ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > らりるれろわ

3

・ライブラリア(リブラリア)
 Libraria(XVgames:2018)


ライブラリア(リブラリア)

図書館を舞台に、ネズミに気を付けながら本を集めていくボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードを広げ、本棚タイルをよく混ぜて並べます。
お互いに自分の色を決めてコマを受け取ります。
交互に手番を繰り返していきますが、手番では本棚タイルの角にコマを1個置くだけ。
最終的に36ヵ所ある角がすべて埋まったらゲーム終了。
本棚タイルを1つずつチェックし、自分が多くコマを置いていれば本棚タイルを獲得。
すべての角に自分のコマが置いてあれば、タイルの他に加点1点。
コマが同点の場合は、どちらもタイルを獲得出来ません。
獲得したタイルに描かれている本の冊数と加点の合計から、ネズミがいるタイル1枚につき1点を減点し、得点の高かったほうが勝者になります。

続きを読む

今日はゲムマ新作の中から、ラーメンテーマのゲームを遊び、最後にラーメンを食べるという、ラーメン会でした。
ラーメンだけでなく、トリテも言葉で伝えるゲームも遊んだので、全部で5ゲーム。
遊んだゲーム
こういうことを考えて、付き合ってくれる人がいるのは幸せw
場所は、川口のボードゲームカフェ『アリスの時計』で。
以前訪問した時の記事はこちら。
外は冷たい風が吹き荒れる中、暖かい室内で楽しく遊んできました。
遊んだゲームの簡単な感想を書いていきます。

続きを読む

3

・ラーメン
 Ramen(Ediciones Primigenio:2018)


ラーメン

より数字の高いラーメンの具材を集めて完成させ、お金を稼ぐカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

優先材料カードをランダムで並べて価値の順位を決め、それぞれお金を置きます。
材料カードは裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに9枚ずつ配って手札にします。
さらに場にプレイ人数分のカードを公開して並べます。
ゲームは9ラウンド。
各ラウンドでは、まず手札から1枚選んで出し、一斉にオープン。
より価値が高く、その中でも数字の大きいカードを出した人から順に、出したカードと場のカードを交換していきます。
使ったカードは、次ラウンドで取り合う材料になります。
取ったカードは自分のラーメンの具材として手元におきます。
これを繰り返し、最後に手札に残したカードと場に並ぶカードを受け取ったらゲーム終了。
得点計算をし、もっともお金を稼いだ人が勝者になります。

続きを読む

3

・ライフスタイル
 Lifestyle(Amigo:2018)


ライフスタイル

ダイスを振って指定の目を出して成功させ、カードを集めていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には9枚のカードと裏向きのカード山。
各プレイヤーの前には、ダイスゾーンと得点ゾーンの2つに分けるようにカード置き場をつくります。
手番がきたら、カードを取るかダイスを振るのどちらかを必ず実行します。
カードを取る場合、場に並ぶカードの中から、任意の1枚もしくは1列を選んでを取ります。
取ったカードは、自分のダイスゾーンに表向きで並べます。
場のカードが0枚になっていたら、すぐに山札から9枚を新しく並べます。
ダイスを振る場合、ダイスゾーンに置いたカードすべての条件を満たさなければなりません。
1枚を指定してダイスを振り、成功すれば次のカードへ進み、失敗すると手番終了です。
条件を達成出来たら、カードを得点ゾーンに並べます。
これを繰り返し、場と手番プレイヤーのダイスゾーンにカードがなければゲーム終了。
得点ゾーンのカード得点を合計し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ルートアイランド
 Loot Island(What's Your Game?:2017)


ルートアイランド

略奪品の島を舞台に、海賊が隠した財宝を集めて得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央に、ルートアイランドが描かれたボードを置きます。
各プレイヤーは自分の色を決め、人物カード・ディスク・呪いキューブを受け取ります。
それぞれのカードを裏向きでよく混ぜて準備します。
地図カードは裏向きでよく混ぜたら、各プレイヤーに7枚ずつ配って残りは山にします。
イベントカードを1枚表向きにし、船をスタートマスに置いたらゲームスタート。
ゲームは5ラウンドで、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
船の移動や新しいイベント、手札の補充等の準備フェイズ。
小島の使用・地図カードのプレイ・パスのうち1つを実行し、全員がパスするまで続けるアクションフェイズ。
船が向いている岸で略奪品を分配する略奪品の発見フェイズ。
これを5ラウンドやったら最後に探検を1回やりゲーム終了で、得点計算をしてもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ローランド
 Das tiefe Land(Feuerland Spiele:2018)


ローランド

羊を増やしつつ、堤防を建設して高潮から農場を守って得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードを広げ、その横に羊市場を置きます。
農場タイルを種類で分け、よく混ぜてディスプレイをつくります。
各プレイヤーは選んだ自分色のコマセットと個人ボードを受け取ります。
資源カードを裏向きでよく混ぜて、ゲームボード上で所定の位置に置き、各プレイヤーに最初の手札として4枚ずつ配ります。
ゲームは、3ラウンド6フェイズを3回繰り返します。
最初に潮の変わり目で、各プレイヤーの手札上限確認・洪水カードの配置・洪水コマの配置をやります。
続く労働フェイズでは、自分の農夫コマを使ってアクションをしていきます。
維持フェイズでは、羊の繁殖や収入、農夫コマの回収などを行います。
労働フェイズと維持フェイズをもう1回ずつやったら、満ち潮フェイズへ。
堤防の持ちこたえチェックをし、再び潮の変わり目からはじめます。
この流れを3回やり、最後に高潮チェックをしてゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・レイド
 Raids(IELLO:2018)


レイド

ヴァイキングとなり、船を強化しつつ宝物を入手し、得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に、探索する全世界を表している大きなゲームボードを広げます。
遠征タイルを種類で分けてよく混ぜ、それぞれ裏向きの山にしておきます。
各プレイヤーは自分の船を選び、同じ色のマーカーを受け取ります。
ゲームでは4回の遠征が行われ、1回の遠征は何回かの手番(ターン)で構成されています。
手番を行うのは、常に最後尾のプレイヤーです。
手番がきたら、現在自分がいる場所にあるタイルを取り、自分の船に配置します。
次に船を移動させます。
まず、自分と直前にいる船の間にあるタイルをすべて、捨て札にします。
移動はどこまでも進むことが出来ますが、他のプレイヤーがいるタイルに入った場合、戦闘が発生し、負けたほうは追い出されます。
タイルによっては、止まることが出来ないタイルもあります。
モンスターは素通りすることが出来ず、止まって戦うか、手下を1コマ払うことで通り過ぎることが出来ます。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、全員がゴールしたら1回の遠征が終了で新たな遠征へ。
4回目の遠征が終了したらゲームも終了し、得点を計算をしてもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ