ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > かきくけこ

3

・クワァンタム
 Qwantum(Nurnberger-Spielkarten:2018)


クワァンタム

ダイスの数字を合計して、自分のシートに書き込んでいく紙ペンゲーム、クワァンタムです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のシートと鉛筆を受け取ります。
ゲームの目的は、左から右へ昇順で数字を書き込んでいくけれど、出来るだけ大きい数字を書き込んで高得点を狙う。
スタートプレイヤーから順に、手番で3つのステップを行います。
まずは7個すべてのダイスを振る。
この時、一度だけなら振り直しが出来ます。
手番プレイヤーが色別に分け、その中からダイスを選び、合計値を書き込みます。
他のプレイヤーも残った色から選んで、シートに数字を書き込むことが出来ます。
もし数字を書き込むことが出来なかった場合、シートの失敗欄にチェックを入れます。
そして次のプレイヤーへ手番が移り、誰かがシートの4色をすべて埋めたら終了。
合計して、もっとも高いプレイヤーの勝ちになります。

続きを読む

3

・カヴェルナ:洞窟対決
 Caverna: Hohle gegen Hohle(Lookout Games:2017)


カヴェルナ:洞窟対決

プレイヤーはドワーフになり、山を掘り進めて部屋をつくって豊かさを手に入れていく、カヴェルナ:洞窟対決です。
トド吉とプレイ。

中央には出来るアクションのタイルが並ぶアクションボード。
お互いに自分の洞窟ボードを持ち、セットアップをします。
ゲームは8ラウンドで、各ラウンドでは3つのフェイズを行います。
まずはラウンドの始めにアクションタイルを1枚めくる新しいアクションタイル。
次にプレイヤーが交互に、アクションタイルからアクションを選んで行っていくアクションフェイズ。
最後に、選んだアクションタイルを元に戻し、スタートプレイヤーを交替するラウンド終了フェイズ。
8ラウンド終了後、得点計算をし、得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・ゴーゴージェラート!
 Go Go Gelato! (Blue Orange:2017)


ゴーゴージェラート!

アイスクリーム屋さんとなり、お客さんの注文を正確に早く完成させていくゲームです。
翔さん・よしさん・きむち。さん・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、各色1個のコーン4個とアイス3個を持ちます。
カードを裏向きでよく混ぜ、山にしておきます。
カードがめくられたら、素早くカードに描かれているアイスとコーンの組み合わせをつくります。
この時、アイスには手を触れてはいけません。
完成したら「ゴーゴージェラート!」と宣言します。
成功したらカードを得点として獲得し、これを誰よりも速く5枚集めた人が勝者になります。

続きを読む

3

・キューバード
 CuBirds(Catch Up Games:2018)


キューバード

鳥を集めて群れを完成させ、コレクションに加えていくカードゲームです。
青リンゴ氏・ようこさん・トド吉・私の4人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜ、山札をつくります。
各プレイヤーに8枚ずつ配って手札にし、さらに3枚X4列にカードを並べて場をつくります。
最後に各プレイヤーは1枚ずつ受け取って自分の前に置き、最初のコレクションにします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは条件を満たすまで手番を繰り返していきます。
手番がきたら、手札から1種類の鳥カードを選んで、場の一番左か右のどちらかに加えます。
この時、選んだ種類の鳥カードはすべて出さなくてはなりません。
追加した鳥カードがすでに置かれていたら、挟まれた間の鳥カードをすべて取って手札に加えます。
次に鳥の群れが出来ていれば、完成させることが出来ます。
誰かの手札がなくなったらラウンド終了で、手札をすべて捨て札にし、再び手札を8枚ずつ配りなおします。
これを繰り返し、手番終了時に7種類の鳥カードが集まっている、もしくは少なくとも2種類の鳥カードが3枚以上になったプレイヤーがいたら、その人の勝利でゲームも終了します。

続きを読む

3

・カルカソンヌサファリ
 Carcassonne: Safari(Hansim Gluck;2018)


カルカソンヌサファリ

タイルを配置して、サバンナをつくって得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カルカソンヌシリーズですが、今度はサバンナが舞台。
手番がきたら、まずタイルを引いて配置します。
次にミープルを配置したタイルに置くか、ジープを移動させるか、泉をつくる・拡張するの中から1つを実行。
最後に得点が発生していれば処理を行います。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、タイルがなくなったらゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ケロ
 Kero(Hurrican:2018)


ケロ

燃料を使って資源を集め、得点を獲得していくボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードには、各プレイヤーの探索者マーカー置き場と占有領地が描かれています。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドは何回かのターンからなり、各ターンでは3つか4つのステップを実行します。
自分のターンでは、まず自分のトラックを使い任意で燃料の補給をします。
次に白ダイス5個と任意で色付きダイスを持ち、自分のトラックを逆さまにして立てたらダイスを振ります。
燃料が尽きるまで、何回でも振り直すことが可能ですが、炎マークは振り直すことが出来ません。
ダイス目に満足したら、ただちにトラックを水平に戻します。
途中で燃料が尽きた場合には、そこでターン終了となり何も出来ませんが、ただちに無料で燃料補給出来ます。
ダイスの出目を使って、カードやトゥアレク族タイル、探索者の配置を行います。
最後に出目の炎を数え、その分ボードに残っているカードを捨て札にします。
そして相手の手番になり、交互に手番を続けて占有カードが出てくるとラウンド終了。
領地の分配を行ったら、次のラウンドへ。
これを続け、3ラウンド終了時にゲームも終了。
得点計算をし、高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・カルペディエム
 Carpe Diem(alea:2018)


カルペディエム

タイルを並べて自分の都市を発展させ、得点を獲得するボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードを広げ、カードやタイルの準備をします。
各プレイヤーは、自分用のタイルやボードなどを受け取ります。
ゲームは4フェイズで、各フェイズは7ラウンドからなります。
各ラウンドでは、手番がきたら、ゲームボード上にある自分のコマを動かします。
移動先は向かい合っている2つの半円マスのどちらかです。
移動させたら、置かれている建物タイルを1つ取り、自分の枠タイルに配置します。
取ったタイルを置きたくない場合は、裏返して倉庫に置きます。
全員がタイルを7枚ずつ取ったらフェイズ終了。
得点計算は、ゲームボードに置かれている得点タイルにマーカーを置いて獲得します。
そして、次のフェイズへ。
4回目の得点計算後、ゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ