ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > はひふへほ

3

・パッチワーク:ドゥードゥル
 Patchwork Doodle(Lookout Games:2019)


パッチワーク:ドゥードゥル

自分のシートにパッチを並べて、より得点の高いキルトをつくりあげるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

パッチワークのシリーズで、今回は紙にパッチを描き込んでいきます。
カードを裏向きでよく混ぜて山札にしたら、山札からカードを8枚取って円形に並べます。
各プレイヤーは、シート1枚と鉛筆1本、スタートカードを受け取り、最初のパッチを描き込みます。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドでは全員同時に6ターンを実行していきます。
各ターンでは、まずダイスを振り、トークンを時計回りに出た目の数だけカード上を移動させます。
止まったカードに描かれているパッチを自分のシートに記入するか、パスをします。
全員が記入もしくはパスをしたら、カードを捨て札にして次のターンへ。
6ターン終えたらラウンド終了で得点計算をし、各自のシートに書き込みます。
再び8枚のカードを並べて次のラウンドへ進み、3ラウンド終了時にゲーム終了。
3ラウンド目の最後のターンはダイスを振らず、残っているカードからパッチを選んで描き込みます。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ふたつの城の物語 ルートヴィヒの夢の彼方に
 Between Two Castles of Mad King Ludwig(Stonemaier Games:2018)


ふたつの城の物語:ルートヴィヒの夢の彼方に

タイルを並べて2つの城をつくり、得点の低いほうが自分の得点になるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

部屋タイルを裏向きでよく混ぜ、9枚ずつの山をつくります。
各プレイヤーは、ランダムで最初の玉座の間を受け取り、隣りのプレイヤーとの間に置きます。
ゲームは2ラウンドで、各ラウンドでは最初に9枚のタイル山を取ります。
タイル山から2枚選んで伏せて置き、残りを次のプレイヤーに渡し、その後両隣りのプレイヤーと相談しつつタイルを配置します。
配置したら、渡されたタイル山から2枚選ぶところから繰り返し、最後に1枚残ったタイルは使用しません。
これで1ラウンド終了。
再び9枚のタイル山を取り、次のラウンドをはじめます。
2ラウンド目はタイルを渡す方向が逆になり、終了後にゲーム終了。
2つの城は別々に得点計算をし、低いほうの得点が自分の得点になり、最終得点がもっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・北海道
 Hokkaido(Lautapelit:2018)


北海道

カードを重ねて配置することで北海道を開拓し、得点を獲得するカードゲーム『北海道』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

前作『本州』で登場した大名たちが、今度は北海道を開拓するというテーマ。
テーマは続いているけれど、ルールはかなり違います。
各プレイヤーは最初のカードとなる故郷カードを受け取り、自分の前に置きます。
次に、所領カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに6枚ずつ配って手札にします。
ゲームは12ラウンド、各ラウンドではドラフトフェイズとマップフェイズを行います。
ドラフトフェイズでは、手札から1枚選んで裏向きのまま置き、残りを隣りのプレイヤーに渡します。
全員が渡し終えたら、マップフェイズ。
自分の前に配置しているカードに、少なくとも1マス重なるように残したカードを配置します。
これを6回やったら、再び手札を6枚ずつ配ります。
再びドラフトフェイズから続けますが、渡す方向が反対になります。
12ラウンドやったらゲーム終了で、得点計算を行います。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ほっかいどうレシピ(ホッパーエンターテイメント:2019)

ほっかいどうレシピ

自分に与えられたメニューをつくるために、材料を集めて行くカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

レシピシリーズの北海道料理編です。
ゲーム開始時、手札として6枚の材料カードとレシピを1枚持っています。
自分がつくらなければいけないレシピには、必要とする材料が6つ描かれています。
これを集めて、レシピ通りの料理をつくるのが目的です。
ルールはいたって簡単で、手札から1枚捨てて、山札から1枚補充するだけ。
補充した時に必要な材料だったら、自分のカード置き場に裏向きで置いて確保。
さらに他の人が捨てた材料が欲しい材料だったら、「レシピ!」と宣言してもらうことが可能。
ここでプレイ順が宣言した人になり、手札から1枚捨てたら次の人・・・と進んでいきます。
ゲームが進み、あと1枚で完成する時には「ごはんですよ」と宣言。
そして、見事出来上がったら「できあがり!」と宣言します。
一番最初に出来上がった人が勝者となります。

続きを読む

3

・パフューマー(調香師)
 The Perfumer(Big Fun:2016)


パフューマー(調香師)

実際ににおいを嗅いで材料を特定し、香水を調合して得点を獲得していくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

メインボードを奥、周りに産地ボードを置きます。
各プレイヤーは自分用のボードを持ち、レシピとコマを受け取ります。
ゲームは見習いと調香師の2種類ルールがあり、それぞれ助手のレベルが違い、見習いは1ラウンド、調香師は2ラウンド行います。
まず助手タイルを選び、次にプレイヤーの手番を進めていきます。
手番がきたら、持っている香りケースとカードケースをストックに戻し、アクションポイントを消費してアクションを実行。
手番終了時、産地に止まっていれば香りカードを取り、さらにストックからカードケースを取ります。
次のプレイヤーの手番になり、その間に香りカードとカードケースの香りを確認しておきます。
これを繰り返し、注文タイルの山札が尽きたら、スタートプレイヤーの右隣りのプレイヤーまで手番を行ってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハンズアップ!
 Hands Up!(FoxMind:2007)


ハンズアップ

ダイヤを盗もうとする泥棒を素早く捕まえていくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ダイヤをテーブル中央に置き、カードを裏向きでよく混ぜて全員が均等になるように配ります。
配られたカードは中身を見ずに、そのまま裏向きの山にして自分の前に置きます。
すべてのプレイヤーは同時に、自分のカード山の一番上をめくって公開します。
公開されたカードの中に、泥棒・ダイヤ・指紋がある場合にのみ、盗難事件が発生。
カード色と数が同じ・色が同じで数が違う・色が違って数が同じ・色も数もすべて違うのいずれかで盗難事件です。
見つけた人はテーブル中央のダイヤを素早く取り、カードの組み合わせを指さしで発表します。
正解したら、テーブル上にあるカードを他のプレイヤーたちに均等に配りますが、間違っていた場合はカードを自分がすべて受け取ります。
受け取ったカードは、自分の山札の下に足します。
これを繰り返し、誰かが自分の山札または自分の前に並べているカードが全部なくなったらゲーム終了。
一番早くカードを無くした人が勝者です。

続きを読む

2

・ハスプ
 Hasp(Agie Games:2018)


ハスプ

2対2のチーム戦で遊ぶカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームは、手札から1枚ずつ出していき、もっとも強いカードを出した人が出されたカードを獲得するトリックテイクです。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5つのステップを行います。
まずチームを決め、その後ディーラーを決めます。
次にディーラーが全員に3枚ずつカードを配り、ディーラーの左隣りの人が切り札の有・無を決めて宣言したら、さらに4枚のカードを各プレイヤーに配ります。
最初の手番だけ、カードを出す前に予測かパスを宣言してから、最初のプレイヤーと同じ色のカードを手札から1枚出します。
全員が出したら、もっとも強いカードを出した人が出されたカードをすべて受け取り、次のカードを最初に出す人になり続けます。
途中で予測をはずした人がいたら、即座にラウンド終了。
そうでなければ、7回トリックを行いラウンド終了して次のラウンドへ。
どちらかのチームが12点になったら、そのチームの勝利でゲーム終了です。

続きを読む

このページのトップヘ