ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > かきくけこ

3

・ゴミ箱パンダ
 Trash Pandas(Gamewright:2017)


ゴミ箱パンダ

ゴミ箱から拾ったエモノを住処に隠して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに初期手札を配ります。
マーカーとダイスをテーブル中央付近に並べます。
スタートプレイヤーから順に、手番を行っていきます。
手番がきたら、まずダイスを振ります。
出目と同じマーカーを場から受け取り、続けるかやめるか選びます。
やめる場合、マーカーを使用して次の人の手番へ。
すでに出た目と同じ目が出たらバーストで、ゴミ箱(山札)から1枚引いて手番終了。
これを繰り返し、ゴミ箱(山札)が空になったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・コペンハーゲン
 Copenhagen(Queen Games:2019)


コペンハーゲン

自分の家に壁や窓をつけ、得点を獲得していくボードゲーム『コペンハーゲン』です。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

場には港と得点ボード、周囲にはパターンカードを並べます。
各プレイヤーは、自分の家ボードと能力タイル、裏向きでよく混ぜたパターンカードを持ちます。
スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していき、誰かが12点に到達するか、終了カードがめくられたらゲーム終了です。
手番では、場のパターンカードから連続する2枚を取るか、手札からパターンカードを出して対応するタイルを自分の家に配置するかのどちらかを実行します。
タイルを配置し、縦もしくは横ラインが完成したら、即座に得点獲得。
紋章や特定の横ラインを埋めると、能力タイルや特殊タイルを獲得出来ます。
これを終了条件まで繰り返していき、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ゴーゲッコゴー
 Go Gecko Go!(Zoch:2019)


ゴーゲッコゴー

動物たちの水泳レースで、自分の動物たちすべてを誰よりも早くゴールさせるボードゲームです。
メビウスママさん・怪獣くん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードを広げて水タイルを並べ、橋を2ヵ所に設置します。
各プレイヤーは自分の列を決め、動物コマをスタートに置きます。
手番がきたら、ダイスを振るか押し出すか決めます。
押し出せるのは、自分の動物が橋の直前にいる場合のみ。
ダイスを振る場合はダイス3個を振り、まずは天気ダイスを見ます。
晴れの場合、全員が日陰にいる動物を1マス前進させます。
稲妻や虹は手番プレイヤーにしか効果がありません。
カラーダイスから1色を選び、その色の動物を前進させます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが自分の動物全部をゴールさせたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・禁断の空
 Forbidden Sky(Gamewright:2018)


禁断の空

全員で協力し、ロケットを打ち上げるボードゲーム『禁断の空』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

スタートグリッドを組み立て、テーブル中央に置きます。
ロケットの部品等は、テーブル上にまとめて置いておきます。
各プレイヤーは冒険者1人を受け取り、体力とロープのメーターにクリップをつけます。
基盤タイルを裏向きでよく混ぜて山札にし、各プレイヤーに最初のタイルを配ります。
スタートプレイヤーから順に、手番をおこなっていきます。
手番がきたら、4種類のアクションから任意の組み合わせで最大4回のアクションを行います。
次に嵐カードを引き、カードに従って嵐メーターを動かします。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、設計図に描かれたすべての部品を回路中に組み込み、全員が発射台に揃っていたら勝利。
感電死・落下・吹き飛ばされる・置き去りの場合は敗北です。

続きを読む

3

・こねこばくはつ
 Exploding Kittens(Ad Magic:2015)


こねこばくはつ

爆発を回避し、最後まで生き残るのを目指すカードゲーム『こねこばくはつ』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ばくはつと爆弾処理カードを抜いた残りのカードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに7枚ずつ配ります。
その後、各プレイヤーに爆弾処理を1枚ずつ配り、最初の手札を8枚にします。
ばくはつカードをプレイ人数より1枚少ない枚数と爆弾処理カードすべてを山札に戻し、再びよく混ぜて山にしておきます。
手番がきたら、パスもしくはカードをプレイ。
プレイする場合、望むだけ何枚でもプレイすることが出来ます。
そして山札からカードを1枚引き、手札に加えます。
この時、ばくはつカードを引いてしまったら、爆弾処理カードを出すか脱落します。
これを繰り返し、最後まで爆発しないで残った人が勝者となり、ゲーム終了になります。

続きを読む

5

・クリプティド/クリプテッド
 Cryptid(Osprey Games:2018)


クリプティド

謎の生物『クリプティド』が存在するたった1マスを求めて、自分の条件を頼りに他の人の条件を聞き出していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームは、通常と上級で遊ぶことが出来ますが、ルールは同じです。
使用するカードが違い、手がかりに否定が入ります。
まずはどちらのルールで遊ぶか決めます。
そしてスタートプレイヤーを決め、各プレイヤーにマーカーを配ります。
カードをよく混ぜて1枚選んだら、地図タイルを並べて準備します。
各プレイヤーに手がかりの本を配ったら、今回遊ぶカード裏面に書いてある数字を伝え、それぞれ自分の手がかりを確認します。
スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番では、他の人に質問するか・マスを探索するかのどちらかを行います。
質問の時も探索のときも、嘘をついてはいけません。
もし全員が手詰まりになってしまったら、他のプレイヤーの賛同があればヒントをもらえます。
これを繰り返して、手がかりを使って『クリプティド』の住処を最初に見つけた人が勝者になります。

続きを読む

3

・コネクス
 CONEX(HABA:2017)


コネクス

コーナーを合わせてカードを配置し、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

得点ボードをテーブル中央に置き、各プレイヤーによく混ぜたカードを裏向きで5枚ずつ配ります。
手番がきたら、手札から1枚出して配置し得点を得る、山札からカードを2枚引くのどちらかを実行。
カードを置く場合、置くカードのコーナーが重ねる得点ボードもしくはすでに置かれたカードに合うように置きます。
この時、重ねていいのは1枚だけで、他のコーナーに触れたり重なってもいけません。
また遊んでいる場所からはみ出してもいけません。
アクションカードを配置した場合、描かれているイラストに従います。
これを繰り返し、得点ボードのゴールに誰かが到達するか、誰もカードを出せない・置く場所がなくなったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ