ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ: 国産・同人ゲーム

4

・ゴー・ダッ・チーズ
 Go da Cheese!(OKAZU brand:2015)


ゴー・ダッ・チーズ

出来るだけ多くのチーズを獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場に並ぶのは取り合うチーズで、プレイ人数によって、使うチーズの枚数が違います。
今回は3人プレイなので6枚。
各プレイヤーは、同じ内容のカードセットを持ち、シャッフルして自分の山札をつくります。
そこから3枚引いて最初の手札とします。
手番がきたら出来ることは2つのうち1つ。
自分の山札からカードを3枚引いて手札に加えるか、場にカードを3枚置くか。
場に置く場合、最初の1枚は裏向きで、2枚目はその左隣りに表向き、3枚目はまたその左隣りに表向きで置きます。
カードの中には裏向きで置けるカードもあるので、その場合は2枚目3枚目でも裏向きで置けます。
これを繰り返し、全員の山札と手札がなくなるまで続け、得点計算。
好きな場所のチーズから、並んでいるカードを順番が入れ替わらないように表向きにします。
カードにはイヌ、ネコ、デブネズミ、王様ネズミ、普通のネズミがあります。
最初はイヌの処理で、イヌの前後1枚にネコがいれば、ネコを得点として受け取ります。
次にネコの処理で、ネコは前に向かってネズミを3匹取ります。
王様ネズミは列の一番前に割り込み、最後に残ったネズミでチーズを取り合います。
すべてのチーズで処理が完了したら得点を計算し、一番得点の高い人が勝者となります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・ジョブ
 JOB(ホッパーエンターテイメント:2015)


ジョブ

自分の職業に必要なアイテムを集めるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

まずは、数ある職業の中から、ランダムで自分の職業決め。
今回、トド吉が消防士で私がパティシエ。
自分のシートにキャラクターカードを置き、場にアイテムカードを裏向きで並べます。
手番がきたら、場にあるカードを1枚めくるだけの神経衰弱風。
めくったカードが自分に必要なアイテムなら、そのまま自分のシートに持ってきます。
必要ないアイテムだったら、そのまま裏向きに戻します。
アイテムを他に必要な人がいたら、「ジョブ!」と言うことで、表向きのままキープされます。
必要とする人は、ジョブしたカードと同じ数字のカードを探し当てることで、手に入れることが出来ます。
こうして繰り返していき、誰かがアイテムすべてを集めたら、その人の勝利でゲームが終了します。
アイテムカードをよく混ぜて、裏向きで並べたらゲームスタート。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

4

・海底探検
 Deep Sea Adventure(Oink Games:2014)


海底探検

海底遺跡に潜り、財宝を集めるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

海底遺跡には深さが3段階あり、より深いほうが財宝の価値も高め。
深度で色分けされていて、1つの列になるように裏返しで並べます。
ゲームはいたって簡単で、手番になったら進むか戻るか宣言します。
方向をかえられるのは、1ラウンドに一度だけ。
戻り始めたら、戻るしかないのです。
次に財宝を持っていれば空気を減らし、その後ダイスを2個振ります。
そして出目の合計分、自分のコマを進めるだけ。
止まったら、何もしないか財宝を拾うか、ブランクチップなら自分の財宝と取り替えるのどれかを実行。
これを繰り返し、空気がなくなるか、全員が帰還すればラウンド終了。
これを3ラウンドやり、持っている財宝の得点が一番高い人の勝利で終了します。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・桃太郎電鉄ボードゲーム 大どんでん返しの巻(タカラトミーアーツ:2012)

桃太郎電鉄ボードゲーム

目的地を目指して進んで土地を手に入れ、決算で収入を獲得しながらお金を増やしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

桃太郎電鉄といえば、知っている人も多いというか、みんな知っていると思う。
それをそのままボードゲームにして、さらにボードが両面仕様で日本と世界で遊べるというもの。
私はかなり昔に一度だけ遊んだ記憶があるけれど、正直覚えていない。
今回は流れを覚えるということで、3年の貧乏神なしルールで遊んでみました。
手番がきたら、トレインルーレットのダイスを回し、出た目進むというすごろく。
目的地が決まっていて、そこへ最初に辿り着けば購入権利が発生。
買わない場合は場に残るので、欲しい人が目的地へ行けばいいという。
毎年3月が終わると決算が発生し、所有している土地から収入が入ります。
ゲーム終了時、所持金の一番多い人が勝者になります。
スタート地は東京で、お互い2億円を握りしめてスタート。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

4

・街コロプラス
 Machi Koro +(グランディング:2012)


街コロプラス

街コロに新しい施設やランドマークが追加され、基本よりゲーム終了までちょっとだけ遠くなりました。
トド吉と2人でプレイ。

慣れてない人と遊ぶ時に、ほぼ鉄板として遊んでいる街コロ。
現在だと拡張は2種類出ていますが、まずは古いほうでこちらの「+(プラス)」を。
ルールは街コロと同じで、この拡張セットには拡張ルールもありますが、今回は建物を足しただけで。
加わった建物は13種類。
施設ではピザ屋・バーガーショップ・サンマ漁船・マグロ漁船・食品倉庫・フラワーショップ・花畑・寿司屋、大施設には出版社・税務署、ランドマークには空港・港、初期施設には役所。
このランドマークが増えたことと、初期施設の役所で、かなりプレイ感がかわります。
早速、役所・麦畑・パン屋とランドマークを裏返しに並べたらゲームスタート。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・ダイエット&フレンズ(冒険企画局:2014)

ダイエット&フレンズ

カロリーオーバーしそうな食べ物を友達にあげて、いち早く手札をなくすゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時、配られた手札は6枚。
カードには、ステーキやビールなど食べ物カード7種類、記念日、スペシャルカードがあります。
ゲームはいたって簡単で、手番がきたら5つの中から1つを実行していきます。
山札と1枚カード交換する寝る、ダイスを振って出目と同じカロリーのカードをすべて捨てるダイエット、スペシャルカードを出して指示に従う、プレイヤーを1人選んで誘うランチ、みんなでご飯を食べにいく記念日の5つ。
これを繰り返し、手札のカードをすべてなくした人がダイエット成功。
残りの人は、手札に残ったカードの分だけ太ります。
全員がスタートプレイヤーを1回ずつやったらゲーム終了。
一番スリムになった人が勝者となります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・グローブトロッター:世界を巡る旅行者
 Globetrotter(ジョイゲームズ・ゲームストアバネスト:2014)


グローブトロッター

カードを使って動いていき、1周するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

まずは移動していく世界の観光名所を円状に並べます。
手番がきたら、カードを引くかカードを出すのどちらか、もしくは両方をやります。
カードを引く場合は、駐車場または山札から1枚引きます。
カードを出す場合、すでに出されているカードと色もしくは乗り物が同じように出し、つながるなら手札から自由に出せます。
ただし、最後に出したカードが、次の目的地と乗り物もしくは色が同じになるようにします。
さらに手札をすべて使い切れた場合、2都市移動し、山札から手札を5枚補充します。
手札をすべて使い切った上で、次の目的地と色もしくは乗り物が同じカードで終われれば3都市移動が可能。
誰かがフィニッシュラインに到達するか過ぎたら、全員の手番数が同じになるまでやりゲーム終了。
自分と次の人までの都市数が得点として入ってきます。
これを規定ラウンド繰り返し、合計得点の一番多い人が勝者となります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ