ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲーム > はひふへほ

3

・ペンギラミッド
 Penguinramids(dV Giochi:2019)


ペンギラミッド

ペンギンたちをピックアップして、ファラオが望むペンギンピラミッドをつくるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には勝利点を獲得するためのゴールカード、そして裏向きにしてよく混ぜ、山にしたペンギンカード。
各プレイヤーは、1から5の数字が書かれているアクションカードを持ちます。
ゲームは10ラウンド。
毎ラウンド、まずはピラミッドカードを人数分公開。
次に、各プレイヤーは自分のアクションカードから1枚選んで出し、一斉に公開。
数字の小さい順に、ピラミッドカードを取って自分の前に並べます。
アクションカードには特殊効果があり、4は使ったアクションカードを全部回収し、再び使うことが出来るようになります。
自分の前のピラミッドが完成したらゲーム終了。
得点計算をして、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ピクチャーショー
 Picture Show(Asmodee:2019)


ピクチャーショー

制限時間内に、チームメイトに正解を当ててもらう影絵を使ったゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

お題カードの難易度を決め、スクリーンをセットしたらすぐに遊べます。
ドライバーと単4電池を3本使うので、先に準備が必要。
ゲームはチーム戦。
各チームで影絵マスターを決め、影絵マスターは図形を使ってお題を影絵で表現します。
他のチームメイトが、お題は何なのか当てるだけ。
誰も答えられないなら、一度だけ違うお題に変えることが出来ます。
残り10秒になるとスポットライトが点滅し、消えたら終了。
正解ならカードを保持し、3ラウンド終了時に獲得したカードが多いチームの勝利。

続きを読む

3

・ペトミス
 PETOMIS(ビバリー:2016)


ペトミス

ピースを並べてお題通りのシルエットをつくっていく脳トレゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

自分用のシートとピースを持ちます。
難易度を決めてお題カードを準備します。
お題カードをめくり、一斉に同じシルエットをつくります。
一番早く完成させた人は、お題カードをもらいます。
これを繰り返し、お題カードを5枚獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハイロー
 HiLo(Schmidt:2019)


ハイロー

自分のカードを列で色を揃えて、カードを減らしていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜて、各プレイヤーに9枚ずつ配り、残ったカードは裏向きのまま山札にしておきます。
配られたカードは裏返しのまま、自分の前に3x3に並べて好きな2枚をめくります。
手番で出来ることは2つのうち1つ。
捨て札から1枚取って自分の場のカードと交換する、もしくは山札からカードを取って、カードを見てから交換するか、引いたカードをそのまま捨て札にするか選びます。
これを繰り返していき、縦横斜めいずれかの列に同じ色が3枚揃ったら直ちに捨て札へ。
残ったカードを縦もしくは横にずらして、カードが隙間なく並ぶようにします。
誰かの手番で、場のカードがすべて表向きになっているか、場のカードがすべてなくなっていたら、他の人たちが1回ずつ手番をやってラウンド終了。
場の残ったカードの数字を合計してメモします。
そして次のラウンドへ。
誰かの合計が100ポイント以上になったらゲーム終了。
もっともポイントの少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・ペロポネソス
 Peloponnes(Irongames:2009)


ペロポネソス

神々の住まう場所を舞台に、文明の1つを担当して繁栄させていくボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは担当する文明と色を選び、プレイヤーマットやマーカー、文明タイルを受け取ります。
災害タイルを全員が見えるように並べ、横に災害チットを裏向きでよく混ぜておきます。
土地・建物タイルを裏面の文字ごとに分け、それぞれ裏向きでよく混ぜて山にします。
ゲームは8ラウンドで、各ラウンドでは7つのフェイズを順に実行していきます。
まず、裏向きのタイル山からタイルを公開します。
次にプレイ順に従って、タイルに入札していきます。
入札額に応じて新しい手番順を決め、入手したタイルを文明に配置します。
新たに配置したタイルから収入を得た後、ラウンドの収入を獲得します。
最後に、災害チットをめくって災害判定をしたらラウンド終了。
新たなタイルを公開した時、供給アイコンのタイルが公開されたら、ゲームを一時中断して供給処理をおこないます。
8ラウンド終了後、最終得点計算をおこない、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ブラックエンジェル
 Black Angel(Pearl Games:2019)


ブラックエンジェル

ロボット乗組員で構成された航行艦ブラックエンジェルが惑星スペズに到達するまでに、勝利点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ブラックエンジェルボードを広げ、横に宇宙ボードを並べます。
各プレイヤーは自分の色を決め、プレイヤーボード、ディスクやロボット、初期技術タイル、カード等を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは各プレイヤーが手番を1回ずつ行います。
手番がきたら、手順Aか手順Bを選択します。
手順Aでは、任意でカードをプレイし、ダイスを1個使って1アクションを実行、使ったダイスと同じ色のカードを1枚引いてダイスをサプライに戻します。
手順Bでは、自分のダイスを振り直し、プレイヤーボードをリセット、最後にブラックエンジェルを惑星スペズに向けて進めます。
手札の上限は赤いカードを除き6枚です。
これを繰り返し、ブラックエンジェルが惑星スペズに到着するか、荒廃者(赤)カード山が尽きたら、そのラウンドを最後までやり、さらにもう1ラウンドやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ぶらり、ブラーノ島
 Walking in Burano(EmperorS4:2018)


ぶらり、ブラーノ島

ブラーノ島で地元民や観光客の要望を取り入れて家を装飾し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

フロアカードを階層別に分け、それぞれ裏向きでよく混ぜて山札をつくり、プレイ人数に合った枚数を山札の横に表向きで並べます。
人物カードは種類別に分けて並べます。
各プレイヤーは自分の色を選んでマーカーを受け取り、工事中カード2枚を自分の前に並べます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでプレイヤーは手番を1回おこないます。
手番では、場に並ぶフロアカードを1枚から3枚の間で取ります。
その後、自分の前の建設現場にカードを3枚まで任意で置きます。
建物が完成していたら、訪問する人物を選んで配置して手番終了。
スタートプレイヤーを移動し、場のフロアカードを補充したら次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが5軒の家を完成させていたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ