ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > らりるれろわ

3

・リスのお仕事
 Purzelbaum(Zoch:2019)


リスのお仕事

隠した場所を覚えておいて、より多く木の実を集めていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームは秋と冬に分かれていて、どちらもスタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
秋は目的の穴に木の実を落としていきます。
手番がきたら、牧草地ディスクを選んでディスクを取り、葉を1つ選んで慎重に抜きます。
自分が選んだ穴だったら葉を獲得し、ディスクを冬にして再び置きます。
違う穴にはいった場合、自分で選んだ穴はディスクを冬にし、その上に葉を置きます。
木の実が落ちた場所のディスクは、緑のままで中に木の実を入れます。
これを繰り返し、木の葉がなくなったらディスクをすべて冬の面にします。
冬は、埋めた木の実を掘り出していきます。
手番では、ディスクを選んで持ち上げて木の実があれば獲得、葉が置かれていたら一緒に獲得します。
木の実が入っていなかったら、ディスクを緑に戻します。
すべてのディスクが緑になったらゲーム終了。
木の実と葉をもっとも多く獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・ワンス・アポン・ア・キャッスル
 Once Upon a Castle(Blue Orange:2018)


ワンス・アポン・ア・キャッスル

ダイスを振って資源を手に入れ、自分の城を完成させていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは見習いモードと建築家モードの2種類のルールで遊べます。
今回は建築家モードで。
各プレイヤーは自分用のボードとチップ、お城用紙を受け取ります。
手番がきたらダイスを2個振り、資源なら自分のボードにチップを置きます。
人が出たら、お城用紙の人を描きます。
この時、他のプレイヤーはダイスを1個選んで描くことが出来ます。
最後に、ボードの行か列の隣り合うマスすべてにチップが置かれていたら、完成させてお城部分を描き込むことが出来ます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが12区画すべてを描き込んだらゲーム終了。
他のプレイヤーは最後に、1回だけチップを取り除いて完成させても構いません。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・リ・ラ・ラウト
 Li-La-Laut(Nurnberger-Spielkarten:2018)


リ・ラ・ラウト

音屋さんの出す音で、車がどこに止まるのか当てるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

タスクカードを裏向きでよく混ぜ、山札としてテーブル中央に置きます。
ターゲットカードは表向きで円形に並べ、いずれか1枚に車カードを置きます。
まず、音屋さんがタスクカード山札の一番上から1枚めくり、自分だけ確認します。
カードには、上半分に出す音、下半分に車の目的地が描かれています。
音の大きさが車が進む距離を表します。
他のプレイヤーは順に、目的地を予想して宣言していきます。
当たった人は山札からタスクカード1枚を得点として受け取り、音屋さんは自分が使ったカードを得点として受け取りますが、誰も当てられなかったら、誰も点数をもらえません。
次の人が音屋さんになって、ゲームを続けます。
これを繰り返し、山札がなくなったらゲーム終了。
手持ちのカードを一番多く集めた人が勝者になります。

続きを読む

3

・ラマ
 L.A.M.A.(Amigo:2019)


ラマ

マイナスポイントを受け取らないようにカードをプレイしていく、クニツィア博士作のカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

使うカードには1から6、そしてラマのイラストが描かれています。
すべてのカードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに6枚ずつ配って残りは山にしておきます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは手番がきたらカードを1枚プレイする・山札からカードを1枚引く・おりるのいずれかを実行します。
カードはすでに出されているカードと同じ数字、もしくは1つ上の数字のみ出せます。
出せるカードがない場合、山札からカードを1枚引きます。
出せない・出したくない場合、手札を裏向きで手元に置いておりることが出来ます。
これを繰り返し、誰かが手札すべてを出し切るか、全員がおりたらラウンド終了。
手札に残ったカードからマイナスポイントを計算してチップを受け取ります。
出し切った人は、チップを1枚返却することが出来ます。
再びカードを配って次ラウンドをはじめ、誰かのマイナスポイントが40点以上になったらゲーム終了。
もっともマイナスポイントの少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・ルーザー
 Loser(Lifestyle Boardgames:2018)


ルーザー

自分が持っているカードが大きいか小さいか予想して、カエルにならないようにするカードゲーム『ルーザー』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーはキャラクターカードを受け取り、人間の面を表にして自分の前に置きます。
アクションカードをテーブル上に並べ、特殊能力カードをよく混ぜて山に。
プレイカードをよく混ぜて各プレイヤーに配り、残りは山にしておきます。
ゲームはラウンドを繰り返していき、各ラウンドでは3つのフェイズを行います。
スタートプレイヤーから順に、手札からカードを1枚プレイし、効果があれば適用するプレイフェイズ。
自分のカードが最大か最小を予想する採決フェイズ。
最後に負け犬を決める決定フェイズ。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かのキャラクターカードが2枚ともカエルになったら、その人の敗北でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ラウンド・ザ・ワールド
 Round the World(Pegasus Spiele:2018)


ラウンド・ザ・ワールド

カードを並べて世界周遊のプランをつくり、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームは2ラウンドで、1ラウンドあたり制限時間は5分です。
カードを裏向きでよく混ぜ、プレイヤー全員が同じ枚数になるように配ります。
各プレイヤーは、配られたカードでそれぞれ自分の前に山札をつくります。
タイマーをスタートさせたら、各プレイヤーは自分の山札の一番上をめくり、自分の前に置きます。
その後、カードをめくるたびに4つのアクションから1つを実行します。
プランの出発点として置く・すでにあるプランを伸ばす・他人のプランを伸ばす・めくったカードを山札の一番下に戻すです。
制限時間がきたら直ちに終了し、得点計算をします。
再びカードをよく混ぜて各プレイヤーに配り、次ラウンドをはじめます。
2ラウンド終了後、ゲームも終了し、合計得点のもっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ランスロット
 Lanzeloth(Mogel-Verlag:2017)


ランスロット

大きな騎士の大会で勝利し、トロフィーを獲得していくカードゲーム『ランスロット』です。
5人でプレイ。

各プレイヤーは馬カードを1枚引き、表向きで自分の前に置きます。
裏向きの装備カードから、兜・鎧・槍・盾・靴を1枚ずつ取って自分の前に裏向きのまま並べます。
残りの装備カードは山札にしておきます。
スタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番がきたら、装備カードの山札もしくは捨て札から1枚引きます。
続いて、引いたカードを裏向きのまま自分の同じ部位と交換するか、表向きで捨て札にしてアクションを行うのどちらかを実行し、次の人の手番へ。
手番で大会に勝てそうだと思ったら、馬カードを騎士の上に置き、残りのプレイヤーは1回ずつ手番を行ったら得点計算へ。
全員装備カードを公開し、一番強い騎士が次に強い騎士との差分をトロフィーで受け取ります。
そして次の大会へ。
プレイ人数によって違う規定のトロフィー数を集めた人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ