ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > はひふへほ

3

・ビンゴリノ
 Bingolino(Schmidt:2018)


ビンゴリノ

ダイスを振って出目を選び、自分の数字タイルを裏返していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、裏向きでよく混ぜたタイルから16枚選び、自分の前に4×4で並べます。
スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、ダイスを何個振るのか決めます。
決めたダイスすべてを振り、すべての出目を合計して宣言。
宣言した数字のタイルが表向きになっている人は、裏返します。
手番プレイヤーだけは、ダイスを1個減らした合計で裏返すことが出来ます。
ただし、手番プレイヤーだけは、裏返せなかった場合、すでに裏返したタイルを1枚選び表にします。
そして次のプレイヤーの手番へ。
縦横斜め1列が裏返しになったら「ビンゴリノ!」と宣言して、星チップを列の端に置きます。
誰かが星チップ4枚を置くことが出来たら、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ポケットマッドネス
 Pocket Madness(Funforge:2016)


ポケットマッドネス

出来るだけ早く持っているカードを手放して、狂気トークンを受け取らないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

プレイヤーは古き神々の崇拝者で、噂話を元に不気味な場所を調査していく。
そして調査によって得た知識で、他のプレイヤーを狂気に突き落とすというテーマです。
場所カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに2枚ずつ配って最初の手札にします。
残ったカードから17枚を抜き出して表向きにし、再びよく混ぜて山にしておきます。
テーブル中央に7枚のゲートカードを数字順に並べます。
その下に、場所カードの山を取り、順番を変えず数字が見えるようにカードを広げます。
手番がきたら、調査・ゲート遭遇・結果発表の3つから1つを実行し、そのあと任意でゲート封印アクションが行えます。
これを繰り返し、山札がなくなるか、誰かの手札が0枚になるとラウンド終了。
残っている手札で狂気トークンを受け取ります。
再びカードをよく混ぜて準備をし、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に、誰かが狂気トークンを10個所有していたら、もっとも狂気トークンが少ない人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・プロウィンキア・ロマーナ
 Provincia Romana(Stratelibri:2014)


プロウィンキア・ロマーナ

自分の都市をガリア人の襲撃から守りながら、繁栄させて得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは自分の都市を選び、都市ボードとディスクを受け取ります。
場にはゲームボードを広げ、各カードを種類別によく混ぜて山にして置きます。
戦闘カードも指定通りに準備し、カード置き場に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5つのフェイズからなります。
まずはカード選択。
スタートプレイヤーから順に、山札を1つ選んでカードを引き、自分が1枚取ってから他のプレイヤーも1枚ずつ順番に取ります。
各カードはそれぞれ、2人まで選ぶことが出来ます。
これを全員がやったら、カードのプレイへ。
カードは可能な限り何回でもプレイすることが出来ます。
そして、対象ラウンドならガリア人との戦闘へ。
その後、市民の士気が下がり防衛設備が劣化したら、発動出来る建物を発動させてラウンド終了。
これを6ラウンドやるとゲーム終了で、最後にカードプレイフェイズのみプレイして得点計算へ。
もっとも多くの得点を獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・パリス
 Paris Paris(Abacus:2003)


パリス

バス停に商店を建てて、売上を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードにはパリの街が描かれていて、5色のバスルートと各ルートのバス停が描かれています。
各プレイヤーは自分の色を決め、商店コマを受け取ります。
さらにゲーム終了時に計算する、特別運行マーカーを裏向きのランダムで1枚受け取ります。
停留所タイルをよく混ぜ、プレイ人数に合わせた数の山をつくったら準備完了。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは5つのフェイズを順に実行していきます。
まずはスタートプレイヤーがタイルの山を1つ選んで表にし、書かれている停留所にタイルを置いたら、順番にタイルを1つ選んで、自分の商店を置いていきます。
置ける商店の数は決まっているので、追い出された商店は袋の中へ。
余ったタイルの場所に商店を置いている人には得点が入り、タイルは駐車場へ置きます。
駐車場に置かれているタイルの中で、同じ色の組が出来るとグランドツアーが行われます。
次の人にスタートプレイヤーマーカーを渡し、次のラウンドを始めます。
これを繰り返し、タイルの山がなくなったラウンド終了時にゲーム終了。
最後に各プレイヤーが持っている特別運行タイルにバスを走らせ、袋の中の商店について得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・パレオリシック拡張:開拓時代
 Paleolithic: Seafarers(Shepherd Kit:2018)


パレオリシック拡張:開拓時代

開拓しながら集落や工芸品をつくり、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

基本の『パレオリシック』を遊んだ後、拡張を入れて遊んでみることに。
基本的なルールは基本と同じ。
開拓時代の拡張では、船・新しい動物(イノシシ)・建物のアップグレードが加わります。
手番で出来るのは、探索と工房の他に強化が選べるようになり、建物をアップグレードすることが出来るようになります。
監視所は、他プレイヤーが自分のいるマスに入ってくると食料をもらうことが出来ます。
貿易所は、探索で資源を得ると共に、船を動かせるようになり、船がゴールに着くと工芸品カードで貿易カードを覆うことが出来ます。
狩猟部屋は、自分のコマを1個増やすことが出来ます。

続きを読む

3

・ピココ
 Pikoko(Brain Games:2018)


ピココ

自分のカードだけが見えない中で、誰が何トリックとれるのか予想して賭けていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、カード立てになっている孔雀を受け取ります。
プレイ人数に合わせて、使う数字を調整します。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズに分かれています。
最初は、カードを配ってセットする準備フェイズ。
カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに8枚ずつ配ります。
配られたカードは、表を見ずに自分の孔雀に差し込みます。
残ったカードは山札とし、一番上のカードをめくって切り札を決めます。
次に入札フェイズで、他のプレイヤーがいくつトリックを取るのか予想し、スタートプレイヤーから順にトークンを賭けていきます。
最後にカードで自分自身への入札をしたら、次のフェイズでトリックテイクをやっていきます。
手札すべてがプレイされたら、最後に得点計算をしてラウンド終了。
これを3回やり、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・パレオリシック
 Paleolithic(Shepherd Kit:2018)


パレオリシック

開拓しながら集落や工芸品をつくり、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードに描かれているのは、未知の先史時代フォルモサ。
ボード横には、工芸品カード置き場と伝説キャラクターカード置き場があります。
各プレイヤーは自分の文化を選び、集落セットを受け取ります。
手番がきたら、探索か工房を実行します。
探索は自分のコマを任意で1マス移動させ、ダイスを振って出目で資源か食料を獲得します。
工房は、必要な資源を払って、工芸品を入手もしくは集落を建設します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが工芸品と集落の合計が5つになるとゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ