ふうかのボードゲーム日記

カテゴリ:ボードゲームプレイ記 > はひふへほ

3

・ファヴェーラ
 Favelas(WizKids:2017)


ファヴェーラ

リオデジャネイロの貧民街を舞台に、評議会の注文をききながら美しい街をつくるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、プレイヤーボードを1枚受け取ります。
この上に建物タイルを重ねていくことで、注文通りの外観をつくっていきます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンドでは建物タイルの山から年末タイルが出てくるまで、スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していきます。
手番では、いずれかの建物タイルを選んで受け取り、自分のボードに配置します。
選べるのは、公開中のタイル・裏向きの建物タイル山の一番上・裏向きの建物タイル1マスサイズの一番上のいずれか。
配置した時に同じ色マスを覆ったら、評議会ダイスの目を変更します。
これを繰り返し、建物タイルの山から年末タイルが出てきたら、その手番終了時にラウンドも終了。
得点を計算し、次のラウンドへ。
3ラウンド終了後、得点がもっとも高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・プリンセス集め
 Prinzessin Mix-Max(HABA:2018)


プリンセス集め

パーティが始まる前に、必要なものを集めてパズルを完成させるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、タイルの中から体が描かれた部分を1枚ずつ持ちます。
残りのタイルはよく混ぜて、表向きでテーブル上に円形で並べます。
適当な1枚の上に、犬のチャーリーを置きます。
ゲームは、誰かが勝利条件に達するまで、時計回りに手番を行っていきます。
手番では、まずダイスを振り、出目の分だけチャーリーを時計回りに動かします。
チャーリーが止まったタイルが、自分が持っているお姫様タイルにつなげられるなら獲得してつなげます。
つながらないならタイルはそのまま、すでに持っているタイルなら交換することが出来ます。
そして、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが自分のパズルを完成させることが出来たら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・バルパライソ
 Valparaiso(dlp games:2018)


バルパライソ

港町バルパライソを舞台に、市場で交易したり家を建てたりして得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには、舞台となるバルパライソの街。
港から道がつながる形で、市場や村が描かれています。
各プレイヤーは、自分の色を決めてアクションカードとコマセットを受け取り、船と商人コマを指定の位置に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンド終了時に終了条件を満たすまで続けます。
各ラウンドでは3つのフェイズを実行していきます。
各プレイヤーが、このラウンドで使うアクションカードをセットする計画フェイズ。
スタートプレイヤーから順に、1枚ずつアクションを実行していくアクションフェイズ。
最後に、建てた家から収入を得る終了処理フェイズ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが18点以上になっている、もしくは海のカード置き場にカードを補充出来なくなったらゲーム終了。
最終決算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ブリックス
 Brikks(Schmidt)


ブリックス

落ちてくるブロックを紙に書きこんでいくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、シートを2枚とペン、チップを受け取ります。
1枚は表面にして、プレイヤーがブロックを書きこむ面。
もう1枚は裏面を向け、ブロックチャートとして使います。
手番がきたらダイス2個を振ります。
振り直しは1回だけ、両方のダイスを振り直すことが出来ます。
決定した色と数字でブロックが決定し、チップを置いてブロックチャートをマークします。
全員が同じブロックをシートに書きこみ、次の人の手番へ。
書きこみたくない場合は、爆弾を使うことでブロックを使用しないことが出来ます。
これを繰り返し、ブロックを書くことが出来なくなったら脱落。
全員が脱落したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ビンゴリノ
 Bingolino(Schmidt:2018)


ビンゴリノ

ダイスを振って出目を選び、自分の数字タイルを裏返していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、裏向きでよく混ぜたタイルから16枚選び、自分の前に4×4で並べます。
スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、ダイスを何個振るのか決めます。
決めたダイスすべてを振り、すべての出目を合計して宣言。
宣言した数字のタイルが表向きになっている人は、裏返します。
手番プレイヤーだけは、ダイスを1個減らした合計で裏返すことが出来ます。
ただし、手番プレイヤーだけは、裏返せなかった場合、すでに裏返したタイルを1枚選び表にします。
そして次のプレイヤーの手番へ。
縦横斜め1列が裏返しになったら「ビンゴリノ!」と宣言して、星チップを列の端に置きます。
誰かが星チップ4枚を置くことが出来たら、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・ポケットマッドネス
 Pocket Madness(Funforge:2016)


ポケットマッドネス

出来るだけ早く持っているカードを手放して、狂気トークンを受け取らないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

プレイヤーは古き神々の崇拝者で、噂話を元に不気味な場所を調査していく。
そして調査によって得た知識で、他のプレイヤーを狂気に突き落とすというテーマです。
場所カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに2枚ずつ配って最初の手札にします。
残ったカードから17枚を抜き出して表向きにし、再びよく混ぜて山にしておきます。
テーブル中央に7枚のゲートカードを数字順に並べます。
その下に、場所カードの山を取り、順番を変えず数字が見えるようにカードを広げます。
手番がきたら、調査・ゲート遭遇・結果発表の3つから1つを実行し、そのあと任意でゲート封印アクションが行えます。
これを繰り返し、山札がなくなるか、誰かの手札が0枚になるとラウンド終了。
残っている手札で狂気トークンを受け取ります。
再びカードをよく混ぜて準備をし、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に、誰かが狂気トークンを10個所有していたら、もっとも狂気トークンが少ない人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・プロウィンキア・ロマーナ
 Provincia Romana(Stratelibri:2014)


プロウィンキア・ロマーナ

自分の都市をガリア人の襲撃から守りながら、繁栄させて得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは自分の都市を選び、都市ボードとディスクを受け取ります。
場にはゲームボードを広げ、各カードを種類別によく混ぜて山にして置きます。
戦闘カードも指定通りに準備し、カード置き場に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5つのフェイズからなります。
まずはカード選択。
スタートプレイヤーから順に、山札を1つ選んでカードを引き、自分が1枚取ってから他のプレイヤーも1枚ずつ順番に取ります。
各カードはそれぞれ、2人まで選ぶことが出来ます。
これを全員がやったら、カードのプレイへ。
カードは可能な限り何回でもプレイすることが出来ます。
そして、対象ラウンドならガリア人との戦闘へ。
その後、市民の士気が下がり防衛設備が劣化したら、発動出来る建物を発動させてラウンド終了。
これを6ラウンドやるとゲーム終了で、最後にカードプレイフェイズのみプレイして得点計算へ。
もっとも多くの得点を獲得した人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ