ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > 国産・同人ゲーム

3

・トマトマト
 tomatomato(Oink Games:2018)


トマトマト

並んだカードを早く読み上げるゲームです。
6人でプレイ。

カードをよく混ぜて、裏向きで重ねます。
ダイスを振って出た目の数が、今回めくる数です。
重ねてあるカードから、枚数分のカードをめくり、表向きに1列に並べます。
自分の番では並んだカードを順番に読み上げるだけ。
成功すれば、重ねる枚数のカードを追加で並べて次の人の番になります。
失敗したら、その人以外の人たちが一斉に並んでいるカードを取ります。
掛け声と共に、欲しいカードに対して指をさします。
誰ともかぶらなかったら、カードを得点として獲得。
誰かとかぶってしまったら、今回は誰もカードを獲得出来ず、捨て札にします。
カードの分配が終わったら、次の人の手番へ。
これを繰り返し、裏向きのカードがなくなったらゲーム終了です。

続きを読む

3

・かなざわレシピ(ホッパーエンタテイメント:2018)

かなざわレシピ

自分に与えられたメニューを完成させるため、材料を集めていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時、手札として6枚の材料カードとレシピを1枚持っています。
自分がつくらなければいけないレシピには、必要とする材料が6つ描かれてて、最初に必要な材料があれば、裏向きでカード置き場に置くことが出来ます。
ルールはいたって簡単で、手札から1枚捨てて、山札から1枚補充するだけ。
補充した時に必要な材料だったら、自分のカード置き場に裏向きで置いて確保。
さらに他の人が捨てた材料が欲しい材料だったら、「レシピ!」と宣言してもらうことが可能。
ここでプレイ順が宣言した人になり、手札から1枚捨てたら次の人・・・と進んでいきます。
ゲームが進み、あと1枚で完成する時には「ごはんですよ」と宣言し、見事出来上がったら「できあがり!」と宣言します。
一番最初に出来上がった人が勝者となります。

続きを読む

3

・ダイスエイジ
 Dice Age: The Hunt(Hobby Japan:2017)


ダイスエイジ

ダイスを配置して狩りを行い、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードには、ダイス目が1から6まで描かれている狩場と世代カード置き場。
各プレイヤーは、自分色のダイスを指定の数だけ受け取ります。
ゲームは4ラウンド。
各ラウンドでは、全員がダイスを置くまで手番を繰り返します。
手番がきたら、手元のダイスすべてを振り、最低1個を選んで狩場へ置きます。
この時、手元のダイスがなくなったら、世代カードを取ってラウンドから抜けます。
残ったプレイヤーでラウンドを続け、全員がダイスを置ききって世代カードを取ったらラウンド終了。
狩場の獲物カードを獲得し、世代カードの繁栄処理をしたら、スタートプレイヤーを移動して次のラウンドへ。
これを繰り返し、4ラウンド終了時にゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・みんなのレシピ(ホッパーエンターテイメント)

みんなのレシピ

材料を集めて料理をつくるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

レシピシリーズの最新作は「みんなのレシピ」。
ゲームのルールは従来のものと変わりませんが、メニューが違います。
今回は、からあげやおこのみやきなど、みんなが好きそうな一般的な料理です。
手番がきたら、必要のない具材をシンクに捨てて、ストッカーからカードを1枚引くだけ。
この時、必要な具材を引いたら、裏返して自分のキッチンへ配置します。
他のプレイヤーがシンクに捨てた具材が必要なら、「レシピ」と宣伝することで自分のキッチンへ置くことが出来ます。
その後、不要なカードをシンクに捨てます。
手札が最後の1枚になったら、「ごはんですよ」と宣言し、具材がすべて揃ったら「できあがり」と宣言します。
一番最初に料理をつくった人が勝者です。

続きを読む

・きょうあくなまもの
 Terrible Monster(Sweet Lemon:2015)


きょうあくなまもの

モンスターを使って、相手にダメージを与えていく対戦カードゲームです。
トド吉とプレイ。

最初に配られるカードは5枚。
お互いにライフトークンと無効化トークン、リファレンスシートを持ったらゲーム開始。
手番がきたら、山札からカードを1枚引きます。
その後、カードを2枚までプレイしたら、手札を5枚になるように捨てて手番終了。
相手がカードを出した時、無効化トークンを使うことでカードを無効にすることが出来ます。
無効化されたのを、さらに無効化トークン2枚で無効化封じすることも出来ます。
これを繰り返し、どちらかのライフトークンがなくなったゲーム終了です。

続きを読む

・たたらばと森(たなごころ/Hobby Japan:2016)

たたらばと森

森に植樹し伐採して、永代たたら場の建築を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードを組み合わせて、ゲームの場となる原生林をつくり、初期配置をします。
プレイ人数によって変わる遷移札を準備し、各プレイヤーは自分色のコマセットを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各プレイヤーが1回ずつ手番をやり、最後に森を成長させるとラウンド終了。
これを誰かが永代たたら場を建てるか、ブナのストックが切れたらゲームが終了します。
手番では、まず自分のコマを移動させます。
次にアクションで、植林・伐採・足マーカーを得るの3種類から2回実行します。
ラウンドの終了処理は、まず遷移札を公開し、同じ数字の場所の木が成長します。
木によっては、遷移する場合があります。
最後にスタートプレイヤーを移動させ、次のラウンドへ移ります。

続きを読む

2

・チョコボのクリスタルハント
 Chocobo's Crystal Hunt(SQUARE ENIX)


チョコボのクリスタルハント

4つのクリスタルを集めるカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、デブチョコボカード・クリスタルマーカー・クリスタルカードを受け取ります。
使用するすべてのカードを裏向きでシャッフルして山札をつくり、各プレイヤーは手札が3枚になるように山札から引きます。
ゲームの目的は、4つのクリスタルまたは、種類に関係なく6枚のクリスタルカードを手に入れることです。
手番がきたら、まず山札からカードを1枚引きます。
次に探索カードを使用することが出来ます。
手札から探索カードを出し、任意のプレイヤーを選んで手札から1枚引いて公開します。
クリスタルなら自分の手札に加え、探索カードなら持ち主に返し、モンスターだったら効果を発動します。
そして探索に使ったのがデブチョコボなら手札に戻し、チョコボなら探索に成功すれば手札に戻せ、失敗したら捨て札にします。
その後、勝利条件を満たしていたら、手札を公開し勝利点チップを受け取ります。
そうでない場合は、次の人に手番がうつります。
これを繰り返し、誰かがラウンドに2回勝利したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

このページのトップヘ