違えたり時間切れになった場合、チャレンジャーがモノカードを2枚獲得します。
そして次のラウンドへ。
誰かが最初にモノカードを5枚獲得した人が勝者になりゲーム終了です。

続きを読む

4

・3×8(スリーバイエイト)
 3 x 8(Amigo:2018)


スリーバイトエイト

誰よりも早く自分の前にカード列をつくっていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームの目的は、自分の前に昇順でカードを出して列をつくっていき、1列8枚の列を3列つくりあげることです。
数字カードを裏向きでよく混ぜて山にし、各プレイヤーは4枚ずつ引いて最初の手札にします。
場には3枚のカードを公開します。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を行っていきます。
手番で出来るアクションは、3つの中から1つ。
カードをプレイは、数字カードを自分の前に出し、最後に手札を補充します。
手札を増やすは、公開されている3枚を捨て札にし、新たに3枚公開してから1枚選んで手札に加えます。
ブロッカーカードをプレイするは、任意のプレイヤーの列にブロックカードを1枚置き、カードを出しにくくし、最後に手札を2枚補充します。
プレイヤーの前には4列までつくることができ、誰かが3列完成させたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・スペースジャンクヤード
 Space Junkyard(Mayday Games:2009)


スペースジャンクヤード

宇宙空間を移動しながら自分の宇宙船を大きくし、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場にボードを広げ、タイルを並べて宇宙空間をつくります。
各プレイヤーは自分の宇宙船を受け取り、その色のスターターシップを受け取ります。
スタートプレイヤーから順に、自分の宇宙船のスタート位置を決めて、宇宙船を置きます。
手番がきたら、4つのフェイズを実行します。
自分のスターシップで生産と資源の変換があれば実行します。
次に、宇宙船を0〜3マスまで移動させます。
宇宙船が着地しているマス、もしくは通過したタイルから、モジュール1枚か小惑星2枚を受け取ります。
最後に、空いた場所に新たなタイルを配置します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、最後の1枚のタイルがボードに配置されたら、全員1回ずつ手番をやって終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・スコットランドヤード ジュニア
 Scotland Yard Junior(Ravensburger:2015)


スコットランドヤードジュニア

ロンドン市街を逃げ回る、ミスターXを捕まえるボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『スコットランドヤード』。
そのジュニア版ということで、簡易版になっています。
ゲームはとても簡単で、ミスターXは9回逃亡すれば勝利、刑事たちは3回捕まえれば勝利。
それぞれのコマをボードに配置したら、ゲームスタート。
まずミスターXが移動先を決めてチップを握り、テーブルの上に手を出します。
次に刑事側が移動先を決めて、移動する場合はチケットを出してコマを動かします。
刑事が動いたら、ミスターXが持っていたチップを公開します。
お互い同じ駅にいたら逮捕成功で、刑事側は成功チップをボードに置きます。
刑事がいなかったらミスターXの逃亡成功で、ミスターXは成功チップをボードに置きます。
全員が今いる場所から次のラウンドをはじめます。
これを繰り返し、いずれかのボードが成功チップで埋まったらゲーム終了。
目的を達成出来たほうが勝者になります。

続きを読む

3

・進撃の巨人ボードゲーム
 Attack on Titan: The Last Stand(Cosmic Games:2017)


進撃の巨人ボードゲーム

1体の巨人と4人の調査兵団が戦うボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームでは1人が巨人を担当し、他は調査兵団を担当します。
5人まで対応なので、調査兵団は最大4人。
勝利条件はそれぞれにあり、巨人は固定砲の破壊やヒーローの粉砕など。
調査兵団の目的は、巨人を倒すことのみです。
巨人も調査兵団も今回使うキャラクターを決めます。
ゲームのプレイ順は、まず巨人のカード選択から。
次に調査兵団がダイスを振り、巨人の目が出たものを巨人が使用。
調査兵団に振り直しが入り、カードの解決。
調査兵団が残りのダイスを使い、それぞれ次の対戦に向けて準備して1回戦が終了。
これをどちらかが勝利条件を達成するまで続けていきます。

続きを読む

3

・スプリングメドウ・春の草原
 Spring Meadow(Spielwiese:2018)


スプリングメドウ

自分の山地に草原タイルを並べて春の草原をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用の山地ボードを受け取ります。
場には地図ボードを置き、マス目に合わせて草原タイルを配置します。
プレイ順に従って岩タイルを受け取ったら、ボード横に道標を置きます。
ゲームは、誰かが勝利条件を達成するまで、得点計算をはさみつつ、各プレイヤーの手番を順に実行していきます。
手番がきたら、まずは得点計算が発生するかチェック。
道標があるアクティブな列のタイル枚数をチェックし、条件を満たしていたら得点計算。
次にアクティブな列から草原タイルを1枚取り、自分の山地ボードに配置します。
配置した草原タイルが岩タイル配置の条件を満たしていれば、岩タイルの配置。
最後に道標を1マス進めたら手番終了です。
得点計算が発生した時、得点がもっとも高かった人がハイキングバッジを受け取ります。
このハイキングバッジを誰かが2つ獲得したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

このページのトップヘ