ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲーム > はひふへほ

3

・ペロポネソス
 Peloponnes(Irongames:2009)


ペロポネソス

神々の住まう場所を舞台に、文明の1つを担当して繁栄させていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは担当する文明と色を選び、プレイヤーマットやマーカー、文明タイルを受け取ります。
災害タイルを全員が見えるように並べ、横に災害チットを裏向きでよく混ぜておきます。
土地・建物タイルを裏面の文字ごとに分け、それぞれ裏向きでよく混ぜて山にします。
ゲームは8ラウンドで、各ラウンドでは7つのフェイズを順に実行していきます。
まず、裏向きのタイル山からタイルを公開します。
次にプレイ順に従って、タイルに入札していきます。
入札額に応じて新しい手番順を決め、入手したタイルを文明に配置します。
新たに配置したタイルから収入を得た後、ラウンドの収入を獲得します。
最後に、災害チットをめくって災害判定をしたらラウンド終了。
新たなタイルを公開した時、供給アイコンのタイルが公開されたら、ゲームを一時中断して供給処理をおこないます。
8ラウンド終了後、最終得点計算をおこない、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ブラックエンジェル
 Black Angel(Pearl Games:2019)


ブラックエンジェル

ロボット乗組員で構成された航行艦ブラックエンジェルが惑星スペズに到達するまでに、勝利点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ブラックエンジェルボードを広げ、横に宇宙ボードを並べます。
各プレイヤーは自分の色を決め、プレイヤーボード、ディスクやロボット、初期技術タイル、カード等を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは各プレイヤーが手番を1回ずつ行います。
手番がきたら、手順Aか手順Bを選択します。
手順Aでは、任意でカードをプレイし、ダイスを1個使って1アクションを実行、使ったダイスと同じ色のカードを1枚引いてダイスをサプライに戻します。
手順Bでは、自分のダイスを振り直し、プレイヤーボードをリセット、最後にブラックエンジェルを惑星スペズに向けて進めます。
手札の上限は赤いカードを除き6枚です。
これを繰り返し、ブラックエンジェルが惑星スペズに到着するか、荒廃者(赤)カード山が尽きたら、そのラウンドを最後までやり、さらにもう1ラウンドやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ぶらり、ブラーノ島
 Walking in Burano(EmperorS4:2018)


ぶらり、ブラーノ島

ブラーノ島で地元民や観光客の要望を取り入れて家を装飾し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

フロアカードを階層別に分け、それぞれ裏向きでよく混ぜて山札をつくり、プレイ人数に合った枚数を山札の横に表向きで並べます。
人物カードは種類別に分けて並べます。
各プレイヤーは自分の色を選んでマーカーを受け取り、工事中カード2枚を自分の前に並べます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでプレイヤーは手番を1回おこないます。
手番では、場に並ぶフロアカードを1枚から3枚の間で取ります。
その後、自分の前の建設現場にカードを3枚まで任意で置きます。
建物が完成していたら、訪問する人物を選んで配置して手番終了。
スタートプレイヤーを移動し、場のフロアカードを補充したら次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが5軒の家を完成させていたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ペトリコール
 Petrichor(APE Games:2018)


ペトリコール

植物に水分を与えて育て、収穫することで得点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にプレイ人数に応じた作物タイルを並べ、その横にゲームボードを置きます。
各プレイヤーは自分の色を選び、水滴・マーカー類を受け取ります。
カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーにプレイ人数に応じた枚数を配ります。
ゲームはラウンド制で、短時間ゲームでは4ラウンド、長時間ゲームでは6ラウンドプレイします。
各ラウンドは、4つのフェイズからなります。
アクションフェイズでは、手札からカードを1枚プレイするか、パスをします。
誰かがパスをしたら残り全員が1手番ずつやり、手札の上限をチェックして次のフェイズへ。
天候フェイズでは、投票があった上位2つの天候を解決します。
最終ラウンドもしくは収穫ダイス3つが収穫アイコンになっていたら、収穫フェイズが発生します。
成長トークンが置かれているタイルの作物を収穫し、得点計算をします。
最後に、ラウンド終了処理をする整理フェイズ。
これを繰り返し、規定ラウンド数が終わったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ピクショナリー エアー
 Pictionary Air(Mattel:2019)


ピクショナリー エアー

2つのチームに分かれ、それぞれ仲間が何を描いているのか当てるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

※このゲームを遊ぶには、専用のアプリが必要です。
どちらのチームが先攻か決め、チームの中から1人がピクチャリスト(絵を描く人)になります。
ピクチャリストはお題のカードを1枚選び、5つ書かれているお題から1つを選びます。
絵を描く宣言をしたら、アプリのタイマーをスタート。
ライトペンを使って、空中にお題の絵を描いていきます。
チームメイトは何が描かれているか答え、正解すれば1点を獲得。
別のチームに交替し、ゲームを続けます。
両チームで10回ずつプレイし、得点の高かったチームの勝利です。

続きを読む

3

・ポンコツロボット大乱闘
 Moon-Bots(Blue Orange:2019)


ポンコツロボット大乱闘

廃品回収で部品を集めてつくったロボットを戦わせ、ロボットバトルで勝利を目指すボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、ロボットボード・エネルギーカウンター・ダイスを受け取ります。
テーブル中央には各カードを準備して市場をつくり、残ったカードは山にしておきます。
残りのダイスを市場の横に置き、プレイ順にエネルギーカウンターを置いたらゲームスタート。
手番がきたら、能力の購入、ロボットの稼働、市場カードの補充を順番に1回ずつ実行します。
能力の購入は任意で、能力カードを購入し、自分のロボットに配置します。
次に任意でダイスを振り、出た目を配置することで攻撃したりエネルギーの補填を行います。
最後に市場のカードの補充をしたら手番終了。
これを繰り返し、エネルギーが0になったロボットから順次脱落し、1人を除く全員が脱落した場合、残った1人が勝者になってゲーム終了です。

続きを読む

3

・牧羊犬
 Sheep Dog(MOZI Game:2018)


牧羊犬

牧羊犬と狼に分かれ、それぞれの目的達成を目指すボードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードをテーブル中央に置き、牧羊犬と狼の担当を決めます。
それぞれ目標カードとシンボルを受け取ります。
ボード横にラウンドタイルを並べ、牧羊犬のプレイヤーがボードに羊を配置します。
ゲームは最大6ラウンドで、各ラウンドは3フェイズ。
まず牧羊犬がラウンドタイルをめくります。
各フェイズは、牧羊犬が羊を移動させ、狼は目標カードから1枚選び、裏向きで自分の前に置くのを順におこないます。
第2フェイズでは、最後に牧羊犬が選んだ1つのエリアにシンボルを置きます。
第3フェイズでは、始めにアクシデントが発生していれば農場主を任意のエリアに置き、以降は第2フェイズまでと同様。
最後に、牧羊犬が自分の目標カードから任意の1枚を裏向きで自分の前に置きます。
お互いが出した目標カードを一斉に公開し、羊の判定を行います。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、狼は7匹の羊を食べたら勝利、牧羊犬は狼を3回捕まえたら勝利です。

続きを読む

このページのトップヘ