ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > まみむめも

3

・マヨリカ
 Majolica(Blue Magpie Games:2018)


マヨリカ

タイル職人となり、設計図を完成させて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームの目的は、花柄タイルを集めて設計図を完成させていくことです。
テーブル上に広げるのは2枚のボードで、大花柄タイル部品置き場になっています。
各プレイヤーは自分用の工房ボードと、最初の設計図を選んで工房ボードに置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではプレイヤーの手番を繰り返していきます。
手番がきたら、メインボードの大花柄タイルを3つの取り方から1つを選んで取ります。
次に大花柄タイルと同じ柄の小花柄タイルを取り、自分の工房ボードに置きます。
最後に、工房ボードの作業場が満たされていたら、設計図に押し込み、残ったタイルを次の作業場へ移動させます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、メインボードの大花柄タイルが4枚未満になったらラウンド終了。
スタートプレイヤーを次の人に移動させ、メインボードのセットアップから始めて次のラウンドへ。
ラウンド終了時、誰かが5枚以上の設計図を完成させていたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ミープルサーカス
 Meeple Circus(Matagot:2018)


ミープルサーカス

曲芸師たちを使ってサーカスの公演で得点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームは予行練習2回、本公演の3ラウンド。
各ラウンドは、準備・披露・評価・終幕の4フェイズを実行します。
各プレイヤーはそれぞれのラウンドで、演者や道具を獲得して、より高得点の演目を披露していきます。
最終的に本公演終了時、もっとも拍手点を獲得していた人が勝者になります。

続きを読む

3

・マキスタック
 Maki stack(Blue Orange:2018)


マキスタック

お題カードの指示通りに、寿司を積み上げていくゲームです。
4人でプレイ。

プレイヤーを同人数になるよう、チーム分けします。
各チームは、寿司マット・目隠し・ブロック1組を持ちます。
お題となるカードをよく混ぜ、裏向きの山にしておきます。
お題は裏面の色で遊び方が異なり、赤の場合は目隠しモード、黄色はお箸モードです。
各ラウンドでは、カード山で遊び方を確認し、指示するプレイヤーが一番上をめくって見ます。
お箸モードは全員でカードを確認します。
いずれの場合も積み上げた速さを競い、先に完成させたチームがカードを獲得します。
これを繰り返し、お題カードを6枚獲得したチームが勝利します。

続きを読む

3

・ミスター・ジャック・イン・ニューヨーク
 Mr. Jack in New York(Hurrican:2009)


ミスター・ジャック・イン・ニューヨーク

ニューヨーク・マンハッタン島を舞台に、ゲーム終了時までに切り裂きジャックは逃げ切り、捜査官はミスタージャックを逮捕するのを目指すボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードは、今回の舞台となるマンハッタン島。
プレイヤーは、切り裂きジャックと捜査官に分かれ、お互いの勝利条件を目指すのが目的。
ゲームは最大8ラウンドで、各ラウンドではキャラクターを選んで使い、目撃者の証言を得て、最後に次ラウンドの準備をします。
偶数と奇数ラウンドでキャラクターを使うセットが決まっています。
これを繰り返し、ジャックがマンハッタンを脱出する・捜査官がジャックを捕まえる・ジャックが捕まらないまま8ラウンド目が終了するのいずれかでゲームが終了します。

続きを読む

3

・魔法使いの修行の旅
 Wizards Wanted(Mattel:2017)


魔法使いの修行の旅

魔法使いとなってピクシーダストを使い、魔法のお仕事の達成で得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードを広げて、指定の場所に魔法のお仕事カードを置きます。
各プレイヤーは自分のキャラクターを決め、最初の30ピクシーダストを受け取ります。
ゲームは、スタートプレイヤーから順番に手番を繰り返し、魔法のお仕事カード山からロイヤル・インスペクターが出てきたら終了です。
手番では、移動とアクションを実行します。
移動は最大5マスまでで、魔法の鳥のタクシーはお金を払うことで何度でも使用可能です。
アクションは、ピクシーダストの購入・魔法のお仕事・魔法のライセンス獲得の3つから1つを選んで実行しますが任意です。
ゲーム終了時に最終得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・メルカド
 Mercado(Kosmos:2018)


メルカド

市場でコインを使って買い物をし、得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央には、高級品や香水、市場タイルが並びます。
各プレイヤーは自分の色を選び、その色のコインが入っている袋と人物タイルを受け取ります。
タイルの横に得点ボードを置き、スタート位置に全員のマーカーを置きます。
ゲームは、スタートプレイヤーから始めて、ゲーム終了まで順番に手番を実行していきます。
手番がきたら、袋からコインを3枚引くか、それまでに使ったコインを回収するか選びます。
袋からコインを3枚引いたら、タイルの自分色の辺に配置しますが、黒は偽コインなので配置出来ません。
コインを置けないまたは置きたくない場合、袋に戻します。
タイルの条件を満たしていたら決算発生します。
引かずに回収する場合、自分の人物タイルの上のコインをすべて袋に入れます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが得点ボードを1周したら、スタートプレイヤーの右隣りの人まで手番をやってゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・モンスタースラップ
 Monsterslap(Ravensburger:2018)


モンスタースラップ

逃げ出したスライムモンスターを出来るだけ捕まえるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

箱の中には、どのモンスターを捕まえるか指定するルーレット。
各プレイヤーは、ねばねばハンドを持ち、同じ色のスライムモンスターを自分の前に置きます。
街のモンスターをテーブルに置き、中央にゴミ箱を置きます。
手番がきたらルーレットを回し、表示されているモンスターを一斉にねばねばハンドで叩きます。
自分のモンスターが表示された時は、ゴミ箱を叩きます。
獲得した人の得点マーカーを動かし、次の人がルーレットを回してゲームを続けます。
これを繰り返し、誰かの得点マーカーがはしごまできたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

このページのトップヘ